濱松斯堪的納維亞復古傢俱“學習者””浮木和動物雕塑Hinaiji Yuzuru展覽「正在舉行!

以丹麥和英國葡萄酒為主、家具と雑貨を取り扱う「Learner’s/ラーナーズ」にて、2024/3/2(土)〜2024/3/11(月)までアートコレクター宿里博さんによる「ビンテージポスター展」とアーティスト・ヒナイジユズルさんによる「流木と動物彫刻 ヒナイジユズル展」を同時開催中開催場所は浜松は舘山寺街道沿いに佇む白い建物とサインが目印ですラーナーズオーナーの内藤慎一(Shinichi Naito)さんは、利用老式傢俱銷售經驗和維修和維護技術、20075月30日,在家門前開了一家期待已久的商店。。北歐復古傢俱、其中許多是柚木,被稱為優質木材。、其美麗的深棕色色調和木質皮膚、和微妙的木紋很容易熟悉在手、給人一種非常柔軟的印象、經過漫長的歲月,它改變了、味のある雰囲気が安らぎを提供。 在這裡,在、已經使用了很長時間的東西、正在製造的東西、以精選商店為理念,將這些組合起來,提供室內生活,讓生活變得有趣、デンマークやイギリスのビンテージを中心に家具と雑貨(ビンテージと新品)を取り扱われています普段使いできる日用品から大切な人に贈るギフトまできっと掘り出し物が見つかるそんな空間今回の展示会はアーティストであるヒナイジユズルさんが流木の動物彫刻を昨年の夏から手掛けはじめて初の展示販売会となり今まで製作された10作品を展示し北欧ビンテージ家具と融合御本人は平日の午後14時以降は極力在店予定とのこと。 演出者:ヒナイジユズル/Yuzuru Hinaiji 「レトロ」「アンティーク」「クラシック」な空間設計を得意とするデザイナーとして活躍しながら自身のお店として複数のコンテンツを持つ「Apartment store」を立ち上げレトロ骨董店「黒鶫/curotugumi」昭和クラシックな喫茶店「喫茶みちくさ」を運営する傍ら流木を彫刻しアーティストとしての顔も覗かせ多彩に活動中「流木と動物彫刻」は流木の風合いのある「樹皮」「割れ」「枝振り」など流木の自然な形を活かしながら流木から得たインスピレーションを具現化し動物に見立て彫刻する作品ですこちら左手の流木は自らの足で遠州の海辺へと出向き時間を掛けて収集した手を加える前の流木の原型となります。 幾天前、世界126カ国以上の若手アーティストによる絵画・写真・彫刻を取り扱うオンラインギャラリー「TRiCERA ART」が主催する毎年恒例のアートイベント「100人10」にて流木彫刻の初作品となる「牛」を出展されており公募で選ばれた100点の作品に選出され、2024/2/9〜2024/2/14の間に一般公開にて販売。令人驚歎、購入者確定の通達を受け初作品が嫁がれていきました今も製作途中の作品もあるようですが今回のように製作された作品のまとまった展示は今回が初「流木と動物彫刻」の今シリーズの前には「あまり彫刻せず出来るだけ流木そのままの型で」をコンセプトに製作していた頃の作品からスタートされていますが流木そのままの型では表現の幅の難しさを感じられ今のスタイルへと変化していきこの作品たちが創り上げられています作品名「ダルメシアン」 〈彫刻と台座込みサイズ〉幅52 高さ58 奥行33cm 〈彫刻本体のみのサイズ〉幅52 高さ32 奥行33cm 〈8角台座サイズ〉22cm 〈重さ〉5kg ※作品に台座は含まれます 木の根元の流木を活かして製作された「ダルメシアン」こちらは流木の段階で犬の存在感をかなり放っていたようで犬種の決めてとなったのは「耳の流木」とのことこちらの耳は一切の加工も着色も無くまさにダルメシアンの耳のためにあるかのような流木本体の流木よりもそれ以外の耳や角などの流木パーツが重要になることが多々あるそうです手前の作品名「山羊」 公式Instagramでは「山羊」の彫刻を施す前の原型の流木をアップされていますが全く山羊の感じがないところからスタート流木の表情を活かし「この流木にはどんな動物が隠れているのか?」と見方を変えしばらくの間は睨めっこ状態が続くそう様々な案を模索していてもそれがしっくりとこない場合は別の流木にチェンジしたり方向性が少し見えてくるとざっくりとチョークで全体像を描きその方向性が決まればひたすら加工作業なるべく流木の樹皮の雰囲を残しつつ彫刻しますがその動物らしいフォルムラインは必ず表現するように削っていきあえて荒々しい流木の表情を残したりもそして着色工程に入ると一気に生命が宿り最後に壊れた古い欅の座卓などをリメイクして支持台を製作し完成奥の作品名「インパラ」 「インパラ」の特徴的な角を製作してみようとチャレンジされた作品形状は流木そのものですが角表面は全体に彫刻を施していますインパラ本体は根っこの角度を利用し振り返り様を表現左作品名「ボルゾイ」 流木の樹皮のウネリがくるくるとした柔らかな巻き毛を持つ「ボルゾイ」の毛並みに見立てられ耳は別の流木をあしらい製作細長い鼻の犬種である「ボルゾイ」の気品溢れる特徴も右作品名「驢馬」 最初に流木と向き合った時は馬のようなシルエットが見えたようですがノーズ辺りが短かかったこともありロバに変更馬の彫刻はよく見かけますがロバの彫刻はあまり見ない気がしそんなニッチなところもお気に入りとのことシュッとした馬よりもボテッとした感じが可愛い「驢馬」頬辺りの茶色の毛並み部分の色は今回着色せず流木本来の色色の塗装もできるだけ流木そのままの深みのある色でやりたいようですが彫刻部分との境目を分かりにくくするために着色することが多いとのこと耳は別の流木を使用海岸で見つけた時に「まさに耳」と思い手にした流木で他の流木とはちょっと違う変わった表皮でとても印象の強い流木だったようですその「耳」が上手くハマった作品となります左作品名「ドーベルマン」 〈彫刻本体サイズ〉幅41 高さ34 奥行22cm 〈8角台座サイズ〉22cm 元の流木の色合いが黒い短毛の毛並みに見えたのをきっかけに「ドーベルマン」を発想賢く逞しい印象がある犬種ですが強さの中にも優しさが感じられるように表現「ドーベルマン」は噛まれたり掴まれたりすることを防ぐためにも断耳するためピンとした立ち耳が印象的ですがこちらは別の流木を取り付けています着色はしていますが形状の9割は未加工この耳を見つけたこともあり「ドーベルマン」をモチーフにしたとのこと右作品名「馬」 立髪のような折れた断面が印象的だったため「馬」をモチーフにした作品流木を活かした部分は耳の節穴丁度良い位置に節穴がありそれを耳に見立てるために耳の形に削り出しています眼の周りの流木の質感と立体感グレーの肌の箇所はほぼ流木のままで力強い「馬」の頬顎を感じる仕上がりに耳後ろの大きな穴から額の亀裂に繋がった穴も面白い仕上がりとなっていますリアルな馬を意識しながらもアンティーク木馬のイメージも取り入れられているとのこと作品名「獅子」 流木の折れたささくれを活かし獅子の立髪に見立て「獅子」を製作厚みが薄い流木だったため立体感を出すのに少し苦労されたようで何度も何度も修正を繰り返して完成させています流木に向き合う時間がとても長く見立てが難しかった作品でもあるようで流木の中に「獅子」が見えた瞬間の喜びは一入だったようです流木彫刻はただ一方向から観るよりも、360度の様々な角度から観ることでその魅力がより大きく感じ取れます「ダルメシアン」が御主人に向ける愛犬の暖かな眼差しを表現しているかと思えば角度を変えることで哀愁に感じたりと角度もさることながらその作品ごとに観る人の心持ちで変わることもありそうです流木に命を吹き込むように「動物」という「生」ある題材ゆえに眼の構造も大切にされており一体毎に進化を遂げるよう精魂込めて製作に臨まれているようでその作品の殆どが片眼となります表 裏 流木彫刻は流木形状の都合ですべてを作り込めません。然而,、すべてを作りきらないからこそ生まれる「欠けた美」があると彼は云います自然の経過によって生まれた質感や形状は唯一無二であり、因為、二つと無い樹皮の表情や角や耳などの流木枝も面白く感じるのだと作品名「猪」 スーッと流れるような横筋を「猪」の毛並みに見立て製作胴体はないものの山々を駆け巡っているようにも伺えます作品名「鷲」 納得行くように再製作し直した作品でもある「鷲」流木彫刻のファンによく眼を褒められたり「生きているみたい」と言ってもらうことが多く天邪鬼な一面を持つ彼は「その両方を表現しないとどうなるのか?」と気になり流木動物の生命を奪い眼を閉じさせてみようと思い立った作品実験的に「それでも流木彫刻作品として魅力が残るのか?」を疑問視し挑戦ただ生命を奪うだけでは切なく思い続く生命を「植物」という形で「生命のつながり」を表現した作品に台座の流木との相性も見ものです〜樹木として生命が終わり流木になり動物彫刻として新しい生命が宿り生命が終わった「鷲」に植物が根付きまた新しい生命がつながる〜 ネット上ではお目にかかっているものの実に10年振りに再会できた友人流木彫刻を始めたきっかけやこれまでの作品が生まれるまでの経緯、和、次なる展望に向かい取り組まれている様子も直接伺えとても楽しいひと時を過ごせました定期開催されており以前も伺った「ビンテージポスター展」も同時開催中主催はもちろんアートコレクターである宿里博(Hiroshi Yadori)さん宿里さんは開催期間中は常時在廊される予定です「風船を持つ少女/Banksy(バンクシー)」 2002年にグラフィティアーティストのBanksy(バンクシー)がロンドン各地で開始した一連のステンシル壁画のポスター左ポスター「クレオール人ダンサー/Henri Matisse(アンリ・マティス)」 原画は1950年制作のHenri Matisse(アンリ・マティス)の切り絵フランス政府・観光局が制作したニースを誘致するためのリトグラフ・ポスターで版権はフランス政府が持っているため現在では入手不可能となる貴重なポスター右ポスター「夢遊病人形/奈良美智」 日本青森県弘前市出身の画家・彫刻家・現代美術家である奈良美智のポスターマティスの原画作品を紹介した本も添えられています「新城ほうじ茶」 アートコレクターの他にデザイナーとしてデザインを手掛ける宿里さんがパッケージデザインを施している「鈴木製茶」の「有機新城ほうじ茶」も販売中高温で焙煎したお茶となりカフェインが少なく赤ちゃんからお年寄りまで幅広い世代で楽しめる香ばしく後味スッキリのほうじ茶です展示会ということもありいつもより少し商品点数の多い賑やかな店内今までは自分で買付や製作をして自分で販売する自己完結的な仕事の仕方をしてきたというヒナイジユズルさん。然而,、流木彫刻を始めてからは持ち運べる自身の武器ができたことで積極的に外に出て皆と絡んでいきたいと思うようになったとのことこれは自分にとってはとても大きな変化だと話してくれました今後はたくさんの彫刻作品を車に積み込み全国各地に赴き個展の旅に行くのが夢の一つにあり海外進出も視野に入れられています流木彫刻を始めたことで今までは思うことがなかったそんな夢を想い描くようになっているそうですそんなアーティストとして活躍されるヒナイジユズルが手掛ける流木彫刻の作品がここまで一挙に見られる機会はそうありません次回は東京・銀座での展示会を予定されておりますが浜松近郊の方は是非こちらに足を運ばれてみてください! Learner’s/ラーナーズ 住所:靜岡縣濱松市中區冨中町3003-36 TEL:053-476-8571 上班時間:平日 13:00-20:00、星期六和星期天:11:00-20:00 週一閉館:星期二 停車場:店前に有(無料) ビンテージポスター展/流木と動物彫刻 ヒナイジユズル展 同時開催期間:3月2日(土)〜3月11日(月) ※期間中の3/5(火)は定休日 アートコレクター宿里さんは開催中在店予定 アーティストヒナイジユズルさんは平日14時以降は在店予定 https://www.learner-s.jp/...

翻新愛知縣蒲郡「Panbyses」的舊民居! 重視食材味道的人氣麵包店

翻新的老房子,2017年開業、硬麵包、麵包等。、重視食材味道的合理麵包、鉦上人氣麵包店“Pan Buses”得到了當地粉絲的支援。 從三河經蒲郡返回濱松的路上、我被這家可愛的商店迷住了。、當我發現這是一個麵包師時,我無法抗拒誘惑、立即掉頭。 在這裡你將、右邊有一家小麵包店“Panbyses”。、在後面,由朋友經營的美容院和美甲沙龍“頭髮 & 有一個“Nail Rapuchi”、共用停車場。 我在下午15點左右訪問了這裡。、也許是因為下雨了。、令人高興的是,仍然有足夠的選擇。 麵包師的丈夫山本邦男先生/女士、在培訓期間,他多次前往法國,並努力學習。、獨立。因為我以前戴眼鏡、店名的標語是“眼鏡麵包店先生/女士”、商店的名稱“Pan Buses”不是“Pan Buses”、在沒有劃界的“Panbyses”中、據說這個詞是從藤子藤本浩的日本漫畫《岡比西斯籃子(*)》中創造出來的。《岡比西斯的籃子》講述了一男一女在世界末日戰爭后的世界的故事。、一部史詩般的科幻短篇漫畫,質疑人類生命的意義。 我不確定該選擇哪一個。、當我看著麵包時,他建議品嘗。當我問你們倆是不是情侶時,、看來你要結婚了。、祝賀! 這種麵包,從外觀上讓你想像出蓬鬆的質地,是“糙米和小米國產小麥麵包”。 不管你看哪種麵包、它看起來不錯,很好吃。。和、最令人驚訝的是,、所有麵包的價格都非常合理。沒有矯揉造作的氣氛、麵包的命名簡單易懂,很容易拿起。 選擇麵包時,考慮到你會把它帶回家,第二天早上吃、我還得到了推薦的麵包,但我的妻子很可愛,擅長銷售(笑)雖然是限量產品,、其中,蓬鬆柔軟的“麵包”最受歡迎。、讓我們在第二天早上吃這個“麵包”。正常、如果您在麵包店購買 6 種麵包、預計在2,000日元左右。、總價為¥1,134、我忍不住看了兩眼。作為一個每天都想吃的麵包愛好者,我很感激這個價格。。 回國。、用“Mameyakafu”咖啡豆沖泡咖啡、選擇一個甜食麵包。 “巧克力Croix先生/女士” ¥120 “巧克力Croix Mr./Ms.”,巧克力棒夾在蓬鬆輕盈的Cros./Ms.之間。。小尺寸剛剛好。 “An Butter France”¥190使用100%法國麵粉,與法式麵包法式麵包相同。儘管這是一個艱難的系統,但它並不太外在。、裡面蓬鬆有嚼勁。豆沙有一種溫和的甜味。、它有甜鹹的味道,帶有濃稠的黃油。、令人滿意的零食麵包。 “糙米和小米國產小麥麵包”¥100 我品嘗的這個麵包。小麥的柔和香氣和糙米和小米的質地、雖然味道簡單、它蓬鬆,易於作為餐麵包食用。、最重要的是,100日元的價格範圍是划算的。、它還顯示了它作為每天食用的麵包的卓越性。 “糯糯”¥180 我妻子推薦的另一個是“糯糯蛋羹”。雖然名字強調“糯”、具有不令人失望的耐嚼感、女生一定會喜歡的質地。裡面裝滿了甜美溫和的蛋羹。 “糯麵包1/2”¥220 最受歡迎的“糯麵包”的一半大小。當你把它拿在手裡時、你可以感覺到它蓬鬆的柔軟。我試著輕輕地烤它。、它有很多水,濕潤而有嚼勁。這適用於從小孩到老人的每個人、柔軟度深受廣大市民喜愛。 “核桃和柳丁”¥240用美味的核桃和清爽的柳丁揉捏的法式麵包麵糰是“Z形”。“我聽說顧客經常叫我'S型人'、如果你仔細觀察,它們都是“Z形”。在專用於商店的 Instagram 上說話的老闆的嘀咕聲、在某個地方,我對麵包有一種微笑的同情(笑)在“Pan Buesses”的 Instagram 上對麵包的解釋並不多。、您也許♪可以與麵包師傅潘比西斯地址的個性取得聯繫:愛知縣蒲郡相町2-358 TEL:0533-95-2778 上班時間:10從19點左右開始營業 休息:星期一、星期二 HTTPs://www.instagram.com/12kg_yaseru/...

愛知三河“Coffee GOU”懷舊咖啡館,有堅持精品咖啡的狗跑

愛犬と過ごせ美味しいスペシャルティコーヒーが楽しめるカフェを探し求めて愛知県・幸田町にある「珈琲gou」へこちらは愛犬家の御夫婦が営むワンコOKのカフェとなり、4テーブルのみの小さなお店何処かノスタルジーな雰囲気が漂う店内は中国好きな日本人オーナー夫妻のこだわり溢れる空間で埋め尽くされています店名でもある「珈琲狗-gou-」の「狗-gou-」は中国語で「犬」を意味し愛犬家の御夫妻ならではのネーミング店内の至る所にワンコグッズがディスプレイされておりオーナー夫妻お気に入りのブランド「MARRONE」「dogstreet」「free stitch」のグッズを販売生地選びやデザイン的にも好みのものが多かったのですがこちらには中型犬に合わせるサイズが多く我が家のショコラには少し大きすぎたようです犬のおやつ専門店「旨菓楼」の「馬肉ジャーキー」や「秋鮭ジャーキー」「鮪ペースト」「秋鮭ペースト」「若鶏ペースト」など愛犬の健康を気遣った安全で美味しいおやつたちハンドメイドで手編みの首飾りなど可愛い系も揃います首輪にハーネスリードとこちらも種類別にワンコグッズが並びカフェついでのお買い物までも楽しめそう随所に散りばめられた毛沢東シリーズを目にすることができる店内は中国愛溢れる独特な空間を創り上げていますオーナー夫妻が飼われている看板犬の紹介 お空の星になったSimakoちゃん Chairoちゃん店名でもあるgouちゃんSumikoちゃんはお店に出勤される日もあります裏庭に併設しているドッグランは小型犬エリアと大型犬エリアに分かれており利用条件と利用規約を守れば有料(オーナー1名につき¥300/愛犬1頭につき¥300)で利用が可能壁には「はじめましての方へ」と愛犬同伴についての注意事項の案内が貼られているため一読愛犬の店内入店可という貴重なお店の存続のためにもこうした基本ルールは厳守していきたいものですお店に許可をいただきお腹を空かせたショコラに持参した手作りごはんを毛沢東ポスター 1893年-1976年の一生を過ごした毛沢東は中華人民共和国の政治家であり、1945年より中国共産党中央委員会主席を務め日中戦争後の国共内戦では蔣介石率いる中華民国政府を台湾に追放し、1949年10月1日に中華人民共和国の建国を宣言時代を感じさせるポスターの数々 1964年から2002年頃まで青林堂が刊行していた漫画雑誌「月刊漫画ガロ」がズラリと並ぶ机当時の大学生など比較的高い年齢層の読者に支持され独創的な誌面と伝説的経営難の中で独自の路線を貫き漫画界の異才とされる作者をあまた輩出した月刊漫画日本の漫画家である佐々木倫子による動物コメディ「動物のお医者さん」をはじめ他にも犬関連の本が充実していますオーダーしたパスタとサンドイッチが出来上がり良い香りが漂います「イタリアンスパゲッティ」¥850 鉄板に溶いた卵を敷き詰めて熱々の状態で提供される「イタリアンスパゲッティ」もっちりとしたパスタにたっぷりと絡んだケチャップソースのしっかりとした味付けで、洋蔥、青椒、姬菇蘑菇、ベーコンと王道のナポリタンスタイルお好みで粉チーズとタバスコが用意され昔を懐かしむ味わいに思わずほっこり「ハムサンド」¥700 愛知県小牧市の「ソラミミPAN」の野草を使った自家製天然酵母のオーガニックパンを用いたサンドイッチはシャキシャキレタスとハムを重ねコクのあるマスタードマヨでいただきますパンも美味しいのですがシンプルながらに組み立て方が絶妙! サンドイッチプレートに付いてくるミニサラダはコールスローと里芋、胡蘿蔔、蒟蒻のあっさりとした煮物入りコーヒーとケーキのセットは食後にお願いしました「ウィンナ珈琲」¥650 昔ながらの喫茶店の定番コーヒーとくれば「ウィンナ珈琲」私もメニューにあるとついオーダーしてしまいますオーストリアのウィーン発祥のコーヒーだからこそ日本では「ウィンナコーヒー(Vienna coffee)」と呼ばれているものの本場オーストリアでは一頭立ての馬車を意味する「アインシュペンナー」と呼ばれています。 老、カフェで過ごす主人を待つ間馬車を操る人たちが暖をとるために飲んでいたことからこの名前が付いたのだとかベースにはお店のオリジナル豆「gouブレンド」を使用しホイップした生クリームの甘さとほろ苦いコーヒーのマリアージュで一杯でも満足度の高い代物です「gouブレンド」¥550/ケーキセット ¥850 こちらの珈琲豆は名古屋市一社にある「coffee Kajita」のスペシャルティコーヒーを使用し一杯一杯丁寧にハンドドリップで淹れていますお店オリジナルの珈琲豆「gouブレンド」はマイルドでありながらも個性的な味わいを持ちどっしりとしたコクを感じられる美味しい珈琲ですどっしりとした濃い味わいが好みの方は多めの豆と時間をかけてゆっくりと抽出する「gouブレンド ストロング」もお勧め「WEDGWOOD/ウェッジウッド」のコーヒーカップもまた素敵♪ 「チーズケーキ」 クリームチーズをたっぷりと使用したしっとり濃厚なチーズケーキココアのほろ苦さを感じる土台と甘酸っぱいブルーベリーソースがアクセントに雨降りに見舞われた二日目でしたがとっても居心地の良いカフェを見つけることができショコラと一緒にのんびりとしたひととき愛犬とのお出掛けは天候に左右されてしまうことも多いですがこんな素敵な出会いもあるのですオーナー御夫妻のこだわりが詰まったお店「珈琲gou」 お支払いの際にいただいたスタンプカードのデザインも毛沢東と最後の最後まで個性豊かな一貫性を感じさせてもらいましたまた機会があれば是非とも足を運びたいと思える素敵カフェでした♪ 珈琲gou 住所愛知県額田郡幸田町大字横落字郷東58-1 TEL:0564-63−2266 営業時間月・木・金曜日 10:00-18:00(Lo.17:00) 土・日 11:00-19:00(Lo.18:00) 關閉:火・水曜日第1月曜日第3木曜日 (臨時休業有り) 駐車場:商店門前有 HTTP://www.coffee-gou.com/...

滾動到頂部