精緻的法式葡萄酒與葡萄酒搭配,以紀念"aru"結婚紀念日9周年

自2017年在愛知縣豐橋市開業, 大樓2樓、早在傑出的自己、東三河エリアを代表する人気店へと成長されているフランス料理店「阿魯(Al) "!

從 JR 豐橋站步行5分鐘即可到達、ユーカリの木と裸電球が灯す柔らかな光の下に掲げられたシンプルな真鍮のサインが目印です!

在悠閒的方法結束時、煙熏藍色木門,這是這家商店的主題顏色,輕輕地迎接你。、扉の先には心地良い空間が待っています!

季節を感じさせる生花は豊橋の小さな花屋「ラクレフローリスト(Lacle 花店)」のkaori Akayaさんに定期的にアレンジとメンテナンスをお願いされておりいつもとてもセンス良く設えられた草花に癒されております!

わたし達の結婚9周年目をお祝いする記念日のこの日は、2月22日(星期六)的午餐時間,我仍然感到寒冷。、在入口處,一隻貓咪的蓬鬆頭髮擺出臉。、牆上掛著一個可愛和可愛的米莫薩的租約。、すぐそこまで近付いている春の訪れを感じさせてくれます!

室內設計、豐川主要活躍在建築師的 haag 設計中 + 海牙咖啡廳 海牙設計 – 海牙咖啡廳採用廚師的承諾、散發著舒適的柔和空氣, 流入簡單的空間。廚房建議在右邊擺放地板的外觀。、有14個座位到18個座位!

這裡、大阪美食小酒館的基本知識 "Avolonte(’Avolonte)」の川田 祐志シェフから学び、進一步、巴黎三-星級 "astrance (8217s. Astrance) "在德國被贏取的普遍的餐館是最短的一個米其林星以後"唯獨"Yoshitake 寺井廣樹 (Yoshitake 寺井廣樹)和廚師、同じく「アストランス(8217s. Astrance)」出身でミシュラン1つ星となる仙台の「nagle(nacrée) "緒實廚師從許多博學的材料和、大阪"雷斯特蘭醚(永恆) "服務, 並充滿了作為一個侍酒師的經驗鈴木木村拓 (托生鈴木)廚師是一個32歲的青年、侍酒師妻子鈴木亞 (鈴木)在一家獨立的商店裡,有兩個三腳架、わたし達夫婦のお気に入りのお店の一つです!

20我想出去的氣氛, 你喜歡的餐廳發現在後期在巴黎的學徒、鈴木廚師談圓桌用舊材料是專案外senai。認為廚師是被授予的、愛知縣 Shitara-Cho 工廠 "木和皮革青山"工匠青山, (Kazushi 青山)而我是手工藝的、在圓桌上敢於木材, 建立了溫暖的感覺, "輕輕上你會享受食物", 使雖然包裝、這是有可能的, 不擺架子交談, 同時知道享受食物的心!

午餐來源、下一步與廚師共進晚餐、6道菜約3400日元, 8 盤約6800日元隔壁午餐、晚餐提供菜8道菜約6800日元, 10 道菜約8800日元, 每次2道菜、利用食品生產商的優勢, 他們信任廚師的臉看起來、東三川地區提供這種獨特的菜肴!

ひょっこりと真ん丸く大きな晩白柚の後ろから顔を出し厨房で準備に精を出すシェフの鈴木くんに御挨拶!
この日のコースでも登場する晩白柚は、從熊本的露水、一個小的豐川的東西、我按順序列出我分享的柑橘。、爽やかな清々しい香りを放っています!

卓上には「木村玻璃店」や「ラディコン(RADIKON)」のワイングラスが整列し、內部工作的賣方、日本葡萄酒中心約700本葡萄酒、到現在為止一直在收集小兩行的人。您可以享受來自世界各地的葡萄酒,提供日本葡萄酒和菜肴,近年來備受關注、這家店的獨特之處!

這一次、8皿前後の「menu saison」6,800円にPairing wineのセットで事前予約しております!

予約席には記念日ということもあり線香花火のように愛らしく花開くシシウドやチューリップの純白の花々で統一しお祝いしてくださいました!

首先、Pairing wine①Champagneの「テタンジェ ブリュット レゼルヴ(Taittinger Brut Reserve)」の 良質なChardonnayの気品溢れる優雅で繊細な味わいと共に乾杯!

1皿目「黄人参 金胡麻」

最初の一口目は、新城無農藥黃色胡蘿蔔慕斯和豐川金芝麻、マイクロハーブを添えたフィンガーフードタルト!
一口でパクリと頬張ると、在黃參的光滑慕斯,感覺驚人的甜味、粒一つ一つの香ばしさが堪らなく食用をそそる金胡麻!
那兒、部分菲洛的脆質感,具有黃油的味道和楓糖漿的柔和甜味,已成為一個很好的口音、この一口の見事な調和で胃袋を持っていかれます!

同時にアミューズが提供された後ろの席からも「何これ!?美味しい~♪もう1個欲しい~♪」と思わず本音が声となり漏れてしまっている愛らしい女性の声が聞こえてきたのでわたしも心の中で「同感です♪」と頷いた次第です(笑)

2皿目「晩白柚 わさび菜 モッツァレラ」×「器児玉修治」

熊本の晩白柚には、與發酵餃子的維內格雷特和義大利歐芹、無農藥的瓦薩比菜和葉菊花、義大利歐芹芽、平衡迪爾花、我正用口音做一份好工作。、最後に鼻に抜ける香ばしさと食感を楽しませてくれます!

期間、奶油莫札雷拉奶油和自製的里科塔乳酪慕斯、我掛了用義大利歐芹做的鮮豔的綠色油。、混ぜ合わせながらいただきましょう!

張りがありフレッシュ感満載の晩白柚は果肉も大きく程好い酸味が爽やかなテイストで、瓦薩比納的苦味是乳酪的奶油醇厚。、新鮮な素材と一手間も二手間もかけたプロの成せる繊細な味わいのハーモニーに感動

Pairing wine②「月を待つ 2017 / 可哥農場酒廠可哥農場和酒廠(Here Comes The Moon / COCO FARM&WINERY)」

華やかな香りに瑞々しい酸が広がり豊かな果実味が魅力のケルナーで微発泡性がありフレッシュな果実感が楽しめスッキリとした綺麗な味わい!

「パン」×「器鈴木齋賀富美子 (齋賀富美子鈴木)"

麵包、豐橋"Boulanjuliejosioca"豐橋的麵包陶工, 愛我的家"鈴木齋賀富美子 (齋賀富美子鈴木)」さんの器に添えて!

3皿目「タルティーボ 発酵赤ピーマン 真蛸」×「器盤プロジェクト 常滑焼」

三陸の真蛸を柔らかく煮込んで仕上げに高温で焼き上げているので香ばしい香りが立ち込める一皿!
発酵ビーツのパウダー発酵赤ピーマンのソースと鈴木シェフが昨年夏から本格的に始めている発酵食品が活躍し始めており香ばしさと深みのある酸味の駆け合いが堪らない一品!

シャキシャキ感を楽しむタルティーボとフェンネルをピクルスにしたクリームをお好みで添えていただきます!

Pairing wine③「コート・デュ・ローヌ セザール 2005 / アフィラント(APHILLANTHES / CAESAR)」

「セザール」とは古代ローマのカエサルが由来となり英語読みではシーザーと名前からして風格漂うワインです!
グルナッシュ100%の果実味豊かながらに柔らかくエレガントな味わい!

4皿目「ホワイトアスパラガス カステルフランコ 金目鯛」×「器鈴木齋賀富美子 (齋賀富美子鈴木)"

御前崎産の金目鯛は炭火焼きで皮面香ばしく絶妙な火入れがされておりフランス産ホワイトアスパラガスのソテーは歯切れ良い食感と甘味が楽しめ魚から取れる出汁にレモンの葉で香り付けしたエスプーマを添えて!
薔薇のような美しい模様が特徴とされるチコリの一種カステルフランコは新城の農家さんが遮光で作られていることから優しいピンクカラーに仕上がっておりレモン水に浸してあることから更に綺麗な春カラーに染まっています!

シェフの鈴木くんの料理は彼の繊細さと素材に対する愛情がヒシヒシと感じらるように全神経を研ぎ澄まし手間を惜しまず調理されているのですがこれほどに完成度の高い料理を経験することはそうありません!
「豊橋でこれが食べれるなんて…」浜松人のわたし達は本当に幸せ者です!

Pairing wine④「アラン・ジャニアール / ブルゴーニュ オート・コート・ド・ニュイ シャルドネ 2015(Alain Jeanniard / Bourgogne Hautes Côtes de Nuits Chardonnay)」

電気技師であったアラン・ジャニアール氏がオフィスを去り自然の中で仕事をしたいとオスピス・ド・ボーヌの畑管理栽培をやるうちにブドウ作りの魅力にとりつかれ祖母の持っていた1.7haの僅かな畑をベースに2000年にドメーヌを再興奥ゆかしさがあり繊細さと綺麗なフルーティーさを持ち合わせたChardonnayはまさに鈴木くんの料理にピッタリです!

5皿目「黒大根 あいち鴨」×「器釋永 岳 (蔗 Shakunaga)(mars bowl)」

昨年夏にオーダーをいただいた富山の陶芸家「釋永 岳 (蔗 Shakunaga)」の器をようやくこちらにも納品することが出来初のお目見えとなります!

這裡、あいち鴨から作るコンソメは鴨の旨味を凝縮させた味わい深いスープで器の雰囲気も重なりフレンチの技法をふんだんに詰め込んでいる調理法にも関わらず和の趣が感じられる優しく力のある一品!
薄紫色が鮮やかなエンドウ豆の花ディルの花やナスタチウムペッパークレスに葱の新芽芽キャベツやさやえんどう下に忍ばせた黒大根はバターの香りを纏わせて1時間ほど蒸し焼きさせたもので大根の力強い味わいが楽しめます!

Pairing wine(日本酒)⑤「醸し人九平次 うすにごり 黒田庄産 山田錦 生酒」

愛知の銘酒「班卓琴啤酒廠」の「醸し人九平次」の冬季限定の生酒「うすにごり」

濁り酒にありがちな重たさや甘ったるさはなくクリーンで飲みやすく甘美という言葉が相応しい至極の一杯!

6皿目「東三河の季節野菜 本州鹿」×「器釋永 岳 (蔗 Shakunaga)(áge φ280)」

設楽町の本州鹿のロース肉を塊肉で2時間程の時間をかけ高温のオーブンで出し入れを繰り返しながらじっくりとローストし最後に炭上に藁を敷き香ばしく燻し上げています!

三陸のつぼみ菜のローストチーマディラーパ(イタリアの菜の花)緑のカリフラワー、1時間ほど蒸し焼きにした人参や菊芋トマトやラディッシュのピクルスと季節野菜がたっぷりと添えられセリ科の根菜パースニップのピュレと合わせていただきます!

この火入れを完成させるまでにはかなりの時間を要したようですが初めて味わう肉の食感です!
鹿なのに舌に添うような滑らかな舌触りとなりまるで上質な鮪の赤身をいただいているかのような錯覚に陥る質感!

Pairing wine⑥「自園自醸ワイン紫波 / メルロー(MERLOT)」

岩手県盛岡市から南に位置する紫波町産のメルロー種葡萄を100%使用したワインでフレッシュな酸と果実味が広がり優しい余韻が楽しめ溢れる果実味と軽やかで爽やかなタンニンのバランスの取れた味わいが広がります!

わたし達が迎えた結婚9周年目は「陶器婚式」と言うそうです
《陶器婚式に込められた願い》とは…陶器は扱い方1つで壊れたり長持ちしたりしますその繊細さを夫婦関係に当てはめ大切にし合うことで長く幸せな家庭を築こうという願いから陶器婚式と名付けられました
夫婦関係は陶器のように繊細で喧嘩1つでヒビが入って壊れてしまうこともありますそうならないようお互いに感謝し合って丈夫で温かい家庭を築いていきましょう!

まさににその通りだと思います!
とても固い絆で結ばれているようで実は繊細で些細なことで壊れてしまうこともある夫婦関係
そんな「陶器婚式」に込められた願いに乗じわたし達が大好きな陶芸家・釋永岳の器をバックに手を取り合い宣誓!
これからも互いを大切に想い合い夫婦仲良く過ごせるよう過ごしていきたいと思います!

7皿目「春菊 苺」×「器児玉 修治(磁器)」

デセールの一皿目は飴チップの下に地元の旬となる苺の紅ほっぺとサラダ春菊で作ったアイスとヨーグルトのシャーベットが盛り込まれさっぱりとした大人の一皿!

8皿目「みかん」×「器大西雄三郎」

結婚記念日を祝して「Happy Anniversary」とデコレーションしてくださったデセールはシェフの鈴木くん自らが卓上で仕上げてくださいます!

蜜柑のフレッシュジュースを絞って生姜を合わせ液体窒素で作り出すアイスパウダーをふんだんに振りかけて!
フレッシュ蜜柑にクレームブリュレのクリームや蜜柑のピュレを合わせエディブルフラワーや小粒の焼き菓子メレンゲなどを散りばめた爽やかな一皿!

折角なので記念写真を撮ってはみたのですがワインでほろ酔い気分となり御満悦のわたしそこにはまるで晩白柚のようにパンパンに詰まった真ん丸顔がありました(笑)

小菓子「金柑」×「器鈴木齋賀富美子 (齋賀富美子鈴木)"

金柑のコンポートに自家製のリコッタチーズのムース下にはサブレを添えてサクッとした食感と金柑のほろ苦い甘味がコーヒーに良く合います!

餐後喝“咖啡”

豊橋の「Apollo Coffee Works(阿波羅 coffeeworks)」の香り高いコーヒーをいただきながら手の空いたシェフの鈴木くんと彩さんと一緒に緩やかな午後のひとときを感じながらの歓談タイム!

彩さんから「大切な記念日にご利用いただきとっても幸せです!」と仰っていただきましたがわたし達のほうが「最高の記念日となるフルコースに感謝感謝です!」と御礼申し上げます!

この日も満席でお忙しく動かれる御二人の姿がありましたがそんな中でもほんわかとした柔らかい雰囲気を醸し出す御二人に癒されながら最高に幸せなひとときを過ごすことが出来ました!

餐廳 (Al)
位址:愛知縣豐橋野廣小路2-28 吉田大廈2F
電話:0532-54-5518
上班時間:午餐12:00-13:00(滑油)、晚餐18:00-20:00(滑油)
週一閉館:星期天、不定期休息
http://www.aru-restaurant.jp/

留言

您的電子郵件地址將不會發佈. 所需欄位標記為 *

滾動到頂部