說到吉比耶,"西餐薩瓦卡"! 品嘗珍貴的吉比耶美食,限量!

一家隱秘的餐館,位於薩瓦蘇卡河沿岸的Sawamizuka村,位於旭川山之間的山谷中。西餐薩瓦卡去(Cavak.)!

在冬天的這個時候,這將是一個久間章生的訪問,尋找一個美味的吉比耶美食(Le Gibier),這是唯一的冬天!

如果你打開門、一隻漂亮的鹿角掛在明亮的藍色牆壁上迎接你!

提供的展示、除了自製的康菲圖勒和百花蜜與時令水果、吉比耶的特裡恩和香腸是葡萄酒的完美選擇!

從商店,充滿了木材、欣賞山間大地的茶園和鬱鬱蔥蔥的景色、在佐藤山獨特的長而悠閒的寧靜時光中度過!

在櫃檯上放的木板上、吉比耶菜的食材有18種。、"在吉比耶菜有薩瓦卡"和大量的變化,你可以聽到!

當天的午餐價格為5,900日元的C LUNCH課程。、因為不同的食物是一天中不同的成分。、 山口裕久(馬薩尤基·亞馬古奇)我請廚師把一切都留給你!

為汽車、非酒精葡萄酒"德國旺多姆經典 / 在"VENDOME經典"中乾杯!

這是一種非酒精起泡酒,酒精含量為0.0%,完全酒精去除。、享受低甜和清爽的味道。、建議在吃飯時使用!

阿穆斯第一盤"塔拉·白子的穆尼爾和白魚加勒特"

塔拉的白子穆尼爾與迪爾、在白魚的蘇裡米上撒上土豆,然後炒去。、下是哈馬岡的白蘑菇,在那裡你可以享受濃郁的天然蘑菇和濃郁的甜味。、用橄欖油油炸的炸豆腐被添加到哈塔克西梅吉的朱吉!

在這裡,在、通過傳統的法國烹飪技巧、儘管西歐美食排成一排,以最大限度地發揮材料的原始潛力、17自幾年前開業以來,一直被稱為"法國,你可以放鬆與筷子"、你可以享受樸素的風格!

麵包"波瓦波瓦的有機麵包"

卡加川的布林格"波瓦波瓦(POWA POWA)"的國產小麥香氣、麵包,你可以享受的質地!

Amuse 第二道菜"來自邁漢的朗斯汀和藍色貝貝貝、馬沙巴和塞格羅沙丁魚的康菲

裡面是圓的,在精緻的火爐與罕見的、蘭斯汀(歐洲蝦)與藍色雙殼口音,其形狀是美麗的、在阿梅裡卡內享受的寶石與栗子的Pure和醬料、一道菜與馬沙巴和塞格羅沙丁魚康菲!

開胃菜第一盤"沙庫特裡沙拉"(火腿)、吉比耶的特裡努、鹿莫塔德拉、豬香腸、卡加莫薩薩米的洛蒂)

醃制和乾燥、煙熏等、一盤沙拉,包括肉類加工技術"Charcuterie",用作提高肉類保質期的手段、眼睛也生動、與吃一道菜相比的興奮感、咸和溫柔,而優雅的味道、用利用肉味的技術享受食物的感覺。、這是一道菜,我想念葡萄酒!

我一口說著卡加莫的薩米·洛蒂、獵槍子彈(約1毫米)已經出來!
這是一個法國大獎! 和喜悅的乾杯、據說,有作為護身符是幸運的。、我帶我回來紀念總共三顆子彈、我決定在我的錢包裡裝上它! (笑聲)

第二道菜"奧裡卡和鮑魚"、藍色費特奇內"

義大利面用蛤和鮑肉湯來吸食。、使用不同質地的奧裡卡、鮑魚和時令春季蔬菜、用大蒜和辣椒完成阿裡奧·奧裡奧、費特奇內品嘗與青苔和自製的卡拉蘇米粉,享受栗子的氣味和濃郁的醬汁。、這是一道菜,味道一個接一個地湧來!

魚菜"奧馬紮基的甜醬的波瓦雷"

火爐的甜醬,享受蓬鬆的口融化和光滑的質地、與沙基沙基的綠色蘆筍、用白葡萄酒和佛手柑製成的奶油醬配埃斯普瑪、品嘗奶油!

肉菜"森喬鹿麵包"、成熟的木雞、馬加莫胸肉拼盤

吉比耶美食也是一種奢侈。、森町產鹿羅、成熟的木雞、一道菜,你可以享受三種羅蒂的馬加莫乳房!
紅葡萄酒和鹿肉、我接受用用用豬取的火鍋完成的醬汁!

在這裡,在、我一直在堅持醬汁,使時間與時間、而不是採取電話與骨頭或肉後,你把它,因為一般使用、非標準(太大而堅硬的個體)、或小的個體),採取基地電話使用整個豬、有的情況下,鹿添加到調味程度、完成與一個乾淨的醬汁、至於醬汁,骨頭和肉是不成熟的要點!

デセール「ナイアガラとスイ-トスプリングのジュレ、八角和橙色豐丹巧克力、ジャージー牛の生キャラメルアイス」

目にも楽しめるデセールは、櫻桃和油菜花、春の訪れを感じることができる愛らしい一皿!
黄金色に輝き、玻璃杯看起來像啤酒、新鮮和新鮮的柑橘蘇里-托斯普林、香り高く風味豊かなマスカット・ナイアガラとの組み合わせが抜群です!
八角とオレンジの香りが魅惑的に広がる大人なフォンダンショコラはしっとりと滑らかで、與魯伯夫,你可以享受酸度、澤西牛肉生焦糖霜淇淋,你可以享受牛奶的濃郁味道,成為一個令人毛骨悚然的味道、最後まで存分に楽しませていただきました!

喝“咖啡”

「NIKKO」のベストセラーでもある「山水」の絵柄が印象深いコーヒーカップでいただくコーヒーゆっくりと静かに流れる贅沢な時間を楽しめます!

食後に手の空いた山口シェフと歓談タイムを取りながらわたし達が応援する富山作家の器を手に取って観ていただきました!

山口シェフにもLade Gourmet & Hotel Web Magazine企画の『器と旅するシリーズ』を御紹介させて頂き、波特出現在專案第一部分 ""釋永 岳 (蔗 Shakunaga)"鋒利的儀器號稱是一個簡單的脫衣舞無用的、誰參加了計畫第2部分Shimoo,和彥 (和彥 Shimoo)先生。&Shimoo 沙織 (沙織 Shimoo)是作家的單位嗎 "Shimoo Design"象徵著日本的美麗、合理的且つ美しさを忘れない木製器たちをお披露目!

次回タイミングが合えばこちらともコラボレーションしていただけるとのことですので楽しみにしております!

自然の恵みであるジビエ肉は個体差も多く旨味や風味が増すように熟成をかけるケースと素材によっては鮮度ある状態で楽しめるようにとサヴァカではその素材毎に合わせた調理法を用いて提供してくださるため様々な顔を持つジビエに出会うことができます!

還、ジビエ肉は仕留め方や処理方法によって肉質に雲泥の差が出てしまうため良質な素材を手に入れるためには熟練の技と経験値ゆえに生まれる高い技術を持つ猟師の力があってこそ!

當前、サヴァカのジビエは、5つの猟友会、20人以上の猟師と契約を結ばれており山口シェフ自らが現地まで足を運び止め刺しハラワタ出しや洗浄などの作業を行うこともあるそうです!

野生のものは個体差がとても激しくレストランとして使えるものは極僅かとのことですが、長時間內、猟師との信頼関係を築き上げてきた関係性があるからこそようやく安定したクオリティのものが入荷できるとのこと!

「猟師」×「料理人」の二人三脚で成し得る最高のジビエ料理は何よりも人間関係の構築に尽きるのだと教えてくださいました!
そのために山口シェフは自然に関連する幅広い趣味の知識をアップデートすることを常に心掛けられており銃や犬の話題はもちろんのこと釣りに加え山菜やキノコなど猟師と共通の趣味や話題で心を通わせ相手に認められるように努められているのだとか!

冬の御馳走野趣溢れるジビエ料理(Le Gibier)!
滋味豊かなジビエの肉本来の旨味を味わいたい方は、對或錯、菊川の里山にある「西餐薩瓦卡(Cavak.)」に足を運ばれてみてください!

西欧料理 サヴァカ(Cavak.)
位址:静岡県菊川市沢水加791-11
電話:0537-37-1820
上班時間:午餐 11:30-14:30(LO.13:30)
晚餐18:00-21:30(LO.20:30)
週一閉館:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
駐車場:有氧
https://cavak.jp/

留言

您的電子郵件地址將不會發佈. 所需欄位標記為 *

滾動到頂部