婚宴設施在四 Saisons 的成人空間重生

浜松街中の結婚式場「ポルテボヌール」が「浜名湖オーベルジュ キャトルセゾン(Les Quatre Saisons)」と同グループ店の「キャトルセゾン浜松(Les Quatre Saisons Hamamatsu)」として生まれ変わり、2018年7月11日(水)にグランドオープン! 施設内のリニューアルを終え、踩在木紋上的黑褐色在使用中拍攝、海軍 x 黃金和基調、【美食】×【上質】×【大人】をテーマに大人たちの社交場として生まれ変わりました! メイン会場となるボウルルームには、開放式廚房和酒吧、他們產生的聲音和香氣享受、其他婚禮招待會、二次会や各種会合などのイベント用途に合わせて会場作りを提供されていく予定です! 施設に併設されているレストランは、可作為成人在酒店休息室和別致的空間裝飾的社交、京都只園-星級餐廳 "搖擺右", 而由廚師 yonemura m 監督、グランシェフとして立たれる千住悦也シェフが手掛けられる創作フレンチが楽しめます! この日は、開業前的特別晚宴, 我們邀請、一足お先に生まれ変わった上質な空間での食事を楽しんで参りました! [Menu for “四 Saisons 濱松 PREOPEN”] ①温前菜「ウッフ・ア・ラ・コック」 三方原産のジャガイモスープの奥に忍ばせた半熟卵と絡ませながら香り高いトリュフとエスプーマの滑らかな口当たりを楽しみながら頂く一品! パンにもトリュフオイルが練り込まれたクリーミーな自家製バターを添えて甘口のイタリアのスプマンテ 「アスティ・DOCG /カザ・ヴィニコラ・アバッツィア・ディ・サン・ガウデンツィオ」 ②冷前菜「オマール海老とカボチャのソース 抹茶のアイスクリーム」 カボチャのスープには、綠茶霜淇淋和雪糕、在一個甜蜜的破碎的球後感到苦澀。羅勒種子質地除了口音、芳しいアマレットのゼリーで爽やかに! ③お魚料理「的鯛のカダイフ包み スペルト小麦と木の子のリゾット ブロッコリーのピュレ」 的鯛には紫蘇を忍ばせ、煮熟和脆, 卷起在卡迪夫、脆皮外、疲憊的胃口在腫脹的盤子! 在小麥, 拼寫小麥麵筋少、富含營養價值的古小麥將耗盡我們的快樂、木の子と一緒に風味豊かなクリームリゾットでいただきます! 「サン・テステフ・ド・カロン・セギュール 2014(SAINT ESTEPHE DE CALON SEGUR 2014)」 大人気格付けシャトーの稀少性のあるサードラベルは、平易近人的價格點是。、豊かな果実のアロマと共に軽やかなフレッシュさを楽しみます! ④お口直し「水ダコとピストゥーの冷製パスタ」 水ダコのジェノベーゼは、夏天的狗天冷的結束、綠色和山瓜、裝飾番茄的清爽果凍! 它也是日本海藻風味的元素、さっぱりテイスト! ⑤お肉料理「静岡そだちのロース肉のグリエとドフィノワーズポテト」 最高級となるA5ランクの「静岡そだち」を用いたローストは噛むほどに甘く、滿洲野生稻和甘薯、用胡蘿蔔泥。ドフィノワでボリューム感たっぷりのメインディッシュです! 「ル プティ リオン デュ マルキ ド ラス カーズ 2014(Le Petit Lion du Marquis de...

辛格臺北餐廳擁有一流的牛排和龍蝦節!

  台北駅直結のデザイナーズホテル「君品酒店 Palais de Chine Hotel Taipei(パレ・デ・シン)」の6階レストラン「君品酒店 雲軒 La Rotisserie(ラ・ロティスリー)」にてランチタイム! レストランもホテル同様に建築デザイナーである陳瑞憲(Ray Chen)が手掛けられており、論歐式設計的滲出式、使用多鏡和吊燈、しっとりとした落ち着きのあるダイニングを演出しています! こちらはオールダイニングとなり、有機蔬菜和海鮮、在豐盛的甜點自助餐中, 他們排隊、午餐和晚餐、半階式選擇主菜和、現在、産地直送の活きた天然カナディアンロブスターとレストラン自慢のプライムショートリブステーキの組み合わせで提供する「ステーキ&ロブスター祭り」が大人気となります! 中央カウンターには、20和有機蔬菜沙拉、鹿或乳酪、乾果豐富、日誌和麻、一直挺蔡、 鬥、目でも楽しめるディスプレイとなっています! 特に、提供新鮮的生魚片鯖魚總是和每訂單舉行壽司日本食品攤位、外国人観光客に喜ばれています! 以前、當你參觀 "蟹王蟹和龍蝦節" 已舉行、被覆蓋在明亮的紅色 de 浮華顯示、這一次, 金槍魚的整體和外掛程式顯示一個、一直是大而有力的導演、從有趣的客人和、様々な企画をスタッフ間でアイディアを出し合い実行されているようです! オーダーしたメインディッシュが提供されるまでは、"沙拉" fulled 有機蔬菜、金槍魚或鮭魚、〆鯖魚和其他奢華的 "蜇森"、我們的平衡, "一天的湯 (* 這個, 豐富的蘑菇)。、ブッフェを楽しみましょう! ①「ロブスター&プライムショートリブステーキ(6oz)」2,180TWD+10%(日本円約8,870円) 丸ごと一匹のロブスターは熱々にボイルされ提供! 殻から取り外す作業は、如果你問員工、所以很容易在壯觀的吃, 將剝乾淨、プリップリの肉厚な食感を贅沢に楽しみましょう! ②「USDAアンガスビーフショートリブステーキ(6oz)」1,980TWD+10%(日本円約8,060円) レストラン自慢のステーキは、相思樹香咸烤牛肉、推薦鹽, 而不是簡單的來源! 短肋牛排厚、在 Jussieu 軟、噛めば噛むほど味わい深い一品! 食後は、在那裡, 看起來華麗的、非常美味的小甜點在眼睛裡、食後のコーヒーと共に頂くと良いでしょう! ラ・ロティスリー(La Rotisserie)雲軒西餐廳(6階) 営業時間:早餐:6:30-10:00 午餐:11:30-14:30 下午茶:15:00~ 17:00 晚餐:18:00-21:30 パレ・デ・シン(Palais de Chine Hotel)君品酒店 所在地台北市承德路一段3號 TEL:+886 2 2181 9999...

午餐服務于全景餐廳駿路線, 觀賞富士山 "kasui"。

「成田国際空港」からネパールツアーをご一緒させていただいた「株式会社ヒバリヤ」の会長である岸山惣憲(Fusanori Kishiyama)さんの御車に同乗させていただき、把我們送到濱、途中の富士川サービスエリア「富士川楽座」内にて岸山会長が運営されるレストランにてランチ休憩を取らせていただくことになりました! 富士川SA(上り)の大観覧車「Fuji Sky View」からは、富士山可以, 更不用說城市富士和駿灣, 俯瞰、大人気の観光スポットになっています!さらに、客人可以享受美麗的摩天輪驅動燈照亮了晚上、デートスポットとしてもお勧めです! 富士川楽座の3階には地元の名産品が並ぶお土産売り場「まるとく市場」などがあり、作為旅行的紀念品將是愉快的! 是美食苑除了享受茶點。、多くの観光客で賑わいます! レストラや展望ラウンジ「わいわい劇場 プラネタリウム」が揃う最上階4階にある「パノラマレストラン駿河路」へ!こちらのレストランは駿河湾の美食を和で楽しむ「駿河の味処 千歳屋」と駿河湾の恵みを洋で楽しむ「駿河魚河岸イタリアン 岸山水産」が一緒になっており和洋が一度に楽しめます!岸山会長が運営されるレストランは他にも3階のフードコートにもあります! こちらは世界遺産に登録された「富士山」を大迫力のパノラマで眺望しながら、餐廳供應日本料理和駿漁reta 灣的新鮮海鮮。 在這一天、我們關閉了窗戶在不幸的建設, 但、普段は壮大な「富士山」を臨む絶景が待ち受けております! ネパールツアー最年長の杉山昇(Noboru Sugiyama)さんと「株式会社ヒバリヤ」会長の岸山惣憲(Fusanori Kishiyama)さん、和、東京までお迎えにいらしてくださった岸山会長のお嬢様AKIEさんと一緒に食事を楽しむ中「富士川楽座」の管理部部長の久保田一幸(Kazuyuki Kubota)さんと常勤顧問の畔上啓(Akira Azegami)さんを御紹介いただきました! 「駿河海鮮丼」1,840円 ネパールから帰国したばかりということもあり日本食に飢えていたわたし達は迷わず「駿河の味処 千歳屋」のメニューからオーダー!「駿河海鮮丼」は、從生銀魚中取大量駿灣、幹生蝦, 鮮、在清水金槍魚生魚片和蔥的港口、豪快に駿河湾の恵みを一挙に楽しめる究極の丼です! 「海鮮丼」1,380円 レストラン二番人気で、豐盛的海鮮拼盤、存分に味わえるバランスの良い「海鮮丼」!天然のインド鮪を1本買いしているお店だからこその美味しさが楽しめ、和炸鮮魷魚、三文魚、八達通、多少、穴子に海老と贅沢な品数です! 「すし三昧」1,380円 レストラン一番人気は地場の鮮魚と旬の素材で様々な味を楽しめる握り寿司9巻+厚焼き玉子の「すし三昧」です! 「桜えびかき揚げそば」1,080円(※桜えびのかき揚げは別皿で提供されます) 桜海老と言えばやはり「かき揚げ」!温かいそばの上に大きなかき揚げを乗せてサクサク食感を楽しみます! 丼には温かいお味噌汁が付き「やっぱり日本食は最高!」と一斉に声が漏れガッツリと頬張らせていただきました! 丁度、看到現任總統, 在, 岸山主席的兒子必須檢查餐廳、御挨拶させていただきました! この日は、和一個驚人的秋季颱風、屋上からの大パノラマの景色は圧巻です! 富士川は濁ってしまっているものの、在一個令人驚歎的萬里無雲的天空、雪化粧する前の貴重な「富士山」を捉えることができました!こんなにも素晴らしい景色は数十年振りと仰っておられ帰国早々にラッキーな体験を致しました! 静岡を代表する世界遺産となり美しく雄々しい「富士山」を背に皆さんで記念撮影!この後我が家の愛車を預けてある「マセラティ浜松」まで送っていただき長きに渡るネパールツアーを無事に終えることが出来ました!杉山さん、Mr. 岸山、昭惠 Mr。、正如你會發現與我們、本当にありがとうございました!...

日本餐廳模式 "淡然" 尼泊爾最後一餐

ネパールはパタン(Patan)のプルチョウク(Pulchowk)地区にある日本食レストラン「だんらんレストラン(DanRan Restaurant)」にて、最後一天在尼泊爾的前夕享用最後的晚餐! 這是、日本人オーナーの内藤純子(Junko Naito)さんがネパールをこよなく愛する御主人と共に、2003自4月開業以來、ネパール在住の日本人の憩いの場となりながらも地元ネパール人にも愛される人気店となります! この日、尼泊爾最後的晚餐決定了日本食品、お世話になった「ペンション・スザータ(Pension Suzata)」の日本人オーナー秦(Hata)さんからのお勧めがあったからです!日本食レストラン「だんらんレストラン(DanRan Restaurant)」は、養老金斷言比它會在10分鐘內! 當時、内藤(Naito)さん御夫妻がレストランをオープンする際にネパール在住歴の長い大先輩の秦(Hata)さんには大変お世話になったとのこと! 日本人オーナーの内藤(Naito)さん御夫妻は飲食経験ゼロの状態で住んでいたアパートのキッチンで「日本食のお弁当」を作り配達するという仕組みで小さくスタートするも、一些客戶感言鼓勵辦公室商店、「ネパールで日本食レストランといえばDanran!」と言われるほどまでに繁盛されています!14年経った今でも、日本家庭烹飪的味道告訴、ネパール人スタッフと共に日々奮闘されているそうです! この日の夕食は自由行動だったためツアーメンバー最年長81歳の杉山昇(Noboru Sugiyama)さんがツアー中にお世話になった御礼にと奢ってくださいました!杉山さんは1日たりとも欠かさず飲まれていたビールをこの日も美味しそうに楽しまれておりました!わたしは、因為酒精是技術上的淘汰賽、「ネパールハーブティー」140ルピー(日本円にして約150円)をオーダー! 「アサヒビール・スーパードライ」450ルピー(日本円にして約482円) こちらDanranでは日本銘柄のビールが頂けます!やっぱり日本のビールは最高に美味しいと男性陣は喜んでおりました! お通し「豆腐と野菜の煮物」醤油ベースの煮物が妙に嬉しくしっかりとした歯応えの豆腐にも味が滲みてます! お通し「野菜揚げ」ゴロゴロっとした大きさにカットした人参やジャガイモを揚げた一品! 「自家製チャーシュー」420ルピー(日本円にして約450円) しっかりと味の滲みた厚切りのチャーシューは食べ応えがあり煮玉子も付いてきます! 「ほうれん草の胡麻和え」220ルピー(日本円にして約235円) 一番日本を恋しく感じた一品はこちらの胡麻和え!シャキシャキのほうれん草の香りと胡麻の風味が堪らなく美味しいです! 「揚げ出し豆腐」460ルピー(日本円にして約492円) 生姜に大根おろしの薬味を乗せた揚げ出し豆腐はまさに和食の定番!とろみのある餡がしっかりと絡まります! 「自家製手打ち豚骨ラーメン(Small)」490ルピー(日本円にして約524円) 「〆にはラーメンがいい!」とオーダーした主人は久々の日本の豚骨ラーメンに喜んでおりました! 「御飯と味噌汁」150ルピー、200盧比 (約160日元日元、214円) 「梅干しありますか?」と聞いたところ、"李子排隊, 如果日本杏" 與如此、感謝杏、米飯和味噌湯、ほっこり大満足のディナーです♪ テラス席で豪快に「ビーフステーキ」700ルピー(日本円にして約750円)とビールを平らげていたツアーメンバーの皆さん!最後の最後まで楽しく過ごせたのも本当に皆さんのおかげです!ありがとうございました!...

位於加德滿都山谷 "gyrince" Thamel 區的藏菜午餐

在尼泊爾首都加德滿都的心、 世界中のバックパッカーや登山者などをはじめ、遊客聚集。、雑多な雰囲気を醸し出すタメル地区(Thamel Chowk)へ! こちらの地区は、許多廉價的住宿和、從便宜的價格、世界各地的背包客和登山者避難所現在也在尋找、它會在哪裡的便宜的美食世界 ! 作為日本日本、拉麵、烤的雞、巻き寿司などが提供される「東京居酒屋(Tokyo Izakaya)」などもあります! スーパーマーケットの「Shop Right Supermarket」では何でも揃います!100円前後で購入できるバラマキ用のお土産が必要な方は立ち寄ると良いでしょう! 観光客が多いこともありショップも軒並み連なります! 人力三輪車リクシャー(Rickshaw)は、異國情調是有用、有師爺觀光的遊人學習為、事前にきちんと価格交渉を行いましょう! 格安宿や土産物屋、Thamel 區林立的餐館提供國際美食。特に登山者向けのトレッキング用品やスポーツ用品店が多い印象です!ツアーメンバーの皆さんはこちらでネパールの伝統的な織物「パシュミナ・ストール」を大量に大人買いされておりました!パシュミナ100%であれば、在日本,成為奢侈品到超過 10000 日元、現地では1枚3,000円程度とお安く購入できます! 今回ツアー中に初めて自由行動となったため、非利士人在 Thamel 區餐館網、チベット料理の有名店「ギリンチェ(Gillingche)」にランチにやって参りました!場所はとても分かりづらく、變得有點從這條路回到設置位置、Google Mapで確認することをお勧めします! カラフルな店内で明るく、對小的午休時間、店内はわたしたち夫婦のみの貸し切り状態!いつもは大勢の人で賑わう人気店のようですがラッキーです♪ アルコールはドクターストップがかかったため炭酸水「キンリー(Kinley)」60ルピー(日本円にして約64円)にレモンをギュギュッと絞っていただきました! 「テントゥク・チキン(Thenthuk Chicken)」150ルピー(日本円にして約160円) 日本でいうきしめんのような、Hoto 像、像烏冬面、甚至像烤寬麵條 (? ) 麵條清湯蕎麥面藏族灌裝正方形 ! 包含了大量的蔬菜和果凍、香料是周到。、鮮嫩可口,像麵條和平原、一些好的厚雞湯、即使你可以吃美味的食物,仍然是溫暖 ! 在你的選擇、添えられた辛味調味料を足して味変すると良いでしょう♪ 「モモ・野菜(MoMo Vegetable Pan fried)」180ルピー(日本円にして約193円) ネパールの定番料理の1つで「モモ」は日本で言う「餃子」です。饅頭、烤、深油炸類型和劃分、似乎使用 bean 果醬在水牛城。有干擾成分:、成為我們的主流和辣醬。"類型蒸"沫沫測試在各種餐廳、所以烤、今回は”焼きタイプ”をオーダー! こんがりと焼かれたモモの皮は薄く、在一個脆皮的紋理、選擇你的蔬菜、這麼多的蔬菜,和辣豆咖喱、香ばしさが堪らなく食欲をそそります!添えられるソースにたっぷりくぐらせて頂くと尚美味しいです!モモは日本人にウケる味わいだと思います♪ お腹も一杯になり大満足なところで、位置和旅遊諮詢的成員、ショップ巡りをしていきたいと思います♪...

"真格"尼泊爾民間音樂和民間舞蹈是最受歡迎的晚餐秀 !

カトマンドゥ(Kathmandu)にあるネパール民謡の生演奏と民族舞踊のショーが繰り広げられるレストラン「ボージャン・グリーハ(Bhojan Griha)」へ! 入口では歓迎祝福のティカ(Tika)を頂戴しました! こちらは、150在一年多前在紐約皇后區裝修好老房子是具有歷史意義的建築物 ! 大約 6 年有否則花在改造和修復這裡是瀕臨崩潰、在走廊裡、国王と王妃の自画像などが飾られています! 広々としたダイニングスペースを各部屋用意し、在所有的座位可容納大約 250 人。在這裡,在、ネパール料理がコース仕立てで提供される高級レストランとなります! セッティングされた長テーブルの座椅子に腰掛けると、將送達開胃酒 ! 餐前飲料倒從一個罐子薄黃銅嘴、壯麗的拱彩繪玻璃 ! 請關閉倒滿、停下來,立即敲手腕動作是美麗、截至放映的開始看起來像、思わず魅了されてしまいます! 食前酒の地酒にて乾杯! 「ポップコーン(Popcorn)」ネパールでは、乳酪的爆米花一樣蔓延、在每幢房子的陽臺上,大量的玉米乾燥伺etari、移動販売も良く見掛けます! 「ピーナッツのフライドポテト(BADAMALOO TAREKO)」スパイスを用いたネパールのジャガイモ料理で食欲が湧くテイスト! 「Ventisquero Reserva Carmenère 2013(Chili)」2,400ルピー(日本円にして約2,570円) チリのカルメネールをスパイシーな料理に合わせます! ランチタイムが遅かったため、晚餐是少不感到饑餓。少しずつ提供される小皿の料理をお酒の当てに赤ワインをいただきます! 「肉入り餃子(MOMO)」ネパールの定番料理の1つで「モモ」は日本で言う「餃子」です。饅頭、烤、深油炸類型和劃分、似乎使用 bean 果醬在水牛城。有干擾成分:、成為我們的主流和辣醬。在皮膚褶皺與曲線完全平等、地面的水牛肉和蔬菜用大量、おつまみに最適! こちらでは毎晩ネパール大使館から派遣されている楽団がネパール民謡を生演奏してくださいます! さらにネパール民謡の生演奏とコラボレーションする民族舞踊のショーが大人気です! 「豆スープ(Kwatti ko Jhol)」優しい味わいの温かな豆スープ! 民族舞踊は男女一組となり、丈夫和妻子每個人扮演的故事。捕魚的漁民都擅長捕獲大量的魚、接近女人"一生的人."、農民收割水稻,培養水稻"永遠安全。"還有,他的故事、生演奏に合わせてテンポよく軽快な楽しい踊りが観られます! 民族楽器のサランギ(Sārangī)を奏でるオジサンがとてもユニークで坂本九の「上を向いて歩こう」や童謡の「チューリップ」を弾きながら、暫用笑,模仿山羊和青蛙的叫聲、御自身の「CD(500ルピー)」と玩具の民族楽器「サランギ(5,000ルピー)」の販売に繋げていました! 「ミックス野菜カレー(MISMAS TARKARI)」野菜の甘味が凝縮されたカレー! 「チキンカレー(KUKHURA KO MASU)」ゴロッとしたチキン入りのボリューム感のあるスパイシーなチキンカレー! 「ハーブで香り付けされた蒸し米(SADA BHUJAJHANEKO MAS KO DAL)」「フライドフィッシュ(MACHHA TAREKO)」「ほうれん草のクミンソテー(JEERA PALUNGO)」「季節の野菜(MOUSHAMI TARKARI)」を盛り合わせワンプレートです! 「ヨーグルト(Sikarni)」デザートはやはりヨーグルト! 「イラムティー(Ilam Tea)」インドのダージリン地方と国境を挟んで接している隣接するネパールのイラム地域で採れた最高級茶葉を使った珍しいネパールの紅茶「イラムティー」をいただきました!高貴な香りがありまろやかな風味で食後にホッとするミルクティーです! 食後のドリンクをいただきながら寛いでいると、餐館老闆請去問候 ! 是你享受日本集團在尼泊爾的食物還有我們的視線。、ネパールの伝統文化に触れ合える素敵なレストランです!...

巴克塔普爾杜巴廣場旁邊"Khawapa Chhen"在吃午飯。

ネパールの首都カトマンドゥ(Kathmandu)から東へ12km程にあるバクタプール(Bhaktapur)はカトマンドゥ盆地で3番目に大きな街となります! 世界遺産に登録されたバクタプールの「ダルバール広場(Durbar Square)」に向かうには駐車場から徒歩10分圏内となります! ツーリストバスを下車し皆で「ダルバール広場(Durbar Square)」を目指します! 赤煉瓦の壁に覆われた雰囲気のある石階段を登った先となります! バクタプールの「ダルバール広場(Durbar Square)」の正面玄関へ到着!ここから先は外国人は入場料1人1,500ルピー(日本円にして約1,605円)が必要になります!(※チケットは7日間有効となり何度でも再訪可能です) 午前予定であった大学訪問が長引いてしまったため、遲到的午餐、正面玄関前の脇道を進み「ダルバール広場(Durbar Square)」横にあるゲストハウス&レストラン「Khawapa Chhen」にていただきましょう! こちらの1階は、畫廊,將在接待處。「Khawapa Chhen」はレストランのみならず、可以用作一個招待所表明宮殿廣場。、中世の街並みを残した古都の雰囲気に浸るのも良いでしょう! 屋上にあるダイニングテラスを利用して、在藍藍的天空下、爽快なランチタイム! バクタプールの「ダルバール広場(Durbar Square)」を一望できる素晴らしいロケーションとなります! こちらではバクタプール出身で活躍するコメディアンでガイドのナレス(Naresh)さんの友人ラズ・マナンダー(Raju Manandhar)兄弟を紹介していただきました!ラズさんの御実家は王宮広場内にあり、從一代一代、氏族對待芥花油嗎?。吃東西的時候、ラズさんの活躍ぶりをYouTube動画で観せていただきました! 天候も良く、在舒適的午後陽光下、最高のビールタイムです! お疲れ様の乾杯は「清水ライオンズクラブ」の杉山昇(Noboru Sugiyama)さんの音頭で乾杯! ネパールビールの中でも一番のお気に入りとなった「EVEREST」!マウントエベレスト醸造所で造られているプレミアムラガーのエベレストビールは今までいただいた「TUBORG」や「ゴルカ(GORKHA)」よりもキリッと辛口で断トツの美味しさです!エベレストビールの原材料は、選擇向溪水從喜馬拉雅構造帶其他國產大麥麥芽和芳香中使用、標高8,848mで世界最高峰となるエベレスト山の名に恥じない美味しさです! この時既に時刻は15時を回り、為晚午餐,、ナレス(Naresh)さんの配慮で取り分け不要の盛り合わせとなりました!ネパール料理の炒飯、尼泊爾文、桃子、フライドポテトをいただきます! 古い街並みの向こうには、頂尖的天氣、雄偉的喜馬拉雅山意見、ダルバール広場の中でも一番古都の良さが残るバクタプール(Bhaktapur)はお勧めです!...

"酒店 Tilurkot"在尼泊爾擁有在日本餐館中打開

「カピラヴァストゥ(Kapilavastu)カピラ城」や「ティラウラコット博物館(Tilaurakot Museum)」から、2~3km離れた場所に2017年5月にオープンしたばかりのホテル「ホテル・ティラウラコット(Hotel Tilaurakot)」にてランチ! こちらのオーナーのディネス・ラヤマジー(Dinesh Rayamajhi)さん(52歳)は、來自尼泊爾的加德滿都山谷土生土長的人、5 月 10 年餐飲場所經營日本、日本說話 ! 他給我們講故事、驚くことにわたしたちが現在住まう静岡県浜松市にてネパール料理店「エベレスト(Everest)」を営まれていたとのこと!そのレストラン「エベレスト(Everest)」は、現在其他經理經營作為。ディネスさんは、堅定地納入正軌,恢復操作在濱松、在那之後、在三重縣伊勢仕、開放的餐廳 ! 儲蓄和銷售正軌、3幾年前回到尼泊爾、啟動的款待。未來、開発が進むであろうティラウラコット(Tilaurakot)の地に目を向け、購買土地,興建一間酒店。雖然操作開始大約 4 個月前、嘗試通過試驗和錯誤生成、它是得到了改善 ! 但偶然相遇、とても素敵なご縁を感じたランチタイムです♪ ネパールのレストランでは、沒有概念和為使它、訂單已收到從廚師、可能需要一些時間根據菜肴。待ちに待った食事に皆さん喜びが隠せません♪ こちらでもデンマークのカールスバーグ社との合併会社でゴルカブルワリー社の「TUBORG」をオーダー!冷えたビールジョッキでいただくビールは最高です!ビールはレストランで頂くと、大約 400 盧比 (約 428 日元日本日元) 和、大抵が食事よりもお高くなります! ネパール料理を頂くようになって5日目となりますが飽きの来ないテイストで食欲の湧くスパイスの香りが堪りません! 「マス・バート・タルカリ・セット(Masu Bhat Talkari Set)」350ルピー(日本円にして約375円) 「ダル(豆のスープ)バート(御飯)・タルカリ(おかず)」「マス(肉)・バート(御飯)・タルカリ(おかず)」になりどちらもワンプレートに盛り付けられたネパール料理定番の定食となります! ネパールの人は良く食べるそうで、基本、配菜的肉和蔬菜、水稻和免費續杯、可以按你想要 ! 在酒店、餐點和、是每頓飯和驚人的物價不 400 日元 ! 餐廳的美食、收到了辛辣味直到現在尼泊爾菜、即使是在最好的啤酒、像我們辣味道最好 ! 正如您期望、日本で飲食店経験を持つオーナー・ディネスさんの監修です!...

露臺晚餐在藍毗尼"紮西 Delek 餐廳。

ブッダの生誕地「ルンビニ・ガーデン(Lumbini Garden)」を半日かけて巡り夕刻17時を迎える頃に早めの夕食をいただきにチベット料理とネパール料理を提供するレストラン「Tashi Delek Restaurant」へ!日中の暑さが落ち着き、你設置空氣外面是舒適的露臺、料理ができるまでこちらで一杯やることにしました! ルンビニ・バザール(Lumbini Bazar)の入口にあるこちらのレストランとなります!テラス席へは巨大な扇風機を2台セットしてくださり快適です! こちらでもデンマークのカールスバーグ社との合併会社でゴルカブルワリー社の「TUBORG」と「ゴルカ(GORKHA)」をオーダー!この時、我是中暑樣症狀 (頭暈、 面部潮紅、噁心、劇烈的頭痛),不平衡的條件、因為它不斷被打亂、停止對蘇打汽水啤酒。在這個時候還。、但我是完全不知道這種昆蟲被咬兩個腳踝在禦園、就像已經毒藥吃我的身體。、逐漸成為了症狀惡化 ! 這一次、在藍毗尼旅行時的特殊考慮事項、紫外線対策と虫除け対策が重要視されていたため、UV 噴塗從日本和 bug 噴霧帶來整個身體吹來。然而,、它後來發現的、日本驅蚊噴霧、這似乎對蚊子在尼泊爾工作、這並不有助於多在地理、說到任一、タイガーバームのようなハッカの香りが効果的だそうです! 視察団の皆さんをはじめ最年長の杉山昇さんも体力的に全く問題なさそうで待ちに待ったビールタイムを楽しそうに過ごされておりました♪ 「パパド」南アジアでは良く食されるパパドは、如何根據區域和家像每個、像薄餅乾由豆類或大米麵粉。為制定鹽和香料、享受一脆可口甚至與、ビールの当てにも最高です! トラクターが走り去る道路にはコブ牛が優雅に闊歩する姿が!? 何かに繋がれる訳でもなく、甚至不由人、路上を歩くその姿がゆったりとした空気と長閑な街並みを感じさせてくれました! まるで現地人のようにネパール帽がお似合いの白髪ダンディ岸山惣憲さん!煙草を片手に物思いにふける姿がとても格好良かったです! 食事の準備ができた頃に店内へ入店! 「ダルバート・タルカリ(Dhal Bhat Talkari)」。尼泊爾菜的烹飪、Dal (豆湯)、巴特 (水稻)、Tarkari (配菜)、它是均衡 Achar (鹹菜) 被放置在盤子午餐 ! 這是、豆湯,或堆在盤子上、水稻和被鑄造成位置按類型、見た目も美しく食べやすかったです!ミトチャ!(मिठो छ)美味しい! 「骨付き牛のスパイシー煮込み」骨付きですが、非常放鬆和拉自己已被燜軟、スパイシーさが後を引く美味しさです! 「野菜のスープ」主食の「ダルバート・タルカリ(Dhal Bhat Talkari)」は、熱,我完全吃、戰神的指南請、我只是不得不單獨訂購湯。可能不是嘴只有大約一半、胃に優しく染み渡る美味しさで嬉しかったです♪ 主人の食べていた「ダルバート・タルカリ(Dhal Bhat Talkari)」も少しだけ味見させてもらいましたが、餐館、どの料理も美味しかったです! 食事が終わる頃に日も沈み、這裡的點心 ! 回到酒店是步行距離內、經過一天的排程審查、在 7 下午提前解散 ! 醫治病人、補充水分,然後上床早與頭痛的藥物、成為受雷暴像躺在這陽光明媚的一天一夜、薬のおかげでぐっすりと深い眠りに就くことができました!...

帕坦杜巴廣場餐廳"寺塔萊珠女 & 酒吧"

ネパールはパタンの「ダルバール広場(Durbar Square)」に隣接する最古の市場「マンガル・バザール(Mangal Bazar)」は人々が行き交う賑やかな通りとなり、你也可以享受購物 ! 她的妹妹模式誰很強烈、如此無情地追逐、商品に興味が無い場合は気を付けましょう! 「マンガル・バザール(Mangal Bazar)」内のダルバール広場前にあるパタンの婦人服を取り扱う「Pahiran Ghar」と靴屋の間にある階段を上りダルバール広場を一望しながらネパール料理を楽しめるレストラン「シ・タレジュ・レストラン&バー(Si Taleju Restaurant & Bar)」へ! 階段を上った2階には、有小酒吧、食事する場合は上階へと案内されます! 4階のダイニングフロアへ案内され、早訂貨的啤酒會滋潤喉嚨乾燥和、是有點早晚餐 ! 在尼泊爾、帶空調的餐廳是少、涼mimasu 在這裡掛牆風扇 ! 但日本總是習慣于空調、尼泊爾是所以高濕度不是、室内であれば暑さはさほど気になりません♪ このレストランで初めて「EVEREST」ビールを堪能!窓際席に座れば、從視窗的全景視圖是杜巴廣場、最高のロケーションとなります! 「EVEREST」は、珠穆朗瑪峰珠穆朗瑪峰啤酒廠已建成優質啤酒、今までいただいた「TUBORG」や「ゴルカ(GORKHA)」よりもキリッと辛口で断トツの美味しさ!やはりビールは辛口に限ります!エベレストビールの原材料は、選擇向溪水從喜馬拉雅構造帶其他國產大麥麥芽和芳香中使用、標高8,848mで世界最高峰となるエベレスト山の名に恥じない美味しさです! 「マッシュルームのポタージュ」マッシュルームをふんだんに使用し、而厚實的紋理、鮮嫩可口的湯、お疲れ気味の胃にじんわりと染み渡ります! 「フレンチフライ」ピリ辛のオーロラソースを添えて「チョウメン(Chowmein)」日本でいう焼きそばになります!水牛のジャーキーのような食感が面白い! 「モモ(MoMo)」日本で言う「餃子」です!蒸し、烤、深油炸類型和劃分、似乎使用 bean 果醬在水牛城。有干擾成分:、成為我們的主流和辣醬。在皮膚褶皺與曲線完全平等、地面的水牛肉和蔬菜用大量、おつまみに最適です! 「コロッケ」真ん丸く仕上げたジャガイモのコロッケは、阿齊茲的特設 Hoch ! 與配料: 甜豆沙、お好みで添えられたピリ辛のソースを付けていただきます! 食事を終え、5到樓 ! 提供表座位在屋頂上、很酷的小時、断然屋上での食事をお勧め致します! どのフロアからもダルバール広場を一望できる素晴らしいレストランですが、但從屋頂視圖是最好!! 在遠處的是當地人感覺就像一個縮影、石造や赤煉瓦造りの歴史ある建造物をゆっくりと楽しめます! ダルバール広場を背景にネパールツアー視察団の皆さんと一緒に記念撮影!最高の思い出です!...

泰國菜,妹妹在餐廳的芒果樹"芒果智利泰國咖啡廳

ネパールはパタンの市役所前にある大通りプルチョウク・ロードの交差点角地に昨年2016年3月に新しくできた大型ショッピングモール「ラビム・モール(LABIM MALL)」内にあるレストラン「マンゴー・チリ・タイ・カフェ(Mango Chili Thai Cafe)」へ!こちらは世界中の「コカ・レストラン(Coca Restaurant)」と「マンゴー・ツリー(Mango Tree)」のフランチャイズの子会社である「エクスキュイジーヌ・システム(Exquisine System)」が、2016年9月にラビム・モール内にオープンしたカフェレストランとなり市場レベルを意識しクイックサービスカフェとしてマレーシアのクアラルンプールを1号店とし成功させ、在以下、このネパールに初出店した新ブランドとなります! ライトアップされたショッピングモールは昼の顔とは違った雰囲気を見せています! 本格的なタイ料理を提供する「マンゴー・チリ・タイ・カフェ(Mango Chili Thai Cafe)」。 商店、カラフルでポップなタイ料理のイラストを描いた壁面にナチュラルなウッドを基調としたカフェテイストのカジュアルさがありグループのような大人数でもカップルや御家族でも利用しやすい空間となります! この日の夜も無事に1日のハードな工程を終えた達成感に包まれながら皆でビールで乾杯です! 「ゴルカ(GORKHA)」ネパールを代表するビールで飲み口は軽めとなり甘味を感じるテイスト! ネパールに居ながらにしてタイレストラン!スパイシー繋がりでありながらもこの日は嗜好を変えてさらに香辛料の利いたタイ料理をセレクトしたため諸先輩の胃袋を心配しましたが皆さんビールの当てになると平らげておりました!海外旅行に慣れていらっしゃることもあるせいか体力・気力共に胃袋も丈夫な方が多いようです(笑) 「青梗菜の炒め物(Stir Fried Bok Choy)」250ルピー(日本円にして約268円) 青梗菜のシャキシャキの食感を残しつつガーリックを利かせスパイシーですが醤油の味わいが日本人には嬉しい一品! 一皿のボリューム的には2~3人前あるためシェアしながらいろいろいただきますが兎に角驚くほどの価格で安過ぎます! 「豆腐サテイ(Tofu Satay)」175ルピー(日本円にして約187円) ダイス状にカットされた豆腐を揚げてピーナッツソースでいただくタイ料理の甘辛のおつまみです!豆腐ということで罪悪感が少なく女性には嬉しいイソフラボン♪ 「揚げ春巻き(Spring Rolls)」200ルピー(日本円にして約214円) 細かくカットした野菜とマッシュルームをふんだんに用いた揚げ春巻きでお好みに合わせてチリソースでいただきます! 「スパイシーチキンバジル(Spicy Chicken Basil)」450ルピー(日本円にして約480円) 鶏胸肉の挽き肉を空芯菜と共にガーリックで炒めホーリーバジルと唐辛子を合わせたスパイシーな一品!タイでは「パッ・バイ・ガパオ・ガイ・サップ(Phad Bai Gaprao Gai Sap)」と言いますライスに合わせれば日本でも大ブレイクした「ガパオライス」に! 「タイオムレツ(Thai Omelette)」175ルピー(日本円にして約187円) タイ風オムレツは「カイ・ジャオ(Khai Jiao)」ふわふわの卵料理で野菜やチキンも入ってボリューム感がありしっかりと味が付いているのでおつまみに最適です! 「チェンマイスタイルカレーヌードル(Chiang Mai Style Curry Noodle)」340ルピー(日本円にして約364円) チェンマイ名物のカレーヌードル「カオソイ(Khao Soi)」はわたしたちがタイでハマった料理の1つで生麺と揚麺の2種類の麺と濃厚なカレースープのラーメンです!骨付きチキンも入っておりガッツリと〆のメインディッシュとなりスパイシーさが癖になります! 「グリーンカレー(Green Curry)」500ルピー(日本円にして約535円) タイでは「ゲーンキャオワーン(Kaeng Khiao Wan)」と言いゲーン=汁気のあるカレーキャオ=緑ワーン=甘いを意味するグリーンカレーは濃厚な味わいとクリーミィーさが堪らなくココナッツミルクのまろやかな口当たりが病みつきになります! 「炒飯(Fried Rice)」350ルピー(日本円にして約375円) 〆の炒飯でお腹も大満足になりながら飲んで食べての合計金額のあまりのお安さに一同驚愕!クイックリーで食べれて皆でワイワイとシェアしながらいただくにはとても楽しいレストランとなりました!...

學生主張在亞洲餐廳模式"GG Machaan"奇跡 !

ネパールはパタンのラリトプール地区にあるアジアンフードレストラン「ジージー・マチャーン(GG Machaan)」にて遅めのランチへ!ネパールツアー中の食事は朝はペンションでの朝食となりますがそれ以外のランチとディナーに関してはその日によって臨機応変にガイドのマハラジャン ナレス (Maharjan 納雷什)さんが選定し予約をしてくださいます! こちらは屋内のみならず屋外のテラス席も用意されており生ライブが開催できるステージを設置され定期的に行われる生ライブイベントが人気のレストランとなります!こちらのレストランはパタンの中では比較的高級クラスに入るため観光客も多く利用されるのだとガイドのマハラジャン ナレス (Maharjan 納雷什)さんが教えてくれました! エアコンの効く屋内にてビールで乾杯!ツアーをご一緒する皆さんは一部の方を除いて皆さん本当にお酒がお強い!ランチディナーと必ずと言っていいほどにビールやワインが登場します!「良く食べ、開懷大笑。、喝得好、よく動く!」これこそが皆さんの健康法で長寿の秘訣なのかもしれません♪ ネパールビールはデンマークのカールスバーグ社との合併会社でゴルカブルワリー社の「TUBORG」と「ゴルカ(GORKHA)」が主流です!キンキンに冷やされたグラスで提供されるのが何より嬉しいです!飲み口はどちらも軽めで甘味を感じるテイスト! ブンガマティ村で子供たちとよく笑いよく歩いたためお腹はペッコリ!目の前に並んだ料理に皆で喰らいつきます!こちらでもネパール料理の代表格となる「モモ(MoMo)」をオーダー!モモは取り分けしやすく大勢でつまむに最適です! 「モモ(MoMo)」220ルピー(日本円にして約235円) こちらのモモはバッファロー(Buffalo)とチキン(Chicken)のどちらから選べこちらはバッファロー(水牛)です!プルプルもちもちのモモは、10個で220ルピー(日本円にして約235円)とお安い!ジョル(Jhol)と言うスパイシーなソースが付いてくるのでお好みで付けていただくととても美味しいです!小籠包のような形であったり餃子のような形をしていたり「蒸し」「焼き」「揚げ」のスタイルでレストランによって様々な形で提供されるモモは日本でいう餃子の存在に近く日本人の舌に良く合います! 「炒飯(Fried Rice)」350ルピー(日本円にして約375円) ネパールは、因為它的鄰居中國和印度、我感覺到中國和印度菜的影響。こちらの炒飯は、青菜、雛雞、ミックスの中から選べるためミックスをいただきます!細長くパラパラとしたバスマティと呼ばれるインディカ米は炒飯にピッタリ!野菜たっぷりで彩りも良く卵やチキンも入り旨味のある美味しい炒飯です! 「パパド(Plain Papad)2pcs」90ルピー(日本円にして約96円) パパドとは主に豆類や米粉から作られる極薄クラッカー!スパイスや胡椒が利いており塩気があるためそのままでも美味しいのですが添えられたピリ辛のヨーグルト風味のソースに合わせていただきます! 「焼きそば(Stair fried Noodles)」250ルピー(日本円にして約268円)」 パスタのような麺を野菜と共に炒めた焼きそば日本でいう焼きそばはネパールでは「チョウメン(Chowmein)」と言います! 今回のツアーでわたしの師でもある二胡奏者の内藤ゆみ子先生にはネパールの民族楽器である「サランギ(Sārangī)」に「触れたい!習いたい!日本へ持って帰りたい!」というミッションがあり事前にガイドのナレスさんにお願いをしておりました。當、不思議なご縁がありナレスさんの同級生であり「パタン市役所」の役所員であるビックラム・シャカ(Bikram Shakya)さんがネパールで一番有名なサランギ奏者のキラン・ネパリ(Kiran Nepali)さんと大親友とのことでレストラン近くにある音楽スタジオから彼を呼び出してくださったのです!感動! サランギの歴史はネパールのカースト制度によりダマイ(婚礼の楽師)やガイネ(遊行の楽師)たちが自作したサランギを奏で歩くことで生活のための収入を得てきたという複雑な背景があるようです。在當前、数少ない伝統楽器の伝道師として活躍されるサランギ奏者のキラン・ネパリ(Kiran Nepali)さんは同志を募り民族楽器バンド「KUTUMBA(クトゥンバ)」の一員として「音楽家としての立ち位置を確立させネパールの民族楽器をもっともっと世に広げるのがわたしの夢でもあります!」と熱い想いを語ってくださいました! 実際にネパールの民族楽器サランギの音色を披露してくださるキランさん!二胡の二弦とは異なる四弦から成るサランギの音色は弾き方も異なり弦を上から押さえるのではなく左爪で弦を横から軽く押し右手で弓を滑らすことで心温まるような懐かしい音色を奏でます!「サランギ」とは「音に色をつけて奏でる」という意味を持つ名とのこと!まさに、就像它的名字一樣、まるで人が優しく語りかけるように心がほっこりとする素敵な世界観の音色です♪ ネパールのサランギ奏者キラン・ネパリ(Kiran Nepali)さんと日本の二胡奏者内藤ゆみ子先生とで坂本九の「上を向いて歩こう」を合奏しまさかまさかの夢の共演!柔らかく温かみがあり何処か懐かしさを醸し出す音色を奏でるサランギと哀愁を帯びた美しい二胡独特の音色がレストラン内に響き渡りそれはそれは素晴らしいランチタイムとなりました! ナレスさんやビックラムさんを通じて生まれた素敵なご縁!ゆみ子先生とは「強き願いは口にすれば叶う」と常々話しておりましたがまさにその甲斐あっての実現!旅先での思いがけない出会いこそが旅の醍醐味と言うものですね♪...

滾動到頂部