"史蒂夫·Cafe & 庫伊因"湄南河沿岸的泰國餐廳

チャオプラヤー川のリバーサイドレストランでタイ料理を提供する「Steve Cafe & Cuisine Dhevet Branch(スティーヴ カフェアンドキュイジーヌ・デベット支店)」へ! こちらはデュシット地区のカラフルな寺院「Wat Thewarat Kunchorn Worawiharn(ワット・テワラット・クンチョン)」の奥にある「Golden Teak Museum(ゴールデン・チーク・ミュージアム)」の脇道を進んだ桟橋「Wat Thewarat Kunchorn Worawihan Pier(ワットテラワットクンチョン船着場)」目前にある川沿いレストラン! 店名の「Steve(スティーヴ)」とはオーナーの英語のニックネームを用いており外国人や若い世代が異文化で楽しめる本格的なタイ料理のコンセプトを表すために西洋的なイメージを描き名付けられています! こちらはタイの政治家や著名人も訪れるほど有名とのことでButler(執事)のSMET(スメット)さんお勧めのレストランです! 入口には靴箱が用意されており靴を脱いで上がるスタイルで寛げ築60年以上の伝統家屋はカラフルでレトロ調な雰囲気で装飾されておりアットホーム感があります! 人気店のため基本的には事前予約が望ましいとのことこの日の夜も多くの観光客で賑わっておりリバーサイドテラス席は満席であったため奥のテーブル席へ案内してくださいます! テラスからは「King Rama VIII Bridge(ラーマ8世橋)」の夜景が伺えます! こちらでは家庭的な自家製タイ料理を楽しむことができ熟練したシェフが作り出す料理は新鮮な食材にハーブやスパイスをふんだんに用いて香り高いタイ料理を提供! メニューは豊富でバラエティに富んでおりタイ語と英語表記写真付きで記されているため指差しオーダーが可能です! テーブルシート上には店舗紹介が記されたペーパーが敷かれておりQRコードで各店舗の情報が読み取れます! 「Spicy papaya or fruit salad with prawns(海老入りソムタムサラダ)」150THB(日本円にして約540円)※1THB=約3.6円(2019年11月のレートにて換算) 南国のタイならではのスパイシーなピリ辛サラダは細切りした青パパイヤがたっぷりと用いられておりとってもヘルシー! 酸味があり食欲を増進させるため前菜代わりに頂くのがお勧めです! 「Rice with fried bajil leaves pork or chicken with egg(豚肉または鶏肉のバジル炒め)」160THB(日本円にして約580円) 日本でもタイ料理の定番として人気の「Phat Gapao(パットガパオ)」ですがこのメニュー名では通じないため写真を探しながらオーダー! 豚肉か鶏肉を選べるためあっさりとしたチキンを選択! ホーリーバジルたっぷりで香り良くライスには目玉焼きと胡瓜やトマトが添えられ彩り豊かです!...

"暹羅 Siam" 廚師直接登臺的泰國烹飪課程 / 克魯艾·布瓦奇

ラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「The Siam(ザ・サイアム)」の「Private Cooking School(プライベートクッキングスクール)」で学ぶタイ料理レッスンパート③! さてタイの定番料理「 PAT THAI GOONG(パッタイ・クン)ผัดไทยกุ้งสด」をガッツリと食した後は最後のメニューとなるデザート「GUAY BUAD CHEE(クルアイ・ブワッチーバナナのココナッツミルク煮)กล้วยบวชชีง」のクッキングスタートです! Lesson③ 「GUAY BUAD CHEE(クルアイ・ブワッチーバナナのココナッツミルク煮)กล้วยบวชชีง」 [Ingredient(材料)] ・Banana 100g(バナナ100g) ・Coconut milk 250 ml(250 ml) ・White sugar 35g to test salt(白砂糖35g 塩少々) ・Pandanus leaf 1pcs(パンダンリーフ1個) ・Sesame (白黒胡麻適量) 烹飪方法 / Cooking Method] 1.ココナッツミルクにほぐしたパンダンリーフと白砂糖を投入し火入れする。 1. Boil coconut milk, white sugar and pandanus leaf in a pot until almost consistency....

"暹羅 Siam"廚師直接登臺的泰國烹飪課程/ 帕泰

ラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「The Siam(ザ・サイアム)」の「Private Cooking School(プライベートクッキングスクール)」で学ぶタイ料理レッスンパート②! さてタイの2大スープである「TOM KHA GAI(トム・カー・ガイ)ต้มข่าไก่」を美味しく堪能した後は次なるメニュー「 PAT THAI GOONG(パッタイ・クン)ผัดไทยกุ้งสด」のクッキングスタートです! こちらでもlade企画の『器と旅するシリーズ』でDamri Muksombatシェフに習うタイ料理を盛り付けさせていただきました! Lesson② 「PAT THAI GOONG(パッタイ・クン)ผัดไทยกุ้งสด」 [Ingredient(材料)] ・Tiger prawn 2pcs(海老2尾) ・Vegetable oil 15ml(植物油15ml) ・Bean curd, diced 10g(豆腐ダイスカット10g) ・Shallot sliced 15g(エシャロットスライス15g) ・Dry shrimp 1tsp(乾燥海老小さじ1) ・Rice noodles, small 70g(ライスヌードル70g) ・Chicken stock 1ladle(チキンストックお玉1杯) ・Pickled turnip chopped 1tsp(蕪のピクルス小さじ1) ・Bean sprout 20g(もやし20g) ・Chive 2~3 stalk(ニラ2~3本) ・Peanut, chopped fine 3tsp(砕いたピーナッツ小さじ3)...

"暹羅Siam"廚師直接登臺的泰國烹飪課程/湯姆·卡蓋

ホテルのオールダイニングとなる「Chon Bistro(チョン・ビストロ)」のExecutive ChefであるDamri Muksombatさんがマンツーマンで料理指導してくれるプライベートクッキングスクールはレストランの一角で行われ、它成為一個廚房,裝飾著鮮花與黑板和新鮮的泰國食材,有標題標誌、生徒のためだけの素敵なプライベート空間が用意されています! レッスンメニューは、從指定功能表學習三道菜、這一次、前回習った内容とは異なるメニュー2品と復習メニュー1品に挑戦します! 同室には、有一張桌子,在那裡你可以享受新鮮的飯菜、1為每個產品製作時提供用餐時間、料理が温かい内に楽しめます! 卓上に用意されたのは、在課程期間準備的迎賓飲料"CUCUMBER KAFFIR LIME FIZZ"、成為達裡姆廚師的"原始食譜書"、帰国してからも習った料理を再現することが可能です! 「CUCUMBER KAFFIR LIME FIZZ(胡瓜とカフィルライムのフィズ)」 胡瓜やカフィルライム(コブミカン)のジュースにライムやレモンを絞ってソーダーで割ったフレッシュで爽やかな香りが楽しめるとっても美味しいジュースです! 前回同様に「ザ・サイアム」のホテルオリジナルエプロンを着用するため、擔心衣服變髒是無用的。、因為圍裙可以帶回家,因為課後、ホームクッキングにも使えます! スタンバイするとアシスタントのMooさんのアイデアで始めたというサービスが! Damriシェフを囲んだ記念撮影をインスタントカメラでしてくださり、它讓我參加紀念活動! 浮石、女性スタッフならではの心配りですね! 最初にタイ食材を色々教えてくださるところからスタートし、開始泡菜和辣椒,這是泰國菜中必不可少的。、檸檬草和馬瑙、卡菲爾石灰、潘丹礁等、有熟悉的成分,有的,你住的,你住的。、分からないことは全てDamriシェフが質問に応じてくれます! さて、準備好了、用一隻手拿著一把鋒利的菜刀、時候、クッキングスタート! Lesson①「TOM KHA GAI(トム・カー・ガイ)ต้มข่าไก่」 [Ingredient(材料)] ・Chicken stock 150g(チキンストック150g) ・Coconut milk 150g(ココナッツミルク150g) ・Chicken breast sliced(鶏胸肉100g) ・Red Onion 20g(赤玉葱20g) ・Sliced galangal 20g(カー 20g) ・Kaffir lime leaves 2leaves(コブミカンの葉2枚) ・Straw mushroom 2tbs(マッシュルーム2個) ・Small green chili cut half 2pcs(唐辛子2本) ・Coriander...

バンコクの一流ホテルシェフのレシピで作るタイ料理でホームパーティ!

浜松を代表するPatisserie「アボンドンス」のBernard Heberle(エベルレ・ベルナール)と長谷川 豊佳 (Toyoka 川) 邀請丈夫和妻子、我が家でタイ料理を振る舞うホームパーティを開催! 今回のバンコク旅行で一流ホテル「The Siam(ザ・サイアム)」のクッキングスクールを再度体験して来たことで、因為我的泰國菜劇碼越來越多、複製在我們的家、海外旅行好きで国際色豊かな御2人に御賞味頂きます! タイ料理に欠かせないフレッシュな「レモングラス(Lemon grass)」や「コブミカンの葉(Kaffir lime leaves)」、汽車、因為它在普通超市出售、這一次、我把它交給了尼帕拉特,一個奧瓦納·切夫,一家泰國餐廳,我最喜歡的第一個小鎮,名為"拉特納·塔勞恩·拉塔納"! 科普昆克拉(普) / 車尾 / ★!! 在家庭聚會上,我們盡可能地詢問客人的喜好和不喜歡。、實際上,、Bernardの嫌いな食材は「葱全般」とかなりの困ったちゃん! タイ料理の殆どに玉葱や青葱が入りますが、這一次,不使用任何柑橘、代用食材を巧く利用しながら調理しています! 乾杯は御2人に差し入れて頂いた志賀高原の玉村本店「山伏 弐 saison noir」のコク深い黒ビールにて À votre santé!!! [クラフトビール&ワインMENU] 「山伏 弐 saison noir」 自家栽培のホップと同じく自家栽培の酒米「美山錦」をつかった複雑な味わいの無濾過・非熱処理、瓶內二次發酵啤酒、フルーティーな味わいにほのかなロースト香があり複雑な味わい! 「ミツボシビール ヴァイツェン」 愛知県犬山市のクラフトビールメーカー「盛田金しゃち酒造ビール」の「ミツボシビール ヴァイツェン」はドイツ・バイエルン地方発祥の伝統的な上面発酵ビールで酵母由来のクローブやバナナの様な魅力的な香味を放ち柔らかな口当たりが特徴! フランス「アルザス トリンバック リースリング 2014」 緑がかった透き通った色、水果的味道,如白桃、熟したグレープフルーツやレモンを想わせる爽快感とミネラルが凝縮されたアルザスを代表するリースリング! [タイ料理MENU] ①「ソムタム(ส้มตำ)青パパイヤのサラダ」× 器:釋永 岳 (蔗 Shakunaga) mars himawari Φ250 我が家の近隣にある西鴨江町の「竹村園芸」で栽培されている浜松産青パパイヤを購入しタイの定番サラダ「ソムタム」を我流でアレンジして作ります!...

泰國餐廳,名為"龍羅斯"瓦特阿倫對岸的味道之家開業!

午餐時間在受歡迎的泰國餐廳"朗羅斯",俯瞰"阿倫拉查瓦拉拉姆寺"對岸! 這是皇家藍色的鮮豔色調。、元々ガレージであった場所に一目惚れしたオーナーが温かいタイの家庭料理を提供するレストランとして2019年5月に新しくオープン! 「 Rongros(โรงรส)ロングロス 」とはタイ語で「garage(ガレージ)」を意味しますが「味の家」と意味することもありこの店名を名付けられています! 「ワット・アルン」が望めるロケーションということもあり、自從開業以來,它一直備受關注。、多くのゲストで賑わい大人気の御様子! 色が褪せひび割れた店内の壁や剥き出しの柱、懸掛吊燈的中式隔、櫃檯上有雕塑雕像。 和古董內飾的柳條傢俱,散發著亞洲的香味、東洋と西洋が雑多に入り混じります! 独特な雰囲気で不思議な空間となっておりますが、以精緻的感覺團結在一起。、居心地の良さを感じる洒落た空間です! スタッフにオススメの料理を聞きながらオーダーをします! 「Heineken Beer(ハイネケンビール)Lサイズ」250THB(日本円にして約900円)を頂きワット・アルンに乾杯! 「Phad Thai Goong(パッタイ / タイ風焼きそば)」280THB(日本円にして約1,000円) ライスヌードルでもっちりとした食感の平打ち麺に甘酸っぱいソースが絡むタイを代表する定番料理の1つ! 色鮮やかなバナナリーフの上に盛られたパッタイは、兩只蝦和一隻雞蛋、與木瓜等。、辣椒調味料,加入甜味和辛辣、泰國石灰和泡菜、草藥,如泰國鮭二,可以添加你喜歡的。、全てサイドに添えられています! 甘辛のバランスも良く、醬汁與精心製作的米麵交織在一起。、好みの味わいとなるパッタイです! 「Kra Phrao Pork Set(カオ・パット・ガパオ / 豚肉バジル炒めご飯)」230THB(日本円にして約830円) 豚挽肉をガパオ(ホーリーバジル)で甘辛く炒めたタイの定番料理となりライスとセットのワンプレートで頂きます! 大好物のパッタイに続き日本でも良く食べるガパオライス! タイでは日本のように「ガパオライス」とオーダーしても通じないので注意しましょう!(笑) 同じくバナナリーフの上にそれぞれカップ分けで盛り込まれ見栄え的にも可愛いプレート! 辛味には滅法強いわたし達ですがこれはなかなかホットスパイシーなお味で舌が麻痺する感覚を味わいました! しかしながら味のバランスは絶妙で「辛くても美味しい!」と2人して汗を流しながら完食! お会計の際にこちらのレストランはクレジットカードの使用が不可と判明し慌ててATMに走る旦那様! バンコクのレストランやカフェでは、無現金文化,除了攤位是先進的、我沒有攜帶太多的現金。、キャッシュを持ち歩くことも大事だと知らされました! 最後にGeneral ManagerのPONGSAKORN K.NA AYUDHAYAさんに御挨拶をさせて頂き記念撮影! お店の雰囲気もロケーションもスタッフのサービスも良く美味しいタイ料理が頂けるレストランでお勧めです! レストラン前には先日お世話になった「Riva Surya Bangkok(リーバ スーリヤ バンコク)」と同グループホテルで「ワット・アルン」を一望できるホテル 「Riva Arun Bangkok(リーバ アルン バンコク)」があります! 次回バンコクに再訪する際には是非こちらの「Riva Arun Bangkok(リーバ アルン バンコク)」...

日落晚餐,俯瞰日落和寺廟的"阿倫特·裡夫德邦科克"

ARUN Riverside Bangkok酒店的屋頂餐廳和酒吧"視圖ARUN",享有阿倫拉查瓦拉拉姆寺的景致 – 羅夫托餐廳 & Bar(ビューアルン)」にてディナータイム! 11月中旬のバンコクのサンセットタイムは夕方17:30-18:00成為之間、夕暮れを待つゲストで満席となる「View ARUN」! わたし達も事前予約で特等席を用意して頂きました! お隣には韓国からいらした観光客カップルが可愛いブーケを持って記念撮影する姿も伺え特別な夜を演出されているようで喜ばしい限り! こちらでも同様にLade企画の『器と旅するシリーズ』を御紹介させて頂き、波特出現在專案第1部分""=永月" (蔗 Shakunaga)"鋒利的儀器號稱是一個簡單的脫衣舞無用的、Kazuhiko caudate,誰參加了規劃第2部分 (和彥 Shimoo)先生。&Shimoo 沙織 (沙織 Shimoo)它象徵著日本作家單元"石木設計"之美、合理的且つ美しさを忘れない木製器と共にコラボレーションしていただきます! サンセットに合わせてタイ料理とカクテルをオーダーし乾杯! 「Secret in the forest(シークレットインザフォレスト)」 320THB(日本円にして約1,150円) カラー映えするカクテルをオーダーするとこちらが出て参りました! メロンソーダのようなロングカクテル! 「Evening Bouquet(イヴニングブーケ)」 320THB(日本円にして約1,150円) ウォッカベースの口当たりスムージーなスイートカクテル! タイ料理①「Khan Toke(カントーク)」× タイの伝統器 450THB(日本円にして約1,620円)※1THB=約3.6円(2019年11月のレートにて換算) 豪華な伝統器に盛られたカントークは、泰國北部風格的開胃菜拼盤、炸雞或蝦弗裡特、炸雞翅、製造、棒春捲、洋蔥圈、包裹在潘丹礁,並包括一個泰國木柴巴查恩穿著茉莉花的花裝飾、千島萬年、套房智利、タイソースと3種のソースに合わせてお好みで頂きます! ピリッとスパイシーなソースに揚げ物の盛り合わせにはやはりタイの「Chang Beer(チャーンビール)」180THB(日本円にして約650円)です! タイ料理②「Pad Thai(パッタイ)」× 器Shimoo Design 浮様リーズ 丸皿 Φ280 320THB(日本円にして約1,150円) もっちりとした食感のライスヌードルの平打ち麺に甘酸っぱいソースが絡み合い、泰國普通靈魂食品的包裝是最喜歡的食物! 帕泰配有一隻古河蝦奧尼泰達加蝦。Macrobrachium rosenbergi、火入れも良くプリップリ!...

"布比勒 & 在河畔的雞尾酒晚餐,被照明所染成"rum"

曼谷河畔酒店"Riva Surya Bangkok"的全餐廳"Babble" & Rum at Riva Surya Bangkok(バブル&ラム)」にてカクテルディナー! バブル&ラムは朝6:30夜 0:00全天開放,直到、宿泊ゲストは時間を気にせず食事を楽しむことが可能です! チャオプラヤー川(Chao Phraya River)沿いのテラスダイニングということもあり、開始正宗的泰國美食,使用當地生產的新鮮有機食材,同時感受熱帶風情、亞洲美食、ヨーロッパ料理などを楽しみましょう! バンコク初日のディナーはやはり王道のタイ料理が食べたくなります! 夕暮れ時を迎えた空がロイヤルブルーに変化する頃になると、被照明所污染的酒店。在湄南河上航行的船隻和橋樑也點亮了霓虹燈。、艷やかな夜へと移り変わります! メニューは英語表記のみですが、因為它有照片,所以很容易理解烹飪內容和體積的感覺、也高度讚賞,因為考慮,使手指訂單也! 我點了三種菜,同時聽了建議。、カクテルと共に頂きます! 今回のバンコク旅行でもLade企画の『器と旅するシリーズ』を御紹介させて頂き、波特出現在專案第1部分""=永月" (蔗 Shakunaga)"鋒利的儀器號稱是一個簡單的脫衣舞無用的、Kazuhiko caudate,誰參加了規劃第2部分 (和彥 Shimoo)先生。&Shimoo 沙織 (沙織 Shimoo)它象徵著日本作家單元"石木設計"之美、與各種餐廳合作,使用木器,不要忘記合理和美麗! Thank you for collaboration!! カクテル「Surya Mango Drifting(マンゴーカクテル)」250THB(日本円にして約900円)※1THB=約3.6円(2019年11月のレートにて換算) ライトラムに甘みのあるサワーとマンゴージュースをミックスし大きくカットしたフレッシュマンゴーとフレッシュミントをたっぷりと添えて! タイに来たら一度は食べたいマンゴーを思いっきり楽しめるカクテルです! ミントが爽やかで甘過ぎず、然而,、芒果的新鮮感和豐富感不會丟失、そしてラムの香りに包まれつつも飲みやすい女子ウケ抜群のカクテルです! カクテル「Strawberry Ice Tea(苺のカクテル)」250THB(日本円にして約900円) テキーラ、光拉姆、伏特加、草莓利口酒、混合甜酸和精靈、丸ごと苺とフレッシュレモン添えたカクテル! リキュールのグラデーションカラーを楽しみつつ下層部のシロップを少しずつ混ぜながら甘みを調整して頂きました! タイ料理①「Samosa Lanb Moo(豚挽肉のサモサ)」250THB(日本円にして約900円) × 器Shimoo Design 浮様リーズ 丸皿 Φ280 タイ料理の定番サモサは、在豬肉中加入洋蔥、タイ特有のスパイスで味付けしたタネを詰めて揚げる揚げ春巻きのようなもの! 少し甘みを感じるタネに仕上がっていますので辛味のあるフィッシュソースを付けて食べると甘辛で丁度良いバランス!...

泰國烹飪午餐回家清邁出生的 "拉達納" 辣廚師

說起以濱松聞名的泰國餐廳、初生のニトリ近隣のテナント一角にある「Rattana Thai Restaurant ラッタナー」もその内の代表格です! 当初、2010在6月被打開作為 taystee "拉達納。、在那之後、タイ料理を振る舞う「ラッタナー(Rattana Thai Restaurant)」として営業を開始! ”ラッタナ”とは水晶玉のことで、"拉達納" 有一個可愛的女人的意思、"拉達納" 在佛教術語中變得沉重、不能用來服務于酒品店、它被命名為 "拉達納" 與。 Niparatt、 擁有者、在泰國古都清邁以北, 上南從葉片 (清邁) 出發、在日本的清邁食品是罕見的,。 在她父母的家裡、清邁風格香腸錫瓦 (紡紗和香腸線圈) 在家族企業的生產和銷售、從小, 並使、美味しいサイウアを「ラッタナー」で提供! かつてニパラットさんが松本市で営業していた「レストラン・ホントン」は、員工們很受歡迎, 因為人們週末從東京過來。。已經走了一段時間、2009因為開放作為一個愛好泰國節日橫跨、值得稱讚的是。在 arm 製作了一個矩陣的最好的和著名的商店從全國各地聚集在橫濱泰國節日, 特別是在、是 "拉達納" 嗎?、わたし達夫婦の中でもお気に入りのタイ料理店となります! 店内は、表 10 個席位、4 牆台席位是小和、2樓的座位也可用、許多日本人喜歡泰國開始。、タイ人のニパラットさんのお友達や他国の人も集いとてもワールドワイドな賑やかな空間! 「トムヤムクン(海老スープ)」大1,500円小1,000円 世界3大スープの1つ。湯姆芋泥和貝克 (姜) Takai (檸檬草),由通過拼合 (橙葉) 的風味和芳香。。冬陰功、有各種風格的商店、湯姆山藥功夫的在這裡、特點是深的口感與風味及蝦籽和椰子牛奶強度。不在湯姆百勝宮 NI palat,特別是對日本的研究、自然 tomjakumkun。如在辛辣或溫和的芳香良好的酸度和美味的湯姆山藥功夫。辛目最喜歡嗎?、在訂購時、一言”辛めで!”とお願いすると良いでしょう! 「カイジャオ(タイ式玉子焼)」600円 タイの家庭料理の中でも代表的な1品。雞肉或豬肉, 雞蛋和洋蔥、把藍洋蔥、高熱量, 並完成表面。在一個蓬鬆的煎蛋捲像。泰國菜不是辣的食物僅、如果你喜歡在泰國的辣椒醬像番茄醬, 我們的、辛いもの好きやビール好きには堪らない当てとなります! 「カオソイ(チェンマイのカレーヌードル)」900円 生麺と揚麺の2種類の麺と濃厚なカレースープのラーメンです。清邁的特色菜。、據說它起源于最初由印度人住在清邁。從你的妹妹發送公雞粘貼 NI palat,讓原汁原味。什錦炒麵和包子, 泡菜和咖喱豐富是一個吸引力! 平厚面麵條。這是一個有點軟眼睛、常纏在濃湯裡、湧kasemasu 食欲。油炸麵條第一課程和紋理經常、在玉米片和混合在湯",將"顯示、2通りの味わいを感じさせてくれる逸品です! 「ゲンキオワン」 750円 ゲンキオワンとは、在泰國,切碎 (湯)、 迷彩 (綠色)、 平均青咖喱在 WAA (甜)。攪拌漿地面草藥和香料的椰子牛奶和中國人民解放軍、糖、青菜、肉、蝦、魚另外一個鍋使。溫文爾雅、我覺得一種溫和的椰子牛奶中、通過香料的作用來促進出汗、サウナやスポーツジム並みに良い汗をかきます!本当にまろやかなコクと深みのある旨みが相まって抜群に美味しいグリーンカレーでお勧めです! 「パットガバオ(バジルと肉の炒めご飯)」750円 鶏または豚が選べます。 因為我煮煎的雞蛋、把蛋黃混合物,吃得更好。泰國烹飪炒飯的聯賽是美味的 1。但在濱松的泰國餐廳比拉丹那 niparatt 泰國烹飪、容易適應日本的舌頭、建議在泰國為初學者易於味道我覺得做飯。途中でお店自家製ナンプラーをお好みでかけると酸味とコクが増し違った味わいを楽しめます! 「文旦サラダ」 丁度、承諾 "Buntan" 和他的妻子將有訪問旁邊的表、ニパラットさんが皆さんに「文旦サラダ」をサービスしてくれました! 文旦にナンプラーを和え、檸檬草和辣椒、此外, 羅望子、女人用辣炒是一份不錯的水果沙拉! 泰國語! (ขอบคุณ説明:ありがとう) スパイシーで癖になるタイ料理は、在刺激大腦和捕捉效果後,、新陳代謝甚至更好, 然後我。、デトックス作用抜群でお勧めとなります! タイレストラン ラッタナー 住所静岡県浜松市北区初生677-5 TEL:053-523-7233 上班時間:午餐 11:00-14:30、晚餐 17:00-22:30 週一閉館:火曜日...

泰國菜,妹妹在餐廳的芒果樹"芒果智利泰國咖啡廳

ネパールはパタンの市役所前にある大通りプルチョウク・ロードの交差点角地に昨年2016年3月に新しくできた大型ショッピングモール「ラビム・モール(LABIM MALL)」内にあるレストラン「マンゴー・チリ・タイ・カフェ(Mango Chili Thai Cafe)」へ!こちらは世界中の「コカ・レストラン(Coca Restaurant)」と「マンゴー・ツリー(Mango Tree)」のフランチャイズの子会社である「エクスキュイジーヌ・システム(Exquisine System)」が、2016年9月にラビム・モール内にオープンしたカフェレストランとなり市場レベルを意識しクイックサービスカフェとしてマレーシアのクアラルンプールを1号店とし成功させ、在以下、このネパールに初出店した新ブランドとなります! ライトアップされたショッピングモールは昼の顔とは違った雰囲気を見せています! 本格的なタイ料理を提供する「マンゴー・チリ・タイ・カフェ(Mango Chili Thai Cafe)」。 商店、カラフルでポップなタイ料理のイラストを描いた壁面にナチュラルなウッドを基調としたカフェテイストのカジュアルさがありグループのような大人数でもカップルや御家族でも利用しやすい空間となります! この日の夜も無事に1日のハードな工程を終えた達成感に包まれながら皆でビールで乾杯です! 「ゴルカ(GORKHA)」ネパールを代表するビールで飲み口は軽めとなり甘味を感じるテイスト! ネパールに居ながらにしてタイレストラン!スパイシー繋がりでありながらもこの日は嗜好を変えてさらに香辛料の利いたタイ料理をセレクトしたため諸先輩の胃袋を心配しましたが皆さんビールの当てになると平らげておりました!海外旅行に慣れていらっしゃることもあるせいか体力・気力共に胃袋も丈夫な方が多いようです(笑) 「青梗菜の炒め物(Stir Fried Bok Choy)」250ルピー(日本円にして約268円) 青梗菜のシャキシャキの食感を残しつつガーリックを利かせスパイシーですが醤油の味わいが日本人には嬉しい一品! 一皿のボリューム的には2~3人前あるためシェアしながらいろいろいただきますが兎に角驚くほどの価格で安過ぎます! 「豆腐サテイ(Tofu Satay)」175ルピー(日本円にして約187円) ダイス状にカットされた豆腐を揚げてピーナッツソースでいただくタイ料理の甘辛のおつまみです!豆腐ということで罪悪感が少なく女性には嬉しいイソフラボン♪ 「揚げ春巻き(Spring Rolls)」200ルピー(日本円にして約214円) 細かくカットした野菜とマッシュルームをふんだんに用いた揚げ春巻きでお好みに合わせてチリソースでいただきます! 「スパイシーチキンバジル(Spicy Chicken Basil)」450ルピー(日本円にして約480円) 鶏胸肉の挽き肉を空芯菜と共にガーリックで炒めホーリーバジルと唐辛子を合わせたスパイシーな一品!タイでは「パッ・バイ・ガパオ・ガイ・サップ(Phad Bai Gaprao Gai Sap)」と言いますライスに合わせれば日本でも大ブレイクした「ガパオライス」に! 「タイオムレツ(Thai Omelette)」175ルピー(日本円にして約187円) タイ風オムレツは「カイ・ジャオ(Khai Jiao)」ふわふわの卵料理で野菜やチキンも入ってボリューム感がありしっかりと味が付いているのでおつまみに最適です! 「チェンマイスタイルカレーヌードル(Chiang Mai Style Curry Noodle)」340ルピー(日本円にして約364円) チェンマイ名物のカレーヌードル「カオソイ(Khao Soi)」はわたしたちがタイでハマった料理の1つで生麺と揚麺の2種類の麺と濃厚なカレースープのラーメンです!骨付きチキンも入っておりガッツリと〆のメインディッシュとなりスパイシーさが癖になります! 「グリーンカレー(Green Curry)」500ルピー(日本円にして約535円) タイでは「ゲーンキャオワーン(Kaeng Khiao Wan)」と言いゲーン=汁気のあるカレーキャオ=緑ワーン=甘いを意味するグリーンカレーは濃厚な味わいとクリーミィーさが堪らなくココナッツミルクのまろやかな口当たりが病みつきになります! 「炒飯(Fried Rice)」350ルピー(日本円にして約375円) 〆の炒飯でお腹も大満足になりながら飲んで食べての合計金額のあまりのお安さに一同驚愕!クイックリーで食べれて皆でワイワイとシェアしながらいただくにはとても楽しいレストランとなりました!...

"拉丹那"夏天 ! 首頁清邁出生的廚師泰國菜午餐

說起以濱松聞名的泰國餐廳、初生のアピタ近隣のテナント一角にある「Rattana Thai Restaurant ラッタナー」もその内の代表格です! 当初、2010在6月被打開作為 taystee "拉達納。、在那之後、タイ料理を振る舞う「ラッタナー(Rattana Thai Restaurant)」として営業を開始! ”ラッタナ”とは水晶玉のことで、"拉達納" 有一個可愛的女人的意思、"拉達納" 在佛教術語中變得沉重、不能用來服務于酒品店、它被命名為 "拉達納" 與。 Niparatt、 擁有者、在泰國古都清邁以北, 上南從葉片 (清邁) 出發、在日本的清邁食品是罕見的,。 在她父母的家裡、清邁風格香腸錫瓦 (紡紗和香腸線圈) 在家族企業的生產和銷售、從小, 並使、美味しいサイウアを「ラッタナー」で提供! かつてニパラットさんが松本市で営業していた「レストラン・ホントン」は、員工們很受歡迎, 因為人們週末從東京過來。。已經走了一段時間、2009因為開放作為一個愛好泰國節日橫跨、它得到了較高的知名度。 特に横浜タイフェスティバルでは全国から集まった有名店の中でも一番の行列を作ったほどの腕の持ち主です!そんな「ラッタナー」はわたし達夫婦の中でもお気に入りのタイ料理店となり夏場は特に汗を気持ち良くかけるスパイシーなタイ料理を身体が欲するため夏場は良く出没しています! 店内は、表 10 個席位、4 牆台席位是小和、2樓的座位也可用、許多日本人喜歡泰國開始。、タイ人のニパラットさんのお友達や他国の人も集いとてもワールドワイドな賑やかな空間です! この日もお気入りの「カオソイ(チェンマイのカレーヌードル)」900円と「ゲンペ(レッドカレー)」900円をオーダー! ランチタイムはパクチースープとミニサラダが付いてきます「ゲンペ(レッドカレー)」の具材として鶏肉または豚肉のどちらかをセレクトできるためいつも大好きな鶏肉をオーダー香辛料やハーブたっぷりのタイカレーの中でも「ゲンペ(レッドカレー)」は「ゲンキョウワン(グリーンカレー)」とは異なる唐辛子でスパイシーですがココナッツミルクのおかげでマイルドな味に感じます♪ 辛さはオーダーの際に辛くしてもらうこともできるので辛いもの好きな方は是非「辛め」をチャレンジしてみてください! 「カオソイ」はチェンマイ名物でもあり、兩種鮮麵條、炒麵條和厚咖喱拉麵。享受的炒麵和嘎吱嘎吱的目光有點柔軟平厚麵條的味道、炒麵第一課程和紋理經常、在玉米片和混合在湯",將"顯示、2將這條街的滋味。 清邁的特色菜。、據說它起源于最初由印度人住在清邁。ニパラットさんがコックのお姉さんからペーストを送ってもらって作る本場の味となります濃厚なカレースープと揚麺・生麺・漬物の取り合わせが絶妙で添えられたパクチーの香りと風味にもハマってしまいます!辛さはありますが後を引かない良い意味の辛さで美味しいです♪ 夏はやっぱりタイ料理!...

小玩意"PHA"泰國生活體驗泰國菜 & 餐館

長閑で緩やかな空気が流れる南の島にあるカフェのイメージをそのまま形にした磐田の雑貨&アジアンレストラン「Pangan(磐田 パンガン)」へ! 現地で直接買い付けされたタイやチェンマイ、尼泊爾、印度、インドネシアなどの洋服やタペストリー小物などの雑貨を店頭に置かれカラフルで賑やかな雰囲気となりアジアンミュージックをBGMに南国ムード漂う店内! こちらのオーナーである内野千里さんはタイに在住されていた経験を活かし現地の食材や調味料を用いながらもスパイシーで刺激的なタイ料理を日本人好みにマイルドに仕上げ提供されシェフである御主人の内野寛之さんと御2人で仲睦まじく営まれています! 以前とある雑誌のカメラマンとしてこちらに撮影に何度か足を運んだことのある旦那様が数年振りという再訪を懐かしみながら一緒に訪れてみると「前に撮影で来てくれた方ですよね?」とオーナーの千里さんが覚えていてくださったようで声を掛けてくださいました! この日はランチメニュー3種(ドリンク付き各980円税抜)の中から「カオマンガイのセット(生春巻きとミニスープ)」と「辛口ガパオライス(生春巻きと唐揚げ付き) 」をオーダー! どちらも前菜に生春巻きが付いており甘辛のチリソースをたっぷりと付けていただきます! しっとりとジューシィーな食感が楽しめるカオマンガイは生姜を利かせたオリジナルのソースであっさりといただけパクチーの風味が堪りません! ホーリーバジルの香りが食欲をそそるガパオは好みの辛さにしてくださるとのことで辛い物好きなわたし達は「ちょい辛」にしていただき程好いスパイシー感で大満足! どちらもかなり日本人向けにマイルドなため「タイ料理は気になるけど辛いのが実は苦手という方」は是非チャレンジしてみてください♪ 食事をいただいた後に歓談を楽しんでいると、剛、内野夫妻が飼われているチワワのリリーちゃんがバックヤードにいたためワンコ好きなわたしは暫くリリーちゃんを抱っこさせてもらいました♪ わたし達も内野夫妻と同じくしてタイのバンコクやチェンマイが大好きなことからタイ事情などで盛り上がり楽しいランチタイム! 最後にタイに足を運んだのは丁度2年前随分とご無沙汰してしまっているのでまたタイ旅行計画を立てたいと思います!...

滾動到頂部