泰國菜,妹妹在餐廳的芒果樹"芒果智利泰國咖啡廳

ネパールはパタンの市役所前にある大通りプルチョウク・ロードの交差点角地に昨年2016年3月に新しくできた大型ショッピングモール「ラビム・モール(LABIM MALL)"餐廳"マンゴー・チリ・タイ・カフェ(Mango Chili Thai Cafe)」へ!こちらは世界中の「コカ・レストラン(Coca Restaurant)"和"マンゴー・ツリー(Mango Tree)」のフランチャイズの子会社である「エクスキュイジーヌ・システム(Exquisine System)"、2016在 9 月にラビム・モール内にオープンしたカフェレストランとなり市場レベルを意識しクイックサービスカフェとしてマレーシアのクアラルンプールを1号店とし成功させ、在以下、このネパールに初出店した新ブランドとなります!

ライトアップされたショッピングモールは昼の顔とは違った雰囲気を見せています!

本格的なタイ料理を提供する「マンゴー・チリ・タイ・カフェ(Mango Chili Thai Cafe)"。

商店、カラフルでポップなタイ料理のイラストを描いた壁面にナチュラルなウッドを基調としたカフェテイストのカジュアルさがありグループのような大人数でもカップルや御家族でも利用しやすい空間となります!

この日の夜も無事に1日のハードな工程を終えた達成感に包まれながら皆でビールで乾杯です!

"廓爾喀 (廓爾喀)」ネパールを代表するビールで飲み口は軽めとなり、嘗到甜蜜的滋味 !

ネパールに居ながらにしてタイレストラン!スパイシー繋がりでありながらもこの日は嗜好を変えてさらに香辛料の利いたタイ料理をセレクトしたため諸先輩の胃袋を心配しましたが皆さんビールの当てになると平らげておりました!海外旅行に慣れていらっしゃることもあるせいか体力・気力共に胃袋も丈夫な方が多いようです(笑)

「青梗菜の炒め物(Stir Fried Bok Choy)」250ルピー(日本円にして約268円)

青梗菜のシャキシャキの食感を残しつつガーリックを利かせスパイシーですが醤油の味わいが日本人には嬉しい一品!
一皿のボリューム的には2~3人前あるためシェアしながらいろいろいただきますが兎に角驚くほどの価格で安過ぎます!

「豆腐サテイ(Tofu Satay)」175ルピー(日本円にして約187円)

ダイス状にカットされた豆腐を揚げてピーナッツソースでいただくタイ料理の甘辛のおつまみです!豆腐ということで罪悪感が少なく女性には嬉しいイソフラボン♪

「揚げ春巻き(Spring Rolls)」200ルピー(日本円にして約214円)

細かくカットした野菜とマッシュルームをふんだんに用いた揚げ春巻きでお好みに合わせてチリソースでいただきます!

「スパイシーチキンバジル(Spicy Chicken Basil)」450ルピー(日本円にして約480円)

鶏胸肉の挽き肉を空芯菜と共にガーリックで炒めホーリーバジルと唐辛子を合わせたスパイシーな一品!タイでは、"パッ・バイ・ガパオ・ガイ・サップ(Phad Bai Gaprao Gai Sap)」と言いますライスに合わせれば日本でも大ブレイクした「ガパオライス」に!

「タイオムレツ(Thai Omelette)」175ルピー(日本円にして約187円)

タイ風オムレツは「カイ・ジャオ(Khai Jiao)"。ふわふわの卵料理で野菜やチキンも入ってボリューム感がありしっかりと味が付いているので、開胃菜太棒了 !

「チェンマイスタイルカレーヌードル(Chiang Mai Style Curry Noodle)」340ルピー(日本円にして約364円)

チェンマイ名物のカレーヌードル「カオソイ(Khao Soi)"、わたしたちがタイでハマった料理の1つで生麺と揚麺の2種類の麺と濃厚なカレースープのラーメンです!骨付きチキンも入っておりガッツリと〆のメインディッシュとなりスパイシーさが癖になります!

「グリーンカレー(Green Curry)」500ルピー(日本円にして約535円)

在泰國、"ゲーンキャオワーン(Kaeng Khiao Wan)"並說、ゲーン=汁気のあるカレーキャオ=緑ワーン=甘いを意味するグリーンカレーは濃厚な味道とクリーミィーさが堪らなくココナッツミルクのまろやかな口当たりが病みつきになります!

「炒飯(Fried Rice)」350ルピー(日本円にして約375円)

〆の炒飯でお腹も大満足になりながら飲んで食べての合計金額のあまりのお安さに一同驚愕!クイックリーで食べれて皆でワイワイとシェアしながらいただくにはとても楽しいレストランとなりました!

留言

您的電子郵件地址將不會發佈. 所需欄位標記為 *

滾動到頂部