"喜歡他"仲夏牛 ! 關西風格木炭烤的鰻魚專營店像沉重、 滋養和補品

浜松といえば「うなぎ」、和、「うなぎ」といえば土用の丑の日!

開頭、土用の丑の日にうなぎを食べる習慣は江戸時代からだそうです
報告為原點、江戶時期的學者, gennai hiraga、売れ行きがさっぱりだった知人のうなぎ屋を盛り立てるため「本日、仲夏牛 ", 並寫道, 在店面上的標誌、蓬勃發展是,從開始的 (笑)
吃點 "牛 (unohi)" 就好了 "u"、烏隆、酸梅、和一個 "瓜"、最近,、從耐力到堅持 "牛肉"、「馬肉」なども仲間入りしているとのこと
"鰻魚" 是一個、こちらの起源説が有名です

今年の土用の丑の日は、7/25(火)と8/6(日)となり、7/25を一の丑、2回目の8/6を二の丑といいます!

浜松はうなぎを提供する専門店が多い中、調味汁和烘烤、御飯の炊き方により好みが分かれやすく人それぞれにお気に入りのお店があるのも鰻の特徴かもしれません
在濱松、創業明治25年の老舗の繁盛店の「うなぎ藤田」をはじめわたし達もお気に入りの「かねりん鰻店」などが有名ですが我が家の近隣となる三方原町の金指街道沿いにある炭火焼うなぎ専門店「像吉」も人気です!

「うな吉」は、溢價的新鮮鰻魚、根據訂單的判斷、蒸さずに炭火で調理する関西風のうなぎ専門店となり秘伝のタレに2回、3回と漬け込みながら焼き上げ、皮膚是脆,、中はふっくらと柔らかいのが特徴!

店内は1Fと2Fを合わせて全部で80席と広々(分煙として禁煙席・喫煙席ともに有)とされており車は店舗横に20台まで駐車可能
弔唁菜、各種類型的宴會、晚餐、うなぎ弁当や白焼き・蒲焼のお土産ものも臨機応変に受けてくれます
在這一天、土用の丑の日ということもあり「お持ち帰り」が大人気で店内もほぼ満席と大賑わい!
開店早々に鰻が品切れしてしまったようです!

注文を受けてから焼き上げるため提供まで少々時間がかかります
作為一個結果、お茶と一緒に提供されるうなぎの骨をカラッと揚げた「うなぎボーン」を楽しみながらうな重の出来上がりを待ちます♪

厨房からは真っ白な煙がモクモクと店内に広がりその香りだけで御飯が食べれそうな勢いです!
厨房で捌きたてのうなぎを炭火でじっくり焼き上げ秘伝のタレに絡ませながら炭の上をくぐらせる様子が観れるのもまた一興

香ばしく焼き上がり艶やかに秘伝のタレをまとった「うな重(並)」3,250円を頬張り夏の暑さに対抗できるスタミナ補給が出来ました♪

留言

您的電子郵件地址將不會發佈. 所需欄位標記為 *

滾動到頂部