鰻魚碗東西自己在豪華的關西風格的烤鰻魚的“貫Shijimizuka店”

_RIZ0055

看看、こんな場所に鰻屋さんが?と思うような脇道を入った住宅街に突如現れる炭焼きうなぎの「かんたろう 蜆塚店"先生。。こちらのお店は蜆塚店と飯田店の2店舖あり店主が最初に立ち上げた飯田店は姉妹店になり開業されたのは1976年すでに40年近くもの歳月を鰻一本で切り開いてこられた専門店です。這裡、関西風の炭焼きで提供されておりお客様のご注文を伺ってから井戸水の中で生きている国産うなぎを取り腹開きで調理し備長炭でじっくりと焼き上げてくれます。作為一個結果、若干時間に余裕を持って来店されることをお勧めします♪

_RIZ0060

木の温もりを感じどこか懐かしさを思わせる店内は木製のカウンター4席囲炉裏を囲んだテーブル席には8名ほどが座れるでしょうか個室を入れれば全部で20席ほどのこじんまりとしたお店ですガラス越しに厨房の様子を拝見することができまな板の上でうなぎを捌き串刺しにした後炭火でじっくりと焼き上げていく様子までもが伺え店内にまで充満するタレの香ばしい香りが待つ間の食欲をググッとそそります。在這一天、丸八不動産会長のひーさんと一緒に山手方面に動画撮影に出かけた際に丁度お昼時間となってこちらにお邪魔することになりました♪

_RIZ0056

「うな丼」2,450円

備長炭は火力が強く燃焼時に発生する遠赤外線がうなぎの芯まで浸透しうなぎの旨味を十分に引き出してくれます。進一步、備長炭は一般の木炭と比べて水分が少ない為水蒸気が立たないのでカリッと歯応えのある香ばしいうなぎに焼き上がります赤熱した炭の上にうなぎの脂とタレがかかりそれが焦げて上がった煙がうなぎに付いて蒲焼きが香ばしくなるのです備長炭で焼き上げたうなぎはガス火で焼き上げたものの3倍の旨みが残るとのこと。醬汁、無添加・天然醸造のたまり醤油を使って店主が丁寧に作られていますとろみのある甘辛のタレは白米の上で照り艶となり香ばしさを増しています♪

_RIZ0057

「肝吸い」 うなぎの肝こまき麸三つ葉に柚子の香りを忍ばせたあっさりとした肝吸い

_RIZ0058

「やっこ」 二口サイズほどの冷奴が生姜、大蔥、おかかと醤油をかけた状態で付いてきます

_RIZ0059

「香の物」 浅漬けの大根と胡瓜

土用丑の日的、実は春夏秋冬それぞれの季節にあり今年2014年の冬の土用の丑の日は暦の関係で1月18日(一の丑)と1月30日(二の丑)の2回。鰻魚、夏バテ予防に良いとされるビタミンを豊富に含んでおり夏にいただくのは理に適っておりますそして冬は脂がのるので美味!となるので夏に留まらず冬にも率先していただけると良いですね。在這一天、東京では真っ白な雪景色となり浜松では雪とまでは行かないものの雨で冷え込む1日となりました脂ののった美味しい鰻で抜群のスタミナを付けることができたので体力を温存し体調管理に気を付けたいと思います♪

かんたろう 蜆塚店
浜松市中区蜆塚2-2-2 TEL:053-455-8823
上班時間:11:00-14:00 17:00-21:00週一閉館:星期天
http://kantarow.p-kit.com/

浜松市中区蜆塚2-2-2

留言

您的電子郵件地址將不會發佈. 所需欄位標記為 *

滾動到頂部