"Lahn 頓水門"曼谷最著名考人蓋的真正的食物!

タイ料理の中でも人気の「カオマンガイ(タイ語ข้าวมันไก่)」。 把雞煮大石肉湯煮雞,下去飯、它是泰國梅醬的精神食糧和吃。 不喜歡的很容易吃、同樣的菜式之一適合日本的舌頭。 在曼谷、有很多可食用考人蓋商店、 その中で最も有名なお店が プラトゥーナムにある「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム Raan Kaithong Pratunam」です。 每個人的秘書、ピンクのポロシャツを着ていることから「ピンクのカオマンガイ」と呼ばれ、 當地的人們開始。、可能在旅行指南中推薦、遊客們還受歡迎的購物。 バンコクで大人気の「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム Raan Kaithong Pratunam」は本場タイ屋台料理カオマンガイ専門店「ガイトーン」として、 現在在日本登陸、 東京、大阪、已部署在福岡四家門店。。 即使是打開狀態時間最長,從早上直到午夜除了一點時間、 總是很受歡迎,是一個蓬勃發展的商店。 早餐時間、中午、晚上、吃飯的時分、為更多的人、準備好在店前排隊。 速食在這裡供應和、我們吃飯的時候都是早期的、旋轉是營業額的非常快的、 即使矩陣、在 10 分鐘內,您可以確保座位。 排成列和、調用從一開始的店員,將引導您到一個座位。 如果這對夫婦、1座位 4 人將六個空缺席位。 住在附近的當地人、人們往往可以得到擁擠在外賣。 こちらの「ピンクのカオマンガイ」のすぐ近くには「緑のカオマンガイ」もあります!(笑) 正式な店名は「クワンヘン・ガイトーン・プラトゥーナム」。 在這裡,在、這麼叫是因為店員穿著一件綠色的 polo 衫。 「緑のカオマンガイ」は1932年創業で、1960年創業の「ピンクのカオマンガイ」より老舗となるのですが、 針對這個謊言或真理或綠色、如果你開始穿著一件粉紅色的 polo 衫是粉紅色的成名。 誰想看吃兩個、食べ比べするのも面白いかもしれません♪ 店内は、為優先座位空間、如店面攤位被視為烹飪的地方、 高堆雞肉的香味充滿了店面。 功能表是、考人蓋、雞胗、雞肝 (肝、 胗)、雞大腿、雞胸肉、雞翅 (大腿和胸部的肉和雞翅膀分類)、 包括香港中華老鴨浴 (鴨和蘑菇湯)。 飲料、科勒、百事可樂、和一杯茶、是每個 10 THB。 書記、因為有更多的對話,在泰國、通過指向功能表,在觸摸點餐。 "考人蓋 (泰國語言:ข้าวมันไก่)」40THB(日本円にしておよそ150円) 「お茶」10THB(日本円にしておよそ40円) 「カオマンガイ」は、在中國和海南島的最南端、食品中已經流行在其他東南亞國家、 在用雞湯煮熟的米飯、把水煮的雞、問問任何調味菜。 精挑細選的新鮮雞、若要調整程度的火、完成和滋潤。 把原始的源、獨特的風味是傳播的。、它是相當痛苦的。 並在泰國菜熟悉茉莉香米中使用。、 在這我煮的雞湯在煮雞、飯,。 原始源、在泰國的味噌、醬油、混合著黑醋醬汁、正在尋求在發酵的獨特深。 生薑大蒜、幾乎作為儘管這種如胡椒的味道、有一點酸。 將陪同也出來與蒸的雞肉湯湯"不結盟運動 CIM"。 有一個簡單的菜、原始的源和照明的説明、 為不同的口味在米飯、お店により違った味わいが楽しめます♪ ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム Raan Kaithong Pratunam (ピンクのカオマンガイ) 住所:...

泰國餐廳贏家 2015年 7"Naam 沿用"亞洲 50 最佳餐館

バンコクのサトーン・タイ通り Sathon Tai Roadから少し奥まったところに入るとスタイリッシュなデザインホテル「メトロポリタン バイ コモ Metropolitan by COMO」があります。 2003年のオープン時に「バンコクで最も先鋭的なホテル」としての称号を得て、 在曼谷會繼續進化是星級 5 的縮影。 MRTのルンピニー駅 Lumphini Stationより徒歩5分圏内に位置しています。 根據出生于英國的酒店品牌、科摩組由創始人、 「ボンド・ストリートの女王」との異名をとったシンガポール人のクリスチャン・オンが1991年よりホテル経営をスタートファッション業界で育まれたクリスチャン・オンの美的センスはバンコクの「メトロポリタン バイ コモ Metropolitan by COMO」にも息付き、永恆的設計,使用主題。 無須過於新潮、不褪色的通用設計可能會因此感到平靜放鬆。 科莫酒店集團生態考慮、工作人員把重點放在從、 通常情況下,改造現有建築,而不是新、 酒店最初是基督教青年會。 看起來是簡單的模態、踏進酒店和、時尚的大堂迎接。 「コモ・ホテルズ・アンド・リゾーツ COMO Hotels and Resorts」が手掛けるこのホテルはロンドンの「ザ・ハルキン・バイ・コモ The Halkin by COMO」のスタッフが 「ジョルジオ・アルマーニ Giorgio Armani」の制服に身を包んでいるのと同様にここでは「コム・デ・ギャルソン COMME des GARÇONS」のデザインを身に纏うスタッフの姿が観られます。 第一制服、「山本耀司 Yohji Yamamoto」がデザインしています。 在 171 間客房酒店、1是最大化一個客人滿意、 ホテルオーナーであるクリスチャン・オンのこだわりでもあるのです。 1200一廣場空間從傳統泰國治療健康按摩、 舒適和輕鬆治療室、瑜伽工作室、從健身俱樂部、 提供全方位的服務,以滿足客人的福祉和美。 我們在酒店的大廳見面了、バンコク在住の日本人女性のSachikoさん。...

贏得了 2016年財年頂"Gagan aan"亞洲 50 最佳餐廳融合菜

今年2016年で4回目を迎えた「アジアのベストレストラン50」(サンペレグリノ&アクアパンナがスポンサー)は「世界のベストレストラン50」のアジア版で、 在曼谷,、揭曉及頒獎典禮舉行。 2015財政年度、2016年度のトップに選ばれたタイ・バンコクのインド人シェフガガン・アナンド(Gaggan Anand)氏が作られるフュージョン料理店「Gaggan ガガン」はインド料理を刷新することを目標に2010年にオープンされていますガガン・アナンド(Gaggan Anand)氏が作り出す料理はバルセロナ郊外の「エルブリ(スペイン語の発音でエルブジ)」での経験によりエルブリ・シェフのフェラン・アドリアの影響を受けているようで、 現代的烹飪手法,和我一起。、扭曲印度的傳統的美食、靈敏度和能量倒、 在印度烹飪的西班牙和法國的小吃、義大利文、泰國、結合日本、 提供創新融合菜。 インド人のガガン・アナンド(Gaggan Anand)氏は、生於加爾各答。。 在我的故鄉印度、和泰姬酒店集團餐廳工作、頂點是極、 一次印度曾擔任主席,阿卜杜勒 · 卡拉姆廚師吃驚的職業生涯。 在那之後、在泰國、然後在 El Bulli 在西班牙訓練、在返回曼谷後、 印度菜在自己開的店、現在、已成為受歡迎的餐廳預訂採取困難。 這一次、事前にラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル 「ザ・サイアム THE SIAM」のコンシェルジュに予約をお願いしてあります。 它似乎從建議酒店預訂。 白色的殖民地式房子。 從修剪院子裡、有福的綠色花園景色。 首先、但我驚訝于多少滿足,迎接工作人員、 工作人員、亮到迪拜帶著微笑、每個這種距離之間的住客和、 採取的溝通、気持ちの良い歓迎の仕方です♪ 店内にも白を基調とし、現在值得的殖民地風格和簡單的內部。 明亮的樓梯從天窗自然採光的飄帶、2你將被引導到地板。 店裡買、位子被疏生、 在膳食和座位被陪葬意見簿、結果的に2回転までしておりました! 今回は浴衣で器と一緒に旅をする企画ということで店舗側に許可を得て浴衣を着ておりますが 一般的に日本国内のレストランで浴衣がNGのところが多いので 浴衣はお祭りや花火大会などで着用されることをオススメします。 課程功能表編寫的兩門課程、 15劃分的 23 個種類的長課程和短期課程、 種子和小板。 2500THB + + 、或 4000THB + +。。 (9250 約 JPY 日本日元、または14,800円) Gagganでは、政策說菜,卻留下美好的回憶。、 每個場景食肆演奏、 配置為一個像異國情調的旅程的故事。 為了更深入地享受故事、這一次、23選擇長課程類型。 「Sanpellegrino(L)」220THB(日本円しておよそ820円) 赤い星と「S.Pellegrino」のロゴが特徴のイタリアのミネラルウォーター。 水的包括二氧化碳在水中、顆粒狀碳和輕微的你的喉嚨。 由於亞洲 50 最佳餐廳獎贊助商、 完全像宣傳的那樣、建議,這是。 忙しかったようで開栓までにかなり時間がかかってしまいましたが ウェイターにお勧めされた乾杯のスパークリングワインを注いでいただきます。...

攤在面前王廟"鷹巢鷹巢"夜間酒吧

ラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」での食事を楽しんだ後、 和騎在一輛計程車、大約 10 分鐘和 15 分鐘下車、 バンコクの夜を楽しむならここ!というお勧めのバーを タイに在住されている日本人女性SayakaさんとMayumiさんに紹介していただきました♪ 目指すは目の前に見える「サラ・アルン Sala Arun」というホテルの屋上です! この地区一帯は暁の寺と呼ばれる「ワット・アルン Wat Arun」の夜景を楽しみながら食事をするレストランやバーが大変人気の場所だそうです♪ 「サラ・アルン Sala Arun」 こちらはチャオプラヤー川沿いにある「アルン・レジデンス Arun Residence」というホテルの有名レストラン 「ザ・デッキ The Deck」のオーナーが営むホテル。 地方、マハラート通り Thanon Maharat沿いの1階がカフェになっている 「Arom d Hostel」という小さなホテルの角を曲がり突き当たりになりますこちら「サラ・アルン Sala Arun」ホテルの最上階が目的地であるバー「イーグルネスト Eagle Nest」です♪ エレベーターが無いためホテルのフロント横にある階段を上がってホテルの屋上4階まで一気に駆け上がります! 4階まで上り最後にこの螺旋階段を上れば屋上(5階)です! 飲んだ後のこの階段は意外にしんどいものです(笑) 「イーグルネスト Eagle Nest」からの夜景 2013年2月にオープンされたホテル屋上のルーフトップバー「イーグルネスト Eagle Nest」は暁の寺と呼ばれる「ワット・アルン Wat Arun」が目の前に楽しめ圧巻のロケーションを誇ります! チャオプラヤー川の川面の煌きと共にライアップされたワット・アルンは、不像他在白天的維修工作、 什麼應和我想知道是否更改網底、とってもロマンティック♪ さらに、在另一邊、「ワット・プラケオ Wat Phrakeaw(王宮)」と「Wat Pho ワット・ポー」も同時に楽しめます♪ カウンターバーの中のイケメンバーテンダーさんが腕を振るってくださいます♪ 「Changビール」130THB(日本円にしておよそ480円) タイでもっとも人気のあるビールのシンハー(ビア・シン)と双璧を成すビール。 1998在國際啤酒比賽中獲得金牌、タイビール特有の強い苦味が特徴です♪ 「シンガポール・スリングのバンコク版」...

"暹羅"泰國日本和川小酒館聚會,整合兩家餐廳

バンコク屈指のラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」のレストランは、 2015年7月まで運営されていた「デコ・バー&ビストロ裝飾條 & Bistro」は、 8不到一個月、「チョン・タイレストラン Chon Thai Restaurant」と統合させ「チョン・ビストロ Chon Bistro」に生まれ変わっています故に現在タイ料理を提供されるタイレストラン「チョン・ビストロ Chon Bistro」のみとなりますホテル内で食事を楽しまれる場合は事前予約をお勧めします♪ 1階の開放的な空間では緑溢れる中チャオプラヤー川を眺めながらの食事が楽しめ照明の明るさを抑え落ち着きのあるムーディーな雰囲気を醸し出しています♪ こちらはタイの伝統文化や歴史をこよなく愛し取り分けタイ伝統家屋の保存維持に尽力された Connie Mangskauさんの自宅であった一部を移築しリノベーションしていますタイのチーク材をふんだんに使用した伝統家屋は南国情緒溢れる素晴らしい建物です。 這一次、階段を上がり2階の席へ♪ 2階席はタイ情緒溢れる落ち着いた空間となっておりところどころに配された調度品なども楽しめます♪ 2階からもチャオプラヤー川のリバービューが望め夕陽が沈み夜を迎える前のロイヤルブルーの空がなんとも言えない美しさを放っています♪ 「モンスーン・バレー・コロンバール2013 colombard monsonn valley 2013 thailand」 ボトル2,050THB(日本円にしておよそ7,590円) モンスーン・バレーのワインはサイアム・ワイナリーによって生成されていますこちらのワイナリーではタイ最古のワイン産地から採れるポクダムマラガブランの伝統的なブドウ品種が栽培されておりこのワインに使用されているコロンバールの葡萄は南西フランスに由来しますそれはソーヴィニヨン・ブランと非常に良く似た味わいで青林檎の繊細な柑橘類の香りレモンやグレープフルーツなどの爽やかな酸味と風味の軽いボディで甘辛いタイ料理に良く合います♪ この日はタイに在住されている日本人女性2人と会食をしながらの懇親会です日系企業にお勤めのSayakaさんと、來源語言、旅行会社でツアーコンダクターの経験を持ち現在は日系企業にお勤めのMayumiさんから タイに長く住まわれている彼女たちの目線からタイでのライフスタイルや タイならではのあるある話、還、日本との文化の違いなどをお聞きすることができました♪ 黒胡麻のグリッシーニやカリカリ食感のパン食事用にピタパンなどが用意されます酒の当てとしておつまみにも最適です♪ 「ヤムソムオー YAM SOM O」390THB(日本円にしておよそ1,450円) ヤムソムオーとはザボンのサラダ(タイ語ยำส้มโอ)で実がしっかりしているソムオーを使ったジューシーで爽やかなサラダです。 在泰國、フルーツサラダが多いのですが、甜、酸味に辛味をプラスしてあっさりとしており、...

負擔得起的泰國菜午飯在公園 c 貸款市場攤位

バンコクで50年以上続く最大級規模の花市場 「パーククローン市場 Pak Klong Market(タイ語Pak Klong Talat タラート=市場)」内をくまなく散策していると、 剛、在午餐休息的時候,、在這裡你想要在這裡吃午餐,我正要去。 當、突然、泰國食物的香味,都、 現地の方や観光客で賑わう屋台を発見! スタッフのお姉さんがとても愛想が良く気持ち良く出迎えてくださいました♪ メニューはシンプルにパッタイが売りのようです♪ タイに足を運びながらも、街邊食物,但我們的經驗。 現在的水和食物在驕陽下的等健康方面。、它是出於關心自我放縱的一個元素。 然而,、和當地的商店在市場上、 配備了水和、也是一個巨大的冰箱、那最好不過了。 比什麼都重要、良好的氣味、人們聚集在安全元素的唯一感覺是。 在調味酸甜味道的泰國、さらに食欲が湧いて来ました♪ テーブル上に運ばれてきたパッタイはとても良い香り! 割り箸は、因為一具用塑膠袋、你可以休息保證衛生面。 基本上在泰國、不像日本、如在餐廳酒店中級水準以上的水,不能、 要帶瓶裝的水嗎?、還是讓我們來點飲料。 蒼蠅美好卻經常在空中飛舞、目を瞑ります(笑) 「Padthai with Shrimp」60THB(日本円にしておよそ220円) パッタイ (タイ語:ผัดไทย) 和、它是甜的和酸的麵條,在泰國。 在泰國,、雪依氏"炒"、泰國意味著"泰王國"。 頂部配料、蝦或雞、你可以選擇從豬肉等。、 許多系統使用扁麵條炒的米粉從幾毫米的寬度、耐嚼紋理成為一種習慣。 在一個單獨的盤子裡、新鮮的豆芽和蔥、所以來伴隨著馬修 ·、 組合、箸休めにいただいたり食感を楽しみながらいただきます♪ 「パットガパオ・ラート・カーオ・カイダーオ・ガイ Khaw rard kapoaw」40THB(日本円にしておよそ150円) 日本でもお馴染みとなってきましたパットガパオの正式名称は「パットガパオ・ラート・カーオ」と言います。 在泰國,、雪依氏"炒"、Gapao 的 ' 聖羅勒 '、是"大米"、傢伙,意味著 '雞'、 羅勒炒的米飯 (雞版本) 是。 別忘了到財大豪生大酒店 o ="炒蛋"。 新鮮的聖羅勒風味紅燒調味飯更適合、 目玉焼きの半熟を潰して混ぜながら食べることをお勧めします♪ タイ料理で味のベースとなる代表的な基礎調味料といえば「ナンプラー」です。 和、中國人民解放軍、追加到辛辣 + 酸 + 味、將這個"pricnampler"。 掛人假裝廚師甜蜜和苦澀的味道、スパイシーで旨味溢れる味わいに変化します! 辛さと酸味が際立ちますので酸っぱ辛いのが得意な方限定です! 屋台の匂いに誘われて、突然你午飯吃這、 本当にどちらのタイ料理も美味しく大当たりでした! さて、順便說一下我的胃變得完整、剛、成為私人船收件時間。 ヨート・ピーマン船着場 Yodpiman Pierで到着を待ちましょう。 能夠享受購物的樂趣和午餐、そろそろ「ザ・サイアム THE...

冬陰功"冬陰功"泰國領先專業開放露臺餐廳。

タイ料理といえば「トムヤムクン」世界3大スープの内の1つといわれる説もありタイに訪れたら一度は本場のトムヤムクンを食べてみたいもの「ワット・チャナソンクラム(寺院)」からカオサン通りに入ると、50mほど先に「TATOO」の看板の横に「TOM YUM KUNG」と書かれカラフルな海老のイラストがある大きな看板を目にしますこちらの看板の下の路地を入っていったところにあるオープンテラスのレストランその名も「TOM YUM KUNG トムヤムクン」へと向かいましょう♪ セブンイレブンの隣の露店商品がひしめくこの路地を進んでいきますタイダイのTシャツに紛れて堂々と目立つ位置に掲げられた「適当」と書かれたTシャツ一体どういう方が購入するのか楽しみです(笑) 路地を抜けるとレンガを積んだ壁の奥に開放的な中庭のような場所へ到着します♪ こちらのオープンテラスのレストランがタイ料理の「TOM YUM KUNG トムヤムクン」です様々なタイ料理がいただけますが何といってもこちらの名物は店名の通りトムヤムクンです。煮"湯姆 (ต้ม)。、"山藥 (ยํา)。、「クン(กุ้ง)」は海老を意味します。由 Mac 船員 (青檸葉) 和斯威爾 (一種青椒)、二手車 (一種姜) 和其他香料、拿出清爽的酸度與檸檬草、ナンプラーやナム・プリック・パオ(チリ・イン・オイル)などの調味料とマナオ(日本でいうライムのようなもの)の果汁で味を調え、看起來溫和的椰子牛奶和、辛辣的甜混合、具有複雜的香氣和味道是唯一地交織在一起。辛さはお店により異なりますが一度食べたら病み付きになる方も多い個性的なスープです♪ 店内は屋外席と屋内席がありますが日中は暑いため陽を避ける屋内スペースが人気ですエアコンはありませんが大きな扇風機が空気を循環させているため過ごしやすい気温を保っていますバーカウンターがある店内の奥にはビリヤード台が1台設置されていますきっと夜はアルコールを嗜みながらダーツを楽しむ方もいらっしゃるのでしょう♪ タイビール「SINGHA シンハー(大)」B120(日本円にしておよそ430円ほど) タイビール「SINGHA シンハー」は、1933年在泰國出生的、皇家歷史優質啤酒被錄取。它出現在古代神話"辛哈"和"獅子"。大部分都是從擠奶釀造、啤酒加入的獨特而豐富的味道、アジアンスタイルならではのバランスの取れたスパイシーな味わいです♪ 「ココナッツジュース」B70(日本円にしておよそ250円ほど) 皮を剥いて飲みやすいようにカットしただけの新鮮なフレッシュココナッツジュースです。之前、ココナッツジュースにあまり良い印象を持っていなかったのですが折角タイにいるのだからとオーダーして正解でした!程好く冷やされており歩き疲れた身体に染み渡るような優しい甘味でふんわりとココナッツの香りがして美味しいです飲み終わったら内側の果肉の部分もスプーンで掬って食べれますココナッツジュースは栄養豊富でありながら脂質がほとんど無いというパーフェクトドリンクで電解質など体への吸収も良く飲む点滴とも言われていますタイの屋台などの出店ではB40(日本円にしておよそ145円ほど)ほどで販売していますこんなに美味しいフレッシュジュースなら毎日冷蔵庫にストックしておきたいぐらいです♪ 「フライドライスwithグリーンカレーチキン」B120(日本円にしておよそ430円ほど) ハート型で可愛く盛られてきましたフライドライスwithグリーンカレーチキン(タイ語ข้าวผัดแกงเขียวหวานไก่)とはグリーンカレーペーストの旨みを全てライスに凝縮させた炒飯ですマナオ(日本でいうライムのようなもの)をギュッと絞っていただきます。有熱、何ともも言えない味わいでこれまた癖になります♪ 「トムヤムクン(S)」B180(日本円にしておよそ650円ほど) トムヤムクン(タイ語ต้มยำกุ้ง)の小さいサイズをオーダー川エビの頭から取った出汁とプリプリの身がたっぷりと入ったトムヤムクンはココナッツミルクで辛さを抑えたマイルドな味わいでコブミカンの葉やレモングラスの酸味が爽やかですトムヤムクンを好きな方でそんな方はまず居ないと思いますが仮に辛さやパクチーなどが苦手な方がいらした場合はオーダーの際にそう伝えると調整してくれます。這裡、スタッフさんの対応も良くメニューはタイ語と英語で表記してあり料理内容が写真付きなため指差しオーダーが可能で過ごしやすいレストランでお勧めです。現在、お腹も満たされたことですしまったりと他の通りを散策しましょう♪ TOM YUM KUNG トムヤムクン 住所:9 Khaosan Rd, Thaladyao, Pranakorn, Bangkok TEL:0-2629-1818 上班時間:11:00-25:00週一閉館:なし タイ・バンコク旅行特設ページ バンコク旅行の全ての記事はこちらからご覧いただけます! http://lade.jp/thailand/...

"巨蛋"的 247 米金色圓頂的餐廳與酒吧晚上在曼谷

Saphan Taksin サパーンタークシン駅より3番出口から出てジャルンクルン通りを左に曲がりそのままシーロム通りに出るまで歩きましょう♪ 駅周辺は、許多攤位、食品中的咆哮。女士下班回家、採購的 outstaring 遊戲與這道菜,配菜今晚嗎?。夜とはいえ20℃前後の暖かで、不盤下塑膠袋買的勇氣是很、因為這種商店到處都存在、現地の方々にとって買い出しは便利な気がします♪ サパーンタークシン駅より徒歩7分ほどするとチャオプラヤー川沿いにそびえ立つ金色に輝くドームを冠した5つ星ホテル「lebua ルブア」のお出ましです屋上のドーム部分には6つのレストランやバーが集まりそれらを総称して“The DOME ドーム”と呼び今では「バンコクに来たら一度は行っておきたい場所」として知られており観光客に人気のスポットです♪ 1階ホールに、是圓頂的入口。、店前的專案,如袋 (袋及其他貴重物品) 代客行李是很有説明。一張收據是、帰りの荷物受け渡しに必要なため無くさないようにしましょう♪ 女性スタッフに案内される際に「Food or Drink?」と確認されるので「Drink」と答えエレベーターでドーム内の最上階64階のバーへと案内してもらいますレストランで食事を希望される方は事前予約しましょう♪ ドーム内の64階にあるバー「Distil ディスティル」。燈被降低到最低限度、穆迪的氣氛和華麗的服飾、它是別致的 BGM。すべてにおいて心をときめかせる上質な大人の空間として演出されています♪ 店内のカウンターバーでは、酒保的從積極拼搶和雞尾酒來創建。答案是肯定的、可能在餐廳喝、こちらへいらしたら屋外のテラス席を案内してもらいましょう♪ 多くの観光客やデート中のカップルで賑わいを見せるテラス席寝転びながら夜景を眺めることができるソファ席は大変人気なため、工作人員得到了他們和、空くまでスタンド席で待たせてもらうことにしました♪ ステートタワーの64階から見渡す限りの宝石を散りばめたような輝きを放つバンコクの夜景。在白天、我也覺得重載交通下、夜の煌きの一部と思えば憎めなくなってしまいます(笑) スタンド席で5分ほど待つとタイミング良くソファ席が空き、最後下rosemasu 腰。1也許在探索這座城市的白天惡化慢性腰背痛、那是奄奄一息、俯瞰夜空附近,一手啤酒和、天にも昇る気持ちでひと時の休息を取ることができました♪ 「ビール」B450(日本円1,620円ほど) 「シャルドネ」B725(日本円2,610円) 「ピスタチオとオリーブ」 ビールの後、夜幕下,欣賞和在酒上盡情放鬆、突然、歡呼聲中湧出。、大輪の花火が夜空を彩り始めました!左手に見えるアジアティークの観覧車よりも遥かに大きく映る花火は中央に流れるチャオプラヤー川からの水上花火のようです。移交的酒店在什麼地方、思わぬショータイムに心が踊ります♪ バーで楽しんだ後は、63階にある空中レストラン「Sirocco シロッコ」とその先にある世界で最も高い場所にある屋外バー「SkyBar スカイバー」からの景色も堪能させてもらい、降低仍癡今天晚上晚上想在曼谷的帷幕。現在、いよいよ3日目を迎えるバンコク旅行記は最終日となり歴史的価値の高い寺院へと足を運びましょう♪ lebua ルブア http://www.lebua.com/ The DOME ドーム http://www.lebuaindia.com/jp/the-dome-dining/ タイ・バンコク旅行特設ページ バンコク旅行の全ての記事はこちらからご覧いただけます! http://lade.jp/thailand/...

滾動到頂部