在"帕斯雷爾"薩拉廣場薩納魯台的咖啡廳餐廳享用超優惠的法國午餐!

浜松・佐鳴台のオレンジストリート沿い「サーラプラザ佐鳴台」内に誕生したフレンチ&カフェレストラン「Passe Relle(パスレル)」にてフレンチコースランチへ! 昨年2019年12月1日にグランドオープンしているこちらのレストランはプリフィックススタイルの「フレンチコース」1,800円と超お得感のあるコースを提供されており人気です! こちらの運営は街中のワインバー「Beige(ベージュ)」や「浜松科学館カフェ」を営む山内 基司 (山內 Motoji)成為昆的新店、加藤信雅,一位法國廚師,在歐洲接受培訓後,在一家著名的餐廳工作。 (辛亞·卡托)シェフを招き入れオープンさせたレストラン! 「Passerelle パスレル」とは、在法語中,它的意思是"橋樑",通過烹飪,人和社區、我想創建一個商店,成為與生產者的橋樑! 和、加藤シェフたっての希望で名付けられた店名となります! 昼は自然光が降り注ぐ明るい店内で、天花板,木材的柔情增加了溫暖,充滿了開放的感覺,有高度、以白色為基調,成為布魯克林咖啡廳的時尚空間、午餐和晚餐、カフェ利用も楽しめます! 世間では新型コロナウイルスで自粛ムードが高まっている最中、在濱松市,我聽到餐館官員的尖叫聲。、經濟情況嚴峻、この日はそんな影響を微塵も感じさせないほどの繁盛ぶりが伺えた店内です! 「2 plat prix fiex(ドゥ・プラット・プリ・フィックス)」1,800円 ランチはプリフィックススタイルのコースメニューとなり、開胃菜和主菜成為每日更換、2在開胃菜和魚類或肉類菜肴之間做出選擇、麵包、甜點心、ドリンクが付いて1,800円と何とも嬉しい価格設定のコースをオーダー! 今回もメインを魚・肉料理のそれぞれのプレートをセレクトし旦那様とシェアしています! 前菜「苺とトマト」 静岡県産の旬の苺をふんだんに用いた前菜は、與相同顏色的紅色番茄一起,色調也生動、女子受け間違いなしの一皿! 爽やかなクリームチーズにフランボワーズビネガーとロゼのペティアンのガストリック(コク旨隠し調味料)のソースでいただきます! 上には磐田の「富丘ファーム」のマイクロアマランサスとオレンジオキサリスをアクセントに添えて! 肉料理「鶏ムネ」 しっとりと火入れされた鶏胸肉はヘルシーながらに食べ応えのある程好いボリューム感! あっさりとしたジャガイモのクリームソースは、用辣椒粉和納通梅格調味的醬汁、パンに付けていただいても美味しいです! 本日の魚料理「鯛と加藤農園の菜の花」 皮面パリッと、裡面是潮濕和令人眼花繚亂的火,芬芳的栗子、甜春捲心菜和濃郁的油菜花烤,讓苦味感覺春天、ジャガイモチップスと共に! ソースはオレンジジュースを混ぜ込んだ爽やかな酸味のあるオランデーズソースに桜パウダーとセロリのパウダーを添えて! この一皿で1,800円と言ってもおかしくないためコスパの良すぎるコース内容にただただ嬉しくなってしまいます! デザート「チーズケーキ」+100円 コースのデザートは「ガトーショコラ」でしたが追加料金+100円で「チーズケーキ」に変更できました! 前回いただいたガトーショコラもとても濃厚で美味しかったのですが、我也喜歡乳酪蛋糕。、今回はこちらをオーダー! 生クリームとレモンパウダーが添えられてきます! しっとりとした食感ながらにくどさを感じさせないさっぱり味であっという間に平らげてしまいました! ドリンク「コーヒー」 嬉しいことにランチコースはドリンクもセットでこの価格です! 身体喜ぶ農家野菜にフレンチの技法を用いた色彩豊かなプレートをリーズナブルに楽しめ、桌子的座位間距也很寬敞。、豊かな時間を過ごすに最適なフレンチ&カフェレストラン! 春の陽だまりが心地良い気候となってきたためテラス席をワンコOKにしてくれたら通ってしまうかもしれません(笑) フレンチ&カフェレストラン Passerelle(パスレル) 住所静岡県浜松市中区佐鳴台1-11-5(サーラプラザ佐鳴台内) TEL:053-555-6295 上班時間:午餐時間11:00-14:00(L.O.13:30咖啡廳時間 14:00~ 17:00、晚餐時間 18:00-21:00(L.O.20:30) 關閉:星期三、年末年始 駐車場:42單位、第2駐車場16台...

精緻的法式葡萄酒與葡萄酒搭配,以紀念"aru"結婚紀念日9周年

自2017年在愛知縣豐橋市開業, 大樓2樓、早在傑出的自己、東三河エリアを代表する人気店へと成長されているフランス料理店「aru(アル)」へ! 場所はJR豊橋駅から徒歩5分圏内となりユーカリの木と裸電球が灯す柔らかな光の下に掲げられたシンプルな真鍮のサインが目印です! ゆったりとしたアプローチの先にはこのお店のテーマカラーとなるスモーキーブルーの木製扉が優しく出迎えてくれ扉の先には心地良い空間が待っています! 季節を感じさせる生花は豊橋の小さな花屋「ラクレフローリスト(Lacle Florists)」のkaori Akayaさんに定期的にアレンジとメンテナンスをお願いされておりいつもとてもセンス良く設えられた草花に癒されております! わたし達の結婚9周年目をお祝いする記念日のこの日はまだ肌寒さを感じる2月22日(土)のランチタイムとなりますが入口には猫柳のもふもふっとした毛並みが顔を出し壁には可憐で愛らしいミモザのリースが添えられすぐそこまで近付いている春の訪れを感じさせてくれます! 店内のデザイン設計は、豐川主要活躍在建築師的 haag 設計中 + Haag Cafe ハーグデザイン+ハーグカフェ」がシェフのこだわりを取り入れ手掛けられており、散發著舒適的柔和空氣, 流入簡單的空間。廚房建議在右邊擺放地板的外觀。、ゆったりと14席~18席ほどの席数を用意! こちらは料理の基礎を大阪のビストロ「アヴォロンテ(’Avolonte)」の川田 祐志シェフから学び、進一步、パリの3つ星「アストランス(l’Astrance)」で修行後に独立され最短でミシュラン1つ星を獲得した人気店「Sola」の吉武 広樹 (Yoshitake 寺井廣樹)和廚師、同じく「アストランス(l’Astrance)」出身でミシュラン1つ星となる仙台の「ナクレ(nacrée)」の緒方稔シェフの御2人から素材の活かし方を多く学ばれ、在大阪用雷特石 (Eternite) 服務, 充滿了侍酒師鈴木塔庫的經驗 (托生鈴木)廚師是一個32歲的青年、鈴木 Aya sommelier 妻子 (鈴木)さんと二人三脚で独立したお店でわたし達夫婦のお気に入りのお店の一つです! 20代後半にパリでの修行時代に見つけたお気入りのレストランのような雰囲気を出したくて、鈴木廚師談圓桌用舊材料是專案外senai。認為廚師是被授予的、青山石田町、愛知縣工廠木材和皮革奧山工匠, (Kazushi 青山)而我是手工藝的、在圓桌上敢於木材, 建立了溫暖的感覺, "輕輕上你會享受食物", 使雖然包裝、気取らずに会話を弾ませながら心から食の楽しさを知ることができるのです! こちらではランチ、下一步與廚師共進晚餐、6道菜約3400日元, 8 盤約6800日元隔壁午餐、晚餐提供菜8道菜約6800日元, 10 道菜約8800日元, 每次2道菜、利用食品生產商的優勢, 他們信任廚師的臉看起來、此処でしか味わえない東三河ならではの料理を提供されています! ひょっこりと真ん丸く大きな晩白柚の後ろから顔を出し厨房で準備に精を出すシェフの鈴木くんに御挨拶! この日のコースでも登場する晩白柚は熊本の露地物から一回り小さい豊川の物お裾分けで頂いた柑橘物までが順に並び爽やかな清々しい香りを放っています! 卓上には「木村硝子店」や「ラディコン(RADIKON)」のワイングラスが整列し、內部工作的賣方、日本葡萄酒中心約700本葡萄酒、到現在為止一直在收集小兩行的人。近年注目を浴びる日本ワインや料理に合わせて提供してくれる世界中のワインを楽しむことができるのもこのお店ならでは! 今回は、8皿前後の「menu saison」6,800円にPairing wineのセットで事前予約しております! 予約席には記念日ということもあり線香花火のように愛らしく花開くシシウドやチューリップの純白の花々で統一しお祝いしてくださいました! 先ずはPairing wine①Champagneの「テタンジェ ブリュット レゼルヴ(Taittinger Brut Reserve)」の 良質なChardonnayの気品溢れる優雅で繊細な味わいと共に乾杯! 1皿目「黄人参 金胡麻」 最初の一口目は新城の無農薬の黄色い人参のムースと豊川の金胡麻を香ばしく煎りマイクロハーブを添えたフィンガーフードタルト! 一口でパクリと頬張ると驚くほどに甘味を感じる黄人参の滑らかなムースに粒一つ一つの香ばしさが堪らなく食用をそそる金胡麻! そこにバターの風味とメープルシロップの優しい甘味が漂うサクサク食感のパートフィロが良いアクセントになっておりこの一口の見事な調和で胃袋を持っていかれます! 同時にアミューズが提供された後ろの席からも「何これ!?美味しい~♪もう1個欲しい~♪」と思わず本音が声となり漏れてしまっている愛らしい女性の声が聞こえてきたのでわたしも心の中で「同感です♪」と頷いた次第です(笑) 2皿目「晩白柚 わさび菜 モッツァレラ」×「器児玉修治」 熊本の晩白柚には発酵柚子のヴィネグレットとイタリアンパセリを和え無農薬のわさび菜やリーフチコリイタリアンパセリの新芽ディルの花をバランス良く盛り込みアクセントに添えたそばの実が良い仕事をしており最後に鼻に抜ける香ばしさと食感を楽しませてくれます! 中にはクリーミィーなモッツァレラのクリームに自家製リコッタチーズのムースイタリアンパセリで作った鮮やかなグリーンカラーのオイルを垂らしてあるので混ぜ合わせながらいただきましょう! 張りがありフレッシュ感満載の晩白柚は果肉も大きく程好い酸味が爽やかなテイストでわさび菜のほろ苦さをチーズのクリーミィーさがまろやかにし新鮮な素材と一手間も二手間もかけたプロの成せる繊細な味わいのハーモニーに感動 Pairing wine②「月を待つ...

說到吉比耶,"西餐薩瓦卡"! 品嘗珍貴的吉比耶美食,限量!

菊川山間の谷沿いに流れる沢水加川に沿ってある小さな里山集落「沢水加(sabaka)」に佇む隠れ家的な料理店「西欧料理サヴァカ(Cavak.)」へ! 冬のこの時期ならではの滋味深い味わいのジビエ料理(Le Gibier)を求めて久方振りの訪問となります! 扉を開ければ鮮やかな青壁に掛けられた立派な鹿の角がお出迎え! 備え付けられたショーケースには、除了自製的康菲圖勒和百花蜜與時令水果、ワインの当てにピッタリなジビエのテリーヌやソーセージなどが販売されています! 木の温もり溢れる店内からは、欣賞山間大地的茶園和鬱鬱蔥蔥的景色、里山ならではの長閑でゆったりとした静かな時間が過ごせます! カウンターに掲げられたボードには、吉比耶菜的食材有18種。、「ジビエ料理にサヴァカあり」と云わんばかりのバリエーションの豊富さが伺えます! この日のランチは「C lunchコース」5,900円で事前予約し、因為不同的食物是一天中不同的成分。、 山口祐之(Masayuki Yamaguchi)シェフに全ておまかせでお願いしてあります! 車のため、非酒精葡萄酒"德國旺多姆經典 / VENDOME CLASSIC(NON ALCOHOL SPARKLING WINE)」にて乾杯! こちらはアルコール度数0.0%と完全なアルコール除去を実現したノン・アルコールスパークリングワインで、享受低甜和清爽的味道。、食中にもお勧めです! アミューズ一皿目「タラ白子のムニエルと白身魚のガレット」 ディルを添えたタラの白子のムニエルに、在白魚的蘇裡米上撒上土豆,然後炒去。、下是哈馬岡的白蘑菇,在那裡你可以享受濃郁的天然蘑菇和濃郁的甜味。、ハタケシメジのジュにふきのとうをオリーヴオイルで揚げたものを加えられています! こちらでは、通過傳統的法國烹飪技巧、儘管西歐美食排成一排,以最大限度地發揮材料的原始潛力、17自幾年前開業以來,一直被稱為"法國,你可以放鬆與筷子"、気取らないスタイルで楽しめます! パン「ポワポワのオーガニックパン」 掛川のブーランジェリー「ポワポワ(POWA POWA)」の国産小麦にこだわった香りの良いむっちりもっちり食感が楽しめるパンたち! アミューズ二皿目「舞阪産ラングスティーヌと青バイ貝マサバとセグロイワシのコンフィ添え」 中がレア気味の絶妙な火入れでクルンと丸まり、蘭斯汀(歐洲蝦)與藍色雙殼口音,其形狀是美麗的、在阿梅裡卡內享受的寶石與栗子的Pure和醬料、マサバとセグロイワシのコンフィを添えた一皿! オードブル一皿目「シャルキュトリーのサラダ(猪ハム、吉比耶的特裡努、鹿莫塔德拉、豬香腸、カルガモササミのロティ)」 塩漬けや乾燥、煙熏等、一盤沙拉,包括肉類加工技術"Charcuterie",用作提高肉類保質期的手段、眼睛也生動、與吃一道菜相比的興奮感、咸和溫柔,而優雅的味道、用利用肉味的技術享受食物的感覺。、ワインが恋しい一品です! わたしがカルガモのササミのロティを口にした瞬間散弾銃の弾(1㎜程度のもの)が出てきました! これをフランス人は大当たり!と喜び乾杯したり、據說,有作為護身符是幸運的。、我帶我回來紀念總共三顆子彈、財布に仕舞うことにしました!(笑) オードブル二皿目「アオリイカとアワビ青のりのフェットチーネ」 パスタはアサリとアワビの出汁を用いて旨味を吸わせ、使用不同質地的奧裡卡、鮑魚和時令春季蔬菜、用大蒜和辣椒完成阿裡奧·奧裡奧、費特奇內品嘗與青苔和自製的卡拉蘇米粉,享受栗子的氣味和濃郁的醬汁。、旨味が次々と押し寄せる一品です! 魚料理「御前崎産甘鯛のポワレ」 ふわふわっと口溶け滑らかな食感が楽しめる火入れの甘鯛には、與沙基沙基的綠色蘆筍、用白葡萄酒和佛手柑製成的奶油醬配埃斯普瑪、クリーミィーさを味わいます! 肉料理「森町産鹿ロース、成熟的木雞、マガモ胸肉の盛り合わせ」 ジビエ料理は贅沢にも、森町產鹿羅、成熟的木雞、マガモ胸肉の3種のロティを堪能できる至極の一皿! 肉は赤ワインと鹿猪で取ったフォンで仕上げたソースでいただきます! こちらでは、我一直在堅持醬汁,使時間與時間、而不是採取電話與骨頭或肉後,你把它,因為一般使用、非標準(太大而堅硬的個體)、或小的個體),採取基地電話使用整個豬、有的情況下,鹿添加到調味程度、完成與一個乾淨的醬汁、ソースに関しては骨や肉は熟成させないのがポイントだそうです! デセール「ナイアガラとスイ-トスプリングのジュレ八角とオレンジのフォンダンショコラジャージー牛の生キャラメルアイス」 目にも楽しめるデセールは桜や菜の花をあしらい春の訪れを感じることができる愛らしい一皿! 黄金色に輝きまるでビールのように見えるグラスには爽やかな柑橘スイ-トスプリングのフレッシュ感と香り高く風味豊かなマスカット・ナイアガラとの組み合わせが抜群です! 八角とオレンジの香りが魅惑的に広がる大人なフォンダンショコラはしっとりと滑らかで酸味が楽しめるルバーヴを添えミルキーなコクが楽しめるジャージー牛の生キャラメルアイスも思わずうっとりな味わいとなり最後まで存分に楽しませていただきました! ドリンク「コーヒー」 「NIKKO」のベストセラーでもある「山水」の絵柄が印象深いコーヒーカップでいただくコーヒーゆっくりと静かに流れる贅沢な時間を楽しめます! 食後に手の空いた山口シェフと歓談タイムを取りながらわたし達が応援する富山作家の器を手に取って観ていただきました! 山口シェフにも、Lade Gourmet & Hotel Web Magazine企画の『器と旅するシリーズ』を御紹介させて頂き、波特出現在專案第1部分""=永月" (Gaku...

"新春瑪莎拉蒂旅遊2020"度假村午餐在龍潭寺和湖畔在哈馬納湖周遊

    令和初となる「新春マセラティツーリング2020」は新旧のマセラティ14台・総勢20名の御参加となり恰好のドライブ日和にて開催することが出来ました! 今回のツーリングコースは浜名湖周辺をドライブし大河ドラマ「おんな城主 直虎」の主人公「井伊直虎」ゆかりの地として人気を博す「龍潭寺(Ryotanji)」を訪れ今時期に花開く梅の鑑賞を楽しんだり奥浜名湖湖畔に佇む会員制リゾートホテル「KIARA リゾート&スパ浜名湖」にて優雅なランチタイムを過ごすなどしドライブを中心としたコースを設定しております! 朝早くより、愛知、岐阜、三重方面から参加される皆様との待ち合わせ場所は三ヶ日インター出口直ぐの「JAみっかび特産センター」にて集合! 合流してから向かうドライブコース「奥浜名オレンジロード」は静岡県浜松市北区の山中に続く15kmほどの広域農道となり三ヶ日を代表する名物のみかん畑をはじめ田舎ならではの長閑な風景が広がりますライダーにも人気のワインディングロードが続き一瞬ではありますが浜名湖を望む景色にも出会え信号が無く交通量が少ないため快適なドライブを楽しむことができます! 最初の目的地「龍潭寺(Ryotanji)」ではそれぞれ自由に拝観と散策を楽しんで頂きます! 境内には、1月~3月が見頃となる梅の花や河津桜が開花し始めており龍潭寺では一番古く約400年前の建物となる「東門(旧鐘楼堂)」を通り本堂脇の枝垂れ梅の花のほころびは一足早い春の訪れを感じます! 散策路の景観を楽しみながら「井伊家墓所」を抜け格式高い神社「井伊谷宮」まで足を延ばせば紅梅の優美な姿にも出会えとても心地好い時間を過ごすことが出来ました! 「龍潭寺(Ryotanji)」からは気賀の街並みを抜けます! 浜名湖畔へ降り立ち猪鼻湖を望む「浜名湖レイクサイドウェイ」を走り瀬戸橋から瀬戸トンネルを抜けます! ランチ場所に選定した会員制リゾートホテル「KIARA リゾート&スパ浜名湖」へ! 猪鼻湖を望みながら「シェフの気まぐれワンプレートランチ」2,750円(税込)を堪能! 地元ブランドのみっかび牛とサーモンが出揃い肉料理と魚料理をサラダやスープアミューズと共にワンプレートに盛り込まれたお手軽ランチです! 同行された「マセラティ名古屋サービスセンター」から乾杯ドリンクをサービスしていただき皆で乾杯! こちらで合流したカップルもいらしたため食後のコーヒーを楽しみながらの歓談タイムを終えたらホール階段前にて記念撮影! ランチ後は来た道を戻り風情溢れる「気賀関所(東海道三大関所)跡」にて一旦休憩を取ります! 関所に隣接する「田空直虎ショップ」では地産土産が並んでおり色鮮やかな柑橘類が中央を陣取り鎮座しておりました! その後のルートは「気賀関所(東海道三大関所)跡」から浜名湖畔を南下し「舘山寺温泉」を通り抜けます中継ポイントの「浜名湖ガーデンパーク-静岡県営公園」駐車場にて記念撮影!冬場とはいえ週末は賑わいを見せる「浜名湖ガーデンパーク-静岡県営公園」の駐車場は満杯です! ツーリングコース最終目的地に向け出発し「弁天島」を通り抜け競艇場大橋を渡り「ボートレース浜名湖」から「浜名バイパス」へ入ります! 最終目的地でもあり解散場所となる「道の駅 潮見坂」に到着! こちらでは地産品が並ぶ売店や軽食が頂けるお店もあり、還、太平洋を望みながらの足湯が用意されているためドライブ疲れを癒すに最適な休憩所となります! 今回はまだ肌寒い2月のツーリングで浜名湖畔では遠州のからっ風が吹き荒れる状態ではありましたが好天候に恵まれたこともあり道中の車内はポカポカと暖かく心地良さを感じ眩いばかりの光を放つ湖面に癒されながら絶好のドライブ日和となりまた一つマセラティオーナーの皆様との楽しい思い出のひとときを刻むことが出来ました!...

"格拉尼斯漢堡"由無農藥蔬菜種植者經營的三日站大樓漢堡店!

前往"格拉尼斯漢堡格蘭尼和#8217堡",位於"天龍哈馬納科鐵路三日站"的車站大樓內! "天龍哈馬納科哈馬納科線",俗稱"天馬哈馬線",被稱為"天龍哈馬納科鐵路有限公司"、從靜岡縣神奈川市的"神奈川站"到濱松市天龍區的"天龍二站"、湖西市の「天浜線 新所原駅 (TH Shinjohara Sta.)」を走るローカル鉄道です! この「天浜線」は、有效利用作為無人值守的車站、吸引各種餐館和商店到車站大樓。、路線上點綴著美食點。、現在,天濱線也被稱為"美食路線"。、當地的人們開始。、多くの観光客にも人気のスポットとなります! この日は来月浜名湖周辺で開催予定の恒例行事「Maserati ツーリング」の下見ドライブに出向いており途中「三ヶ日駅」の駅舎内にあるハンバーガーショップ「Granny’s Burger(グラニーズバーガー)」で遅めのランチタイム! 国の登録有形文化財にも登録されている「天浜線・三ケ日駅」は昭和の良き時代の趣のある雰囲気が素敵! 上下線共に、1這是一條本地線,每小時只運行一兩條。、學生和當地人如何使用他們上學和上下班。、剛、上行和下行的火車可以到達不同的時間。、鉄道員の赤旗を振る姿が印象に残ります! 実は「天浜線」には未だ乗車した事が無いためいつか経験してみようと思っています! 店内へお邪魔すると、這是一個舒適的氛圍,感覺木材的溫暖、17席のテーブル席が用意されています! こちらでは、使用品牌牛肉的"三日牛",這是三天的特產、"三日牛肉漢堡",這是作為本地漢堡出售、包括受歡迎的功能表,如"花崗岩漢堡",以商店名稱命名、無農薬・無添加にこだわったグルメバーガーに出会えます! 「グラニーズバーガー」と「三ヶ日みかんサイダー&ポテト」のセット(単品1,130円+ドリンク280円+ポテト180円+税) オープン当初から人気を誇る店名を冠した「グラニーズバーガー」は、100%牛肉,肉質自製的餡餅是厚的、烤半熟的煎蛋,用厚切培根和淡淡的蛋黃製成,從蓬鬆的麵包車上伸出。、和、瑞々しいスライストマトやシャキシャキレタスが入ったボリューム感満載のハンバーガーです! バンズに添えられたピクルスと共にバーガーを貫くように指した串と一緒にバーガー袋をしっかりと抱えてガブリと一口! 大満足なボリュームながらに無添加にこだわる味わいは優しさを感じ胃もたれ知らずの自然派バーガーとなります! オススメされた「三ケ日みかんサイダー」は三ヶ日で採れた三ヶ日みかんをたっぷり絞りみかんの爽やかな風味と炭酸のすっきりとした味わいが楽しめるジュースです! 付け合せのポテトがホックホクで食感良くとても甘味を感じたため糖度の高いジャガイモを使用されているのかと思いきや使用しているこだわりの天日塩「ちきゅうの雫」のお陰とのこと! 天日塩「ちきゅうの雫」とは生命が誕生した時の世界最古の生物ストロマトライトやジュゴンなど希少な生物が生息し世界遺産にも登録されている生命の源とされるオーストラリア・シャークベイの海水を2年半以上天日干しした希少な100%天日塩で身体喜ぶミネラルがたっぷりとなり人工熱を加えないため海の成分をそのままに得られ体内で分解される中性塩なため身体に負担がかからない自然塩だそうです! この天然塩はミネラルの旨味が料理に深みを出すためこちらのポテトも一際甘みを帯びて感じるようですよ! 「チーズバーガー」と「コーラ」のセット(単品830円+ドリンク180円+税) シンプルに大好きな「チーズバーガー」は自家製パティにとろけるチーズの絵面が堪らなく食欲をそそります! この厚みなら女性でも食べやすいサイズ感となるでしょう!(笑) 現オーナーの長谷川 乾 (坎·哈塞加)先生、日本でも有数のIT企業「株式会社サイバーエージェント 」の創業メンバーであり、20過一輩子、環游世界後,得到了許多刺激和經驗、尋找目的地、2016喜歡哈馬納湖湖畔的物業和環境、與妻子長谷川美香,誰試圖使這個地方成為一個結束的家、夫婦で移住を決意! 移住後は IT畑から農家に転身され農家直販ストア「MARU FARMまるファーム」を立ち上げ、 我們堅持生產蔬菜,意識到迴圈,不使用任何農藥和化肥。、無農薬野菜を栽培しています! 縁あって、在農業方面、2018自5月起,Granny ’&s Burger 接管了第一代業主、現在に至るとのこと! 入店早々、雖然每次都是當地人所想的,但當地人似乎在想,"你旅行了嗎? 和夫人的真香,誰說話友好,並迅速解決、我和我丈夫有很多共同點。、帶著一個在世界各地遊蕩的主人的幹、在東京和旅行的故事中彈奏故事、如果你注意到,你會呆很長時間。、とても楽しい時間を過ごさせていただきました! 駅前の銅像に寄り添う愛らしい猫ちゃんの姿も平和でほっこり気分! 浜松近郊にお越しの際はローカル鉄道「天浜線」の「グルメ路線」を是非お楽しみください! Granny’s Burger(グラニーズバーガー) 住所静岡県浜松市北区三ヶ日町三ヶ日1148-3(三ヶ日駅舎内) TEL: 053-525-2202 上班時間:10:00-16:00(滑油. 15:30)※金・土・日・祝日のみ営業 定休日月曜日〜木曜日(祝日は営業) 駐車場有...

"帕斯雷爾"新功能表出現! 交易法國享受舒適的咖啡館!

在濱松和薩納魯塔的橙色街,在"帕斯雷爾"法國和咖啡館餐廳"Sere Relle"內誕生。、新たに誕生したメニューのフレンチコースランチへ! 昨年2019年の11月から1ヶ月間のプレオープン期間を経て、12現在,我們迎來了盛大的開幕日。"、新的法國課程已經開始、首碼風格的法式課程價格為1,800日元、超お得感のあるコースを提供されています! こちらの運営は街中のワインバー「Beige(ベージュ)」や「浜松科学館カフェ」を営む山内 基司 (山內 Motoji)成為昆的新店、加藤信雅,一位法國廚師,在歐洲接受培訓後,在一家著名的餐廳工作。 (辛亞·卡托)シェフを招き入れオープンさせたレストランとなります! 「Passerelle(パスレル)」とは、在法語中,它的意思是"橋樑",通過烹飪,人和社區、我想創建一個商店,成為與生產者的橋樑! 和、加藤シェフたっての希望で名付けられた店名! 昼は自然光が降り注ぐ明るい店内で、天花板,木材的柔情增加了溫暖,充滿了開放的感覺,有高度、以白色為基調,成為布魯克林咖啡廳的時尚空間、午餐和晚餐、カフェ利用も楽しめます! 「2 plat prix fiex(ドゥ・プラット・プリ・フィックス)」1,800円 ランチはプリフィックススタイルのコースメニューとなり、開胃菜和主菜成為每日更換、2在開胃菜和魚類或肉類菜肴之間做出選擇、麵包、甜點心、ドリンクが付いて1,800円と何とも嬉しい価格設定! 今回は前菜・メイン共にそれぞれのプレートをセレクトし旦那様とシェアしています! 前菜「鴨 / レンズ豆」 火入れ後にスモークされている鴨は香ばしさが漂いしっとりとした食感が楽しめ添えられたレンズ豆は野菜のブイヨンで炊き上げ良いアクセントになっています! ビネガーの利いた自家製ドレッシングに、鹽、辣椒、アーモンドの摩り下ろしを加えて味付けしており浜松は「加藤農園」の野菜と磐田「富岡ファーム」のミックスリーフと選りすぐりの農家野菜が楽しめる前菜で食べ応えもあるサラダです! 前菜「苺 / ビーツ」 ホワイトバルサミコを霧吹した苺にオーブンで火入れしたビーツをビーツのキュイソンとオレンジジュースで味付けしバターモンテしたソースに合わせています! クリームチーズとオレンジの爽やかなガストリックソースにフルードセルとローズヒップパウダーアリッサムの花で彩りを添えた見目愛らしくワインに合わせたくなるような大人感覚の前菜! メインの魚料理「鰆 / 蘿蔔 / 浜名湖青さ海苔」 身厚の鰆は皮面は香ばしさを感じさせるも中はしっとりと攻めた火入れ状態で提供されていおり蕪の自然な甘味を楽しめるピュレとフュメベースと青さ海苔の出汁を組み合わせることで優しい仕上がりに! 「加藤農園」のミニ蕪を添え白と緑黄の三色で一足早く春を感じさせる色合いも素敵です! メインの肉料理「鶏ムネ / 加藤農園さんの野菜」 鶏胸肉は肉厚感を楽しめながらもしっとりとした食感となり甘味の豊かな人参のクリームソースをたっぷりと付けて焦がし玉葱パウダーや春菊オイルで頂きます! 「加藤農園」の野菜は香ばしく焼き上げ甘味を引き出した白菜と食感の良い小ジャガイモ根っこまで美味しいミニ人参が添えられます! デザート「ガトーショコラ」 どっしりとした生地で濃厚な味わいのガトーショコラは滑らかな生クリームと酸味のあるフランボワーズソースと楽しみコーヒーとの相性も抜群です! ドリンク「コーヒー」 嬉しいことにランチコースはドリンクもセットでこの価格! 身体喜ぶ農家野菜にフレンチの技法を用いた色彩豊かなプレートをリーズナブルに楽しめ、桌子的座位間距也很寬敞。、豊かな時間を過ごすに最適なフレンチ&カフェレストラン! フレンチ&カフェレストラン Passerelle(パスレル) 住所静岡県浜松市中区佐鳴台1-11-5(サーラプラザ佐鳴台内) TEL:053-555-6295 上班時間:午餐時間11:00-14:00(L.O.13:30咖啡廳時間 14:00~ 17:00、晚餐時間 18:00-21:00(L.O.20:30) 關閉:星期三、年末年始 駐車場:42單位、第2駐車場16台...

結束除夕與"索巴家族奧米里"在新鮮出爐的新鮮產品新年麵條

shingen 附近的選擇從全國各地改為每週命中、濱松提供極地燕麥,在中島的"索巴家族Oyoo"獲得一年一度的麵條、2019我想結束這個年! 這是、店主である大森正人さんが丹精込めて作られる手挽きの打ち立て蕎麦と奥様の三枝子さんが丹念に揚げられるサクサク食感であっさりとした味わいの天ぷらが美味しくいただけるお店です! そもそも、除夕帶著好運吃蕎麥面的習慣、從江戶時代開始。、後、日本の文化として定着し「年越しそば」と言われてています! 蕎麦は長く伸ばして細く切って作る食べ物で、瘦, 長從 "健康長壽。、吃好運氣和財富吸引眼球、蕎麥比其他麵條更容易切, 這意味著 "打破今年的災難"。、大晦日の晩の年越し前に食べる蕎麦のが一般的に多く聞かれます! 近年は「年越しそば」の代わりに「年越しうどん」や「年越しラーメン」、似乎有很多"年長義大利面"。、皆さんはどの様な「年越し〇〇」を食べられましたか? 毎年大繁盛となるこの日の予約は不可となるため敢えてお昼時間を避けて13時過ぎに来訪! 無論、商店裡擠滿了人。、駐車場の車内で1時間程待った後にいつものカウンター席へ! 慌ただしく戦場と化した厨房内の大森夫妻と暫く振りの御挨拶を済ませ美味しい年越し蕎麦をいただくことに致しましょう! 店内は、10和房間的名字和反羅莫克裡魯約4人和小店、高高的天花板、這棵樹的溫暖溢出來了。、ゆったりとした時が流れる空間! 一枚板のテーブルを囲む常連の方々の姿はいつものことですが、偶爾、知道的謠言,外部團體從遠處故意去看看它的任何人在這裡看到、蕎麦好きにはとても人気のあるお店! 「温とろろ」1,200円 わたしは寒い冬には決まって温かい汁に真ん丸いお月様のようなこちらの「温とろろ」を頂きます! 出汁の優しさとおろし立てのとろろでまろやかになった蕎麦をズルッと流し込むと冷えた身体が温まりほっこりします! 「たべくらべ」1,200円 たべくらべはせいろと挽きぐるみの田舎そばの2種類を一度に食べ比べできるお得な一皿! 本日のせいろは福井県の丸岡産を使用し挽きぐるみの田舎二八は常陸秋そばを使用! 香り高く甘味のあるせいろと蕎麦の味わいを濃く感じる挽きぐるみの違いを楽しみながら頂きましょう! 蕎麦汁で頂く前に塩で頂くと蕎麦本来の甘味や味わいが楽しめお勧めです! 本日も数多くの蕎麦を茹でたであろう大鍋には、大量的燕麥湯、把燕麥湯放進燕麥口、溫暖到身體的核心、至福の時間が訪れます! 最後に店主の大森正人さんと奥様の三枝子さんと食後に歓談しながら記念撮影! 御年72歳となる大森さんは、從清晨開始,我身心都感到疲憊。、最近,我開始感到日常銷售的極限。、有一天,我們認真討論與三木子的店裡。。然而,、每次常客懇求你不要停止、這個想法似乎在動搖。。 對大森先生來說、但我還是想打、對我來說,在夏天失去父親,誰是同樣的燕麥工匠、保持健康、長壽是最重要的! 請照顧好自己。、我希望它沒有做。 現在、女兒的丈夫利用假期幫忙、因為索巴的訓練已經開始了。、一天、大森先生決定退休、娘さんの旦那さんが跡継ぎとしてお店に立たれることがあるのかもしれません! 大森さん、美惠子女士、今年も無事に「蕎麦家 おおもり」の蕎麦で1年を締めくくることができ本当に嬉しかったです! 2020年もどうぞ宜しくお願い致します! 皆様も2020年も変わらぬお付き合いの程宜しくお願い致します! 良いお年をお迎えください! 蕎麦家 おおもり 住所静岡県浜松市中区中島1-31-1 TEL:053-463-2879 上班時間:11:30-14:00 週一閉館:月亮、週二、金曜日(WEBサイトのカレンダーで御確認ください) http://www12.plala.or.jp/sobaya/...

豐橋新開業! 江戶前壽司在6個座位的現代撤退中品嘗!

愛知県豊橋市で創業44年を迎えた「万太郎寿司」の隣に新たにカウンター6席のみのこだわりの鮨店「鮨たけもと」がオープン致します! こちらは「京都 祇園 鮨割烹 なか一」で修行された後、兒子竹本大輔(Daizo),多年來一直活躍在曼塔羅將軍竹本明弘的右臂、念願の独立を果たし開業の運びと相成りました! 出迎えてくれるのは、演出者和設計師海岡信太郎(Shintaro Ajioka)設計的字體"TA-方眼"被使用。、充滿獨特性的味道的標誌! 因為它使用"栗"的變體、さかなへんの点々が「大」になっております! 創業当時より、離開,這是私人房間的宴會廳,同時留下一個平靜的臉,在良好的舊時代、和に洋のエッセンスを加えモダンにリノベーション! 玄関戸を開けると味岡伸太郎氏の書が存在感を露わにしています! こちらは「鮨」の漢字を分解して描き、因為它完成它,通過結合六本"黑,白,紅,藍色,黃色和綠色"的詩集,由北園康介的詩集"煙線",這是來自三重縣和現代主義詩人的"武士"。、定期的に差し替えられる書をそれぞれに楽しむことができます! 職人の手で生み出された漆喰の塗り壁で明るく柔らかな印象を与える店内は、作為米岡世界不可或缺的物品之一,大型作品的照明已經懸掛。、用日本紙和廢紙夾著樹枝的照明、カウンターを温かく優しい光で彩っています! 桂の木を用いた耳付きカウンターに平行して添えられたのは色とりどりのイタリア製のモザイクタイル! 椅子も味岡伸太郎オリジナルの作品となりアイアンフレームのシャープな印象を異なるレザーでパッチワークすることで馴染みの良い暖かさを演出! クリスマス・イヴを迎えたこの日は、作為完成商店的展示、妻子,包括負責商店設計的米岡信太郎。 設計施工の「UK 管理建築士事務所」の山本 有記 (尤基·亞馬莫托)(Yuki Yamamoto)、ライターの露久保 瑞恵 (米·圖尤庫博)(Mie Tsuyukubo)さんとわたし達夫婦の6名貸切で過ごす忘年会となります! 頂くメニューは、成為店主竹本先生的18,000日元課程之一。、今回はお勧めのワインや日本酒とのペアリングで堪能致します! 爽やかな香りと甘味優しいChampagne「Forget Brimont Brut Premier Cru(フォルジェ ブリモン ブリュット プルミエ クリュ)」にて乾杯! 「蛸の桜煮」 器味岡伸太郎(扇皿) 柔らかく焚かれた桜煮には辛子酢味噌を添えて、用同樣的斧頭,簡單、彈性和柔軟性、食感の違いを楽しむ一品! 器の殆どは、陶藝家米岡信太郎的作品被使用。、用各種釉料完成馬西科陶器、成為獨特的陶器,由味岡先生,散發出獨特的質地、ひとつとして同じ顔の物が無い味深い器となります! 日本酒「四海王 純米吟醸 真」御猪口釋永岳 呑みすぎる杯(薄杯 白) 日本酒は地場の豊橋が誇る「福井酒造」が手掛ける純米吟醸「四海王 純米吟醸 真」を頂きます!純米酒ならではの深い味わいはそのままに軽快な喉越しをもつ純米吟醸酒でキレの良い後味が特徴です! 昨年「寿司 万太郎」に伺った際にオーダーしてくださった釋永岳の「呑みすぎる杯」はこちらで愛用くださるとのことで嬉しい限りで御座います! 「このわたの羽二重蒸し」 三河の三大珍味となる「このわた(海鼠腸)」を中に忍ばせた羽二重蒸しは、我要求它,同時粉碎黃黃、光滑的麵團和這種融化的鹽成為良好的鹽李子、これは思わず日本酒が進んでしまいそう! 「鯖の藁焼き」器味岡伸太郎(三角皿) 塩をし酢で軽く〆た鯖を藁で燻した藁焼きは、與龐醋和托薩醬油的油混合、濃郁的甜味和口感與香氣一起湧出! 在提供的味岡先生的容器裡、因為有些容器使用灰燼釉料。、藁で燻した料理とのコラボが見れたら素敵ですね! 日本酒「赤武 AKABU 純米酒」徳利と御猪口味岡伸太郎...

"史蒂夫·Cafe & 庫伊因"湄南河沿岸的泰國餐廳

チャオプラヤー川のリバーサイドレストランでタイ料理を提供する「Steve Cafe & Cuisine Dhevet Branch(スティーヴ カフェアンドキュイジーヌ・デベット支店)」へ! こちらはデュシット地区のカラフルな寺院「Wat Thewarat Kunchorn Worawiharn(ワット・テワラット・クンチョン)」の奥にある「Golden Teak Museum(ゴールデン・チーク・ミュージアム)」の脇道を進んだ桟橋「Wat Thewarat Kunchorn Worawihan Pier(ワットテラワットクンチョン船着場)」目前にある川沿いレストラン! 店名の「Steve(スティーヴ)」とはオーナーの英語のニックネームを用いており外国人や若い世代が異文化で楽しめる本格的なタイ料理のコンセプトを表すために西洋的なイメージを描き名付けられています! こちらはタイの政治家や著名人も訪れるほど有名とのことでButler(執事)のSMET(スメット)さんお勧めのレストランです! 入口には靴箱が用意されており靴を脱いで上がるスタイルで寛げ築60年以上の伝統家屋はカラフルでレトロ調な雰囲気で装飾されておりアットホーム感があります! 人気店のため基本的には事前予約が望ましいとのことこの日の夜も多くの観光客で賑わっておりリバーサイドテラス席は満席であったため奥のテーブル席へ案内してくださいます! テラスからは「King Rama VIII Bridge(ラーマ8世橋)」の夜景が伺えます! こちらでは家庭的な自家製タイ料理を楽しむことができ熟練したシェフが作り出す料理は新鮮な食材にハーブやスパイスをふんだんに用いて香り高いタイ料理を提供! メニューは豊富でバラエティに富んでおりタイ語と英語表記写真付きで記されているため指差しオーダーが可能です! テーブルシート上には店舗紹介が記されたペーパーが敷かれておりQRコードで各店舗の情報が読み取れます! 「Spicy papaya or fruit salad with prawns(海老入りソムタムサラダ)」150THB(日本円にして約540円)※1THB=約3.6円(2019年11月のレートにて換算) 南国のタイならではのスパイシーなピリ辛サラダは細切りした青パパイヤがたっぷりと用いられておりとってもヘルシー! 酸味があり食欲を増進させるため前菜代わりに頂くのがお勧めです! 「Rice with fried bajil leaves pork or chicken with egg(豚肉または鶏肉のバジル炒め)」160THB(日本円にして約580円) 日本でもタイ料理の定番として人気の「Phat Gapao(パットガパオ)」ですがこのメニュー名では通じないため写真を探しながらオーダー! 豚肉か鶏肉を選べるためあっさりとしたチキンを選択! ホーリーバジルたっぷりで香り良くライスには目玉焼きと胡瓜やトマトが添えられ彩り豊かです!...

"芙羅拉爾咖啡廳’ 納帕斯蘭"花店經營的攝影咖啡廳!

泰國最大的花卉市場"Pak Khlong Talat"由附近的Flower shop(花店)經營的攝影咖啡廳"Floral Cafe"’ at Napasorn(フローラル・カフェ・アット・ナパソーン)」へ! Chakraphet Road(チャクラペット通り)の Flower shop(花屋)の2階~3階がカフェとなり、上樓梯,有幹花和鮮花。、一個空間,安排和裝飾大量的綠色出現、創造一種氛圍,無論你在哪裡剪掉它,它都會成為一種繪畫。、まるでおとぎの国の世界観のよう! 店内の装飾は、已切換到每個時間和事件、許多常客經常來享受這種卓越的裝飾。、我參觀了布特勒的SMET(蘇梅特)推薦的咖啡館。、バンコクでも人気の高いフォトジェニックなカフェとして有名です ! カフェオーナーを紹介していただき御挨拶を済ませてからオーダーをしてテーブル席へ! Salad「Sweet Crispy Pork(スイートクリスピーポーク)」250THB(日本円にして約900円) 新鮮でシャキシャキ食感のグリーンサラダに甘辛く味付けしたクリスピーな豚肉がミックスされた食べ応えのあるヘルシーサラダ! Smoothie「Mango Yogurt(マンゴーヨーグルト)」150THB(日本円にして約540円)※1THB=約3.6円(2019年11月のレートにて換算) 大きなグラス一杯にマンゴーとヨーグルトの最強の組み合わせとなるスムージーはフレッシュマンゴーとソースもたっぷりと添えられただマンゴーを食べるよりも満足感が高いように思います! Smoothie「Lychee(ライチ)」140THB(日本円にして約500円) 同じくライチのスムージーもライチの良さをギュギュッと濃縮させたかのような美味しさで濃厚ながらに後味さっぱりと頂けます! Cake「Very Berry Brownie(とってもベリーなブラウニー)」90THB(日本円にして約320円) しっとりとした食感で濃厚さを楽しめるブラウニーですが重たすぎずラズベリーの甘酸っぱさが良いアクセントになる大人なチョコレートケーキ! 海外でケーキを頂くと大き過ぎだったり甘過ぎだったり食感で大抵は残念な思いをすることが多いのですがこちらのケーキはその固定概念を覆してくれる美味しさです! 店内には2匹の猫が自由に放たれており、圓的,大眼睛和低鼻子、耳朵是分開的,圓頭是特徵、おそらく品種は人気のExotic Shorthair(エキゾチックショートヘア)でしょうか!? 店内で静かにゴロゴロと寛いでおりますが、非常友好、靠近貓愛好者、大人しく撫でさせてくれる姿が堪らなく可愛いです! ただのインスタ映えカフェとはレベルが違うハイセンスな世界観を醸し出す「Floral Cafe’ at Napasorn(フローラル・カフェ・アット・ナパソーン)」は花市場に訪れる際に是非お勧め致します! Floral Cafe’ at Napasorn(フローラル・カフェ・アット・ナパソーン) 住所:67 查克拉普赫特路, Wang Burapha Phirom, Phra Nakhon, Krung Thep Maha Nakhon 10200...

"暹羅 Siam" 廚師直接登臺的泰國烹飪課程 / 克魯艾·布瓦奇

ラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「The Siam(ザ・サイアム)」の「Private Cooking School(プライベートクッキングスクール)」で学ぶタイ料理レッスンパート③! さてタイの定番料理「 PAT THAI GOONG(パッタイ・クン)ผัดไทยกุ้งสด」をガッツリと食した後は最後のメニューとなるデザート「GUAY BUAD CHEE(クルアイ・ブワッチーバナナのココナッツミルク煮)กล้วยบวชชีง」のクッキングスタートです! Lesson③ 「GUAY BUAD CHEE(クルアイ・ブワッチーバナナのココナッツミルク煮)กล้วยบวชชีง」 [Ingredient(材料)] ・Banana 100g(バナナ100g) ・Coconut milk 250 ml(250 ml) ・White sugar 35g to test salt(白砂糖35g 塩少々) ・Pandanus leaf 1pcs(パンダンリーフ1個) ・Sesame (白黒胡麻適量) 烹飪方法 / Cooking Method] 1.ココナッツミルクにほぐしたパンダンリーフと白砂糖を投入し火入れする。 1. Boil coconut milk, white sugar and pandanus leaf in a pot until almost consistency....

"暹羅 Siam"廚師直接登臺的泰國烹飪課程/ 帕泰

ラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「The Siam(ザ・サイアム)」の「Private Cooking School(プライベートクッキングスクール)」で学ぶタイ料理レッスンパート②! さてタイの2大スープである「TOM KHA GAI(トム・カー・ガイ)ต้มข่าไก่」を美味しく堪能した後は次なるメニュー「 PAT THAI GOONG(パッタイ・クン)ผัดไทยกุ้งสด」のクッキングスタートです! こちらでもlade企画の『器と旅するシリーズ』でDamri Muksombatシェフに習うタイ料理を盛り付けさせていただきました! Lesson② 「PAT THAI GOONG(パッタイ・クン)ผัดไทยกุ้งสด」 [Ingredient(材料)] ・Tiger prawn 2pcs(海老2尾) ・Vegetable oil 15ml(植物油15ml) ・Bean curd, diced 10g(豆腐ダイスカット10g) ・Shallot sliced 15g(エシャロットスライス15g) ・Dry shrimp 1tsp(乾燥海老小さじ1) ・Rice noodles, small 70g(ライスヌードル70g) ・Chicken stock 1ladle(チキンストックお玉1杯) ・Pickled turnip chopped 1tsp(蕪のピクルス小さじ1) ・Bean sprout 20g(もやし20g) ・Chive 2~3 stalk(ニラ2~3本) ・Peanut, chopped fine 3tsp(砕いたピーナッツ小さじ3)...

滾動到頂部