暹羅 Siam 酒店擁有 80 多平方米的現代套房!

在豪華城市度假村酒店"暹羅",我們這次將照顧的房間、和上次一樣,在二樓的"湄南套房"(90平方米)。、這一次,更令人高興的是、より光を取り込む角部屋の205号室です! メインレジデンスの2階と3階にある客室は全客室が80㎡以上の広さを誇りエントリーレベルにあたる「サイアム・スイート」16室(80㎡) と2階の「メナム・スイート」6室(90㎡)、3階の「リバービュー・スイート」6室(90㎡) に分かれます! また独立型の「ヴィラ・スイート」では「プールヴィラ・コートヤード」6室(130㎡)「プールヴィラ・リバービュー」4室(130㎡)「コニーズ・ココテージ」1室(160㎡)もありホテルの客室全てがスイートルームという何とも贅沢な造り! 素晴らしいアンティークや調度品は館内のみならずスイート内部の様々な場面にも用いられシックでモダンなデザイン性で統一された大人な空間を創り出しラグジュアリー感満載です! 重厚感溢れる扉を開ければ天井まで一面ミラーに覆われたシックな格子廊下が広がり自然光が差し込む開放的な客室は縦長の構造でわたし達は過ごしやすいこの空間が気に入っております! 手前から順に間取りを説明すると贅沢な広さのバスルームに独立型のシャワールームとレストルームがありその延長線上にパウダールームそしてワーキングスペースにビジネスデスクがあり、從床空間到明亮的客廳,而不是使用電視監視器進行分區。、這一切都成為一體化的構造,沒有隔牆,使所有容易玩、それぞれが十分過ぎる程に余白を設けたゆとりのある空間! 上品且つモダンなアールデコのスタイルにタイの情緒を織り混ぜたデザインを施し、對稱的壁畫和內飾感覺良好感、モノトーンの配色に一層映える高貴なパープルのアクセントカラーをプラスさせているところも魅惑的です! リビングのテーブルにはウェルカムフルーツとしてドラゴンフルーツやグァバにバナナと共にGeneral ManagerのNick A Downingさんからのメッセージが添えられています! 小さいサイズのバナナはタイで良く見掛けますが、這個香蕉的皮膚很薄。、その味わいは甘味や香りが強く濃厚でとても美味しいです! ルームチェックインのサインを済ませた後はButler(執事)のSMET(スメット)さんから部屋内の取り扱い等の説明を受けましょう! ベッドスペースのベッドはキングサイズで悠々とした広さがあり、地基很高。、此外,墊子也更厚、有一種特殊的感覺,在高度,我不容易上升,即使162釐米高、良質な睡眠を保証してくれる高品質マットです! ベッドのヘッドボード奥にワーキングスペースを設けた面白い造りをしており無駄なスペースがありません! ワーキングスペースのビジネスデスクに新しく導入されたシステムとして、配備酒店設施齊全的完全免費租賃智慧手機"handy"、看到程式設計的酒店指南、預訂餐廳和水療中心等、コンシェルジュとのやり取りがスマートに行える便利アイテムが増えております! 世界対応マルチプラグで日本プラグもそのまま使用可能となりWi-Fiも全館無料で使用できます! また、作為禮物,酒店原裝不銹鋼瓶準備在桌面上,可以帶回家兩個、お出掛け用のドリンク入れにピッタリです! 客室のドアロックと解除は一風変わっており一旦奥に押してから手前に引くという二重構造になっておりますので御注意を! パウダースペースは大理石仕様で重厚感溢れるツインタイプとなり壁に面することなく開放的な造りとなっています! パウダールームの後方にツインクローゼットが用意され、後面有一個豪華的浴室。、カーテンで仕切ることが可能です! 右手手前には独立型のシャワールームにダブルヘッドシャワーが備わりその奥にはレストルームを用意しています! バスルーム中央にポツンと置かれた大きなバスタブは、181cmの旦那様でも足を伸ばせる大きさで優雅なバブルバスが楽しめます! 客室のBGMに設定された愛の讃歌「La Vie en Rose」は、這是這家酒店的形象歌曲。、大好きな曲でもあります! しっとりとムーディーなBGMに耳を傾けながら過ごすひとときはまさに「優雅」という言葉が相応しい客室となります! THE SIAM(ザ・サイアム) 所在地:3/2 斯納考, Vachirapayabal, 杜斯特, 曼谷 10300, Thailand TEL:+66 2 206 6999 HTTP://www.thesiamhotel.com/...

前往曼谷最好的五星級城市度假酒店之一,暹羅暹羅酒店!

泰國是政治中心、前往暹羅,一個五星級的豪華城市度假酒店,沿著湄南河,坐落在一個安靜的都西區,擁有許多歷史建築! 薩瓦迪·克拉(普) / • •!! 酒店名稱是什麼?、以泰國王國前名稱"SIAM"命名、新的"暹羅"意義深度,如暹羅站(暹羅站)和市中心暹羅廣場(暹羅廣場),位於曼谷市中心,是"THE SIAM"。、房子,國王的房子像尊嚴和優雅的氣質,加上、現代アーキテクチャのシックでモダンなデザイン性を兼ね備えた素晴らしいホテル! 川沿いであるがゆえのリゾート感に満ち溢れ、曼谷最好的酒店之一,擁有城市綠洲的氛圍、大約四年前我參觀時、成為一家旅館,我被這一切迷住了。、今回のバンコク誕生日旅行の最後を締め括るに最適なホテルとなります! スイートおよびヴィラタイプの39室の客室のとなるホテルのエントランスは、在街道標誌板上前進的後面、酒店方便地忽視太、隠れた邸宅のような佇まいを醸し出しています! ベルマンが待ち受けてくれており、因為計程車帶我四處逛逛。、車寄せまで誘導して頂き無事に到着! 本来のエントランスロビーはこの時リニューアル中ということもあり今回は別の入口から入館し階段を上りフロントロビーへ向かいましょう! こちらのオーナーはタイ国内に幾つものホテルを所有・運営しているタイの名門「Sukosol Family(スコソル・ファミリー)」! Sukosol家の女性家長で社長のKamala Sukosol(カマラ・スコソル)さんは、在過去泰國領先爵士歌手、大兒子滑雪,我是搖滾歌手、現在他擁有了唱片公司、大女兒瑪麗莎、被稱為泰國樂壇的歌手是。、Visavateeranon 克拉的第二個兒子、一名著名的搖滾明星和電影演員的一面、擔任酒店創意總監、ファミリー全員が才能溢れるアーティストという素晴らしい音楽一家です! ホテルの館内デザインは世界的に有名な建築デザイナー「Bill Bensley(ビル・ベンズレー)」氏が手掛けられ、將他驚人的設計和克裡斯的古董收藏完美融合、まるでミュージアムのような素晴らしいホテルを完成させています! 「Main Residence(メインレジデンス)」に降り立つと、展現在我面前、閃閃發光是水的表面的一個美麗的水花園、天まで届くほどに巨大な背の高さのストレリチアの群が瑞々しい姿で現れます! 吹き抜け天井は3階までに及び、溫柔的自然光從中庭,充滿了玻璃牆的開放感,溫暖地傾瀉而下。。 獨特的氛圍,在涼爽的陰影中由綠色產生,就像天堂一樣。。 再訪でありながらも思わず息を呑む程に魅了されてしまうただならぬ空気が漂います!何度観ても素敵な光景! 出迎えてくれたレセプションスタッフは何と前回こちらのレストランにてサーヴしてくれたGift Sringamrat(ギフト)さんです! 以前お会いした際は入社して未だ1ヶ月だった頃の彼女! Damri Muksombatシェフがタイ料理を振る舞う「チョン・ビストロ Chon Bistro」で太陽のように輝く笑顔と丁寧で愛溢れる接客は忘れはしませんでしたがやはりその功績が認められていたようで昇格されていたのです! ウェルカムドリンクとおしぼりは木彫りのジュゴンとバッファローに蘭を盛り込んだ愛らしいトレーでお出迎え! おしぼりはひんやりと冷たく、散發出舒緩的香氣、完成在花蕾的形狀、ドリンクは小瓶に詰められた搾りたてのフレッシュなパッションフルーツジュースでとっても濃厚! パスポートをお渡しし、喝果汁,在沙發上放鬆一下。 充滿私人感的寧靜和綠色癒合、心から解放される安らぎを感じます! すると、更令人高興的是、前回も担当してくれたButler(執事)のSMET(スメット)さんがまだいらして喜びの再会を果たします! まるでバンコクの我が家にでも帰って来たかのような温かなお出迎えに感動を覚えながら、這一次,SMET將負責我們的布勒。、足取り軽くなる想いで客室へ案内して頂きます! 客室までの道中久々の再会となるSMETさんと楽しいお喋りが弾みます! と言っても、因為泰國英語或只有英語和他交談、我擔心我的英語是否能很好地溝通。、那裡是、充滿服務精神的 SMET 先生表達了這一點。、様々なフォローをしてくださるので安心です! このホテルの良さは美術館さながらの景観やデザイン性に限らず、布特勒受到每位客人的友好支援。、ホスピタリティ溢れるサービスが世界中のゲストから評価されているのです! THE SIAM(ザ・サイアム) 所在地:3/2 斯納考, Vachirapayabal, 杜斯特, 曼谷 10300, Thailand...

泰國餐廳,名為"龍羅斯"瓦特阿倫對岸的味道之家開業!

午餐時間在受歡迎的泰國餐廳"朗羅斯",俯瞰"阿倫拉查瓦拉拉姆寺"對岸! 這是皇家藍色的鮮豔色調。、元々ガレージであった場所に一目惚れしたオーナーが温かいタイの家庭料理を提供するレストランとして2019年5月に新しくオープン! 「 Rongros(โรงรส)ロングロス 」とはタイ語で「garage(ガレージ)」を意味しますが「味の家」と意味することもありこの店名を名付けられています! 「ワット・アルン」が望めるロケーションということもあり、自從開業以來,它一直備受關注。、多くのゲストで賑わい大人気の御様子! 色が褪せひび割れた店内の壁や剥き出しの柱、懸掛吊燈的中式隔、櫃檯上有雕塑雕像。 和古董內飾的柳條傢俱,散發著亞洲的香味、東洋と西洋が雑多に入り混じります! 独特な雰囲気で不思議な空間となっておりますが、以精緻的感覺團結在一起。、居心地の良さを感じる洒落た空間です! スタッフにオススメの料理を聞きながらオーダーをします! 「Heineken Beer(ハイネケンビール)Lサイズ」250THB(日本円にして約900円)を頂きワット・アルンに乾杯! 「Phad Thai Goong(パッタイ / タイ風焼きそば)」280THB(日本円にして約1,000円) ライスヌードルでもっちりとした食感の平打ち麺に甘酸っぱいソースが絡むタイを代表する定番料理の1つ! 色鮮やかなバナナリーフの上に盛られたパッタイは、兩只蝦和一隻雞蛋、與木瓜等。、辣椒調味料,加入甜味和辛辣、泰國石灰和泡菜、草藥,如泰國鮭二,可以添加你喜歡的。、全てサイドに添えられています! 甘辛のバランスも良く、醬汁與精心製作的米麵交織在一起。、好みの味わいとなるパッタイです! 「Kra Phrao Pork Set(カオ・パット・ガパオ / 豚肉バジル炒めご飯)」230THB(日本円にして約830円) 豚挽肉をガパオ(ホーリーバジル)で甘辛く炒めたタイの定番料理となりライスとセットのワンプレートで頂きます! 大好物のパッタイに続き日本でも良く食べるガパオライス! タイでは日本のように「ガパオライス」とオーダーしても通じないので注意しましょう!(笑) 同じくバナナリーフの上にそれぞれカップ分けで盛り込まれ見栄え的にも可愛いプレート! 辛味には滅法強いわたし達ですがこれはなかなかホットスパイシーなお味で舌が麻痺する感覚を味わいました! しかしながら味のバランスは絶妙で「辛くても美味しい!」と2人して汗を流しながら完食! お会計の際にこちらのレストランはクレジットカードの使用が不可と判明し慌ててATMに走る旦那様! バンコクのレストランやカフェでは、無現金文化,除了攤位是先進的、我沒有攜帶太多的現金。、キャッシュを持ち歩くことも大事だと知らされました! 最後にGeneral ManagerのPONGSAKORN K.NA AYUDHAYAさんに御挨拶をさせて頂き記念撮影! お店の雰囲気もロケーションもスタッフのサービスも良く美味しいタイ料理が頂けるレストランでお勧めです! レストラン前には先日お世話になった「Riva Surya Bangkok(リーバ スーリヤ バンコク)」と同グループホテルで「ワット・アルン」を一望できるホテル 「Riva Arun Bangkok(リーバ アルン バンコク)」があります! 次回バンコクに再訪する際には是非こちらの「Riva Arun Bangkok(リーバ アルン バンコク)」...

「ワット ポー」バンコク最古寺院!圧倒的な存在感を放つ黄金に輝く涅槃像の御姿拝見

バンコクの三大寺院の内のもう1つ「Wat Pho(ワット・ポー)」(正式名称ワット・プラ・チェートゥ・ポン・ラーチャ・ワ・ララーム)へ! またの名を「涅槃寺(ねはんじ)」と呼ばれ、正如其名、涅槃に入る直前の寝姿をした巨大な黄金の寝釈迦仏(涅槃像)が御姿を現すアユタヤ時代の創建と伝わるバンコク最古の寺院となります! 広大な境内には「本堂」に鎮座する気品溢れる本尊や王様の遺骨を納めた「大仏塔」など見所満載の寺院です! 入口はタイ・ワン通り入口とチェトゥポン通り入口の2つがありますが今回も正面入口のタイ・ワン通りから入場! こちらの入館はタイ人は無料で外国人は入館料が必要となるためチケット売り場でチケット200THB(日本円にして約720円)を購入致しましょう! こちらの訪問は今回で2度目となりますが約4年前と比べると入館料は倍の価格になっておりました! チケットは入館する際にもぎる半券と前回同様にミネラルウォーターと交換する半券が付いてくるため「礼拝堂」前の飲料水引換場所にてミネラルウォーターを頂きましょう! バンコクの日中は水分補給をマメにする必要があるためお水付きは嬉しいサービスです! タイにある仏教寺院全てにおいて巡礼する際に共通する服装の注意点があり、背心或吊帶背心、ミニスカートやショートパンツなどの肌を露出した服装での入場は不可となります! しかしながら南国のタイでは薄着で観光に望む方も多いでしょうから特に女性はカーディガンやストールなどの羽織ものを持参されると良いでしょう! 「礼拝堂」へは靴を脱いで素足で入るため脱ぎ履きしやすい靴が便利です! 靴は盗難防止のため礼拝堂前の箱に靴を入れるビニール袋が用意されておりそちらに靴を入れて中に持参します! また帽子を被られている方は帽子を取ることもお忘れなく! 「ワット・ポー」は、1788年にラマ1世によって建てられこの像はラマ3世の手により1832年に建立されています! 全長46m高さ15mと圧倒的な存在感を放つ巨大寝釈迦仏様のお目見えです!再会に思わず感動! どの角度から見ても穏やかな笑みを浮かべられており、人性化看起來像轉向我、優雅的外觀、観る者の心に静かに触れてくれているかのように思えます! その穏やかな美しい御顔を拝見すると思わず歓喜してしまうことでしょう! 寝釈迦仏(涅槃像)の安置のために造られた仏堂のため寝釈迦仏(涅槃像)の周囲は柵で制限されており空間にはあまり余裕が無いため進行方向の流れに沿って進みましょう! わたし達はじっくりと拝観したかったため仏堂を2周させて頂きました! 寝釈迦仏の御顔についつい見惚れてしまいがちですが建物内部の壁面にも御注目ください! そこには様々な釈迦の物語が緻密に描写されており拝み解くには勉強が必要ですがなかなか見応えがあります! 全体を支柱で遮られることなく拝むことができるのは足元からの角度です! 注目すべきはこの足裏で、寬 5 米、高さ3mのそれは巨大な扁平足となります! 扁平足は“悟りを開いた者のしるし”とし仏教では仏陀にも見られた扁平足を「足下安平立相」という慈悲の平等を意味する良い印としています! 足の裏には仏教と深い関わりを持つバラモン教から生まれた仏教の宇宙観「モンコイロンペート」が108の絵で表されており螺鈿細工という、真相繪精緻拉絲、 珍珠鑲嵌的技術由敦煌和或在、人々に幸福をもたらすとされているのです! 寝釈迦仏(涅槃像)の後ろへ回ると、1THBの100分の1の価値を持つサタン硬貨をB20(日本円にして約70円)で購入できるカウンターが設置されており、申請人是在這裡、長く伸びた廊下に並べられた108つの鉢に喜捨していくために必要です! 108つの鉢にコインを投げ入れる事によって自身の108つの煩悩を捨てれると言われており、Shalene 巴尼特、Shalene 巴尼特,硬幣拋出的聲音回蕩在教堂裡、その音色もまた神聖な音色で耳心地良く聴こえます! 「礼拝堂」の出口を出て靴を履いたら広大な境内を散策! 境内の敷地面積は8万㎡ととても広く南北に二分されており、主館和教堂、走廊、マッサージ場などはすべて北側にあり南側には僧房があります! ラーマ1世からラーマ4世を祀る王たちの「大仏塔」へ! 境内には色鮮やかな中国陶器の破片をはめ込み造られた色とりどりの仏塔が立ち並びお墓の役割を果たしているため小仏塔は寄付者の納骨も可能です! 「大仏塔」は現チャクリー王朝のラーマ1世からラーマ4世までの歴代王を象徴する4基となりラーマ1世は緑色、2世は白色、3世は黄色、4世は青色と色分けされており中にはそれぞれのラーマ王の遺骨が納められています! 「本堂」を囲み、4つの礼拝堂をつなぐ形で造られた「回廊」には熱心な信者から寄進された多くの仏像が並びます! こちらには大小様々な坐像や立像があります! 「回廊」は信者にとって憩いの場所となっております! 順を追ってラーマ1世により建立された「本堂」へ! 「本堂」は外回廊と内回廊によって二重に取り囲まれておりラーマ3世によって修復されています! 「本堂」の8枚の扉の外側には「ラーマキエン」の物語が螺鈿細工で表されており内側は僧侶の位を表す長い栖の付いた団扇の模様が描かれています! 窓の外側は金箔とガラスで飾られた木彫りで内側にはタイの位の高い僧侶の名が書かれています! こちらには靴入れのビニール袋が用意されていないため手前の靴棚に揃えておきましょう! トンブリーの「ワット・サラシーナ」の本堂から移されたというブロンズの本尊(釈迦座像)をはじめとし、150体の仏像が安置されています! 本尊(釈迦座像)には金箔が施されており台座にはラーマ1世の遺骨が納められています! 堂内の壁一面には、生活的佛陀 (釋迦牟尼的故事的 41 大弟子、談到天堂、タイの童話のもとになった話)が描かれておりその描写も素晴らしく眼を見張るものがあります! ラーマ3世によって医学の府とされたこの寺院は東洋医学に基づくタイマッサージの総本山となっており本堂奥の「マッサージセンター」ではタイ古式マッサージを大変良心的な価格で受けれます! 本堂での参拝を終え来た道を戻ると中庭でタイの伝統舞踊を音楽に合わせ軽やかに踊る子どもたちの姿があり観光客の目を一斉に集めておりました! 見所満載で魅力溢れる最古の寺院「ワット・ポー」! タイに来たからには必ず訪れておきたい三大寺院の内の1つでわたし達が一番好きな寺院でもあります!...

"ARUN Riverside Bangkok" 與瓦特·阿倫一起醒來,早餐時感到幸福。

看到燈,這是令人眼名可及,直到淩晨四點、"ARUN Riverside Bangkok(阿倫河畔曼谷)"迎來了一個有點睡眠不足的早晨! 薩瓦迪·克拉(普) / • •!! 朝6時を過ぎた頃に朝陽が昇る瞬間をルーフトップの「View ARUN – 羅夫托餐廳 & Bar(ビューアルン)」から望むことができ昨夜の賑わいがまるで無かったかのような静けさを感じる爽やかな景色と共に深呼吸! ホテルの朝食会場は1階のロビーラウンジでの提供となり、7.30:30-10:00の間であれば自由に頂けます! 朝食は決められたメニューの中から好きなものを選べるプリフィックススタイルとなり、西式和泰式有七種類型,平衡得很好。、チェックインの際に渡されるシート(英語と中国語で表記)で事前オーダーしておきます! 席へ着くと、廚房工作人員將提供預購的單盤早餐。、温かい料理が頂けて嬉しい限り! 中央カウンターには、麵包、沙拉和水果、優酪乳、牛奶和果汁、茶壺等已經設置。、オーブントースターも用意されているためセルフでお好きなように頂けます! 朝食でもLade企画の『器と旅するシリーズ』でモーニングプレートを盛り付けさせていただきました!Thank you for the collaboration!! (1) "Egg Benedict" x 容器:釋永 岳 (蔗 Shakunaga) mars himawari エッグベネディクトはトーストした食パンの上にハムを添え茶巾絞りで湯煎した半熟のとろとろ卵のポーチドエッグがぷるんぷるんと揺れながら運ばれて来ました! 彩りにグリーンサラダとフライドポテトが添えられたワンプレートで、這個半熟的雞蛋也完成了精緻的柔軟。、這是一個非常美味的菜! 阿羅·!! ②「Rice porridge with Chicken or Pork(お粥)」 肉は鶏か豚で選べるため鶏肉でオーダー! 出汁が利いていて優しい味わいの美味しいお粥ですがお好みでタイスパイスなどを加えて味変することも可能です! ③「Fried Rice wiyh Chicken or Pork(炒飯)」× 器Shimoo Design 浮様丸皿 こちらも肉は鶏か豚で選べるためやはり大好きな鶏肉でオーダー! 火力全開で仕上げてくれたボリュームたっぷりのパラパラチャーハンです! 目覚めたばかりの身体に優しいあっさりとした味わいでペロリと平らげてしまいました! ④「Cut...

日落晚餐,俯瞰日落和寺廟的"阿倫特·裡夫德邦科克"

ARUN Riverside Bangkok酒店的屋頂餐廳和酒吧"視圖ARUN",享有阿倫拉查瓦拉拉姆寺的景致 – 羅夫托餐廳 & Bar(ビューアルン)」にてディナータイム! 11月中旬のバンコクのサンセットタイムは夕方17:30-18:00成為之間、夕暮れを待つゲストで満席となる「View ARUN」! わたし達も事前予約で特等席を用意して頂きました! お隣には韓国からいらした観光客カップルが可愛いブーケを持って記念撮影する姿も伺え特別な夜を演出されているようで喜ばしい限り! こちらでも同様にLade企画の『器と旅するシリーズ』を御紹介させて頂き、波特出現在專案第1部分""=永月" (蔗 Shakunaga)"鋒利的儀器號稱是一個簡單的脫衣舞無用的、Kazuhiko caudate,誰參加了規劃第2部分 (和彥 Shimoo)先生。&Shimoo 沙織 (沙織 Shimoo)它象徵著日本作家單元"石木設計"之美、合理的且つ美しさを忘れない木製器と共にコラボレーションしていただきます! サンセットに合わせてタイ料理とカクテルをオーダーし乾杯! 「Secret in the forest(シークレットインザフォレスト)」 320THB(日本円にして約1,150円) カラー映えするカクテルをオーダーするとこちらが出て参りました! メロンソーダのようなロングカクテル! 「Evening Bouquet(イヴニングブーケ)」 320THB(日本円にして約1,150円) ウォッカベースの口当たりスムージーなスイートカクテル! タイ料理①「Khan Toke(カントーク)」× タイの伝統器 450THB(日本円にして約1,620円)※1THB=約3.6円(2019年11月のレートにて換算) 豪華な伝統器に盛られたカントークは、泰國北部風格的開胃菜拼盤、炸雞或蝦弗裡特、炸雞翅、製造、棒春捲、洋蔥圈、包裹在潘丹礁,並包括一個泰國木柴巴查恩穿著茉莉花的花裝飾、千島萬年、套房智利、タイソースと3種のソースに合わせてお好みで頂きます! ピリッとスパイシーなソースに揚げ物の盛り合わせにはやはりタイの「Chang Beer(チャーンビール)」180THB(日本円にして約650円)です! タイ料理②「Pad Thai(パッタイ)」× 器Shimoo Design 浮様リーズ 丸皿 Φ280 320THB(日本円にして約1,150円) もっちりとした食感のライスヌードルの平打ち麺に甘酸っぱいソースが絡み合い、泰國普通靈魂食品的包裝是最喜歡的食物! 帕泰配有一隻古河蝦奧尼泰達加蝦。Macrobrachium rosenbergi、火入れも良くプリップリ!...

河濱酒店,俯瞰"阿倫·里弗塞德·邦克克"瓦特阿倫酒店

バンコクの三大寺院の1つ「ワット・アルンラーチャワラーラーム」をより楽しむために「ワット・アルン」の対岸にあるスモールホテル「ARUN Riverside Bangkok(アルンリバーサイドバンコク)」へ宿泊! こちらは今年2019年11月にグランドオープンし、成為剛出生的新酒店、寺院対岸の真正面に位置を有する最高の立地となる話題のホテルです! 場所は三大寺院のもう2つの寺院「ワット・プラケオ(Wat Phra Kaew & The Grand Palace)」と「ワット・ポー(Wat Pho)」に徒歩圏内となり三大寺院観光を一気に楽しむには最適のホテルとなります! 此処は元々ホテルオーナーの邸宅であった伝統的なタイの木造建築のビルを活かしつつ現代的なデザインホテルへとフルリノベーションし生まれ変わらせたスモールホテルです! 「ワット・アルン」を堪能し、乘坐渡船返回對岸,然後前往酒店! 一般經理瓦希拉D歡迎我們. 達斯帕赫先生、事實上,大約四年前,我在曼谷旅行時認識了她。、這一次,、新たにホテルを任されることになったということで嬉しい再会を果たすことが出来ました! ホテル1階にはチェックインカウンターとロビーラウンジ、有一個開放式廚房,通過玻璃、客房數量為6間標準客房、套房河景、豪華河景和三種房型、その客室からは「ワット・アルンラーチャワラーラーム」を望むことができます! まずはフロントでチェックインを済ませます。 歡迎茶、木星、菠蘿蜜、我想要一個美味的原果汁,混合了蘋果。、乾いた喉を潤します! 建物は4階建てとコンパクトサイズのため、客人可使用櫃檯旁的樓梯、重たい荷物はリフトで上げ下げしてくださるので安心です! 客室の前にこのホテル最大の魅力ともなるルーフトップレストラン&バー「View ARUN – 羅夫托餐廳 & Bar(ビューアルン)」へ向かいましょう! ルーフトップで心地良い風を感じながらミクソロジストをコンセプトにしたタイ料理やカクテル類が楽しめるレストラン&バー! こちらは夕暮れからのディナータイムで利用しているため後程御紹介! 席数はカウンター席を含む40席ほどを用意されておりその席からはまさに自分のためだけにに用意された「ワット・アルン」かのような独占的な景色が望めます! 日中は日差しが強いため、櫃檯附近有屋頂的座位似乎很受歡迎。、超過一半的屋頂是一個開放的空間,沒有屋頂。、夕暮れ時は最高のロケーションとなるでしょう! さらに屋上の反対側からは王宮 「ワット・プラケオ(Wat Phra Kaeo)」と「ワット・ポー(Wat Pho)」が望めるという奇跡的な立地です! さて、房間,你照顧這一次是405房間,這是非常好的景色"PING / Deluxe Room with river view」へ! 部屋に入ると目の前に飛び込んでくる景色はダイレクトに一望できる川面に浮かぶ壮大な「ワット・アルン」! バルコニーへ降り立てば、它成為一個私人空間,不同于屋頂、”寺院と共に過ごす”とはまさにこの事! 贅沢極まりない光景が広がります! 室内は、泰國傳統木結構的溫暖、牆壁等被改造成一個乾淨和平靜的空間。、深みのあるウッドブラウンが優しく心地良いフローリングにキングサイズのベッドが備わります! バスルームには、獨立雙頭淋浴間和洗臉盆、設有衛生間、バスアメニティが揃います! 玄関脇のクローゼットには、浴衣、衣架、拖鞋、安全安全、懐中電灯を用意! 室内用に用意されたスリッパは”い草”が素足に気持ち良い畳スリッパで快適です! 部屋の設備としては、智慧數位電視和免費 Wi-Fi 互聯網連接(密碼輸入)、付費迷你吧、免費咖啡和茶、ミネラルウォーターが用意されています! バルコニーでゆったりと川の流れと移りゆく雲の動きを眺めていたところ、陽光從雲層中落下,照亮了寺廟。、短短幾分鐘,它是、あまりの神々しさに身震いするような景色に出遭うことが出来ました!...

タイ三大寺院の1つ「ワット アルン」シンボルとなる大仏塔の絢爛たる装飾に注目!

バンコクの三大寺院の1つ「ワット・アルンラーチャワラーラーム」へ向かうためにチャオプラヤー川の「ターティアン船着場(Tha Tien)」より水上ボートに乗り対岸へ! 「ターティアン船着場(Tha Tien)」は観光客も多いためタイ土産のショップが多く並び賑やかな雰囲気です! 店前には看板猫?(野良猫?)がお利口に座って店番する姿などもあり観光客に癒やしを提供しています! チケット売り場は一番奥にあり、英語、中文、日本語カタカナ韓国語で「ワット・アルン」と表記されているため分かりやすく長い行列になっているので一目瞭然です! 対岸までの渡し船の料金は 「WAT ARUN BOAT TICKET 4baht」とあり日本円で約14円※1THB=約3.6円(2019年11月のレートにて換算)ととってもお安く渡れ約10分間隔で運行されているため大変便利です! 乗船時間はほんの数分となりあっという間に到着しますが水上から伺える「ワット・アルン(Wat Arun)」を写真に収める絶好のチャンスをお見逃し無く! 「ワットアルン船着場(Wat Arun Ferry Pier)」に降り立ち「ENTRANCE(入口)」と書かれた門から敷地内に入場! 「ワット・アルン(Wat Arun)」は有料エリアとなる「大仏塔」と「小仏塔」以外は無料で入場可能となります! 寺名の「アルン(Arun)」とは「暁」を意味しており「暁の寺院」という別名を持ちタイを代表する寺院でアユタヤ王朝時代に創建されています幾度もの修繕を繰り返し現在の姿となっておりますがその艶やかな装飾の絢爛さで世界中の観光客を魅了し続けているのです! 本堂前の山門はタイの伝統的な建築様式である「ランナー様式」の屋根が特徴的となりその両脇には高さ6mほどの巨大な2体の守護神ヤック(鬼神白)とモック(猿神緑)がビシッと門番をしており大迫力! ヤックとモックは色で判断出来ますがその違いは足元にもあり鬼神のヤックは靴を履き猿神のモックは裸足の特徴で見分けられます! 山門を抜けると回廊があり信者が寄進した仏像が綺麗に横一列に並び圧巻! 回廊前には表情豊かな仙人や天女象や獅子などの石像もズラリと並びます! ラーマ2世が建立された「本堂」は寺院のシンボルとされる「大仏塔」右手に御座います! 壁一面には釈迦の生涯が描かれておりその見事な描写も楽しめます! 台座にはラーマ2世の遺骨が納められており祀られている釈迦坐像の御顔はラーマ2世が彫ったとも言われておりその穏やかな笑みに包まれ心癒やされるひととき! 「本堂」を囲む二重の回廊装飾も目にも艶やかな綺羅びやかさがありその細やかさには目を見張ります! 本堂内は裸足で参拝するためひんやりと感じる足元がバンコクの猛暑に一時の心地良さを与えてくれます! 「本堂」から庭園を抜け寺院のシンボルとなる有料エリアの「大仏塔」「小仏塔」へ向かいましょう! 入口付近のチケット売り場で入場料50THB(日本円にして約180円)を支払いチケットをもぎり入場します! 四方の「小仏塔」に囲まれ空高く中央にそびえ立つ「大仏塔」はラーマ1世の時代に建立されたクメール様式の仏塔となり仏教が誕生した古代インドにおける世界観の中心「須弥山」を表しています! 創建時は16mであった塔の高さは現在何と75mにも及ぶ巨大仏塔へと変貌を遂げておりその偉大さを露わにしています! 約4年前のバンコク旅行では修繕中であったため泣く泣く参拝を諦めた「大仏塔」がその修繕を終え、現在、色鮮やかなタイル装飾で蘇り目の前にいるのです! 遠方から見渡すと白い塔のように見えますが近くで拝観するとそれはそれは多彩色に包まれており、1つ1つ細やかなタイル装飾のモザイクで実に精緻で複雑に描かれているのが判ります! 塔の先端に鎮座するのはヒンドゥー神話に出てくるインドラ神で、3つの頭を持つエラワン象の御姿が見られます! 仏塔を飾るタイル装飾はラーマ3世の時代に行われた大改修の際に取り付けられたものとなり華麗な花模様を描いております! また塔の台座を支えるように両手を掲げるモック(猿神)が一列に整列し塔を見守る姿も勇敢です! 「大仏塔」は立入禁止区域までは階段を登り間近で拝観することができるのですがその階段の高さと勾配の急さに驚きます! 御年配者の方が登られるその様子はただただ怖いです! 手すり等は用意されていないため階段の昇降は十分に気を付けましょう! 太陽を背に影を成すその美しいシルエットを拝み感嘆たる想いを馳せながら 寺院を後にします! 「ワット・アルン(Wat Arun)」 は夜にライトアップされる光景も人気を集めており対岸から望む川面沿いの夜景もお勧めです! ワット・アルン(Wat Arun) 所在地:34...

"麗巴蘇裡亞曼谷"湄南河船和綜合體的多角度管理!

在曼谷河畔酒店"Riva Surya Bangkok"連續住宿、我花了一天時間悠閒地享受考山周圍的環境。、迎接下一個目的地的出發日期、このホテルともお別れの時が近付いて参りました! 滞在中はPRスタッフを交えながらの歓談タイムも! オーダーした「アイスコーヒー」は、因為咖啡是冰凍的冰。、薄まってしまうことなく最後まで美味しく頂けます! ホテル経験が長くベテランスタッフでありながらとてもフレンドリーなJularat Ouepanarangsiさんと、與Bim Sopida一起,在加入公司三個月的新員工中,他給人以平靜的方式回應,同時給人以清新的感覺。、看著兩個人在父母和孩子之間相距甚遠的交往,這很有趣。、曼谷的現狀和酒店狀況、様々な情報交換をさせて頂くことが出来ました! こちらのホテルオーナーは代々チャオプラヤー川の水上ボート会社である「Chao Phraya Express Boatเรือด่วนเจ้าพระยา」と「Chao Phraya Tourist Boat」の運営を担っており、2014年末にはチャオプラヤー川沿いのエクスプレスボートの船着き場を改装して造られた複合施設「Tha Maharaj(ター・マハラート)」も開設、此外,酒店已經發展了兩個品牌、もう1つのホテルは三大寺院の1つである「ワット・アルンラーチャワラーラーム」の目の前に位置する好立地ホテルとのこと! 次回バンコクに再訪する際には是非そちらのホテル 「Riva Arun Bangkok(リーバ アルン バンコク)」 にも滞在してみたいと思います! ホテルでの朝食後にチェックアウトまでの時間をゆっくりと過ごすためにプールサイドのデッキチェアに腰掛けコーヒーブレイク! わたし達夫婦は川沿いの景色が楽しめるこのバンコクの風景が大好きなこともありリバーサイドのホテルを好みます! 川の流れは緩やかで静かな時を過ごしていると心から安らげる癒やしのひととき! チェックアウトを済ませるとお見送りに顔出ししてくれたPRスタッフのJularatさんから素敵なプレゼントを頂戴しました ! それは、酒店原裝草本茶"檸檬草和茉莉花黑茶"(檸檬草),在入住時作為迎賓茶提供 & Jasmine Black tea)」です! 心安らぐ香りでとても気に入っていたハーブティーでしたので嬉しい限り!Thank you for the lovely Herb tea.I love it!! 向我和一天不同的日子過生日的工作人員比姆先生表示祝賀。、お世話になった御2人にお別れの挨拶を! 「Riva Surya Bangkok(リーバ スーリヤ バンコク)」はカオサン周辺を観光される方にお勧めしたい素敵なホテルです! Riva...

「Cuisine de Garden Bkk」バンコクで自然をテーマに掲げた創作料理レストラン

チェンマイの有名店がバンコクの高級住宅街エカマイ・ソイ2(Ekkamai Soi 2)エリアに、2017年7月1日「Cuisine de Garden Bkk(キュイジーヌ・ド・ガーデン・バンコク)」として姉妹店をオープン! オーナーシェフのJoseph Lee(Leelawat Mankongtiphan)シェフが2011年にオープンさせたチェンマイ郊外の本店「Cuisine de Garden Chiangmai(キュイジーヌ・ド・ガーデン)」を取材させて頂いたのは今から4年も前の事! 奥様のNerisa Bee รักในหลวง(Mankongtiphan)さんからバンコク出店話は聞き付けていたものの今回ようやく足を運ぶことが出来ました ! キュイジーヌ・ド・ガーデンは、傢俱設計師廚師轉身、輝かしい賞を獲得されたJoseph Leeシェフが織り成す分子ガストロノミー系のフュージョン料理を提供されるレストランとして話題を集めバンコクへの出店も果たしています! “バンコクでも自然を感じられるように”と自然からインスピレーションを受けた料理をガストロノミースタイルで提供! メニュー構成は季節により内容が異なり「10 Course Tasting Menu(10皿のコースメニュー)」1,590THB(日本円にして約5,730円)のみで大変良心的な価格設定となっています! ※1THB=約3.6円(2019年11月のレートにて換算) 店内は落ち着きのあるモノトーンの色調に間接照明を巧く用いながらアート性が高くシックでモダンな装いとなりますがインテリアの一部としてリアルな木を配し赤い小鳥が羽ばたくインスタレーションコンセプトとなる「自然」を大切にされている様子が伝わって参ります! 大人な雰囲気で素敵な空間! ホールの一角にはバーカウンターを設置されておりSommelierが「Wine Pairing(ワインペアリング)」1,490THB(日本円にして約5,360円)なども対応してくださいます! 照明の明るさを極力落とし卓上のキャンフドルの明るさでしっとりとムーディーな雰囲気を演出! この日はコースのワインペアリングで頂ける「Aubert & fils Brut Champagne / オベール・エ・フィス ブリュットシャンパン」にて乾杯! General managerのWIT(ウィット)さんがサーヴを担当してくださり一皿一皿の料理毎に食材や調理法コンセプトなどを細かく説明してくださりながら五感に訴えかける目にも楽しいフルコースの始まりとなります! こちらでも前回のチェンマイ本店同様にLade企画の『器と旅するシリーズ』を御紹介させて頂き、波特出現在專案第1部分""=永月" (蔗 Shakunaga)"鋒利的儀器號稱是一個簡單的脫衣舞無用的、Kazuhiko caudate,誰參加了規劃第2部分 (和彥 Shimoo)先生。&Shimoo 沙織 (沙織 Shimoo)さん御夫婦のユニット作家「Shimoo...

在曼谷利巴斯裡亞酒店的烹飪學校製作泰國宮廷美食!

參加曼谷河濱酒店"Riva Surya Bangkok"烹飪學校的活動! 在曼谷的酒店、烹飪學校已成為非常受歡迎的活動。、異国の地で伝統的なタイ料理やお菓子作りが学べます! 今回挑戦するのはタイの伝統的な宮廷料理の1つ「Kanom Chor Muang(Steamed Thai Dumplings with Chicken or Pork)カノム・チョー・ムアン(蒸し団子)」です! オールダイニングレストラン「Babble & Rum at Riva Surya Bangkok(バブル&ラム)」のプライベートルームにてエプロンを身に着け、在廚師的一對一指導下、クッキングスタート! 先ずはこちらの宮廷料理「カノム・チョー・ムアン」作りに必要な材料の説明を受けます! タイ料理には欠かせないコリアンダー(パクチー)やパームシュガーが入り、揉捏麵團時、カラーチェンジすることで話題のバタフライピージュースを入れることで鮮やかな色合いに仕上がります! シェフが事前に作ってくれた見本の蒸し団子を見て感激しました! 綺麗な青紫でもっちりとした蒸し団子は花を象った可愛らしい形をしています! 生地にタピオカ粉が入ることからもっちもちの食感が楽しめるとのこと! タイで初めて食べる宮廷料理に興味津々です! 最初にフィリング作りから行い、然後做麵粉麵團。 將甜味填充包裹在麵團中,然後四捨五入、使用專用木鉗制作一個精緻的花瓣、花の形を施し蒸し上げれば完成です! 小麦粉生地を花に仕上げる時はスピーディーに仕上げないといけないため時間との勝負を迫られます! まるで和菓子の練り切りを作っているような繊細さがあり、完成花瓣的那一刻是最難的。、在女孩之間喧鬧、まるで女子会をしているような感覚でとっても楽しいレッスン!! 蒸し器にバナナの皮を敷き、塗油蒸、それはそれは美しい色合いで完成したのでとても嬉しい気持ちになりました! 出来上がったばかりの蒸し団子「カノム・チョー・ムアン」を頬張ると、從熱餃子的質地、品嘗大量的甜和美味醬、在味道中,泡菜的余香,通過鼻子成為一種習慣,將娛樂異國風情、おやつ感覚で頂ける料理でとっても美味しいです! 料理好きな方や食べることが大好きな方にお勧めできるクッキングスクール!良い経験です! [フィリングの材料] ・Minced chicken or pork 150g.(鶏の挽肉または豚の挽肉150g) ・Palm sugar 1 ½ tablespoon(パームシュガー大さじ1/2) ・Chopped onion 1 ½ table cup(玉葱の微塵切り1½テーブルカップ) ・Sugar 1...

考山路&介紹蘭布特利街周圍著名的當地美食!

リバーサイドホテル「Riva Surya Bangkok(リーバ スーリヤ バンコク)」から徒歩圏内のカオサン周辺で有名なローカルグルメを体験してみましょう! 2019/11/6バンコク旅行・Khaosan・Ram Buttri Vol.2 https://photos.app.goo.gl/i7PvKRkvsPpmEq1D6 2019/11/6バンコク旅行・Khaosan・Ram Buttri Vol.3 https://photos.app.goo.gl/7oiWniykWF2i1sfd7 カオサン通りより北にあるプラスメン通り(Phra Sumen Street)沿いにある「名もなき屋台」ではタイ風チキンライス「カオマンガイ(Khao Man Kai)」が超有名です! ブルー、綠色的、五顏六色的紅色遮陽傘是地標、戴帽子的姐姐微笑著經營的攤位在一天中一直很繁榮。、満席状態が続いている様子が伺えました!(※テイクアウトも可能です) 10年以上も同じ場所で営まれており、陳列的雞被一整只雞吊在櫥窗裡。、雞煮在一個大鍋是非常朱西完成、チキンスープで炊き上げる御飯との相性も抜群だそうです! 大きな中華包丁で茹でたチキンを豪快に切り分ける姿が印象的! また同じ通りの小路に入ったところにある「名もなき注文屋台」も有名で「ガパオ(Phat KraPhao)」などのタイの定番料理が美味しいとの情報も! 食材をカットしたら中華鍋でパッと炒めてあっという間に完成です! この通りには、許多餐廳都提供脆的泰式薄餅"卡諾姆布安"。、有兩種甜型和配菜型出售。、スナック感覚で摘みながら散策を楽しむ観光客の姿も見られます! 露店では肉や魚、還有賣雞蛋的攤位。、五顏六色的蔬菜和水果,以及許多泰國草藥和水果、許多熟食店是泰國人誰很少自己做飯、地元民の生活の一部として欠かせないマーケットとして活気があります! 今回わたし達がランチに選んだローカルグルメ食堂はクラシー通り(Krasi Street)の「トムヤムクンバンランプー(Tom Yum Goong Banglamphu)」です!こちらはバンコク発のタイ料理店グルメサイト「激旨!タイ食堂」でも取り上げられ爆発的な人気を誇るトムヤムクン(Tom yum goong)の有名店! 屋台内の厨房で一心不乱に鍋を振る名物おじさんがおりカメラを向けた瞬間に親指を立てとびっきりの笑顔をサービスしてくれました! 「トムヤムクン(Tom yum goong)Sサイズ」150THB(日本円にして約540円)※1THB=約3.6円(2019年11月のレートにて換算) トムヤムクンは「甘」、"辛辣"、「酸」の三味一体の味わいが楽しめるタイを代表するスープです! 海老が豪快に入り、椰子奶的溫和色調、檸檬草和香精石灰葉(科布米坎葉)等香氣豐富、甘辛くも後から辛味を強く感じる本場の味で汗が吹き出ます! 「カリカリ豚肉とミズオジギソウ炒め(Stir fried Crispy pork with water mimosa)」80THB(日本円にして約290円) 豚肉は衣を纏いカリカリに揚げられておりタイならではの野菜ウォーターミモザ(ミズオジギソウ)と合わせてガーリック風味に仕上げています! 空芯菜のような茎をしたミズオジギソウですがもう少し食感が残る程度に炒めてある方が好みです! 「チャーンビール(Chang Beer)瓶)」 80THB(日本円にして約290円)...

滾動到頂部