AL 伽利略 Al 伽利略米蘭義大利車牧場是米蘭豬排

_RIO1079

ツアー内に組み込まれているランチやディナーのレストランはツアーにより異なります今回の食事はホテルでいただく毎日のモーニングブッフェの他、午餐、ディナー共に数回セットになっておりこちらのレストラン「AL GALILEOアルガリレオ餐廳 - 比薩店」さんは2日目のミラノでのランチですレストランは1階と2階にフロアがあり、200名ほどが収容できるホールとなりますどこのツアーでも比較的このような大箱のレストランに案内されるので店内は日本人のツアー観光客で埋まっているケースが多いです

_RIO1093

こちらは1階フロアの様子です鮮やかなブルーカラーを店内のところどころにイメージカラーとして起用され白と赤のテーブルクロスの2名掛けの小さなテーブルが配列されホールを占めています。這一次,、わたし達のツアーは2階フロアへ案内されました。在這裡,在、ミラノ風カツレツとリゾットをいただけるとのことやはり王道のメニュー構成です(笑)

_RIO1084

「Vino Bianco(白ワイン)」 ドリンクはそれぞれにオーダーし別途支払います

500mlのピッチャーサイズで€5ほど(日本円でおよそ700円)のように記憶しています。2人でシェアして小さなグラスに2杯ずついただけました微発砲の白で飲みやすく乾いた喉を潤してくれましたイタリアのレストランでは水も有料になりますミネラルウォーターはガスなし or ガス入りのどちらかになります

無氣(誇博納自然水族北約〜yurare)
ガス入り(碳酸水アクアガッサータまたは波光粼粼的水面アクアフリッツァンテ)

_RIO1082

"麵包"

座る前から卓上に用意されていたパンだったので手を付けませんでした同卓の方で食べられた方の感想は「硬い」でした

_RIO1087

“藏紅花燴飯”

食べる前に添乗員さんから説明がありましたツアー内で用意するリゾットは残念ながら本場イタリアのリゾットではないそうです以前「こんなに硬くて芯のある米は食べれない」との苦情があったことを機に日本人向けにしっかり火を入れることをレストラン側にわざわざオーダーしているそうです。結果、リゾットではなくお粥のようになっています(笑)そして味がないのでサフランの風味のお粥になっています仕方なく卓上のパルメザン粉で味を調整しましたこれは同卓の方全員の感想です

_RIO1091

“米蘭炸肉排”

ミラノ風カツレツとは薄くたたいた牛肉にパルミジャーノレッジャーノチーズを混ぜた粉をまぶして少ない油でフライパンで焼いた物を意味しますこちらもリゾット同様味がありません添えられたレモンを絞り追加でパルメザン粉をかけて何とかしのぎました

_RIO1092

“香草冰淇淋”

もともとツアー内で案内されるレストランにあまり期待はしていないので同じツアーに参加される方々とのコミュニケーションの場として楽しく食事をすることが目的となりますそれがツアー旅行での醍醐味となりますね♪

AL伽利略鋁伽利略意大利餐廳 – 比薩店
位置:通過伽利略, 14, 20124 米蘭, 義大利電話:+39 02 36561000

通過伽利略, 14, 20124 米蘭, 意大利

留言

您的電子郵件地址將不會發佈. 所需欄位標記為 *

滾動到頂部