招待所由日本圖案"懸浮和斷言。

ネパールはパタンの旧市街に隣接するプルチョウク地区的、日本人オーナーが営むゲストハウス「養恤金 assert (養恤金 Suzata)"那裡。今から19年前となる1998年にオープンされ、2014年からはアパートの経営形態も追加され長期滞在のゲストを迎え入れる体制も備わっていらっしゃいます!

フロントで出迎えてくださったのは、日本船東秦從 enmei (田中信明田孜)さん!とても温厚で物静かな雰囲気が落ち着いた雰囲気を醸し出しています♪

リビングとなるウェイティングスペースにて部屋割りなどの案内をしていただき、吸一口氣。

ネパール人で秦さんの奥様となる動機露出肚臍的緊身衣沙加 (Chhori Sanu 釋迦)さん!日本語がとても堪能で常に笑顔で温かく出迎えてくださいます♪

オーナー夫妻は日本語で対応してくださるため滞在中の心配は全くありませんペンション内のお手伝いさんは全員英語での会話が可能でとても親切です!ガイドのMaharjan 奈爾斯 (Maharjan 納雷什)先生、こちらのオーナー夫妻とは家族ぐるみのお付き合いをされているため「皆さん安心してお過ごし下さい」とお声がけくださいました♪

ペンション1階のリビング横には朝食会場ともなる食堂兼休憩スペースがあります!芝に恵まれた中庭が望める素敵なダイニングスペースです♪朝食は宿泊費とは別途追加料金となり、1食$6.5(日本円にして約728円)となります!

ペンションは4階建てとなり玄関に用意された内履き用のスリッパに履き替えるスタイルとなっています!

這一次,、わたしたち夫婦は最上階の4階部屋「402号室」となり、生活、臥室、廚房、公交車、トイレが完備された1LDKタイプとなりゆったりとした広さとなります!部屋毎に料金は異なりますがこちらは1日$40.5(日本円にして約4,536円)と驚くほどにお安い価格で宿泊できます!$計算となりますがルピー(Rupee)での支払いも可能です!

在客廳裡、ダイニングテーブルの他窓際にコーヒーテーブルもセットされミラー付きの化粧台も嬉しい限り!落ち着きのある木目調のインテリアで温かみのある雰囲気となります♪

臥室是、シングルベッドが2台用意されたツインルームとなり足元にはLサイズのスーツケースを開くことができるほどにスペースの余裕もあります!懸念すべき点はエアコンが無いということ朝晩は日中よりかは若干涼しくなるとはいえ窓を開ければ風は通るものの野良犬の遠吠えなども筒抜けとなるため騒音と蒸し暑さとの我慢大会となりますベッド横のナイトテーブルには柔らかな灯りの照明スタンドと小さな扇風機が1機用意されておりこの扇風機がなかなかの活躍をしてくれます♪

シャワールームはタイル式でトイレと一体型となりミラー付きの洗面台と小さな浴槽も設置されています浴槽は後付の浴槽とのことで湯船にお湯を張ると水漏れするので禁止されているそうですシャワーの水圧は弱めとなり温水は容量に限界があるため大人数で大量に温水を使用すると水でシャワーを浴びることになってしまうこともライフラインに関してはまだまだ不十分な傾向にあります。然而,、毎日清掃はきちんと入ってくださるので清潔です。毛巾、バスタオル・フェイスタオルを人数分用意してくだり毎日清掃時に交換ボディソープ用の石鹸が2個用意されていますが髪を洗うシャンプーやトリートメントは持参すると良いでしょう!

這一次,、こちらのペンションにお世話になる日数は7日間となります。在路上、洗濯洗剤をツアーメンバーにお分けいただきTシャツや下着など簡単な洗濯をしました湿気の少ないネパールでは洗濯物が直ぐに乾くのが良いですね!その際にシャワールームに置かれていた大きなバケツやタライが大変役に立ちましたツアーメンバーに伺うと「僕の部屋には洗濯機があったよ」とおっしゃる方もおりましたがわたしたちは一昔前の時代のように手洗いを経験日本では感じることのない不便さも不思議なもので数日も過ごせばそれが当たり前の世界となり慣れてしまうものです人間とは順応性に優れた素晴らしい種族だと思います♪

キッチンには小さな冷蔵庫が設置されています各部屋には1Lサイズのミネラルウォーターを人数分用意してくださるので冷やしたい方は冷蔵庫へ収納しましょう!シンク台の下には食器やグラスカップなどが用意されているので自由に使用可能です!

作為受歡迎的飲料、冷えたピーチティーをいただき乾いた喉を潤し大満足!こちらではホテルとは一味違ったアットホームな雰囲気で居心地も良くツアーメンバーの皆さんと楽しい時間を過ごせます♪

留言

您的電子郵件地址將不會發佈. 所需欄位標記為 *

滾動到頂部