考山路&介紹蘭布特利街周圍著名的當地美食!

リバーサイドホテル「Riva Surya Bangkok(リーバ スーリヤ バンコク)」から徒歩圏内のカオサン周辺で有名なローカルグルメを体験してみましょう! 2019/11/6バンコク旅行・Khaosan・Ram Buttri Vol.2 https://photos.app.goo.gl/i7PvKRkvsPpmEq1D6 2019/11/6バンコク旅行・Khaosan・Ram Buttri Vol.3 https://photos.app.goo.gl/7oiWniykWF2i1sfd7 カオサン通りより北にあるプラスメン通り(Phra Sumen Street)沿いにある「名もなき屋台」ではタイ風チキンライス「カオマンガイ(Khao Man Kai)」が超有名です! ブルー、綠色的、五顏六色的紅色遮陽傘是地標、戴帽子的姐姐微笑著經營的攤位在一天中一直很繁榮。、満席状態が続いている様子が伺えました!(※テイクアウトも可能です) 10年以上も同じ場所で営まれており、陳列的雞被一整只雞吊在櫥窗裡。、雞煮在一個大鍋是非常朱西完成、チキンスープで炊き上げる御飯との相性も抜群だそうです! 大きな中華包丁で茹でたチキンを豪快に切り分ける姿が印象的! また同じ通りの小路に入ったところにある「名もなき注文屋台」も有名で「ガパオ(Phat KraPhao)」などのタイの定番料理が美味しいとの情報も! 食材をカットしたら中華鍋でパッと炒めてあっという間に完成です! この通りには、許多餐廳都提供脆的泰式薄餅"卡諾姆布安"。、有兩種甜型和配菜型出售。、スナック感覚で摘みながら散策を楽しむ観光客の姿も見られます! 露店では肉や魚、還有賣雞蛋的攤位。、五顏六色的蔬菜和水果,以及許多泰國草藥和水果、許多熟食店是泰國人誰很少自己做飯、地元民の生活の一部として欠かせないマーケットとして活気があります! 今回わたし達がランチに選んだローカルグルメ食堂はクラシー通り(Krasi Street)の「トムヤムクンバンランプー(Tom Yum Goong Banglamphu)」です!こちらはバンコク発のタイ料理店グルメサイト「激旨!タイ食堂」でも取り上げられ爆発的な人気を誇るトムヤムクン(Tom yum goong)の有名店! 屋台内の厨房で一心不乱に鍋を振る名物おじさんがおりカメラを向けた瞬間に親指を立てとびっきりの笑顔をサービスしてくれました! 「トムヤムクン(Tom yum goong)Sサイズ」150THB(日本円にして約540円)※1THB=約3.6円(2019年11月のレートにて換算) トムヤムクンは「甘」、"辛辣"、「酸」の三味一体の味わいが楽しめるタイを代表するスープです! 海老が豪快に入り、椰子奶的溫和色調、檸檬草和香精石灰葉(科布米坎葉)等香氣豐富、甘辛くも後から辛味を強く感じる本場の味で汗が吹き出ます! 「カリカリ豚肉とミズオジギソウ炒め(Stir fried Crispy pork with water mimosa)」80THB(日本円にして約290円) 豚肉は衣を纏いカリカリに揚げられておりタイならではの野菜ウォーターミモザ(ミズオジギソウ)と合わせてガーリック風味に仕上げています! 空芯菜のような茎をしたミズオジギソウですがもう少し食感が残る程度に炒めてある方が好みです! 「チャーンビール(Chang Beer)瓶)」 80THB(日本円にして約290円)...

漫步在考山周圍! 前往高貴的第一級皇家佛教寺廟,與泰國皇室有聯繫!

リバーサイドホテル「Riva Surya Bangkok(リーバ スーリヤ バンコク)」のリバーサイドテラスから遊歩道へ降り立ちカオサン周辺を散策! カオサン通り・ランブトリー通りの模様はこちらのアルバムをご覧ください。 2019/11/6バンコク旅行・Khaosan・Ram Buttri Vol.2 https://photos.app.goo.gl/i7PvKRkvsPpmEq1D6 2019/11/6バンコク旅行・Khaosan・Ram Buttri Vol.3 https://photos.app.goo.gl/7oiWniykWF2i1sfd7 プラアティット桟橋(Phra Arthit)最寄りの「サンティチャイプラカーン公園(Santichaiprakarn Park)」は花が咲き誇り穏やかな空気が漂います! 公園内に伺える白亜の建造物は、大約200年前的堡壘"普拉蘇門堡"、 湄南河和班蘭蓬運河的交匯處、位於城牆最北端、重要な防衛戦や水上交通の要所として活躍していた要塞です! ホテル周辺には主に2つの寺院があるため是非訪れてみましょう! ①「ワット・チャナソンクラーム(Wat Chana Songkhram)」 観光客にはあまり知られてはいませんが、泰國著名的寺廟之一、年末年始には大勢の参拝者が訪れるという地元民に愛されている小さなお寺です! 寺院名は、"查納 - 贏"、意思是"宋庫拉姆之戰"、被稱為"勝利神殿",並說"贏得任何困難"、勝負事の必勝祈願に立ち寄ると御利益にあやかることができるかもしれません! ②「ワット・ボウォンニウェート(Wat Bowonniwet)」 プラスメン通り(Phra Sumen Street)沿いに見えてくる立派な寺院! こちらは1826年に建立され後のラーマ4世が創始したタマユット派の総本山となります! こちらは王子が王に即位する前の出家修行の場であり、從拉瑪五世到拉瑪九世(前國王)的普密蓬·阿登亞約會、成為歷代皇室成員修行的第一級皇家佛教寺廟、大変格式の高い寺院です! 正面扉の「プラトゥー・シアウカーン」と呼ばれる門の彫刻が艶やかで素晴らしく思わず立ち止まって見惚れてしまいます! 本堂には古代チェンセーン王朝から受け継がれた黄金の仏像が祀られており壁画の細やかな描写にも目を奪われてしまうほど! 黄金に輝く仏塔やその周辺を四方に護る像の姿他にも歴代王が出家修行中に住まわれた宮殿など見所満載の寺院です! さらにどちらの寺院も入場料が掛からず午前中は人も少ないためゆったりと拝観できお勧めです! バンランプー運河(Banglampoo Canal)に架かる橋からの景色は長閑で鳩が飛び交う運河沿いのテラスカフェなども小洒落ています! この近隣には露店が連なる「バンランプー市場(Banglampoo Market)」があり、衣服和祖拉利一起排成一排。、貴金属やアクセサリーなどが出揃うマーケットが楽しめます! さて、午餐時間,我散步、お次はこの周辺で有名なローカル食堂を御紹介致しましょう!...

「リーバスーリヤバンコク」多種多様なビュッフェ形式での優雅なリバーサイド朝食

チャオプラヤー川のリバーサイドホテル「Riva Surya Bangkok(リーバ スーリヤ バンコク)」で迎える心地良い目覚め!(*́Д ' *)Bruno)) サワディー クラッ(プ) / • •!! ホテルの朝食会場はオールダイニングレストラン「Babble & Rum at Riva Surya Bangkok(バブル&ラム)」となり、早上6:30-10:30まで自由に利用可能です! レストラン内ホールとリバーサイドテラスのどちらも利用できテーブルを自由に選べるためやはり見晴らしの良いテラス席へ! 朝食内容は西洋料理からタイ料理をはじめ和食を代表し味噌汁があり中華系として焼売やお粥などが揃う多種多様なビュッフェ形式となり煮込み料理や蒸し野菜などのホットディッシュサラダバーではフレッシュな彩り良い野菜やハムやサラミが出揃います! フルーツ大国として南国らしいフルーツやジュースが並びますパンは食事パンからデザートパンまで10種以上が焼き上がっており、穀物或優酪乳、ドライフルーツにナッツ類チーズコーナーもあり欧米人向けの朝食が多く目立ちます! レストラン外のデッキではオーダースタイルの焼き場を設けており目玉焼きやオムレツなど出来たてを提供しております! 朝食でもLade企画の『器と旅するシリーズ』でモーニングプレートを盛り付けさせていただきました! 「オムレツプレート」× 器Shimoo Design 浮様リーズ 丸皿 Φ280 トッピングを全部入れでオーダーしたオムレツはふっくらふわふわの仕上がりでカリカリベーコンとトマトケチャップを添えて! 付け合せにはグリーンサラダとパスタサラダにハムサラミなど! 「ホットディッシュプレート」× 器:釋永 岳 (蔗 Shakunaga) リバーシブルシャーレ Φ250 ガイヤーン(タイの焼き鳥)カオパット(タイの炒飯)ポテトフライ蒸し野菜ハーブ入りソーセージ煮豆、菜餚、海老焼売など! 「パン盛り合わせ」× 器:釋永 岳 (蔗 Shakunaga) mars himawari Φ250 クロワッサンパン・オ・ショコラデニッシュなど! 「フルーツ盛り合わせ」× 釋永 岳 (蔗 Shakunaga) 大工カット...

在"考山和蘭布特裡路"背包客的聖地享受曼谷市中心風情的夜晚

享受曼谷的小鎮風情、考山路,也被稱為背包客的聖地 – • * 和、被稱為後考山的蘭布托裡街(拉姆·布特利), Bangkok Road)を散策! 夜のカオサン通り・ランブトリー通りの模様はこちらのフォトアルバムを御覧ください。 2019/11/6バンコク旅行・Khaosan・Ram Buttri Vol.1 https://photos.app.goo.gl/9xG2ftvUJLsEmQFd9 リバーサイドホテル「Riva Surya Bangkok(リーバ スーリヤ バンコク)」は、從酒店步行即可到達考山大道和蘭布特利街。、日中から夜通し賑わう下町風情を満喫したい方にはお勧めのホテルとなります! カオサンとは、在泰語中,它的意思是"白米"。、その昔この辺りには米問屋が多かった事から由来されています! 道幅はおよそ20m程で奥行きは400mに及ぶ通りは車やバイクが走るものの、就像一個行人的天堂,人們無休止地來來去去、2000作為萊昂納多·迪卡普里奧今年電影《海灘》之旅的開始,這條街被拍成舞臺。、そのフィーリングはカオス的な要素が漂う街となります! 露店をはじめ、休閒風格的商店排成一排。、服裝和包、商品等、餐廳巴和賓館、佩蒂酒店等都非常豐富。、在開放的露臺上,一個自由的世界,享受啤酒,從太陽不下沉、活気溢れる魅力的な街なのです! 屋台が賑わいを見せる中、一個吸引人的攤位是鱷魚燒烤! #8217 !? ワニが丸ごと一匹串刺し状態で吊るされています!(笑) カオサン通りにある「RAINBOW EXCHANGE(レインボーエクスチェンジ)」はレートが良いと評判の両替所となるため利用させて頂きました! 店内は照明も明るく綺麗で多くの観光客が利用しています! 通りを歩けば、按摩店的顧客的聲音回蕩、こちらが日本人と判断すると「ヤスイヨ!ヤスイヨ!」と声掛けしてくれます! カオサン通りと平行して存在するランブトリー通りへは小路のスージーウォーキング通り(Susie Waking Street)を抜けて向かいましょう! ランブトリー通りは特にオープンテラスを持つレストランやカフェ&バーが多く奇妙な置物や像の並ぶ雰囲気が異国情緒感を増幅してくれます! 賑わう通りでは人の目を気にすること無くストリートダンスを披露する子の姿も! 夜とはいえバンコクの気温は30℃前後と常夏! 1~2時間も散策すれば喉がカラカラになります! 途中、停在空調便利店、在泰國,如果你買一個經典的"昌貝",並一次滋潤你的喉嚨、そこはもう天国です! (※タイでは、酒精銷售時間有限制。、通常從 11 點到 14 點、17在 24 點到 24 點之間,這是允許銷售的時區。、それ以外の時間に購入することはできませんのでお気を付けください!) 長年に渡り夜通し賑わいを見せてきたカオサン&ランブトリー通りですが、政府正在審查。、大型翻新工程似乎開始加強對道路鋪裝和攤位上班時間的管制。、隨著國家的發展,我們看到一個變化、也許我們不會像以前那樣了。。   仍然這一次、我能夠享受考山路約四年半、少しずつ変わりゆく街並みも是非お楽しみください!...

"布比勒 & 在河畔的雞尾酒晚餐,被照明所染成"rum"

曼谷河畔酒店"Riva Surya Bangkok"的全餐廳"Babble" & Rum at Riva Surya Bangkok(バブル&ラム)」にてカクテルディナー! バブル&ラムは朝6:30夜 0:00全天開放,直到、宿泊ゲストは時間を気にせず食事を楽しむことが可能です! チャオプラヤー川(Chao Phraya River)沿いのテラスダイニングということもあり、開始正宗的泰國美食,使用當地生產的新鮮有機食材,同時感受熱帶風情、亞洲美食、ヨーロッパ料理などを楽しみましょう! バンコク初日のディナーはやはり王道のタイ料理が食べたくなります! 夕暮れ時を迎えた空がロイヤルブルーに変化する頃になると、被照明所污染的酒店。在湄南河上航行的船隻和橋樑也點亮了霓虹燈。、艷やかな夜へと移り変わります! メニューは英語表記のみですが、因為它有照片,所以很容易理解烹飪內容和體積的感覺、也高度讚賞,因為考慮,使手指訂單也! 我點了三種菜,同時聽了建議。、カクテルと共に頂きます! 今回のバンコク旅行でもLade企画の『器と旅するシリーズ』を御紹介させて頂き、波特出現在專案第1部分""=永月" (蔗 Shakunaga)"鋒利的儀器號稱是一個簡單的脫衣舞無用的、Kazuhiko caudate,誰參加了規劃第2部分 (和彥 Shimoo)先生。&Shimoo 沙織 (沙織 Shimoo)它象徵著日本作家單元"石木設計"之美、與各種餐廳合作,使用木器,不要忘記合理和美麗! Thank you for collaboration!! カクテル「Surya Mango Drifting(マンゴーカクテル)」250THB(日本円にして約900円)※1THB=約3.6円(2019年11月のレートにて換算) ライトラムに甘みのあるサワーとマンゴージュースをミックスし大きくカットしたフレッシュマンゴーとフレッシュミントをたっぷりと添えて! タイに来たら一度は食べたいマンゴーを思いっきり楽しめるカクテルです! ミントが爽やかで甘過ぎず、然而,、芒果的新鮮感和豐富感不會丟失、そしてラムの香りに包まれつつも飲みやすい女子ウケ抜群のカクテルです! カクテル「Strawberry Ice Tea(苺のカクテル)」250THB(日本円にして約900円) テキーラ、光拉姆、伏特加、草莓利口酒、混合甜酸和精靈、丸ごと苺とフレッシュレモン添えたカクテル! リキュールのグラデーションカラーを楽しみつつ下層部のシロップを少しずつ混ぜながら甘みを調整して頂きました! タイ料理①「Samosa Lanb Moo(豚挽肉のサモサ)」250THB(日本円にして約900円) × 器Shimoo Design 浮様リーズ 丸皿 Φ280 タイ料理の定番サモサは、在豬肉中加入洋蔥、タイ特有のスパイスで味付けしたタネを詰めて揚げる揚げ春巻きのようなもの! 少し甘みを感じるタネに仕上がっていますので辛味のあるフィッシュソースを付けて食べると甘辛で丁度良いバランス!...

曼谷麗巴蘇裡亞河畔酒店別致而寧靜的客房

介紹麗巴蘇裡亞曼谷酒店的客房,這是第一個在曼谷連續入住的河畔酒店! 這家酒店共有68間客房。、您可以選擇城市或河景、広さは30㎡~48㎡と4種類のタイプを用意されています! チェックインを済ませ、請帶我到TOEY(玩具)的房間,一個可愛的前臺工作人員微笑、今回お世話になったシティビューとリバービューの2タイプルームを御紹介! ホテル館内は全てフリーWi-Fiとなるため指定のパスコードを入力してインターネットに繋げましょう! シティビュー側「413号室 / アーバンルーム(Urban Room)」 街路に面したシティビューの室内は32~34㎡の広さとなり、分發泰國傢俱、全体的に落ち着いた色合いで統一されています! 玄関脇にクローゼットやバゲージラックも十分の広さを確保! クローゼット内にはバスローブとペーパースリッパ、安全框、吹風機、洗衣袋、懐中電灯が置かれています! 反対側にガラス張りのモダンなパウダールームを用意し、廁所、設有淋浴間。、アメニティとバスアイテムも申し分無い品揃えです! 冷蔵庫内の利用は有料となりますが無料のミネラルウォーターやティーパック類が備わります! ウェルカムフルーツは南国らしさ満載のドラゴンフルーツやロンガン(龍眼)、梨、橘子拼盤! 阿羅·!! キングサイズのベッドは悠々とした広さで快適です! ベッドに用意されたタオルは花大国と象王国のタイらしく象を作って蘭(Orchid)をあしらいキュートなお出迎え! こちらの象タオルはたった1枚のバスタオルともう1枚のフェイスタオルのみで作られているから驚きです! シティビュー側は夜遅くまで街の喧騒で賑わうためお勧めは静かなリバービュー側のお部屋となります! リバービュー側「208号室 / プレミアムリーバルーム(Premium Riva Room)」 チャオプラヤー川沿いに面したリバービューの室内は、48這是一個空間,和寬敞的空間。、ブラウンカラーを貴重とした落ち着き溢れるデザイン! 夫婦がお互いに寝返りを打っても殆ど気にならないキングサイズでゆったりと心地良い眠りを誘うベッドが備わり、亞麻採用 400 執行緒計數的頂級酒店水準、生地表面が滑らかで肌に吸い付くような寝心地が得られます! 窓際にはソファを設えたリビングスペース! 一歩窓の外に出向けば、設有私人陽臺、您可以一邊享用茶時間,一邊欣賞湄南河的美景。、水上ボートが行き交う風景はバンコクならではのリゾート感を満喫できます! Riva Surya Bangkok(リーバ スーリヤ バンコク) 所在地:23 Phra Arthit 路 Phra Nakhon, 曼谷, 10200, Thailand TEL:+66 2 633 5000 https://www.nexthotels.com/hotel/riva-surya-bangkok/ お得なホテル予約はこちらをクリック!...

曼谷利巴蘇裡亞酒店,湄南河沿岸的現代精品酒店

住在泰國首都曼谷,河濱酒店是您的最愛! 這一次、バンコク初日に連泊でお世話になるホテルはチャオプラヤー川(Chao Phraya River)沿いの「Riva Surya Bangkok(リーバ スーリヤ バンコク)」です! ホテルは「ドンムアン空港(Don-Mueng International Airport (DMK)位於普拉納科恩區,距離20公里。、步行即可到達背包客的聖地考山街和蘭布托裡街。、王宮「ワット・プラケオ(The Grand Palace : Wat Phrakeaw)」や「ワット・ポー(Wat Pho)」への観光へもアクセスしやすいエリアとなります! さらに、河濱酒店有一個碼頭。、チャオプラヤー川を行き来する高速ボートの「チャオプラヤエクスプレスボート(Chao Phraya Express Boat)」を利用するのにとっても便利! 2012年にオープンして以来多くの観光客に愛されるこちらはホテル内で寛ぐゲストは欧米人の姿が多く見られ目の保養にもなります! ホテルに到着し「タイ・バンコクの運転手付き都レンタカー(Miyako Siam Car Rent)」のドライバーMontreeさんとはこちらで精算とサインを済ましお別れです! ”微笑みの国”と称するに相応しい温かな笑顔で出迎えてくださるドアマン! タイの伝統的な挨拶で胸の高さに手を合わせてお辞儀するというスタイルの「ワイ(ไหว้)」を受けると、當我回到泰國時,我非常高興能理解我的心! 薩瓦迪·克拉(普) / • •!! 酒店巧妙地融合了殖民建築和現代設施。、落ち着くデザインを施されています! フロント・ロビーにてチェックインを行うと、酒店原裝歡迎茶與冷筷茶"檸檬草和茉莉花黑茶"(檸檬玻璃) & Jasmine Black tea)」が頂けます! 少し甘みを利かせてあるドリンクでフライトで疲れた身体に染み渡る優しさです! ‎アロ~イ อร่อย!! この日はフロントスタッフのTOEY(トイ)さんから宿泊案内を受けます! (フロントサービスは24時間体制でゲストの様々な要望に応えてくれます) 彼女は現在日本語を勉強されているようで、基礎是用英語交談。、挨拶などの単語に日本語を用いてくれる優しい心遣いを見せてくれました! さらにPRスタッフのJularat Ouepanarangsi(ジュララット)さんとBim Sopida(ビン)さんも出迎えてくださったので御挨拶!サワディー クラッ(プ) / カー...

攤在面前王廟"鷹巢鷹巢"夜間酒吧

ラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」での食事を楽しんだ後、 和騎在一輛計程車、大約 10 分鐘和 15 分鐘下車、 バンコクの夜を楽しむならここ!というお勧めのバーを タイに在住されている日本人女性SayakaさんとMayumiさんに紹介していただきました♪ 目指すは目の前に見える「サラ・アルン Sala Arun」というホテルの屋上です! この地区一帯は暁の寺と呼ばれる「ワット・アルン Wat Arun」の夜景を楽しみながら食事をするレストランやバーが大変人気の場所だそうです♪ 「サラ・アルン Sala Arun」 こちらはチャオプラヤー川沿いにある「アルン・レジデンス Arun Residence」というホテルの有名レストラン 「ザ・デッキ The Deck」のオーナーが営むホテル。 地方、マハラート通り Thanon Maharat沿いの1階がカフェになっている 「Arom d Hostel」という小さなホテルの角を曲がり突き当たりになりますこちら「サラ・アルン Sala Arun」ホテルの最上階が目的地であるバー「イーグルネスト Eagle Nest」です♪ エレベーターが無いためホテルのフロント横にある階段を上がってホテルの屋上4階まで一気に駆け上がります! 4階まで上り最後にこの螺旋階段を上れば屋上(5階)です! 飲んだ後のこの階段は意外にしんどいものです(笑) 「イーグルネスト Eagle Nest」からの夜景 2013年2月にオープンされたホテル屋上のルーフトップバー「イーグルネスト Eagle Nest」は暁の寺と呼ばれる「ワット・アルン Wat Arun」が目の前に楽しめ圧巻のロケーションを誇ります! チャオプラヤー川の川面の煌きと共にライアップされたワット・アルンは、不像他在白天的維修工作、 什麼應和我想知道是否更改網底、とってもロマンティック♪ さらに、在另一邊、「ワット・プラケオ Wat Phrakeaw(王宮)」と「Wat Pho ワット・ポー」も同時に楽しめます♪ カウンターバーの中のイケメンバーテンダーさんが腕を振るってくださいます♪ 「Changビール」130THB(日本円にしておよそ480円) タイでもっとも人気のあるビールのシンハー(ビア・シン)と双璧を成すビール。 1998在國際啤酒比賽中獲得金牌、タイビール特有の強い苦味が特徴です♪ 「シンガポール・スリングのバンコク版」...

負擔得起的泰國菜午飯在公園 c 貸款市場攤位

バンコクで50年以上続く最大級規模の花市場 「パーククローン市場 Pak Klong Market(タイ語Pak Klong Talat タラート=市場)」内をくまなく散策していると、 剛、在午餐休息的時候,、在這裡你想要在這裡吃午餐,我正要去。 當、突然、泰國食物的香味,都、 現地の方や観光客で賑わう屋台を発見! スタッフのお姉さんがとても愛想が良く気持ち良く出迎えてくださいました♪ メニューはシンプルにパッタイが売りのようです♪ タイに足を運びながらも、街邊食物,但我們的經驗。 現在的水和食物在驕陽下的等健康方面。、它是出於關心自我放縱的一個元素。 然而,、和當地的商店在市場上、 配備了水和、也是一個巨大的冰箱、那最好不過了。 比什麼都重要、良好的氣味、人們聚集在安全元素的唯一感覺是。 在調味酸甜味道的泰國、さらに食欲が湧いて来ました♪ テーブル上に運ばれてきたパッタイはとても良い香り! 割り箸は、因為一具用塑膠袋、你可以休息保證衛生面。 基本上在泰國、不像日本、如在餐廳酒店中級水準以上的水,不能、 要帶瓶裝的水嗎?、還是讓我們來點飲料。 蒼蠅美好卻經常在空中飛舞、目を瞑ります(笑) 「Padthai with Shrimp」60THB(日本円にしておよそ220円) パッタイ (タイ語:ผัดไทย) 和、它是甜的和酸的麵條,在泰國。 在泰國,、雪依氏"炒"、泰國意味著"泰王國"。 頂部配料、蝦或雞、你可以選擇從豬肉等。、 許多系統使用扁麵條炒的米粉從幾毫米的寬度、耐嚼紋理成為一種習慣。 在一個單獨的盤子裡、新鮮的豆芽和蔥、所以來伴隨著馬修 ·、 組合、箸休めにいただいたり食感を楽しみながらいただきます♪ 「パットガパオ・ラート・カーオ・カイダーオ・ガイ Khaw rard kapoaw」40THB(日本円にしておよそ150円) 日本でもお馴染みとなってきましたパットガパオの正式名称は「パットガパオ・ラート・カーオ」と言います。 在泰國,、雪依氏"炒"、Gapao 的 ' 聖羅勒 '、是"大米"、傢伙,意味著 '雞'、 羅勒炒的米飯 (雞版本) 是。 別忘了到財大豪生大酒店 o ="炒蛋"。 新鮮的聖羅勒風味紅燒調味飯更適合、 目玉焼きの半熟を潰して混ぜながら食べることをお勧めします♪ タイ料理で味のベースとなる代表的な基礎調味料といえば「ナンプラー」です。 和、中國人民解放軍、追加到辛辣 + 酸 + 味、將這個"pricnampler"。 掛人假裝廚師甜蜜和苦澀的味道、スパイシーで旨味溢れる味わいに変化します! 辛さと酸味が際立ちますので酸っぱ辛いのが得意な方限定です! 屋台の匂いに誘われて、突然你午飯吃這、 本当にどちらのタイ料理も美味しく大当たりでした! さて、順便說一下我的胃變得完整、剛、成為私人船收件時間。 ヨート・ピーマン船着場 Yodpiman Pierで到着を待ちましょう。 能夠享受購物的樂趣和午餐、そろそろ「ザ・サイアム THE...

什麼是最大的花卉市場,“公園克隆市場”以下50年以上曼谷

チャオプラヤー川沿いに新しく誕生したショッピングモール 「ヨート・ピーマン・リバー・ウォーク YOD PIMAN RIVER WALK」の裏手に回るとバンコクで50年以上続く最大級規模の花市場 「パーククローン市場 Pak Klong Market(タイ語Pak Klong Talat タラート=市場)」があり、 不只是花、位於曼谷市中心率領的農產品市場將。 在泰國,公園與"口中的 (人)"、克隆是指"運河"、 正如其名、この市場はチャオプラヤー河に繋がる運河の入口にあるのです♪ 新鮮な果物や野菜などが山積みになり、已售出。 パーククローン市場は、 24每一次商業操作沒有具體時間、將顯示繁華的夜市。 繁重的體力勞動時排序和明亮地色的青辣椒和紅辣椒,給當地人民那裡看這裡的外觀。 彈射到地面完好、與紅辣椒紅。 現場留在遊客們的眼睛、你們這些傢伙、こぞってカメラを向け撮影されていました! 白菜、胡蘿蔔、青菜など 赤、藍色、黄のトマトがズラリ 巨大スイカ タロイモ マナオ(タイのライム) パイナップル やはり、看這光怪陸離的環境市場、泰國和泰國的奇跡可以感覺到女性氣質、 人の熱気や賑わいで心がワクワクしてしまいます♪ 青パパイヤを大量に見事な包丁捌きで千切りされるお姉さんタイでは「ソムタム」という青パパイヤを使ったサラダが代表的なタイ料理としてありタイ料理の基本の4大要素である パパイヤの甘い、酸的石灰、辣的紅辣椒、塩のしょっぱいが調和されたとても美味しいサラダです♪ こちらでは、成為了擔心錯過泰拳泰國比賽在電視監視器上、盛り上がる現地のお父さんがた♪ 市場の中には食事ができる屋台も多く存在します♪ 屋内から屋外にも市場は広がり、很多人跟著奔放的攤位。 已經裝飾和花卉市場見過、美しい景観です♪ 道路沿いにも花屋の露店は延々と続き道路一面が花の香りに包まれています♪ 色鮮やかなアレンジメント 季節の花々で溢れています 薔薇の安さに驚きます! タイ全土からカラフルな花が集まる市場内では、 執行緒通過穿著花是很容易看到一個女人對一個花圈花。 ジャスミンの香りがとても心地好く溢れています♪ お供え用の花を作られるお姉さんの姿。 從這一景象,建議在日常生活中、你能理解的深度在泰國人民的信仰。 カーネーション 一束20THB(日本円にして75円) 薔薇のお風呂し放題!?(笑) 巨大なビニール袋に溢れるほどに花を詰め込み、人推購物車的竹筐裡市場大力提出、 甚至為了這一天花卉市場是擠滿了季節性的花。 現在、所以找到美味的食物在市場內攤位、そちらでランチを取ることにしました! お次はめちゃくちゃリーズナブルで美味しい屋台ランチの紹介です♪...

刷新接受了足部按摩的“紹阿溫泉Shewasupa”按摩

カオサン通りからランブトリー通りに抜けるために通った通路のSusie Waking Street スージーウォーキングストリートとランブトリー通りの角にある「Shewa Spa シェワスパ」。這裡、数多いランブトリー通りのマッサージ店の中では、和高品位沙龍。開始與香氣的面部治療。、身體護理、足部按摩、頭水療、傳統泰式按摩、蠟脫毛、男子和婦女作為一個全面的沙龍,美甲沙龍,從外國遊客最受歡迎。簡單的治療,如足底按摩和在泰國的傳統泰式按摩、選擇晚餐和床房間內開空調、成本變得便宜的宴會都是略。如果它說與足部按摩、30晚餐按摩是 B120 (日本日元約 430 日元)、室内ベッドはB180(日本円にしておよそ650円ほど)です。這一次、室内ベッドでお願いしました♪ 今回わたし達はフットマッサージをお願いしてありますので施術にはベビーオイルが使用されますがボデイトリートメントをされる方は、1階フロントで3種類の中からお好きな香りのアロマを選べるようなので特別に嗅がせていただきました♪ ラベンダー、茉莉花、ユーカリと3種のエッセンシャルオイルはどれも良い香りですが個人的にはラベンダーの香りが大好きですアロマの香りを嗅いで深呼吸するだけでもリラックス効果が高いです♪ 担当してくれるスタッフさんに2階に案内されると、有一個地方的洗腳。把腿部到膝蓋、我們輕輕地洗了腳。如何不提高膝關節牛仔褲,褲子、着替えのハーフパンツも用意されているので安心です♪ およそ30分ほどのオイルフットマッサージは、從膝蓋到指尖釋放、適用與適度壓力、按壓力點刺激、提高身體的自然治癒力。これだけしっかりとマッサージしてもらって650円とは安過ぎます!(※場所を選ばなければ、也是最便宜的商店) 到這裡、微笑尼斯人員很多、不擁擠、在空調的房間床上,在那裡你會發現治療在同一時間對夫婦因為它被建議。在哪裡做,漫步在那腫脹的腳、我們一直在做的回酒店。下一步在行、ボートでの帰り道に遭遇したチャオプラヤー川の壮大な景色をお楽しみください♪ Shewa Spa シェワスパ 住所:108/2 納瓦萊河畔路,曼谷Banglampu的 10200, Thailand TEL:+668 (0) 5959 0066 上班時間:9:00-25:00 週一閉館:なし http://www.shewaspa.com/ タイ・バンコク旅行特設ページ バンコク旅行の全ての記事はこちらからご覧いただけます! http://lade.jp/thailand/...

流行的街頭花“野舞樹路”被稱為回考山路安靜的時間

世界中のバックパッカーたちが集まる街として知られ昼夜賑やかなKhaosan Road カオサン通りがあるカオサンエリアにはカオサン通りを1本北へ出向くとそこには「裏カオサン」と呼ばれる異国情緒溢れる静かな街並みとして人気のRam Buttri Road ランブトリー通りがあるので紹介したいと思います♪ カオサン通りと平行して存在するランブトリー通りへ出向くには小さな路地から行くことが可能ですカオサン通りをじっくりと散策した後は多くの土産物屋とマッサージ店がひしめく「Susie Waking Street スージーウォーキングストリート」の路地を進みましょう♪ カオサン通りに並ぶ露店とはまた少し違った味わいで細い路地だからこその見やすさもありタイらしい土産物が手に入るスージーウォーキングストリートには色鮮やかな衣類やバッグの他にタイの手作り工芸品などのお店が揃い反対側にはマッサージ店が立ち並びます♪ インテリアから食器アクセサリーお香やキャンドルの小物など素朴でカジュアルなテイストのリーズナブルなタイ雑貨が揃います♪ 路地を抜ければランブトリー通りに到着です♪ 「裏カオサン」と呼ばれるランブトリー通りの雰囲気は静かでゆったりとした時間が流れています♪ 広いオープンテラスを持つレストランやカフェが多く存在しゆったりとお茶を楽しみながら寛ぐ外国人の姿を目にします♪ 面白いのがレストランやカフェごとに置かれている奇妙な置物や像の多いこと多いことこちらのレストランの奥に佇む3mほどにも及ぶ巨大な像の存在は迫力が凄まじくありながらもどこか愛嬌のある大阪のビリケンさんみたいな印象が強く残っています(笑) 通りを歩き観ているだけでも楽しいですが気になるお店があれば入店するのも良いでしょう♪ カオサン名物パッタイの屋台はやはり多く見掛けます。成分、蝦、雛雞、卵から選べ麺の種類までも4種類の中から選べます具材により料金が異なりB30~B50(日本円にしておよそ110円~180円ほど)となりますサイドメニューの春巻きに至ってはB10(日本円にしておよそ36円ほど)とお安めですこちらの可愛らしいお姉さんが作るPad Thai パッタイは本当に美味しそうな匂いがしたので最後の最後まで食べるべきか否か迷いました(笑)この日は最終日だったためフライト中にお腹が痛くなるのも嫌だね・・・と話しながら泣く泣く諦めたのであります次回こそはタイで屋台を味わう!を目標に頑張ります♪ ランブトリー通りにも屋台は多く、其中、日本人のバックパッカーに大変人気のある「ミスター・ワッタナーのラーメン屋」という日本語の看板が目印の屋台がありB10(日本円でおよそ36円ほど)でラーメンがいただけるそうですラーメン好きの旦那様がその情報を見逃すはずもありませんが断固として拒否したのは言うまでもありません(笑)さて、下一步在行、ランブトリー通りの小奇麗なマッサージ店に入店してみましょう♪ タイ・バンコク旅行特設ページ バンコク旅行の全ての記事はこちらからご覧いただけます! http://lade.jp/thailand/...

滾動到頂部