"貝吉米色"11月出生,天蠍座B型是對齊的! 驚喜生日派對!

參加爵士音樂會後,我在城裡走來走去。、前往"貝吉(米色)",這是一個隱秘的葡萄酒和餐飲在聯沙庫鎮! 這一天在商店裡、11月亮出生時的驚喜生日派對、11月生まれの私も急遽飛び入り参加です! 佐鳴台に新規オープンさせたカフェ&レストラン「Passe Relle (パスレル)」の運営にも力を注ぎ邁進するオーナーシェフの山内 基司 (山內 Motoji)也有美德、在總是熱鬧的商店裡,有自然和個性豐富的個性。、美味しいワインと料理に囲まれて楽しいひとときを過ごせます! 茶目っ気満載の大原 雅美 (馬薩米·卡托)慶祝11月出生的生日歌曲,在一次笑聲的導演中大放異彩! 在11月出生的天蠍座、その全員が[B型]ってどんだけ~(笑) Beige(ベージュ) 静岡県浜松市中区連尺町313-5 1F TEL:053-457-0188 上班時間:17:00-24:00...

完成在顏色中長大"米色"客人的杯葡萄酒酒吧 !

「割烹弁いち」にて食事会を終えた後は浜松街中の肴町通りを一本西側に入ったところの連尺町の隠れ家的なワイン&ダイニング「Beige(ベージュ)」へ出向き〆の一杯を! オーナーシェフの山内 基司 (山內 Motoji)くんが昨年11/24にオープンさせた「Beige(ベージュ)」は、"從白色的顏色是米色、皆のカラーに染められながら愛される店になれば良い」と言う想いを込めた優しい人柄の基司らしい店名となります! 常連さんが次から次へと入れ替わり賑やかな笑い声が響き温かな気が流れる店内オーナーの基司の人柄が大好きな人たちが集う「Beige(ベージュ)」は常連さんの個性豊かなカラーに染まっております♪ この日は希少な日本酒を存分に楽しんだため余韻を楽しみながら口中シュワッとさっぱり〆ようと思います。 在濱松、食前酒または食後酒にピッタリのビールがあります! 人と畑と料理をつなげることをモットーに働きかける浜松の農園「農+(ノーティス)」の今津 亮 (津)-昆、数多くのご当地ビールをOEM製造も担う「新潟麦酒」と共同開発した野菜ビール「農+ビール」の「ブロッコリーとホップ」! 野菜とビールの組み合わせってどんな感じ?と首を傾げながらスタッフの加藤 雅美さんによって注がれるビールを眺めていると香りは甘く色はビールそのもの! 一口味わえば野菜ジュースのような爽やかでフレッシュな香りと甘味が広がりただ甘いだけでなくビール特有の爽快感と程好い苦味の中にブロッコリーの味も感じられて後味はスッキリとしているため夏に軽く一杯!という時にピッタリのビールです! このビールの開発に当たって以前今津くんにお話を聞かせていただいたことがありました「今から10年程前にアメリカのがん研究所がブロッコリーに抗がん作用をもつ成分が多く含まれていることを発表したことを機に抗がん作用を持つ食材の科学的な検証に基づいてがんに対する有効性が実証された初の野菜としてブロッコリーに注目! 栄養価の高い「ブロッコリーの葉」を用いて何とか美味しく食べられないかと思考錯誤し開発に至った」と野菜について語り始めると少年のように目をキラキラとさせながら仏のような穏やかな表情で静かに語る今津くんそんな今津くん率いる「農+(ノーティス)」が開発した野菜ビールはブロッコリーの他にもう1つ「トマトと麦」も開発し、2種の野菜ビールを生み出しています! 「トマトと麦」に使われるトマトの品種はかつて愛知県を中心に栽培されていた「ファーストトマト」を用いており栄養価が高く甘味と酸味のバランスが優れているこのトマトは昔懐かしさを思い出させるトマトとのことそのトマトから完成したビール「トマトと麦」は「ブロッコリーとホップ」と同じくしてフレッシュ感溢れより爽やかでフルーティーな味わいが女子にも大人気だそうです♪ 今秋には今津くんが運営されるレストランをオープン予定となっており、在你的地方、農園で育てた野菜の創作料理と共にこの「農+ビール」も味わうことができるようです! オープンまでを楽しみに心待ちしたいと思います!今津くん頑張ってくださいね! さて「Beige(ベージュ)」では一次会としてしっかりと食事を楽しむことも可能ですし二次会や三次会で軽くつまみながら飲みたいという要望にも応えてくれふらっと気軽に立ち寄れるワイン&ダイニングとなりますいつも爽やかな笑顔で出迎えてくれる基司の優しさが詰まった居心地の良いお店となります♪...

在 "米色" 的顏色中成長為嘉賓葡萄酒和餐飲在晚會後!

シャンパーニュ・パーティを楽しんだ後は協賛の「マセラティ 浜松」の抽選会にて「マセラティ送迎権」が当選した竹原 興紀 (興 Takehara)さんと石津 利昭 (田俊明 Ishizu)さんと一緒にLevanteとGhibliにて浜松街中の肴町通りを一本西側に入ったところの連尺町の隠れ家的なワイン&ダイニング「Beige(ベージュ)」へ送っていただき二次会へ! オーナーシェフの山内 基司 (山內 Motoji)が昨年11/24にオープンさせた「Beige(ベージュ)」は、"從白色的顏色是米色、皆のカラーに染められながら愛される店になれば良い」と言う想いを込めた優しい人柄の基司らしい店名となります! 常連さんが次から次へと入れ替わり賑やかな笑い声が響き温かな気が流れる店内気が付けばシャンパーニュ・パーティから流れて来られた友人たちで溢れ返っておりました! オーナーの基司の人柄が大好きな人たちが集う「Beige(ベージュ)」は常連さんの個性豊かなカラーに染まっております♪ シャンパーニュを思う存分に浴びた後ということもあり既にほろ酔い状態で気分は上々でしたがこちらでも「Louis Roederer Champagne Brut Premier N.V AOC Champagne」を開栓し皆で乾杯! お次の赤ワインは赤い果実の香りと豊かなボディで楽しませてくれる「Domaine Simon Bize et Fils Savigny-les-Beaune 1er Cru Aux Vergelesses」を堪能! シャンパーニュ尽くしとなった1日の〆は何故かビールに戻り馴染み深い爽快感を楽しむ40代の親父癖が出てしまう面々(笑) 美味しいお酒と共に仕事に関するライトな話題からプライベートなディープな話題まで充実の楽しいひとときを過ごさせていただきました! 「Beige(ベージュ)」では一次会としてしっかりと食事を楽しむことも可能ですし二次会や三次会で軽くつまみながら飲みたいという要望にも応えてくれふらっと気軽に立ち寄れるワイン&ダイニングとなります♪...

成長和染成褐色的顏色每一種葡萄酒與美食

浜松の肴町通りを一本西側に入ったところの連尺町の隠れ家的なBarとしてバーテンダーの清水直亮さんが営まれる「Bar DaMonde(バーダモンデ)」の階下にあるダイニングバー「Beige(ベージュ)」へ流れ込み三次会へ! オーナーシェフの山内 基司 (山內 Motoji)が昨年11/24にオープンさせた「Beige(ベージュ)」は、"從白色的顏色是米色、皆のカラーに染められながら愛される店になれば良い」と言う想いを込めた優しい人柄の基司らしい店名となります! 基司はこのお店で米寿(88歳)まで張り切って頑張るそうです! こちらは元イタリアンレストランであった「フェリーチェ」跡地をリニューアルされており、為你店牆上米色顏色粉刷一新、内外共にカフェのような居心地の良さを感じることができるお店になります! 常連さんが次から次へと入れ替わり賑やかな笑い声が響き温かな気が流れる店内に吸い込まれるかのように入店すると先日参加したBBQパーティでお会いしたメンバーが楽しそうに飲んでいたため相席で仲間に入れていただくことにしました! 三次会ということもあり既にほろ酔い状態で気分は上々! スパークリングワインから赤ワインと楽しませていただきながら夜を徹して30代の夢多き若者たちと語り合い盛り上がりを見せたのであります♪皆さんありがとう♪ Beigeでは一次会としてしっかりと食事を楽しむことも可能ですし二次会や三次会で軽くつまみながら飲みたいという要望にも応えてくれふらっと気軽に立ち寄れるワイン&ダイニングとなります♪...

"ENOTECA MANIFATTURA"葡萄酒酒吧隨意去熱海站風格

熱海駅前にある「仲見世商店街」の商店街を抜けてバス通りに出て左折すると見えてくる 駅より徒歩圏内の「ENOTECA MANIFATTURA エノテカ マニファトゥーラ」建物の老朽化で閉めてしまった熱海の名店「ビストロ ア・ラ・プラージュ」のソムリエを務められていた 萩原健二(Kenji Hagiwara)さんが御一人で営まれており気軽に立ち寄れるスタンディングスタイルのワインバーとなります♪ 店内に入るといきなり立ちはだかる大きなワイン樽の数々! 噂にはお聞きしていたものの、酒桶表、 獨特的鼓手,在熱海市是在人跡罕至的地方、 萩原さんがセレクトする美味しいワインとほっこりと心が温まるような手づくりの酒の肴がいただけます! 小さなカウンター席には2~3名が座れる椅子が用意されておりますが、 基地成為常設的樣式、 4只有在每桶表、10你會穿上非常高的人口密度體積小商店嗎。 很多老主顧、オーナーソムリエの萩原さんとの会話を楽しみに来られる方も多いです! こちらも熱海温泉旅館「熱海ふふ」の前支配人であり、我想向您介紹松宮大修,他目前是富山靜水區馬薩拉庫庫河的總經理。、所以我一直這樣、食事の後にお邪魔しました♪ お勧めのグラスワインのメニューがスパークリング、白色、紅色和黑色版上市。 もちろんボトルでのオーダーも可能です♪ オーナーソムリエの萩原さんは、年輕或年輕時穿越到法國、和學習葡萄酒、 2011由年的夏天、同じ熱海の有名なフレンチレストラン「ビストロ ア・ラ・プラージュ」でソムリエを務められておりました。 然而,、餐廳是危房,將被關閉之後。 在那之後、尋找土地要開自己的商店、2012年、熱海站位於附近決定開放只是很短的距離。 以前は「カステラ工場」だった跡地をセルフビルドでリノベーションされています。 店名、イタリア語で「ENOTECA エノーテカ」は、 並指示義大利葡萄酒中心餐廳或是葡萄酒吧、 「MANIFATTURA マニファトゥーラ」は「工房」を意味します。 小、人見知りの気がある萩原さんですが、 在這一天、初めてお会いしたとは思えぬ程に楽しい時間が過ぎて行きます♪ 「LA ROSCA CAVA BRUT ラ・ロスカ カヴァ ブリュット」800円 スペイン カタルーニャ ペネデス近郊の畑で収穫される伝統品種マカベオ、夏洛、很好的平衡混合和 Parellada、 由二次發酵瓶中至少 9 個月的老化前釋放。 豐富的泡沫、新鮮水果讓人聯想到青蘋果的香味、 爽やかな味わいが楽しめるカヴァです♪ 「ASTRUC MAL MAS ドメーヌ・アストラック ディー・エー カベルネ・ソーヴィニヨン 2014」800円 フランス ラングドック 1802年以降、葡萄園呂克、名人堂在酒的品質、 主幹道區-法國南部的朗格多克、位於比利牛斯山麓小丘、...

沙龍杜侍酒師比掛川搬遷 40 年資深品酒師!

ワインに関わり続けて40年というベテランソムリエが運営する京都のワインバー 「サロンデュソムリエ SALON DU SOMMELIER」オーナーソムリエである岩本厚さんは、 上一頁、静岡の掛川駅前にて長年営んできた「サロンデュソムリエ」を 海外で活躍していた外国人ソムリエに譲り渡し、 67歲了、「人生の最後は京都で」と心に決め、她搬到京都獨自、 2015年4月14日に移転オープンされています六角麩屋町角の「三木半旅館」の道を挟み西側にあるドルチェヴィータ京都六角ビルの地下1階にあります♪ 店内は、暗紅色基地、 一個休閒的桌子和沙發座位、並提供了 40 個議席中一個私人房間。 在後面的餐廳、岩本さんが15年の歳月を掛けて取り揃えた珠玉のワインコレクションが並び、 什麼號碼、およそ200種類で2,000本にも及びます! そのワイン毎に最高の飲み頃で提供してくださりいずれもワインに良く合う厳選メニューの料理も楽しめます♪ オーナーソムリエ・岩本厚さん 1949年に静岡県袋井市に生まれ「ヤマハリゾートつま恋」にてソムリエとしての修業を積み、50在年齡。 静岡県掛川市駅前で「サロン デュ ソムリエ」を立ち上げ、菜和酒充滿創意。 長年営んできた「サロンデュソムリエ」を海外で活躍していた外国人ソムリエに譲り渡し、 67歲了、「人生の最後は京都で」と心に決め、她搬到京都獨自、 2015年4月14日に「サロンデュソムリエ SALON DU SOMMELIER」を移転オープンさせ現在に至る。 和在這裡見到通過酒、 多年的知識和經驗、所以你可以知道多少葡萄酒的真正吸引來贏得生活的提供、 人生を思う存分謳歌するために今日も孤軍奮闘される岩本さんあなたのライフスタイルの潤いに是非ご利用ください♪ サロンデュソムリエ SALON DU SOMMELIER 京都府京都市中京区大黒町90 ドルチェヴィータ京都六角B1F お問い合わせ専用TEL:075-744-6812 預訂號碼:050-5571-9519 上班時間:17:00-一天 2:00 週一閉館:火曜日 http://www.salon-du-s.com/...

"先正達,UNO 51' 葡萄酒酒酒吧服務的對齊方式承諾菜

富山市荒町市電の荒町電停から歩いてすぐの駐車場ビルの中2階に ワインボトルがガラス一面にディスプレイされ煌々と青光りするワインバー「51 シンクエンタ・ウノ」さんワイン通の間ではかなり知られた専門店となり遅くまで営業されているので同業者のシェフやソムリエなどがよく利用されていますワインの品揃えは勿論のこと料理はジビエを得意とされていたり野菜は自家菜園のものを使用するなどこのお店独自のこだわりが多く見られます♪ コの字型のカウンターバーのみのシンプルな造りムーディーな雰囲気が漂い一気に客層の年齢層も高くなり大人の夜の世界へと突入します「浅野プレゼンツ!クイックで回る熱き富山Night!」の4軒目はこちらのシンクエンタ・ウノさん♪ 富山のフレンチ「リモージュ」さんやニューヨークで修行されてきたオーナーシェフの佐藤宏一さん幅広い客層への対応もスマートで熱烈なファンを獲得しており人気店として名を馳せるのもオーナー佐藤さんのお人柄の賜物でしょう♪ 「スーヴェラン 2012 / シャルドネSOVEREIGN / CHARDONNAY」 ソノマアレキサンダー・ヴァレーで60年以上に渡り秀でたクオリティワインを造り続ける由緒ある生産者フォスターズ・ワイン・エステイト・グループの傘下となった後も、 以合理的價格、安定したバランスよいワインが送り出されていますワインはそれぞれ特徴的な酸味で適度な熟度が備わっており柑橘とリンゴの果実にトーストした樽の風味が縁どりほのかにクリーミー、 75%を樽発酵させ豊かなオークの風味とコクを与えフィニッシュはフレッシュで爽快感に富んでいます♪ ワインクーラーが恐竜の卵のような巨大なストーンでできており持つとかなりの重量がありHeavyです保冷性に優れておりいつでも快適な温度でワインが楽しめる優れ物です♪ 「野菜のエチュベ」900円 シェフの佐藤さんが、上一頁、東京三田にある「コート・ドール」のスペシャリテで食べた時に 「何!何!?この野菜の美味しいの?」となり試行錯誤されながらその味わいに近付く努力を重ねた一品。 蔬菜、自家菜園のものを使用し鮮度良く甘味と旨味がありきちんと食感と歯応えを残しつつもしっかりと味も滲み渡っておりとても美味しエチュベです♪ 「ブーダンノワールのテリーヌ」850円 豚の網脂を溶かしてそこに玉ねぎのみじん切りを加えカトルエピスパセリを加え生クリームで合わせて乳化させたものに豚の血を撹拌しながら混ぜ続け最後にテリーヌ型で湯煎焼きにし冷蔵庫で丸1日寝かす「ブーダン・ノワール」しっとりと滑らかな食感、其濃郁的香味、バゲットやクラッカーに添えていただきます。 多半、どの料理も全般的に美味しい気配がプンプンするので、 下一次、しっかりとこちらで食事も楽しんでみたいものです! 佐藤さんありがとうございました♪ シンクエンタ・ウノ 51 富山県富山市荒町5-4 寺島ビル2F TEL:076-491-4051 上班時間:19:00〜3:00週一閉館:月曜日 http://blog.goo.ne.jp/cinquentauno51...

前開三店充滿新開張的"巴里克"名古屋年輕主人的勢頭

在名古屋,在這裡和在年中快速連續開了家餐館、 通過名古屋的美食的人都知道的、飲食店業界を盛り上げている 若手オーナー山口太郎さんの記念すべき3店舗目となる「Barrique バリック」さんが 東区泉に2015年6月2日にオープンされるということで、 開幕前夕,我們闖入了開業的這。 オーナーの太郎さんの運営する「株式会社Miprovini」では、 2012年10月2日にオープンされた高岳のイタリアン「VINI DEL BOTTEGON ボッテゴン」と 夜の23時からオープンするというシャンパンバー「名古屋CHAMPAGNE俱楽部」を運営されています。 這第三個店鋪打開並成為、 主人不知道呆在喜歡的臉,明白我想要看見一個有才華的秋千。 它是接近午夜時工作日的晚上、 前開五月、多くのファンがお祝いに駆け付け賑わいを見せています♪ 店内は、建築在深度上有高高的天花板。、充滿開放感。 釋放出天然木材簡單的口味的亮度、 在休閒的用餐氛圍、我感受這種解脫的護理。 在後面、繞過廚房櫃檯座椅也可用、獨自在門登霍爾,感覺到自由。 店名の「Barrique バリック」とは、葡萄酒桶。 巴里克是指通過橡木桶與名稱、 我敢肯定、許多其他酒商店在發洩插頭和、楽しまれることでしょう♪ お祝いの駆け付けにシャンパーニュをマグナムボトルでいただきます! オーナーの太郎さんの以前の職場はミッドランドスクエアの「ENOTECA PINCHIORRI NAGOYA」さん。 在你的地方、後被獨立的經歷、 迷人的房利美臉、每坦率和友好的方式、 工作人員裡面跑到豆比其他任何人、真的奔波著微笑、 我們的人民讓我們感受到的熱情好客和舒適的快樂。 "芋頭陳、我來了 ! 」、"芋頭陳、おめでとー!」 と声を掛けられる毎に喜びを露わに全身全霊の振る舞いをされる太郎さん多くのファンが太郎さんを慕う理由がここにあるのだと思います♪ 「ピエール・ルグラ・シャンパーニュ・グラン・クリュ(マグナムボトル)」 フランス シャンパーニュ 1662年に生まれたピエール・ルグラ氏が、歎了口氣,開始活動作為葡萄種植者、 350多年來的一代、直到今天仍然家庭內閣重組。 シュイイのグラン・クリュ100%の超希少シャンパーニュ! 栽培は厳格なリュット・レゾネを貫いており「ブドウを完熟させてから収穫すること」にこだわっています。 好的泡沫、成熟的水果是豐富的風味和香氣散發、クリーミーさを楽しめます♪ 女性陣のグラスが空きそうになると、不錯的紳士可以智慧服務。 名古屋、本当にレディーファーストができるイタリアンジェントルマンが多いです(笑) ハムのサラダ仕立て カルパッチョ3点盛り 汁無し坦々麺 気付けば新しいメンバーが次々と。 名古屋美食家會欣賞、非常廣泛的橫向聯繫、皆さん仲良しです♪ 「バタール モンラッシェ / ラモネ(マグナムボトル)」フランス...

享受葡萄酒酒吧聊天"國保擁有者,相干,而葡萄酒的樂趣和包括

名古屋のオレンジタウンビルの2階にあるワインバー「小久保 KOKUBO」さん階段を上り一番左奥のお店ですタクシーで出向かれる方は「オレンジタウンへ」と伝えればOKです食べログのマイレビュアーさん達が良く足を運ばれており評価も高くとても気になっていたため「LA VAGABONDE ラ・ヴァガボンド」さんの後の夜の〆に足を運びます♪ フランスのボルドー地区のミシュラン3つ星レストラン「ジョルジュ・ブラン Hotel Restaurant Georges Blanc Vonnas」にて ソムリエの経験を持ちインポーターラ・グランターブル・ドゥ・キタムラのアドバイザーとして活躍してこられた ソムリエの小久保祐介氏が6年程前にオープンされたお店です♪ 店内はL字のカウンター席のみのこじんまりとされており店主の小久保さんとの会話を愉しみながらセレクトされたよりすぐりのワインや美味しい料理をいただくワインバーとなっています♪ ワインは事前に予算を伝えておけばそれに見合ったワインをリーズナブル価格で提供してくださるとのこと。 還、ボードにその日お勧めのグラスワインがシャンパン・赤・白と3種類ぐらいずつ提示されているためそちらからオーダーすると良いでしょう料理もワインに合うものを各種用意されておりお勧めメニューがボードに記されています中でもチーズは小久保さんが買い付けたものを独自に熟成させているそうで好みを伝えれば個々の趣向に合ったチーズを提供してもらえますこの日は既にお腹は一杯なためワインをそれぞれにオーダーしました♪ 「ピエールモンキュイ」フランス シャンパーニュ 1,700円 コート・デ・ブラン地区最上の長熟のシャルドネ100%のシャンパーニュ爽やかで喉越し良くフルーティな味わいを楽しめます♪ 「サン・トーバン・1er 2012」フランス ブルゴーニュ 2,000円 古くからピュリニーに本拠地を置くドメーヌ・ジャン・シャルトロン創設者はピュリニー村の村長だった時に村名をピュリニー・モンラッシェ村とする正式な許可を得ています凝縮感溢れ、就是力量。、フレッシュな果実味と程良い樽香がうまく溶け合い バランスの良いエレガントな余韻の長いワインです♪ 当時小久保さんが3つ星レストラン「ジョルジュ・ブラン」にて働かれていた際の貴重なワインリストを見せてくださいました錚々たるラインナップに興味津々です♪ 「クロマルガレーヌ 2008 シャトー・マロジャリア」フランス ボルドー 2,000円 サンテミリオンヴァランドローが手掛けるメドック初のガレージワインと話題を振りまいた マルゴーのマロジャリアのセカンドラベル比較的若い樹齢の樹のブドウを使用し、18ヶ月間フレンチオークの新樽で熟成濃く艶やかな暗赤色黒系果実やコーヒーの風味が豊かで凝縮感があり甘美で柔らかです柔らかい物腰物言いでちょっと辛口まるで生き字引のようにウィットに富んだ小久保さんとの会話はとても愉しく軽く1杯のつもりがつい長居となってしまいます。 下一次、小久保さんの料理も味わってみたいものですね♪ 小久保 愛知県名古屋市東区泉1丁目17-3...

當天的推薦葡萄酒的 "黎凡特" 在發佈會上的締約方

ゆったりとした時間を過ごしながら美味しいワインをいただきたい・・・となれば思い出すのが浜松は肴町にあるミュゼ肴町ビル2Fにありますワインバー「Le Vin ル・ヴァン」さんワインバーならではの数多くのグラスワインとそれに合わせたチーズのマリアージュが無数に楽しめ大人たちがまるで隠れ家のように静かな時を奏でるに相応しい場所となります。商店、10名ほどが腰掛けれる上質なウォールナットを使用した長く大きなカウンターとソファで寛ぐテーブル席がひとつ座り心地の良い椅子が置かれ、這完全自包含下背部、壁に飾られたフランスの画家アンリ・マリー・レイモン・ド・トゥルーズ=ロートレックの画が目を惹きますカウンターのバックバーには天然の石版が埋め込まれフロアー全体を落ち着いた空間へと誘います♪ 氷箱里さんでお腹を満たした後に伺ったルヴァンさん。在這一天、シェフがお休みでオーナーソムリエの寺田克也さん御一人で営業されていました日曜の遅い時刻は比較的静かなようです♪ 「Farr Rising Sagnee ファー・ライジング・セニエ 2013」オーストラリア ロゼ ル・ヴァンさんにはその日お勧めのワインが必ずあります好みを伝えて出していただくのも良いですが寺田さんにお任せするのも良いでしょうこの日のお勧めはオーストラリアのファー ・ライジングのロゼ若き生産者ニック・ファーのキャリアは偉大なる父であるギャリー・ファーから受けた食とワインへの情熱がキッカケ幼少時代実家のブドウ畑で草取りをして過ごし大学を卒業してからはローズマウント エステートの研究室で働きその後アメリカにあるクリストムとオー ボン クリマでヴィンテージをそして家族ぐるみの友人であるセイエスと共にブルゴーニュのドメーヌ デュジャックにて計4年の月日をかけてヴィンテージを研修個々のブドウ畑の色を反映しているニックのワインは極めて特徴的で繊細かつ複雑父親の造るワインとは違ったスタイルを持つニックのワインはその豊かな個性においてそれぞれ高い評価を受けているそうです美しいサーモンピンクで赤いさくらんぼやアセロラの香りを持ちますロゼとは思えない味わいが力強く感じ愛らしい旨味が溢れるワインです♪ 自然体の寺田さんをパチリ。最近、どの角度で撮ればスリムに見えるか格闘しています(笑)そうそうこの日のお通しはル・ヴァンさんで作った「自家製おかき」でした!(驚)トリュフの香りを纏った贅沢なおかきはお餅を細かくカットして乾燥させてから揚げているそうです写真に撮り忘れましたが美味しかったです!寺田さん美味しいワインをご馳走様でした♪ Wine Bar Le Vin ワインバー ルヴァン 浜松市中区肴町318-26 ミュゼ肴町ビル2F TEL:053-413-1450 上班時間:18:00-26:00 週一閉館:月曜日 http://www.le-vin.jp/...

景園四tsu池模型完成啟動締約方在葡萄酒吧"antimitet"

從這些城市左邊30米進入薩卡納-喬街、新駒ビルの2Fにあるワインバー「Intimite アンティミテ」さん。品嘗美味的葡萄酒, 我們選擇業主領域, 竹中坤、2軒目に少し落ち着いて呑みたい方にはもちろんのこと、2012年5月より新しいシェフの谷野くんを新たに迎えられたことで食事メニューが充実しています同時期に営業時間も18時~のオープンと早めになり食事を楽しみながらワインを頂きたい方にもお勧めです。2013年11月には同ビルの1階に「おばんざいや一了」さんという日替わりのおばんざいがカウンターに並ぶ大人の雰囲気のダイニングバーもオープンされアンティミテさん共に人気のあるお店で賑わっているビルです♪ 店内はカウンター席5席。1~3名程度の少人数であればやはり龍くんとの会話も楽しみながらカウンター席でのんびりとしたひとときを味わうのが良いでしょう♪ 2012年のプチリニューアル後には奥のテーブル席にはカーテンの仕切りを持たせるなど落ち着いた空間になっておりますテーブル席4名×3席の12席ですが壁面側はソファー席となっているので多少の人数調整が可能です。然而,、席数は限られているので予め予約をされてから足を運ぶことをお勧めします。現在、Leeさんで食事をし赤ワインまで飲み干しましたがこちらでは軽めに白ワインで〆ることになりました♪ オーナーの龍くんにお勧めのワインをセレクトしていただきます♪ 「サンセール テール・ドゥ・マンブレイ」フランス ロワール 白 レ・メイユール・ヴァン・ド・フランスでサンセールの次世代を担う造り手と評価されているルヴェルディ家マンブレイ村の周囲の斜面に現在14haの畑を所有し畑は40以上の区画に細分化しており樹齢は15~70年に及んでいます土壌はキメリジャン土壌の石灰粘土質驚くほどの貝殻化石(ジュラ紀)が転がっていますドメーヌはパスカル(兄)パスカルの妻ナタリーと故ニコラ(弟)の妻ソフィーで運営を行っています。葡萄品種:ソーヴィニヨン・ブラン100%サンセールの風土をそのまま表現したようなミネラル感に富み果実味と心地よい酸味が印象的なワインです♪ お通し「生ハムのリエット」 生ハムの塩気がワインに良く合い最適なおつまみです♪ 普段は物静かで寡黙なタイプですが語り出すとヒートアップし続けて止まらない長谷氏。和、そんな彼に尊敬の念を絶やさず長谷教に入信してしまった榊原くんとの楽しい未来の語り部は夜な夜な延々と続くのでありました大輔くん先に帰って正解だったのかも!?(笑)龍くんまたお邪魔します♪ Intimite アンティミテ 浜松市中区肴町312-8 新駒ビル2F TEL:053-454-7081 上班時間 18:00-25:00 週一閉館:日曜日 http://intimite.hamazo.tv/...

葡萄酒餐飲世外桃源"La 藏匿"的官司,清繪畫日二樓揭幕

遠鐵列車北至濱城、通称「赤電」の第一通り駅を降りてすぐのワイン食堂「La Cachette ラ キャシェット」さん。馬克的巢穴葡萄酒令人印象深刻的餐廳擺在店前的大酒桶和酒瓶。2012年9月にオープンされてからというもの美味しい料理とワインで口コミが口コミを呼び、熱門店鋪。オーナーソムリエの森下桂司くんは、34老和年輕, 提出美味的葡萄酒選擇在舌頭自己的知識, 而在葡萄酒店總是超過100、它提供適合葡萄酒的菜肴。店名の「La Cachette ラ キャシェット」とはフランス語で隠れ家や秘密基地宝箱を意味するそうですワクワクするような素敵な店名♪ 店内は1階と2階があり、1在地板櫃檯4個位子、表 8 座位。爬上螺旋樓梯上樓去、16和名字作為桌位子、在《憲章》中是否有空間作為活動場所舉辦葡萄酒研討會等。。這裡、下和母親的兩個已經宮殿、充滿親密感的商店。2樓層座椅、元々3階までスペースがあったため、樓梯仍然徘徊、在撤退的氣氛中, 比如到某個秘密房間的某個地方、在一個良好的空間奇跡和寧靜。這裡、從前有一個裁縫、古董貨架被使用時, 通過對我喜歡、有一個漂亮的櫥櫃, 現在內襯葡萄酒。2地板座椅很受歡迎。、事前に予約時に2階席を指定すると良いそうですよ。在這一天、友人の今井憲彦さんにお誘いを受けてパフォーマンスアーティストである山内清司くんから譲り受けた画のお披露目会と共に最初の展示先としてキャシェットさんにご協力をいただいて受渡式を開催されるとのこと今井さんのお友達にもお声がけされているとのことでしばらく待つ間お先に始めさせていただきます♪ 「クレマン デュ ジュラ / ステファン ティソ」 フランス ジュラ 葡萄品種シャルドネ種55ピノノワール種45%ずっと飲み続けていても飽きる事のないティソのワインは「このピノノワールとシャルドネを主体としたキュヴェは価格の面で言えば世界最高の発砲ワインの一つ」とパーカーJr.が称しジュラという地方の強烈な個性に溢れていますリンゴやグレープフルーツ洋梨の果実味に溢れ泡立ちは細かくとても豊かな味わいです♪ MIXナッツ オリーブ 浜名湖産タコとアボカドのサラダ 「自家製パンの盛り合わせ」 地元三方原産じゃがいもを練り込み焼き上げたもっちり食感のパンのじゃがいもとローズマリーのフォカッチャをはじめ、開胃麵包義大利 Commere、プレーンなバゲットなどなどその日お勧めのパンを盛り合わせてくれます♪ 2013年10月28日に駅南のサーラシティ浜松向かいにオープンされた「BIO・あつみ エピスリー浜松」の代表取締役である渡会一仁さんとエッセンシャルオイルアドバイザーの岡部優佳さんを今井さんよりご紹介いただきました以前足を運んだこともあるBIOあつみさんに大変興味もあったことから渡会さんとのご縁に感謝。和、今井さんとは飲み友達でもある優佳さんもとても素敵なお姉様で御三方がとても仲のよろしいことから気兼ねすることなく直ぐに打ち解けることができとても楽しい会となりました♪ 有機ごぼうのサラダ 粒マスタード和え 有機空芯菜の炒め物 ラタトゥイユ 渡会さんがお店に有機栽培の牛蒡と空芯菜を持ち込まれ無茶ぶりで調理してもらったそうです(笑)こちらはメニューには無いかと思われますのでご了承ください有機栽培の牛蒡の土の香りと食感を活かしたサラダはマスタードの酸味がとても相性良かったです!空芯菜もペペロンチーノとして辛味とニンニクを効かせて洋風にアレンジされていました♪ 「リボッラ・ジャッラ / ダリオ・プリンチッチ」 イタリア フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア 自然派ワインの名士ダリオ・プリンチッチのリボッラ ジャッラはフリウリの土着品種で生産者であるダリオが最も大事にしている葡萄です他の品種に比べ収穫時期が少し遅い(9月下旬)こととマセラシオンの期間が倍以上(2週間以上)行うことで他ワインより色も濃く、回味悠長、長期熟成にも耐えうる素晴らしい出来栄え白とは思えぬほどの褐色熟した林檎や桃、焦糖、スパイスなどに若干オリエンタルな要素も感じます冷え冷えよりも少し室温に馴染んだぐらいの温度でより美味しく感じ旨味溢れるワインです♪ 主賓の山内清司くんの登場でアーティストである彼の今後の展望話に華が咲きます清司くんは現在10月のニューヨーク行きに向かって作品を書き溜めている最中でなかなか多忙ではあるのですが清司くんの大ファンである今井さんのために駆け付けてくれました♪ 清司くんから今井さんに譲渡された画は今後しばらくの間はキャシェットさんの2階席に飾られる予定ですので皆さんも美味しいワインを片手に画に慣れ親しみ浜松出身のアーティスト山内清司を応援してくださいね♪ 「クナワラ カベルネソービニヨン / ウィンズ」 オーストラリア クナワラでの最大最古のワイナリーで生産されたワインオーストラリアのカベルネの代表作とも言えるこのワインは全体に溶け込んだタンニンと引き締まった構造を持ち土地の風味を感じることができる芯の強いワインです豊かな果実味と時間と共に変化する深い味わいは清司くんの好みに合わせ日本を離れオーストラリアでの経験を積みオーストラリアワインへの愛情深い清司くんへ今井さんからの贈り物ワインとなります♪ 三ヶ日あかぶたのソテー ジンジャーソース 土佐あかうしのグリル チーズ盛り合わせ 「サンジョヴェーゼ・イン・プレッツァ 2009 / ラ・チェレータ」 イタリア トスカーナ トスカーナの自然派ワイナリーラ・チェレータの個性派ワイン濃厚且つ綺麗なサンジョベーゼ100%でこちらのエチケットはボトル1本1本に花の画を手書きするという限定キュベとなりますオーナーの奥様が桃の花をモチーフに直に手書きしているため同じエチケットは無いそうです!ワインのエチケットは様々ですがより生産者の想いや情熱を感じ取ることができる大切なものですね♪ 「ブラマンジェ バラのスープ仕立て」 楽しい宴の〆のデザートは今井さんから女性陣にとお心遣いの一品!上品な薔薇の香りに包まれて口溶け滑らかでとろける食感のブランマンジェです。剛、この翌日にBIOあつみさんで面白い講習があるとのことで取材に出向く約束を交わしました!今井さん素敵なご縁をありがとうございます!森下くんまた伺いますね♪ La...

滾動到頂部