曼谷曼谷半島酒店的家應該叫告別:

今回の「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」での滞在は「ペンクラブ PEN CLUB」での予約を取らせていただいたため自由な時間にチェックインまたはチェックアウトすることができる ペニンシュラタイムというサービスを利用しフライト時刻に合わせて夜20時のチェックアウトとさせていただきました!(嬉) そのおかげで、圓的 1,觀光樂趣。、さらにホテルでもゆったりとした時間を過ごすことができたのです♪ チェックアウトを済まし夜の落ち着きを放つザ・ロビーにて事前に予約した空港までの送迎車を待つことに致します♪ この見慣れたチャオプラヤー川の雄大な景色とも、還、暫しのお別れです♪ セールスマネージャーのChaiwat Kulchaisit(通称チャイワット・写真右)さんがお見送りをしてくださいました!(感謝) 暫く会えないけれど必ずまたバンコクのホームとも言える 素晴らしき「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」に戻ってきますね! 今回は短い滞在でしたが本当にお世話になりました♪ 帰りはこちらのクラシックカーで送迎...というのは冗談です(笑) たまたた当日ペニンシュラ・バンコクでウェディングパーティがあり、 客人和來訪者與好的梅賽德斯-賓士經典車、 あまりに可愛らしかったので記念撮影させていただきました♪ 日本人が運営する送迎タクシー「都レンタカー」さんの現地ドライバーさんが予定時刻通りに到着です。 作為一種交通工具、一輛計程車是交通的最最簡單工具將是交通的、 很有可能曼谷計程車司機英語口語、 進一步、風險和欺詐適合,因為那裡是零和,、 你可以避免風險,用運輸工具可以完全放心提前預訂。 驅動程式是因為本地人、但在泰國,或英語會話、 因為這家公司由日本、 如果您遇到任何問題、日本人オーナーの連絡先があるため安心です♪ 道路は渋滞することもなくスムーズに進み「スワンナプーム国際空港」へと向かいます。 我可能是。、タイの取材旅行も終わりが見えてきました! お次は空港でのラストディナーの紹介です♪ ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok 333 Charoennakorn 路, Klongsan, 曼谷 10600, Thailand ⇒Google Map TEL:+66 2 861 2888 HTTP://bangkok.peninsula.com/...

露臺優雅的下午茶在曼谷半島酒店大堂

香港に拠点を持ち、5つ星の名門ならではの風格と品格漂うリゾートホテル 「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」チャオプラヤー川に面してそびえ立つ37階の高層ホテルでホテルを独創的な「W」型に設計することにより全客室からリバービューを楽しむことができます♪ 賑やかな街並みを散策した後は眼下にゆったりと流れるチャオプラヤー川を眺めながら寛げるザ・ロビーにて、 優雅的下午茶,讓我們。 而不待、查看更多的客人在餐廳和下午茶可用。 雖然你們很多人喜歡在房間裡的下午茶、 風在空氣中的不是太好了我們、心地好い風が吹くテラス席をお願いしました♪ 外のテラス席は、不是每個人都、まるで貸切状態(笑) メニューは、3和真實的下午茶託盤、 「トラディショナル・アフタヌーンティー」 または 「ナチュラリー・ペニンシュラ・アフタヌーンティー」 各890THB(日本円にしておよそ3,300円)の2種類があります夫婦でそれぞれにオーダーしました♪ 左3段「トラディショナル・アフタヌーンティー」 右3段「ナチュラリー・ペニンシュラ・アフタヌーンティー」 各890THB(日本円にしておよそ3,300円) 左のトラディショナル・アフタヌーンティーは、在瘋人院裡,點綴著泰國的傳統美食,如果設置、 千卷,因為它帶有新鮮春捲直到、而不是主要的甜點、淺色樣式。 是的權利自然半島的下午茶、FRS 健康能量、為閣樓,製作時、 序列是一種健康的甜蜜、女性に人気です♪ 「コーヒー」 甘いものにはやはりコーヒーを合わせていただくのがベストです♪ この日がバンコク最終日とうこともありセールスマネージャーのChaiwat Kulchaisit(通称チャイワット)さんが挨拶に出向いてくださいました。 而不是夜晚、1只一天了、這被通過在運輸過程中。 日本語がとても上手なチャイワットさんにいろいろな情報をいただけて本当に感謝です! さて、它提供了一些安慰、チェックアウトまでゆっくりと身支度を致しましょう♪ ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok 所在地:333 Charoennakorn 路, Klongsan, 曼谷 10600, Thailand TEL:+66 2 861 2888 HTTP://bangkok.peninsula.com/...

在尼德拉德的優雅河沙特台曼谷半島酒店

「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」のデラックスルームに 差し込む朝陽を浴びて気持ち良い起床となり、 抱歉地說決賽,泰國 10 天漫長的旅程開始從這裡意見。 這一次,、「ペンクラブ PEN CLUB」での宿泊予約を取らせていただいたため、 後期的退房服務、有難いことに夜10時のチェックアウトが可能となり、 幸運的是有深夜航班、最終日の1日もフルにバンコクを満喫したいと思います♪ 朝陽が眩しく、院子裡鬱鬱蔥蔥明亮的綠色草坪地毯。 チャオプラヤー川の朝の様子を眺めながらの優雅なモーニングペニンシュラ・バンコクの1階にある「リバーカフェ&テラス」でのブッフェ・モーニング。 國際美食是順序。、 正宗的泰國菜開始。、義大利面和麵包、肉料理に魚料理と洋食も揃います♪ 洋食ブースでは、大塊的新鮮油炸和大肉烤豬肉代替你選擇金額分鐘切我們、 用蜂蜜姜汁、 糖醋醬。 和、維納是類型的數量、答案是肯定的、提供了一個溫暖的國家。 在泰國菜放在背展位、蔬菜炒飯或炒飯、在泰國麵條、 さらにバミー(タイ語บะหมี่)と言われるタイ風ラーメンが並びます。 炎熱和溫暖、冷冷的設計和提供、 很多產品、它是愉快的工作人員的工作人員、こちらのブッフェは本当に大好きです♪ わたしは洋食系のモーニングをいただき、 她的丈夫早餐的泰國菜、與往常一樣在眼前。 對天氣與最後一天、爽やかな朝を迎えることができました♪ グリーンサラダにサーモンやハムにサラミ美味しいクロワッサンにモーニングコーヒーがいただけます♪ 目玉焼きやローストポーク クロワッサンやパイ 南国のフルーツたち バミー(タイ語บะหมี่)と言われるタイ風ラーメン。 是湯麵 Naam (湯) 的存在和被劃分成麵條母雞 (無湯)。 這裡、選擇最喜歡的夾具板、將煮在泰國食品展臺。 湯本身的味道是真正質樸無華、目の前の甘・辛・酸・塩の様々な調味料で自分好みの味に仕上げていくのです♪ 焼き上がったばかりのマフィンやスコーンを運んでくださるサービスも♪ お腹が一杯なのに、這是關於、目が欲してしまうので危険です(笑) セールスマネージャーのChaiwat Kulchaisit(通称チャイワット・写真右)さんと アシスタントマーケティングサービスマネージャーのOboe Napat Watthanasan(通称オボー・写真左)さんが 朝の挨拶に出向いてくださったので総支配人を務めているカーチャ・ヘンケ Katja Henkeとの再会を望むとチャイワットさんが呼び出してくださいました♪ 総支配人のカーチャ・ヘンケ Katja Henkeさんとも半年振りの再会です!(嬉) 前回も多忙な中、把你的時間和、とても親身に対応してくれたフランクで素敵な女性のカーチャさん。 和一個擁抱、久々の再会の時間を楽しむことができました♪ 午前は、我想我們的心中,對這個城市的目的。 「ザ・ペニンシュラ・バンコク...

沿著閃閃發光的晚上氣氛湄南河曼谷半島酒店

圍著太陽轉沉深藍色的天空、 「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」内の中庭からホテルを見上げると、 精美裝飾用燈在房間和大堂是燈火通明的燈光、 まるで月夜に浮かび上がるようにそびえ立つ高層タワーは圧巻の一言に尽きます♪ ペニンシュラ・バンコクの1階にある「リバーカフェ&テラス」からの 美しく雄大なチャオプラヤー川の流れと共に感じる緩やかな時と 夜景を眺めながらの食事もお勧めです♪ ホテル内にある伝統的なタイ料理を振舞うレストラン「THIPTARA ティプタラ」”ティプタラ”とはタイ語で“天国からの水”を意味し水上の楽園として、並提供輕鬆的時光。 著裝是、便裝。 之後,晚上 18 ︰ 自半明半暗和亮燈、 濱江的夜生活和喜怒無常的氣氛、本場のタイ料理の食事を楽しめます♪ チャオプラヤー川の景色を眺めながらターコイズブルーに輝く贅沢な「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」内のスイミングプール朝6時~23時の間であれば、客人可自由使用是可能。 到了晚上、12棟のサーラーに明かりが灯されプールに反映し水面をキラキラと輝かせています♪ ザ・ロビー リニューアルされたザ・ロビーは、無需中斷在飆升中庭視線空間打開,高品質的顏色和、 玻璃窗戶、它是可能欣賞湄南河的景色。 在這裡,在、早餐、午餐、咖啡廳、ディナーと終日利用できるオールデイダイニングとなっており夜の落ち着きを放つ雰囲気もまた素敵です♪ タイ在住の日本人ジャズピアニストのSachikoさんのお友達のHenry San Buenaventura(通称ヘンリー)さんが、 剛、因為它已經一直在唱在大堂酒廊、留給我聽你解釋、 我是她動人的歌喉、 挨拶してくれたヘンリーさんが日本人のわたし達のために谷村新司さんの「昴」をプレゼントしてくださいました♪(感謝) 余韻に浸りながら部屋に戻り赤ワインで再度乾杯! ほろ酔い気分で深い眠りで快眠でき、可以在新鮮早晨醒來。 下一步在行、ペニンシュラ・バンコクの品揃え豊富な朝食の紹介です♪ ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok 333 Charoennakorn 路, Klongsan, 曼谷 10600, Thailand ⇒Google Map TEL:+66 2 861 2888 HTTP://bangkok.peninsula.com/...

曼谷半島酒店"審判美江 ' 正宗粵菜是受歡迎的中國餐廳

「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」内にあり香港出身のシェフによる本格的な点心やアワビ料理などの広東料理が楽しめる「メイジャン Mei Jiang」。 白天、雖然撿豐富點心點心正在流行、享受許多種類的茶、 在晚上、並提供 à la carte 或課程。 優雅的氣氛、ジャッキー・ホー Jackie Hoシェフが繰り広げる料理の数々がいただける タイ屈指の中華料理レストランです。 返回酒店、前回1月の滞在時には食事をできなかった 中国料理「メイジャン Mei Jiang」にてディナーをすることにしました♪ セールスマネージャーのChaiwat Kulchaisit(通称チャイワット・写真右)さんがメイジャン・マネージャーにお勧めを紹介してくれるよう予約を取ってくれました♪ 各国の首脳や皇室の調理経験もある中国人ジャッキー・ホー Jackie Hoシェフによる 本格的な広東料理をエレガントな雰囲気の中で堪能できます。 商店、並納入精緻的中國風格、 視窗的視圖、周圍有樹木和鬱鬱蔥蔥的花園傳播、更讓人放鬆的氣氛。 包括 5 個私人房間在沙井。 ジャッキー・ホー Jackie Hoシェフは、周遊世界、 其他本地菜和成分得到了新的思路和技術、 學會學習在中國烹飪和草本植物,中藥用成分的好處。 他的豐富知識和經驗利用試驗功能表、 伝統的な広東料理と新たに考案したオリジナルメニューを提供しています♪ メイジャンのお茶の種類は大変豊富で、 5烏龍茶類型簡介、茉莉花綠茶、普洱茶、白茶、紅茶、荔枝茶、緑茶などが楽しめます♪ 「プーアル茶」180THB(日本円にしておよそ670円) 中国では日々の生活に欠かすことのできないまろやかな味わいが特徴のプーアル茶。 在雲南省,是一個著名的製片人、保健茶、ダイエットのお茶としても有名です♪ 「ペニンシュラオリジナルカシューナッツ」 お酒の当てに出してくれたメイジャンで作られているオリジナルのカシューナッツです。 灑上香料腰果、 烤炸 ! 什麼的。 想要買一份禮物作為每次、 在角落裡的兔子、このカシューナッツの味わいは美味しく癖になりお勧めです♪ 「アミューズ」 白身魚の甘酢ソースがけふっくらと揚げた白身魚に甘酢のソースが絡み良く合います♪ 常夏のタイではやはりビールが美味しくいただけてしまいます♪ 「シンハー SINGHA」260THB(日本円にしておよそ960円) タイビール「シンハー SINGHA」は、 1933年在泰國出生的、皇家歷史優質啤酒被錄取。 它出現在古代神話"辛哈"和"獅子"。大部分都是從擠奶釀造、 啤酒加入的獨特而豐富的味道、...

建立一個新的設施被打開,在年底“文華東方,曼谷”今年

チャオプラヤー川を挟んで「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」の対岸にある 世界屈指の名門ホテル「マンダリン・オリエンタル・バンコク Mandarin Oriental Bangkok」。 更受歡迎, 甚至在曼谷、その歴史は1876年にまで遡り、 因為它第一次打開、許多作家和皇室成員、政治家などの著名人の定宿として愛されてきました♪ 339室のエレガントな客室と35室のラグジュアリーなスイートを用意し、 最可以俯瞰潮培亞河。 フレンチレストラン「ル・ノルマンディー Le Normandie」の評価も高くワールドクラスのスパも備えています♪ ※注)ル・ノルマンディーは、目前因裝修施工而關閉、2015年12月中旬オープン予定ですホテル専用船着場より続く見晴らしの良い「ザ・リバー・サイド・テラス The River Side Terrace」川沿いならではの景観を望みながら飲食が楽しめます♪ 現在建設中のものも含め44のホテルを世界24ヶ国に展開し、 5つ星ホテルの栄冠を手にする「マンダリン オリエンタル ホテル グループ」は、 總部設在香港特別行政區。、拉格耶雷索特酒店集團。 2015年3月に伺った「マンダリン オリエンタル 台北 Mandarin Oriental Taipei」とは雰囲気も異なり、 在許多國家、その独自の個性を活かされた造りとなっています♪ 川沿いの屋外レストラン「ザ・ヴェランダ THE VERANDAH」はホテルのオールダイニングで、 俯瞰朝培亞河, 你可以、從清晨到深夜, 一直到開放、 タイ料理から西洋料理などの幅広いアラカルト料理を提供しています♪ 「ザ・バンブー・バー THE BAMBOO BAR」は、2014年末に大改装し、已重新開放。 オリジナリティ溢れるフレーバーカクテルがお勧めです♪ ロビーラウンジ アールデコ様式にモダンなオリエンタルテイストを取り入れ、 屯黃顯然泰國熱帶元素編織導航和我休息室。 即使是標準客房也能確保40平方米的面積。 柚木傢俱、在織物中、用絲綢, 和、 伝統的なタイの装飾でクラシカルで落ち着き溢れる空間を演出しています♪ 現在、雖然讓外觀取代了新設施的擴建, 但在擴建方面正在取得進展、 新たにリニューアルオープンされるフレンチレストラン「ル・ノルマンディー...

從鋼筆筆俱樂部會員曼谷半島酒店預訂入住

タイレストラン「ナーム nahm」での食事を終えてからタクシーで宿泊先ホテルへ「スワンナプーム国際空港」から39kmの場所に位置しチャオプラヤー川に面してそびえ立つ37階の高層ホテル 「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」香港に拠点を持ち、5兩個獨特的星星有聲望、 莊重、 典雅度假村酒店、 ホテルを独創的な「W」型に設計することにより全客室からリバービューを楽しむことができます♪ 重厚感溢れる入口、而等待看門人,將永遠支援。 こちらでの挨拶サワディー クラッ(プ) / 汽車 (泰國語言:สวัสดี ครับ/ค่ะ)を忘れずにしましょう。 還、タイでは感謝を表す際に両手を合わせて「ワイ」という合掌礼をします。 使用的問候語、如果你在這裡可用、在一起的手和弓稍微好一點。 然而、この「ワイ」は、作為目前的上級問候、その逆は不自然になってしまうため注意しましょう♪ フロント フロントでまずチェックインを致します。 基礎知識、到泰國語言或英語者優先、こちらでは日本語が話せるスタッフも居るので安心です♪ 今回は「ペンクラブ PEN CLUB」という日本ではあまり馴染みのないメンバーシップに加盟する 海外のエージェントから予約させていただいたため通常の宿泊にいろいろな特典が付いて参りました! こちらの「ペンクラブ PEN CLUB」は、由-只邀請會員和會員代理如旅行代理商只、 旅行社不參加日本和不、嚴格限制海外代理、這為成員。 提供與信用卡,如美國運通或食客,易於理解和解釋有關的服務、 會員將會提供更好的服務。 「ペンクラブ PEN CLUB」では、和半島倍、 你可以免費入住或退房的時間。 房間裡變得不可能如果空缺、可即使、 例えば朝6時~のチェックイン夜10時のチェックアウトも可能で無料となりますちなみに日が変わっていればOKなのかと思い 夜中の0時を過ぎればチェックインできるかどうか確認したのですがさすがにNGでした(笑) 一番早いチェックインで朝6時からとなります! バンコクから日本への帰国フライトを深夜にされる方も多いと思いますので、 如果這項服務飛行 girigiri 直到第二天入住酒店的作為。。 注意、宿泊ポータルサイト等からのご予約では対応できませんのでご了承ください! ※注)ブラックアウトDayは、因為它可能不適合、請與酒店聯繫的詳細資訊。 ペン・クラブ PEN CLUB特典 通常より1ランクアップしたウェルカムアメニティ(ウェルカムシャンパンなど) 2名分の朝食 アフタヌーンティなどの飲食クレジット 50分のマッサージ(ボディ又はフェイシャル)をお受けになる方には30分の無料延長 お部屋でのアンリミテッドワイヤレスインターネット フィットネスセンタースイミングプールご利用無料 ローカル新聞無料 ターンダウンサービス...

曼谷輕軌讓我們移動到智慧騎目的地!

バンコクの中心部を観光する際に、當使用的公車或計程車、公共の道路は渋滞が予想されるため、 利用時間、讓我們檢查的旅行變得更聰明的交通工具。 果醬知道和口語、バンコク都内を走る高架鉄道BTS(スカイトレイン)や北はバン スー駅から南はフアラポーン駅へと約20kmの距離を全駅30分で走行する地下鉄(MRT)がお勧めです。 這次曼谷市旅遊、BTS(スカイトレイン)を利用しますザ・ペニンシュラ・バンコク最寄りのサパーンタークシン駅 Saphan Taksin Stationまで行ける サトーン船着場 Sathorn Pierまで ホテル利用者専用の無料シャトルボートに乗り込み向かいましょう♪ 1日におよそ650往復もされるザ・ペニンシュラ・バンコクのシャトルボートは本当に便利ですホテルからサパーンタークシン駅 Saphan Taksin Stationまで行けるサトーン船着場 Sathorn Pierまでは、 在約 5 分鐘車程、あっという間に到着です♪ 渡し通路を進み左折した方向にBTSのサパーンタークシン駅 Saphan Taksin StationがありBTSはスクンビット線とシーロム線に分けれておりサイアム駅にて両線とも相互乗換えが可能となりますシーロム線はこちらから乗ることができます♪ 券売機で乗車ICカードを購入する場合は券売機の横にある路線図で行きたい駅を探してゾーン番号を調べましょう。 出現,按下的按鈕區數率、紙幣或硬幣。 售票機購買車票、有硬幣只可用、如果你需要交換、改札横のカウンターで両替してもらうと良いでしょう♪ ラチャダムリ駅 Ratchadamri Stationまでの乗車券を1人当たり31THB(日本円にしておよそ115円)で購入。 1在白天、基站在這裡會儘量避免使用,、 在櫃檯、BTSの1DAYパスをB130(日本円にしておよそ480円)で購入することをお勧めします♪ 乗車券を入れゲートが開いてから通り抜けましょう。 穿過大門,、これより先は飲食禁止となりますの注意が必要です♪ BTSの始発時間は朝5時で運行時間は5時~24時までとなり年中無休で運行しています。 基本上沒有時程表、每個站都停靠。 數量多、日中は6分間隔で運行されておりまたラッシュ時には3分間隔で運行されているので便利です♪ ラチャダムリ駅 Ratchadamri Stationに到着しました。 在曼谷的兩個賽馬場。、「ロイヤルターフクラブ競馬場」と こちらのラチャダムリ駅 Ratchadamri Stationにある「ロイヤルバンコクスポーツクラブ競馬場」ですロイヤルバンコクスポーツクラブ競馬場はその頭文字から通称「RBSC」とも呼ばれており目の前に広がる広大なグリーンがとても気持ち良い光景を織り成しています♪ 海外Wi-Fiの「GLOBAL WiFi グローバルワイファイ」を利用しiPhoneでGoogleマップを起動させ、 酒店指南。。 在陌生的土地、如果你有 Wi-Fi 和谷歌地圖、どこでも行けますね♪ ラチャダムリ駅 Ratchadamri Stationを降りて、...

返回所有房間有河流所在地"半島曼谷"

ラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」の宿泊者専用ボートでの送迎により、 客人可以走走逛逛到大手提箱上舒舒服服地控股。 這一次,、後一個留在暹羅 2 晚 3 天、 翌日お世話になる「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」へと送っていただきます♪ バンコク市内を縦断するかのように流れるチャオプラヤー川。 在區域、文華東方酒店曼谷、香格里拉拉曼谷、曼谷希爾頓千禧酒店、 「ロイヤル・オーキッド・シェラトン・ホテル&タワーズ」と数々のリゾートホテルが立ち並ぶ中独創的な「W」型に設計することにより全客室からリバービューを楽しむことができる 5つ星の名門ならではの風格と品格漂うリゾートホテル 「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」が見えて来ました♪ こちらがザ・ペニンシュラ・バンコクの利用者が安心して利用できる ホテル専用のペニンシュラ船着場 Peninsula Pierとなります「ザ・サイアム THE SIAM」の専用ボートスタッフさんへお別れの挨拶を送ってくださってありがとうございました♪ 2015年1月に滞在しおよそ半年振りのザ・ペニンシュラ・バンコクです慣れ親しんだ空間に帰って来ました♪ 伝統のユニフォームを身に纏ったペニンシュラのベルボーイであるベアがお出迎えしてくれます。 半島熊、ホテルでの人気商品です♪ 今回、將住在這裡、這一天是、 一切你想要探索城市光、前一天和、1只有晚上價值的行李和行李、 其他大的行李箱、它被要求你保持酒店領班。 要這樣做、この日は「アジアのベストレストラン50」において、 2015年度のトップに輝いたタイ・バンコクのインド料理店「Gaggan ガガン」にディナーへ出向くためガガンから徒歩圏内のホテルへ滞在するからです。 進一步、在第二天午餐、同じく「アジアのベストレストラン50」において、 2014閃光的頂部的年、今年2015年度は7位にランクインされたタイ・バンコクの「nahm ナーム」の予約が取れています。 完他們的午餐、ザ・ペニンシュラ・バンコクにチェックインしようと思います♪ ザ・ロビー リニューアルされたザ・ロビーは、無需中斷在飆升中庭視線空間打開,高品質的顏色和、 玻璃窗戶、它是可能欣賞湄南河的景色。 在這裡,在、早餐、午餐、咖啡廳、ディナーと終日利用できるオールデイダイニングとなっています♪ 半年振りにザ・ペニンシュラ・バンコクのセールスマネージャーのChaiwat Kulchaisit(通称チャイワット・写真右)さんと アシスタントマーケティングサービスマネージャーのOboe Napat Watthanasan(通称オボー・写真左)さんと再会! 御2人とも変わらずお元気そうで再会できてとても嬉しかったです! 彼らは、第二天、從參加慈善事件酒店的清晨、 この37階の高層ホテルの階段を駆け上がりゴールの屋上目指して走り抜けるとのこと!(驚) 日本大好きで剣道をやられるチャイワットさんは体力に自信があると思いますが、...

“Daradevu〜我清邁”挑戰車間,使竹裝飾品!

「ダラデヴィ・チェンマイ Dhara Dhevi Chiang Mai」さんの敷地内にある 「クラフトビレッジ Crafts Village」では竹製の飾り物などをつくるワークショップを体験することが可能です♪ 現地のお母さんやお姉さんがこちらで竹製の可愛らしい小物づくりをされています♪ 細かく均等に割いた竹を1本1本重ねて編み込み、開展各種形式的裝飾。 這裡、馬根棍子。 這一次、馬、青蛙、從魚和類型的、一番簡単だという魚作りを教えてくださるそうです♪ ワークショップの先生であるお母さんは、不會說英語、在泰國的談話。、 工人、語言障礙並不像。 好用兩只手的手指、2我們擠好竹。 這是、講習班肯定享受小學和初中學生很多老的女孩可能會出現、 甚至我成人、楽しめちゃいました♪ ほんの数分で出来上がる魚の飾り物ボールペンでクリクリお目めを書いたら完成です! お母さんありがとう♪ こちらはワークショップの奥にある「キッズ・クラブ KID’S CLUB」小さなお子様たち(4歳~12歳まで)が悠々と遊べるように設けられたスペースとなります♪ 毎週月曜~金曜日の午後13時~14時まではいろいろな国の国旗をつくるワークショップをしているようですね♪ キッズ・クラブ内には、已成為年輕孩子們可以在那裡玩的空間、 玩具やぬいぐるみなどが多く用意されています♪ こちらは「ビートル・ガーデン Beetle Garden」。 指的是昆蟲甲蟲。 我的昆蟲一般是稍微有一點差、孩子將會有、堪らない空間でしょう! カーテンで仕切られたハウスの中には、赫克、許多種類的昆蟲?。 如果此、即使孩子感到無聊停留期間在酒店、自然と触れ合える機会が楽しめますね♪ 敷地内を散歩しているポニーちゃんたちにも出会うことができます!(嬉) こちらのポニーちゃんたちは、 在泰國;、銀、ダイアモンドという意味をもつ名前をそれぞれに付けてもらっているそうです♪ 緑溢れる大自然の中、傳播是和平的田園風光。、和自由時間公社與動物。 すべてが一度に楽しめるダラデヴィ・チェンマイさん本当に癒されます! さて、下一步在行、こちらのホテルでも人気の高いヴィラタイプのお部屋の紹介です♪ ダラデヴィ・チェンマイ Dhara Dhevi Chiang Mai 51/4 哞哞 1, 麥-善卡潘路蔣路, T. 塔薩拉, A....

"達拉德維清邁"東京圓頂 5 件的著色也提供廣泛的設施

「ダラデヴィ・チェンマイ Dhara Dhevi Chiang Mai」滞在の2日目は、 從早上開始、マーケティング・サポートのSirikanya Phoocharoen(通称ワーンさん)と、 達拉·德維精品主管、 日本語学校で勉強されて日本語が話せるKhanittha Thongkham(通称ナーンちゃん)が、 2請出示酒店的。 ナーンちゃんは、5月訪問日本、關於沖繩、也有經驗在琉球大學學習、 有很多朋友、沖縄が大好きなのだそうです! ダラデヴィ・チェンマイさんには日本語が話せるスタッフがもう1人いらっしゃったようですが、 剛、日本へ帰国しておりその方にはお会いすることができませんでした代わりにナーンちゃんが通訳を担当してくれることになりました♪(感謝) 広大な敷地内の移動手段は、此購物車、或馬車。、或與酒店提供的免費自行車轉讓的基石。 立即、ワーンさんの運転で出発し敷地内をいろいろ見せていただきましょう。 2那些人、とても明るくハツラツとしており、在路上、とても楽しいガイドとなりそうです(笑) こちらのホテルの敷地内には下記のホテルマップに記されているようにその総面積のおよそ半分がヴィラスタイルとなっておりそのヴィラ敷地内には南北に長閑な棚田の水田風景が広がります。 首先、水田に訪れ先ほどのバッファローに会いに行くことにしましょう♪ ダラデヴィ・チェンマイの敷地マップ ダラデヴィ・チェンマイ Dhara Dhevi Chiang Mai 51/4 哞哞 1, 麥-善卡潘路蔣路, T. 塔薩拉, A. 孟, 清邁 50000 Thailand ⇒Google Map TEL:+66 (53) 888 888 | 傳真 +66 (53) 888 999...

“Daradevu〜我清邁”早餐是東方和西方晨報自助貧富種妥協

酷歡迎在清邁一個溫和的早晨、 「ダラデヴィ・チェンマイ Dhara Dhevi Chiang Mai」さんの朝食会場はメーンロビーの奥手にあります「アカリゴ Akaligo」さんでのモーニングブッフェとなります。 提供免費早餐、朝7時~10時半までの間にいただけます♪ アカリゴさんは、在上午、並且用作酒店客人具體日期地點、 星期日、12時間-時間 15:、並經營如分支自助餐、 在晚上、日本食レストラン「蓮 Ren」としてこちらで営業しています♪ モーニングブッフェの種類は豊富で、 和泰國菜、和食・洋食・中華と何でも揃います! 生ハム、提供了許多類型的義大利臘腸、 所以切當場他、配上新鮮。 ローストポーク サラミなど ハム・生ハムなど 卵料理は、煎蛋、炒蛋、炒雞蛋、你煮的每個訂單。 一個煎的雞蛋、片面焼きか両面焼きが伝えましょう♪ ワッフルやパンケーキ デニッシュ系のパンなど フルーツサラダなど 和食コーナーでは、壽司卷、白米飯、味噌湯被提供。 焼き魚とか海苔とかがあると嬉しいですね♪ シリアルやグラノーラなども豊富です! サラダバー チーズなど ホームメイドヨーグルトなど 中華コーナーは、那是特別豐富。 中国人観光客が多いからでしょうか? フルーツコーナー お粥コーナーピータンなど 洋食コーナー 他の宿泊客の皆さんは、那吃了在室內、 對我們來說一個好空調、テラス席を貸切状態にできました(笑) するとホールスタッフのPIDOKくんがサーブに付いてくださり、工作人員非常友好。 清邁的景點、很多美國、とても爽やかで親切なPIDOKくん♪(感謝) 素敵なスタッフさんに巡り会えるとまたそのスタッフさんに会いに出向きたくなる気持ちはどこでも一緒ですね♪ アイスコーヒー グラデーションが美しいタイティー パッションフルーツジュース バトラーマネージャーのNakaret Buttthuam(通称ニッキーさん)がご挨拶に出向いてくださいました! 彼は元々バンコクの「The Siam ザ・サイアム」に勤務されていたようで、 這一次,、ザ・サイアムさんは、計畫到曼谷立即、在故事中有了。 スマートな対応でゲスト1人1人とのコミュニケーションをとても大切にされるニッキーさん素敵な方ですね♪ サラダを中心にいろいろ盛り付けてみました。 皮塔餅麵包沙拉、 火腿、チーズなどを挟んで食べると美味しかったです♪ オムレツ...

滾動到頂部