曼谷曼谷半島酒店的家應該叫告別:

今回の「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」での滞在は「ペンクラブ PEN CLUB」での予約を取らせていただいたため自由な時間にチェックインまたはチェックアウトすることができる ペニンシュラタイムというサービスを利用しフライト時刻に合わせて夜20時のチェックアウトとさせていただきました!(嬉) そのおかげで、圓的 1,觀光樂趣。、さらにホテルでもゆったりとした時間を過ごすことができたのです♪ チェックアウトを済まし夜の落ち着きを放つザ・ロビーにて事前に予約した空港までの送迎車を待つことに致します♪ この見慣れたチャオプラヤー川の雄大な景色とも、還、暫しのお別れです♪ セールスマネージャーのChaiwat Kulchaisit(通称チャイワット・写真右)さんがお見送りをしてくださいました!(感謝) 暫く会えないけれど必ずまたバンコクのホームとも言える 素晴らしき「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」に戻ってきますね! 今回は短い滞在でしたが本当にお世話になりました♪ 帰りはこちらのクラシックカーで送迎...というのは冗談です(笑) たまたた当日ペニンシュラ・バンコクでウェディングパーティがあり、 客人和來訪者與好的梅賽德斯-賓士經典車、 あまりに可愛らしかったので記念撮影させていただきました♪ 日本人が運営する送迎タクシー「都レンタカー」さんの現地ドライバーさんが予定時刻通りに到着です。 作為一種交通工具、一輛計程車是交通的最最簡單工具將是交通的、 很有可能曼谷計程車司機英語口語、 進一步、風險和欺詐適合,因為那裡是零和,、 你可以避免風險,用運輸工具可以完全放心提前預訂。 驅動程式是因為本地人、但在泰國,或英語會話、 因為這家公司由日本、 如果您遇到任何問題、日本人オーナーの連絡先があるため安心です♪ 道路は渋滞することもなくスムーズに進み「スワンナプーム国際空港」へと向かいます。 我可能是。、タイの取材旅行も終わりが見えてきました! お次は空港でのラストディナーの紹介です♪ ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok 333 Charoennakorn 路, Klongsan, 曼谷 10600, Thailand ⇒Google Map TEL:+66 2 861 2888 HTTP://bangkok.peninsula.com/...

露臺優雅的下午茶在曼谷半島酒店大堂

香港に拠点を持ち、5つ星の名門ならではの風格と品格漂うリゾートホテル 「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」チャオプラヤー川に面してそびえ立つ37階の高層ホテルでホテルを独創的な「W」型に設計することにより全客室からリバービューを楽しむことができます♪ 賑やかな街並みを散策した後は眼下にゆったりと流れるチャオプラヤー川を眺めながら寛げるザ・ロビーにて、 優雅的下午茶,讓我們。 而不待、查看更多的客人在餐廳和下午茶可用。 雖然你們很多人喜歡在房間裡的下午茶、 風在空氣中的不是太好了我們、心地好い風が吹くテラス席をお願いしました♪ 外のテラス席は、不是每個人都、まるで貸切状態(笑) メニューは、3和真實的下午茶託盤、 「トラディショナル・アフタヌーンティー」 または 「ナチュラリー・ペニンシュラ・アフタヌーンティー」 各890THB(日本円にしておよそ3,300円)の2種類があります夫婦でそれぞれにオーダーしました♪ 左3段「トラディショナル・アフタヌーンティー」 右3段「ナチュラリー・ペニンシュラ・アフタヌーンティー」 各890THB(日本円にしておよそ3,300円) 左のトラディショナル・アフタヌーンティーは、在瘋人院裡,點綴著泰國的傳統美食,如果設置、 千卷,因為它帶有新鮮春捲直到、而不是主要的甜點、淺色樣式。 是的權利自然半島的下午茶、FRS 健康能量、為閣樓,製作時、 序列是一種健康的甜蜜、女性に人気です♪ 「コーヒー」 甘いものにはやはりコーヒーを合わせていただくのがベストです♪ この日がバンコク最終日とうこともありセールスマネージャーのChaiwat Kulchaisit(通称チャイワット)さんが挨拶に出向いてくださいました。 而不是夜晚、1只一天了、這被通過在運輸過程中。 日本語がとても上手なチャイワットさんにいろいろな情報をいただけて本当に感謝です! さて、它提供了一些安慰、チェックアウトまでゆっくりと身支度を致しましょう♪ ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok 所在地:333 Charoennakorn 路, Klongsan, 曼谷 10600, Thailand TEL:+66 2 861 2888 HTTP://bangkok.peninsula.com/...

在尼德拉德的優雅河沙特台曼谷半島酒店

「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」のデラックスルームに 差し込む朝陽を浴びて気持ち良い起床となり、 抱歉地說決賽,泰國 10 天漫長的旅程開始從這裡意見。 這一次,、「ペンクラブ PEN CLUB」での宿泊予約を取らせていただいたため、 後期的退房服務、有難いことに夜10時のチェックアウトが可能となり、 幸運的是有深夜航班、最終日の1日もフルにバンコクを満喫したいと思います♪ 朝陽が眩しく、院子裡鬱鬱蔥蔥明亮的綠色草坪地毯。 チャオプラヤー川の朝の様子を眺めながらの優雅なモーニングペニンシュラ・バンコクの1階にある「リバーカフェ&テラス」でのブッフェ・モーニング。 國際美食是順序。、 正宗的泰國菜開始。、義大利面和麵包、肉料理に魚料理と洋食も揃います♪ 洋食ブースでは、大塊的新鮮油炸和大肉烤豬肉代替你選擇金額分鐘切我們、 用蜂蜜姜汁、 糖醋醬。 和、維納是類型的數量、答案是肯定的、提供了一個溫暖的國家。 在泰國菜放在背展位、蔬菜炒飯或炒飯、在泰國麵條、 さらにバミー(タイ語บะหมี่)と言われるタイ風ラーメンが並びます。 炎熱和溫暖、冷冷的設計和提供、 很多產品、它是愉快的工作人員的工作人員、こちらのブッフェは本当に大好きです♪ わたしは洋食系のモーニングをいただき、 她的丈夫早餐的泰國菜、與往常一樣在眼前。 對天氣與最後一天、爽やかな朝を迎えることができました♪ グリーンサラダにサーモンやハムにサラミ美味しいクロワッサンにモーニングコーヒーがいただけます♪ 目玉焼きやローストポーク クロワッサンやパイ 南国のフルーツたち バミー(タイ語บะหมี่)と言われるタイ風ラーメン。 是湯麵 Naam (湯) 的存在和被劃分成麵條母雞 (無湯)。 這裡、選擇最喜歡的夾具板、將煮在泰國食品展臺。 湯本身的味道是真正質樸無華、目の前の甘・辛・酸・塩の様々な調味料で自分好みの味に仕上げていくのです♪ 焼き上がったばかりのマフィンやスコーンを運んでくださるサービスも♪ お腹が一杯なのに、這是關於、目が欲してしまうので危険です(笑) セールスマネージャーのChaiwat Kulchaisit(通称チャイワット・写真右)さんと アシスタントマーケティングサービスマネージャーのOboe Napat Watthanasan(通称オボー・写真左)さんが 朝の挨拶に出向いてくださったので総支配人を務めているカーチャ・ヘンケ Katja Henkeとの再会を望むとチャイワットさんが呼び出してくださいました♪ 総支配人のカーチャ・ヘンケ Katja Henkeさんとも半年振りの再会です!(嬉) 前回も多忙な中、把你的時間和、とても親身に対応してくれたフランクで素敵な女性のカーチャさん。 和一個擁抱、久々の再会の時間を楽しむことができました♪ 午前は、我想我們的心中,對這個城市的目的。 「ザ・ペニンシュラ・バンコク...

沿著閃閃發光的晚上氣氛湄南河曼谷半島酒店

圍著太陽轉沉深藍色的天空、 「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」内の中庭からホテルを見上げると、 精美裝飾用燈在房間和大堂是燈火通明的燈光、 まるで月夜に浮かび上がるようにそびえ立つ高層タワーは圧巻の一言に尽きます♪ ペニンシュラ・バンコクの1階にある「リバーカフェ&テラス」からの 美しく雄大なチャオプラヤー川の流れと共に感じる緩やかな時と 夜景を眺めながらの食事もお勧めです♪ ホテル内にある伝統的なタイ料理を振舞うレストラン「THIPTARA ティプタラ」”ティプタラ”とはタイ語で“天国からの水”を意味し水上の楽園として、並提供輕鬆的時光。 著裝是、便裝。 之後,晚上 18 ︰ 自半明半暗和亮燈、 濱江的夜生活和喜怒無常的氣氛、本場のタイ料理の食事を楽しめます♪ チャオプラヤー川の景色を眺めながらターコイズブルーに輝く贅沢な「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」内のスイミングプール朝6時~23時の間であれば、客人可自由使用是可能。 到了晚上、12棟のサーラーに明かりが灯されプールに反映し水面をキラキラと輝かせています♪ ザ・ロビー リニューアルされたザ・ロビーは、無需中斷在飆升中庭視線空間打開,高品質的顏色和、 玻璃窗戶、它是可能欣賞湄南河的景色。 在這裡,在、早餐、午餐、咖啡廳、ディナーと終日利用できるオールデイダイニングとなっており夜の落ち着きを放つ雰囲気もまた素敵です♪ タイ在住の日本人ジャズピアニストのSachikoさんのお友達のHenry San Buenaventura(通称ヘンリー)さんが、 剛、因為它已經一直在唱在大堂酒廊、留給我聽你解釋、 我是她動人的歌喉、 挨拶してくれたヘンリーさんが日本人のわたし達のために谷村新司さんの「昴」をプレゼントしてくださいました♪(感謝) 余韻に浸りながら部屋に戻り赤ワインで再度乾杯! ほろ酔い気分で深い眠りで快眠でき、可以在新鮮早晨醒來。 下一步在行、ペニンシュラ・バンコクの品揃え豊富な朝食の紹介です♪ ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok 333 Charoennakorn 路, Klongsan, 曼谷 10600, Thailand ⇒Google Map TEL:+66 2 861 2888 HTTP://bangkok.peninsula.com/...

曼谷半島酒店"審判美江 ' 正宗粵菜是受歡迎的中國餐廳

「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」内にあり香港出身のシェフによる本格的な点心やアワビ料理などの広東料理が楽しめる「メイジャン Mei Jiang」。 白天、雖然撿豐富點心點心正在流行、享受許多種類的茶、 在晚上、並提供 à la carte 或課程。 優雅的氣氛、ジャッキー・ホー Jackie Hoシェフが繰り広げる料理の数々がいただける タイ屈指の中華料理レストランです。 返回酒店、前回1月の滞在時には食事をできなかった 中国料理「メイジャン Mei Jiang」にてディナーをすることにしました♪ セールスマネージャーのChaiwat Kulchaisit(通称チャイワット・写真右)さんがメイジャン・マネージャーにお勧めを紹介してくれるよう予約を取ってくれました♪ 各国の首脳や皇室の調理経験もある中国人ジャッキー・ホー Jackie Hoシェフによる 本格的な広東料理をエレガントな雰囲気の中で堪能できます。 商店、並納入精緻的中國風格、 視窗的視圖、周圍有樹木和鬱鬱蔥蔥的花園傳播、更讓人放鬆的氣氛。 包括 5 個私人房間在沙井。 ジャッキー・ホー Jackie Hoシェフは、周遊世界、 其他本地菜和成分得到了新的思路和技術、 學會學習在中國烹飪和草本植物,中藥用成分的好處。 他的豐富知識和經驗利用試驗功能表、 伝統的な広東料理と新たに考案したオリジナルメニューを提供しています♪ メイジャンのお茶の種類は大変豊富で、 5烏龍茶類型簡介、茉莉花綠茶、普洱茶、白茶、紅茶、荔枝茶、緑茶などが楽しめます♪ 「プーアル茶」180THB(日本円にしておよそ670円) 中国では日々の生活に欠かすことのできないまろやかな味わいが特徴のプーアル茶。 在雲南省,是一個著名的製片人、保健茶、ダイエットのお茶としても有名です♪ 「ペニンシュラオリジナルカシューナッツ」 お酒の当てに出してくれたメイジャンで作られているオリジナルのカシューナッツです。 灑上香料腰果、 烤炸 ! 什麼的。 想要買一份禮物作為每次、 在角落裡的兔子、このカシューナッツの味わいは美味しく癖になりお勧めです♪ 「アミューズ」 白身魚の甘酢ソースがけふっくらと揚げた白身魚に甘酢のソースが絡み良く合います♪ 常夏のタイではやはりビールが美味しくいただけてしまいます♪ 「シンハー SINGHA」260THB(日本円にしておよそ960円) タイビール「シンハー SINGHA」は、 1933年在泰國出生的、皇家歷史優質啤酒被錄取。 它出現在古代神話"辛哈"和"獅子"。大部分都是從擠奶釀造、 啤酒加入的獨特而豐富的味道、...

從鋼筆筆俱樂部會員曼谷半島酒店預訂入住

タイレストラン「ナーム nahm」での食事を終えてからタクシーで宿泊先ホテルへ「スワンナプーム国際空港」から39kmの場所に位置しチャオプラヤー川に面してそびえ立つ37階の高層ホテル 「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」香港に拠点を持ち、5兩個獨特的星星有聲望、 莊重、 典雅度假村酒店、 ホテルを独創的な「W」型に設計することにより全客室からリバービューを楽しむことができます♪ 重厚感溢れる入口、而等待看門人,將永遠支援。 こちらでの挨拶サワディー クラッ(プ) / 汽車 (泰國語言:สวัสดี ครับ/ค่ะ)を忘れずにしましょう。 還、タイでは感謝を表す際に両手を合わせて「ワイ」という合掌礼をします。 使用的問候語、如果你在這裡可用、在一起的手和弓稍微好一點。 然而、この「ワイ」は、作為目前的上級問候、その逆は不自然になってしまうため注意しましょう♪ フロント フロントでまずチェックインを致します。 基礎知識、到泰國語言或英語者優先、こちらでは日本語が話せるスタッフも居るので安心です♪ 今回は「ペンクラブ PEN CLUB」という日本ではあまり馴染みのないメンバーシップに加盟する 海外のエージェントから予約させていただいたため通常の宿泊にいろいろな特典が付いて参りました! こちらの「ペンクラブ PEN CLUB」は、由-只邀請會員和會員代理如旅行代理商只、 旅行社不參加日本和不、嚴格限制海外代理、這為成員。 提供與信用卡,如美國運通或食客,易於理解和解釋有關的服務、 會員將會提供更好的服務。 「ペンクラブ PEN CLUB」では、和半島倍、 你可以免費入住或退房的時間。 房間裡變得不可能如果空缺、可即使、 例えば朝6時~のチェックイン夜10時のチェックアウトも可能で無料となりますちなみに日が変わっていればOKなのかと思い 夜中の0時を過ぎればチェックインできるかどうか確認したのですがさすがにNGでした(笑) 一番早いチェックインで朝6時からとなります! バンコクから日本への帰国フライトを深夜にされる方も多いと思いますので、 如果這項服務飛行 girigiri 直到第二天入住酒店的作為。。 注意、宿泊ポータルサイト等からのご予約では対応できませんのでご了承ください! ※注)ブラックアウトDayは、因為它可能不適合、請與酒店聯繫的詳細資訊。 ペン・クラブ PEN CLUB特典 通常より1ランクアップしたウェルカムアメニティ(ウェルカムシャンパンなど) 2名分の朝食 アフタヌーンティなどの飲食クレジット 50分のマッサージ(ボディ又はフェイシャル)をお受けになる方には30分の無料延長 お部屋でのアンリミテッドワイヤレスインターネット フィットネスセンタースイミングプールご利用無料 ローカル新聞無料 ターンダウンサービス...

泰國曼谷市結合歷史與現代城市異國情調

「東南アジアのハブ」として急速な発展を遂げているタイ王国の首都バンコク。最大吸引遊客吸引到曼谷、大量的歷史寺廟。黎明寺、佛寺、ワットプラケオの三大寺院は、必須訪問觀光景點之間的在曼谷寺廟。曼谷裝飾城市歷史和文化。、近年來,擴大大型購物中心和豪華度假村、現在曼谷是泰國的亞洲首屈一指旅遊城市。今回の旅行ではバンコク屈指のリゾートホテルであるペニンシュラ・バンコクを中心に最近出来たばかりのショッピングモール・アジアティークや、如暹羅中心、掃管笏臥佛寺大皇宮區、以介紹如考聖路背包客神聖意志。タイ・バンコクの特設ページは以下のリンクからご覧いただけます! タイ・バンコク旅行特設ページ バンコク旅行の全ての記事はこちらからご覧いただけます! http://lade.jp/thailand/...

使用船隻導航河湄南河表達船寺一日游

「The Peninsula Bangkok ザ・ペニンシュラ・バンコク」さんでのホテルライフも3日目が最後となります。這一次、2泊4日という強行スケジュールでタイトな中、完美的天氣、バランス良く観光できたのも最高級ホテルでの快適な快眠・快食があったからだと思います海外旅行の際のホテル選びは、預算、立地交通の便、設施、快適性食事サービス等で慎重に選択されることと思われますがペニンシュラさんで過ごした3日間は良い思い出となることでしょう♪ 1階にあるブッフェ「リバーカフェ&テラス」にてモーニングをいただく3日目の朝チャオプラヤー川の朝の様子を眺めながらの優雅なモーニングも最後となりますいつかまた戻ってこれると嬉しいですね♪ ペニンシュラさんの宿泊者が安心して利用できるホテル専用無料シャトルボートを利用し対岸のオリエンタル船着場まで乗船します♪ 滞在中何度も利用させてもらったシャトルボート船着場を離れ遠目に映るペニンシュラさんの独創的なW型を眺めるのもまた楽しみの1つでもありました♪ 2~3分でオリエンタル船着場に到着しチャオプラヤー・エクスプレス・ボートの到着を待ちましょう♪ Chao Phraya Express チャオプラヤー・エクスプレス・ボートとはチャオプラヤー川の南北に運航している高速船です運航時間は朝6時頃~夜19時頃まで。宮殿和廟宇、チャイナタウンなどの観光名所や主要ホテルなどを訪れるには便利な交通手段ですチャオプラヤー・エクスプレス・ボートにはおよそ30ヶ所ある停留所すべてに停まる旗無しのローカル・ラインと急行のオレンジ・フラッグボートと特急のグリーン・フラッグボートと同じく特急のイエロー・フラッグボートと超特急のブルー・フラッグボートそして英語のガイドがある観光客向けのツーリング・ボートがありますボートによって停留所と料金が異なります乗船する際にはボートの旗の色と行き先番号を覚え色別に示された航路図で確認しておきましょう♪ 今回乗船するのはオレンジ・フラッグボートの急行です乗船券は船着場毎に発券所がありそこで行き先を伝えて乗船券を発行してもらいましょうボートが出航してしまいそうな時は乗船後に船内に回ってくる係員から乗船券を購入することも可能ですので慌てなくても大丈夫です♪ 船着場に立っている旗の色と同じ旗を掲げたボートが停まるためそれぞれの船着場で旗の色は事前に確認しておきましょうボートが停留する船着場ギリギリに寄せる際に係員が笛で合図しなが船長とコミュニケーションを取っていますがこの笛がまた恐ろしいほどに耳に響きます(笑)ボートはエンジンを止めないので乗船する際には足元に十分気を付けましょう♪ オレンジ・フラッグボートは急行でおよそ20分間隔の運航となりますTha Tien ターティアン船着場まで暫しクルージングを楽しみましょう♪ 人で混み合う船内で手に硬貨を入れた缶を振ってジャラジャラと激しい音を鳴らしながら乗船券を発行する係員のお姉さんが回ってきましたオレンジ・フラッグボートはどこまで乗っても区間中の料金は一定でB15(日本円にしておよそ55円ほど)となります♪ こちらが乗船券です風で舞ってしまいそうなぐらい薄くヒラヒラの紙切れです無くさないように後生大事に握っていましたが停留所で回収されなかったので驚きました!これだけの大人数をさばいているのにどうやって乗船管理しているのか不思議です! ペニンシュラさんのトゥクトゥクツアーにもある「Chee Chin Khor Moral Uplifting Societies」によって建てられた泰国德教会紫真閣が見えてきました。然而,它也、昼のチャオプラヤー川の汚染具合は目に余るものがあります。在晚上、夜景に気を取られており水面にネオンが反射してキラキラと綺麗なため気にならないのですが(笑) タクシン王が旧王朝の菩提寺とした「ワット・アルンラーチャワラーラーム」です一般的には「Wat Arun ワット・アルン」で知られています”ワット・アルン”とはタイ語で”暁の寺”を意味します対岸から見ても美しい大仏塔とその四方に置かれている小仏塔の佇まいはバンコクを象徴する景色の1つといえるでしょう♪ #8のTha Tien ターティアン船着場に到着しましたこちらの船着場は寺院を巡る多くの観光客が訪れるため賑わっています♪ 観光客を相手に商売をするお土産売り場が軒を連ねタイの手作り民芸品や雑貨などが手に入ります♪ 小さな市場に屋台や露店が開かれておりバナナを焼くお母さんの姿やフルーツを食べやすいようにスティック状にして売るおじさんの姿が見られますそしてターティアンは別名「干物市場」とも呼ばれておりあちらこちらに干物を扱う露店が存在します♪ ターティアンの市場を抜け道路に出るとトゥクトゥクが路駐で並ぶ姿が見られますそのままタイワン通りを進めば徒歩数分のところに「Wat Pho ワット・ポー」(正式名称ワット・プラ・チェートゥ・ポン・ラーチャ・ワ・ララーム)の正面入口が見えて来ます。我可能是。、バンコク最古の寺院へ到着です♪ タイ・バンコク旅行特設ページ バンコク旅行の全ての記事はこちらからご覧いただけます! http://lade.jp/thailand/...

關於城市旅遊曼谷輕軌旅行時間要聰明!

バンコクの中心部を観光する際に、當使用的公車或計程車、公共の道路は渋滞が予想されるため、 利用時間、讓我們檢查的旅行變得更聰明的交通工具。 果醬知道和口語、バンコク都内を走る高架鉄道BTS(スカイトレイン)や北はバン スー駅から南はフアラポーン駅へと約20kmの距離を全駅30分で走行する地下鉄(MRT)がお勧めです。 2日目のバンコク市内観光はBTS(スカイトレイン)をフル活用したいと思います♪ それではサパーンタークシン駅まで行けるサトーン船着場まで ペニンシュラバンコクさんの無料シャトルボートに乗り込み向かいましょう♪ ペニンシュラバンコクさんからサパーンタークシン駅までは、在約 5 分鐘車程、あっという間に到着です♪ 黒メガネのスタッフの女性が敬礼と笑顔で出迎えてくれましたこの女性はペニンシュラバンコクさんの宿泊客が船着場に着きホテルへ戻る場合にホテル側のシャトルボートを無線で呼び出してくれています♪ 渡し通路を進み左折した方向にサパーンタークシン駅があります♪ 駅下ではフリーマーケットのように小さなショップや屋台が出ており衣類やジュース類軽食を販売しています。在後面、待機するトゥクトゥクの姿も見えました♪ こちらがサパーンタークシン駅の入口ですBTSはスクンビット線とシーロム線に分けれておりサイアム駅にて両線とも相互乗換えが可能となりますシーロム線はこちらから乗ることができます♪ サパーンタークシン駅の改札口 券売機で乗車ICカードを購入する場合は券売機の横にある路線図で行きたい駅を探してゾーン番号を調べましょう。 出現,按下的按鈕區數率、紙幣或硬幣。 售票機購買車票、有硬幣只可用、如果你需要交換、改札横のカウンターで両替してもらうと良いでしょう♪ 今回はカウンターにてBTSの1DAYパスをB130(日本円にしておよそ470円)で購入し、 1日乗り放題で利用したいと思います。 1区間の料金はB15(日本円にしておよそ55円)とお安いですが今回の最初の目的駅が7区間先の駅なため、 7~8区間の料金で片道B35(日本円にしておよそ130円)となります。 從那裡、あちらこちらの街を回遊することを思えば、1DAYパスのB130(日本円にしておよそ470円)は切符を何回も買う手間も省けその都度購入するよりも料金よりもお買い得となるわけです♪ こちらが1DAYパスのチケットです。不像日本、紙ではなくリサイクル式のプラスチック製カードとなります使用期限が切れた券は駅構内にある回収ボックスに返却します♪ 1DAYパスを入れゲートが開いてから通り抜けましょう。穿過大門,、これより先は飲食禁止となりますの注意しましょう♪ タイ語は読めませんがローマ字で行く先の路線をお知らせしてくれているので駅構内の表示に従い進みましょう♪ ホームからの景色ですBTSは高架鉄道なため街並みの景色も楽しむことができます♪ BTSの始発時間は朝5時で運行時間は5時~24時までとなり年中無休で運行しています。 基本上沒有時程表、每個站都停靠。 數量多、日中は6分間隔で運行されておりまたラッシュ時には3分間隔で運行されているので便利です♪ 車両の中も綺麗な上に異国とは思えないほどにピリピリ感のない緩やかな時間が流れていますやはりタイ・バンコクは比較的治安が良いほうだと思います。 答案是肯定的、スリや置き引きなどの軽犯罪には十二分にお気を付けください何事も自己管理が大切です♪ 路線図で乗り換え駅となるサイアム駅を確認しますサパーンタークシン駅より、5つ目先の駅で乗り換えです♪ サイアム駅で一旦降りホームを変えてシーロム線からスクンビット線に乗り換えです♪ スクンビット線のベーリング駅方面のBTSに乗ります待ち時間もほとんどなくサクサクと進めるのでストレス知らずです♪ プルンチット駅に到着しました♪ プルンチット駅の改札口 こちらはお洒落なレストランやカフェが多数進出しており高層ビル群が立ち並ぶバンコクのビジネス街で外国人度が高い街です♪ こちらの駅へ降り立った目的は浜松信用金庫さんの初の海外拠点となるバンコク駐在員事務所を訪れるためです目の前に見える2014年1月21日に開設されたばかりのバンコクの富裕層や観光客をターゲットとした 最新ショッピングモール「CENTRAL EMBASSY セントラル・エンバシー」も気になりますが、...

享受優雅的大堂餐廳的曼谷半島酒店泰國菜午餐

「The Peninsula Bangkok ザ・ペニンシュラ・バンコク」さん内のリニューアルされたザ・ロビーは、無需中斷在飆升中庭視線空間打開,高品質的顏色和、玻璃窗戶、它是可能欣賞湄南河的景色。在這裡,在、早餐、午餐、咖啡廳、ディナーと終日利用できるオールデイダイニングとなっています朝食は6時半~11時ランチは11時~18時ディナーは18時~23時ドリンクのラストオーダーは23時半となり営業は24時までとなります午後のチェックインの時間に合わせて14時~17時45分の間は、18時~22時45分までの定時間内に生演奏のお披露目がありり快適な時間を過ごせます♪ ジンジャーエール パン 胡麻をたっぷりと付けたカリカリのパンとミルクパン、鹿。像一個三角形的炸薯條、タプナードのようなソースに付けていただくのですがとても美味しいです♪ 「Phad Thai パッタイ(タイ語ผัดไทย)」B420(日本円にしておよそ1500円ほど) Phad Thai パッタイ(タイ語:ผัดไทย) 和、通過使用稍厚的米飯麵條米粉製成,並使、日本で言う焼きそばのようなものです。"唰唰聲 (泰國語言:ผัด)”は、“炒”、"泰國 (泰國語言:ไทย)”は”タイ王国”のことを意味します。所以好的蝦或雞、今回は海老のパッタイです。和包在薄薄的煎蛋捲、擠壓石灰汁。、最喜歡口味的調料,比如 ︰ 魚醬 (Nam PLA)、仔細混合。麵條米粉製成不再讓灰塵和軟的感覺、甘みがあり上品な味わいの焼きそばです♪ 調味料 「Geang Kiew Wan Goong グリーンカレー(タイ語แกงเขียวหวาน)」B480(日本円にしておよそ1,700円ほど) グリーンカレー(タイ語แกงเขียวหวาน)は日本でタイカレーと呼ばれるタイ料理です”Geang Kiew Wan Goong ゲーン・キャオ・ワーン”とはタイ語で”汁物・緑・甘い”を意味します。在醇香椰奶、グリーンカレーは決して甘くないのに甘いと名付けられるところが凄いです。好質地泰國茄子、 蘑菇 FCRO、河蝦是預科生 ! 站在新鮮的香草的氣味、様々な香辛料のスパイスで辛くありつつも美味しく上品なお味です♪ 「Pla-Ka-Pong Neung Ma-Nao プラーカポン ヌン マナーオ(タイ語ปลากะพงนึ่งมะนาว)」B520(日本円にして1870円ほど) Pla-Ka-Pong Neung Ma-Nao プラーカポン ヌン マナオ(タイ語ปลากะพงนึ่งมะนาว)は、蒸的魚、"Pracapon"(泰國語言:ปลากะพง)は”スズキの一種(バラマンディまたはバラムンディ)”で、"努恩 (泰國語言:นึ่ง)”は、“蒸汽”、"馬修 (泰國語言:มะนาว)”は”タイのライム”を意味します。泰國香草與石灰、大蒜、在一個健康蒸魚用紅辣椒調味和、あっさりとしていて美味しいです♪ ザ・ロビーの大きな窓からの眺めはチャオプラヤー川の静かな流れと高層タワーホテルなどが立ち並ぶ景色が楽しめますゆったりとした空間での優雅なランチとなりました♪ ペニンシュラバンコク専用トゥクトゥク ペニンシュラバンコクさんには専用のトゥクトゥクがありバンコクの街を観光しながら走るトゥクトゥクツアーがあります。最低價格、御一人様B1,500(日本円にして5,400円ほど)でコンシェルジュにて事前予約が必要です。參觀內容、3つのコースがありWat Prayoon wongsawat(Turtle temple)という寺院巡りとPrincess Mother Memorialという国立公園巡りChee Chin Khor Moral Uplifting Societiesという協会巡りとなります。還、如果你想要找到替代路線、トゥクトゥクを貸し切り、能請到所需的位置附近用指導如果你嗎。街乗りのトゥクトゥクとは容姿も装備も異なり綺麗で音声ガイドがあるので観光するには便利です♪ The Peninsula Bangkok ザ・ペニンシュラ・バンコク http://bangkok.peninsula.com/...

在曼谷半島酒店城市度假村游泳館 1 游泳和日光浴

俯瞰著湄南河、ターコイズブルーに輝く贅沢なスイミングプールが「The Peninsula Bangkok ザ・ペニンシュラ・バンコク」さん内にあり朝6時~23時の間であれば、客人可自由使用是可能。タオルはプールサイドに常備されているため部屋で水着姿に着替えカーディガンを羽織り身軽にポカポカとした気持ち良い陽射しを浴びに、時候、プールサイドへ出掛けましょう♪ プールサイドにはタイの伝統的な東屋である12棟のサーラーがあり空いている場所を自由に使用できますプールで泳いだり涼しいサーラーの日陰で休むのも良いでしょうプール中央に専用バーがありカクテルやスナックをオーダーすることができます最高に贅沢な休息時間をお過ごしください♪ プールの水温は常夏のタイ・バンコクだけに温水ではありませんひんやりとしたプールで一泳ぎ食後の程好い運動になります♪ リバービュー プールから上がりサーラーで休んでいるとベストなタイミングでスタッフさんがキンッと冷えたミネラルウォーターを提供してくれます♪ 陽が大分昇り始めた頃リフレッシュし気持ち良いスタートを切った2日目のバンコクの朝取材を終えたらランチを済まし高層ビルの立ち並ぶサイアム地区へLet’s Go~♪ The Peninsula Bangkok ザ・ペニンシュラ・バンコク http://bangkok.peninsula.com/ ペニンシュラバンコクに泊まってみたいという方に朗報です! ladeを閲覧していただいている方にリーズナブルな宿泊をご提案いたします詳しくはこちらのサイトをご覧下さい! タイ・バンコク旅行特設ページ バンコク旅行の全ての記事はこちらからご覧いただけます! http://lade.jp/thailand/...

使你自己豐富多彩的原始大象"大象遊行"自由和貢獻

大象保育專案吸引人的地方、2007年にロッテルダムを皮切りに欧州を巡回し今ではアジアにも広がっている「ELEPHANT PARADE エレファント・パレード」。原、創始者のオランダ人親子のマーク&マイク・スピッツがランパーンの象病院を訪問した時にモーシャという赤ちゃん象と出会ったことがキッカケとなっていますモーシャは、踩上地雷,失去了一條腿、因為小象假體,使錢合資企業、このアジアゾウ保護の為の支援組織が生まれたそうです♪ 以来有名アーティストによる象の野外作品展を世界各地(2007年:鹿特丹、2008年:安特衛普、2009年:阿姆斯特丹、2010年:倫敦、貝根、Emmen、海爾倫、2011年:哥本哈根、米蘭、新加坡、2012年:瑟爾特、2013年:特里爾/盧森堡、岬、2014年:聯合王國、香港特別行政區、2015年:曼谷),並舉行、収益の一部をアジア象の保護を目的とするAsian Elephant Foundationに寄付し続けているそうです。2012年10月にタイのチェンマイにELEPHANT PARADE エレファント・パレードのショップがオープンされこちらペニンシュラバンコクさん内にも「ELEPHANT PARADE エレファント・パレード」ショップがオープンしています。裝飾著許多演出者的作品、購入すればその売上の一部は寄付になるそうです♪ 大きさは大・中・小とあり、價格是成正比的大小,各有不同。大象到蝴蝶、とてもカラフルで可愛い作品です♪ ショップの奥ではオリジナル象を制作するワークショップを開催されています♪ ワークショップはB1,000(日本円にしておよそ3,600円ほど)でエントリーできます。油漆和幻想、讓我們原始的大象。象はそのままお持ち帰りすることができます♪ Let’s paint a brighter future! The Peninsula Bangkok ザ・ペニンシュラ・バンコク http://bangkok.peninsula.com/ タイ・バンコク旅行特設ページ バンコク旅行の全ての記事はこちらからご覧いただけます! http://lade.jp/thailand/...

滾動到頂部