尼泊爾總統應邀參加! 加德滿都, 藍毗尼, 觀光和旅遊一起!

わたしたちLade Gourmet & Hotel Web Magazineは南アジアの共和制国家で日本とも友好関係にある「ネパール連邦民主共和国」へ「ネパール大統領府」の御招待を受けネパール観光&視察ツアーに行ってきました!ナマステ(नमस्ते)! 静岡県焼津市在住のネパール団体「ナマステ・ネパールしずおか」会長であり「ふじのくに親善大使」のマハラジャン ナレス (Maharjan 納雷什)指導下、2015"清水獅俱樂部" 為尼泊爾地震祈禱, 于 4月25日, 在空前的災害復原中, 得到 "makinohara 市國際交流協會" 的支援。、與吉田-Cho 國際交流協會、當前遊覽的重建開始了。、總統辦公室訪問、首都カトマンズの「カトマンズライオンズクラブ」との交流を目的にネパールの世界遺産を巡る観光も交えた視察ツアーを実地! 視察ツアーでは、Maharjan 有他流利的日本語言在日本居住在尼泊爾誰安排和指導我們如此、有信心, 你可以離開、初の女性大統領となられるBidhya Devi Bhandari(ビドヤ・デビ・バンダリ)大統領のおられる大統領府への訪問をはじめ、1979重建古城指定聯合國教科文組織在加德滿都的世界文化遺址和照片庫馬裡故居參觀、在佛陀的出生地藍毗尼、朝聖等、スケジュールは満載でした! 亜熱帯のジャングルや自然に恵まれた緑豊かな国立公園、在世界最高峰珠穆朗瑪峰和雄偉的喜馬拉雅山腳下、30尼泊爾上空的人悄悄。老街道和寺廟、觸及歷史和文化遺產, 如、初のネパールを楽しんできました! ネパール記事はこちらのカテゴリーからご覧いただけますのでご覧ください! http://lade.jp/category/diary/travel-diary/nepal/ ...

尼泊爾 tribuvan 國際機場到泰國素萬那普機場

ネパールの首都カトマンドゥ(Kathmandu)の「トリブヴァン国際空港(Tribhuvan International Airport)」へ渋滞もなく到着!最後の最後まで天候に恵まれこの日も格好のフライト日和です! 一同、他們的行李, 手、Departure airportへ向かいます! 空港内では象足のように腫れ上がった負傷中の両足首の負担を軽減させるために車椅子を申請していただきました! 偶然にもナレス(Naresh)さんと内藤ゆみ子(Yumiko Naito)先生の知る著名な写真家の大村次郷(Tugusato Omura)さんに遭遇しました!大村(Omura)さんは、由一個主要在亞洲活躍的攝影師、1977年には「聖なるカトマンズ ネパール(山と溪谷社)」というネパールで撮り納めた写真集を出版されています! 行きと同じく帰りの便も「タイ国際航空」にてタイの首都バンコク(Bangkok)の「スワンナプーム国際空港」でのトランスファーとなります! 車椅子は最優先にて案内していただけるようで、當大家都在看、第一次登機 如果你不能攀登梯子是靠自己、即使用樓梯升降機可隨身攜帶輪椅、我慢慢地被武力的無助的手上去了! 你最好趕緊急躁等待其他乘客去和、"慢慢地, 我沒事! "和機艙船員不斷服務員給我們! 身體殘疾的人通常什麼感覺不、可能會收到這樣的感覺。這一次,、它在巡演時傷了腳、我們很抱歉對旅行團的不便、在不便、能觸及每個人的善意、像這樣的場景將去滿足、只要我想成為的人可以採取行動取代自己與所有。比什麼都重要、我的丈夫是最接近、我的分鐘、我無法入睡在痛苦我的腳涼快、我與我跳舞, 以利用、真的救了我的恩情! 偶然、"我不知道, 如果老年護理安全現在? "過rimashita 頭、全てお互い様の精神で生きていければ幸せですね♪ 窓から伺えるカトマンドゥ(Kathmandu)の景色ともお別れです!フェリベトウラ!(फेरि भेटौला)また会いましょう! 座席も最前列にしてくださったおかげで、你可以自由伸展你的雙腿、俯瞰飛行, 並告訴醫生, 以防止壓迫! 小屋總是希望酒精、從淘汰賽它需要幾天的禁欲。為肉桂與大量的好溫暖的霜凍 (尼泊爾奶茶)。、ほっこりと身体を温めます♪ 「タイ国際航空」の機内食はいつも楽しみにしています!今回はチキンを選びました! バンコクの「スワンナプーム国際空港」までおよそ3時間30分のフライト。照片看、楽しかったネパールツアーを思い返しながらのフライトとなりました!...

9天終於來了最後一天早餐和養老金區步行

尼泊爾旅遊9天和最後一天、パタン(Patan)のプルチョウク(Pulchock)地区にある「ペンション・スザータ(Pension Suzata)」で迎える朝食も最後となります!この日は、在尼泊爾珍惜每一天、民族衣装の「クルタ・スルワール(Kurta Suruwal)」を身に纏い額にはティカ(Tika)を付けネパリースタイルで帰国!ナマステ!(नमस्ते)おはようございます! ペンションの朝食は宿泊費とは別途追加料金となり、1食品6.5 美元 (日元約728日元) 變得越來越! 這是一個早餐的最後一天, 我很高興, 只要日本! 也、炊きたて御飯にツアーメンバーの片平仁男(Kimio Katahira)さんが持参された自家製梅干しをいただき、幸福的時刻! 理想的早餐、やはり日本食にあります! 朝食の後は、大約一個小時, 直到設定的時間、在酒店裡漫步、以前から気になっていたショップ「レディメイド・クルタ・パサール(Readymade Kurtha Pasal)」へ入店! お母様と家族経営で営む娘のレシュマ(Reshma Joshi)のショップでも、告訴你關於設計、クルタ(Kurta)を見せていただきパシュミナのストールと一緒に購入しました! クルタ(Kurta)は華やかなデザインも多く、Westmark 設計中的有效光圈來自女性的線條、若い女性に人気のようです♪ 大人びた感じでも未だ若干24歳のレスマ(Reshma)に「あなたは一体幾つなの?」と聞かれ、"我 44 歲. 告訴你、お母様とレスマ(Reshma)は目をまん丸くして驚いております。"我該怎麼辦、這麼年輕? "的問題、但我的丈夫看到它和 # 8217s; 這是一個魔術!」と教えて笑いを取っておりました(笑) ペンションへ戻るとガイドのマハラジャン ナレス (Maharjan 納雷什)さんとお母様のプレマヤ(Premmaya)さんと妹のリタ(Rita)がお見送りにいらしてくれました!とても優しく面倒見の良いリタ(Rita)には、尼泊爾教許多令人愉快的一天。下一次、会う時には「サリーにトライしようね!」と約束をしました♪ 「ペンション・スザータ(Pension Suzata)」の秦延明(Nobuaki Hata)さんと奥様となるサヌ・チョリ・シャカ(Sanu Chhori Shakya)さんには本当に良くしていただきました!日本人オーナーならではのおもてなしの心が感じられるアットホームなペンションを皆さんも是非ご利用ください♪ ツーリストバスのお迎えがあり、行李開始了! 告別今生也很快就習慣了, 當我面對、如果你有機會、もう少しゆっくりと滞在したいですね♪ パタン(Patan)より車でおよそ30分ほどの首都カトマンドゥ(Kathmandu)にある「トリブヴァン国際空港(Tribhuvan International Airport)」へ向かいます!...

日本餐廳模式 "淡然" 尼泊爾最後一餐

ネパールはパタン(Patan)のプルチョウク(Pulchowk)地区にある日本食レストラン「だんらんレストラン(DanRan Restaurant)」にて、最後一天在尼泊爾的前夕享用最後的晚餐! 這是、日本人オーナーの内藤純子(Junko Naito)さんがネパールをこよなく愛する御主人と共に、2003自4月開業以來、ネパール在住の日本人の憩いの場となりながらも地元ネパール人にも愛される人気店となります! この日、尼泊爾最後的晚餐決定了日本食品、お世話になった「ペンション・スザータ(Pension Suzata)」の日本人オーナー秦(Hata)さんからのお勧めがあったからです!日本食レストラン「だんらんレストラン(DanRan Restaurant)」は、養老金斷言比它會在10分鐘內! 當時、内藤(Naito)さん御夫妻がレストランをオープンする際にネパール在住歴の長い大先輩の秦(Hata)さんには大変お世話になったとのこと! 日本人オーナーの内藤(Naito)さん御夫妻は飲食経験ゼロの状態で住んでいたアパートのキッチンで「日本食のお弁当」を作り配達するという仕組みで小さくスタートするも、一些客戶感言鼓勵辦公室商店、「ネパールで日本食レストランといえばDanran!」と言われるほどまでに繁盛されています!14年経った今でも、日本家庭烹飪的味道告訴、ネパール人スタッフと共に日々奮闘されているそうです! この日の夕食は自由行動だったためツアーメンバー最年長81歳の杉山昇(Noboru Sugiyama)さんがツアー中にお世話になった御礼にと奢ってくださいました!杉山さんは1日たりとも欠かさず飲まれていたビールをこの日も美味しそうに楽しまれておりました!わたしは、因為酒精是技術上的淘汰賽、「ネパールハーブティー」140ルピー(日本円にして約150円)をオーダー! 「アサヒビール・スーパードライ」450ルピー(日本円にして約482円) こちらDanranでは日本銘柄のビールが頂けます!やっぱり日本のビールは最高に美味しいと男性陣は喜んでおりました! お通し「豆腐と野菜の煮物」醤油ベースの煮物が妙に嬉しくしっかりとした歯応えの豆腐にも味が滲みてます! お通し「野菜揚げ」ゴロゴロっとした大きさにカットした人参やジャガイモを揚げた一品! 「自家製チャーシュー」420ルピー(日本円にして約450円) しっかりと味の滲みた厚切りのチャーシューは食べ応えがあり煮玉子も付いてきます! 「ほうれん草の胡麻和え」220ルピー(日本円にして約235円) 一番日本を恋しく感じた一品はこちらの胡麻和え!シャキシャキのほうれん草の香りと胡麻の風味が堪らなく美味しいです! 「揚げ出し豆腐」460ルピー(日本円にして約492円) 生姜に大根おろしの薬味を乗せた揚げ出し豆腐はまさに和食の定番!とろみのある餡がしっかりと絡まります! 「自家製手打ち豚骨ラーメン(Small)」490ルピー(日本円にして約524円) 「〆にはラーメンがいい!」とオーダーした主人は久々の日本の豚骨ラーメンに喜んでおりました! 「御飯と味噌汁」150ルピー、200盧比 (約160日元日元、214円) 「梅干しありますか?」と聞いたところ、"李子排隊, 如果日本杏" 與如此、感謝杏、米飯和味噌湯、ほっこり大満足のディナーです♪ テラス席で豪快に「ビーフステーキ」700ルピー(日本円にして約750円)とビールを平らげていたツアーメンバーの皆さん!最後の最後まで楽しく過ごせたのも本当に皆さんのおかげです!ありがとうございました!...

在尼泊爾民族服裝 [文化 & SL 世界 "的挑戰在風格!

最後一天、享受尼泊爾的末日、パタン(Patan)の「ダルバール広場(Durbar Square)」付近で気になっていた民族衣装のショップへ向かいます! ネパール人女性がお洒落を楽しむために足を運ぶ「Mini’s Collections」へ!今回のネパールツアーを記念して、我想拿起一個尼泊爾婦女身著他們的服裝和、許多人去的那個、我們的熱情好客在最禮貌、デザインの気に入ったショップはこちらでした! オーナーのミニーシャ・シャカ(Minisha Shakya)に、明亮的橙色和綠色與正直、像藍色的陰影、鑲嵌領口首飾華麗的設計, 溝通、それに合うクルタ(Kurta)を何点も広げていただきました! ネパール人女性は伝統的な民族衣装サリー(Sāṛī)の他にもゆったりとし丈の長い上着クルタ(Kurta)と細長いパンツのスルワール(Suruwal)のセットで 「クルタ・スルワール(Kurta Suruwal)」を身に纏います。莎莉、並認為纏繞布自己硬、點擊這裡隨意選擇! 我喜歡服裝、打扮娃娃嘗試這個或那一邊度過幸福的時光! 最後、在一個完美的適合我的口味和我丈夫的最愛到目前為止、数点のクルタ(Kurta)を購入させていただきました! 根気良く丁寧にいろいろアドバイスしてくれたオーナーのミニーシャ・シャカ(Minisha Shakya)のおかげで、我也得到了風格的欲望! 模式, 將受益于、是非「Mini’s Collections」へ!...

加德滿都杜巴廣場在咖啡店的入口處尼泊爾茶館

ネパールの首都カトマンドゥ(Kathmandu)の「ダルバール広場(Durbar Square)」の入口にはお土産を購入できるショップが立ち並んでおります!今回ネパールツアー中に何度も頂いた「チヤ(砂糖入りのミルクティー)」がとても美味しかったため帰国後に自宅でも「チヤ」が楽しめるよう「ネパール紅茶」もお土産にしようと思っておりました!「ネパール紅茶」を取り扱う茶葉専門店をあちらこちらで見掛けるものの、姐姐決定沒有選擇一個好、畢竟、ガイドのナレス(Naresh)さんのお勧めのお店へ伺うことにしました! 首都カトマンドゥ(Kathmandu)の「ダルバール広場(Durbar Square)」の入口に立ち並び、1983年に開店されたネパール紅茶専門店「ネパール・ティー・ハウス(Nepal Tea House)」へ!怪しい手書きで「いらっしゃいませ」と日本語や中国語で書かれた看板が目印です(笑) 店内を奥に進むと、許多牆上都排滿了茶! 在櫃檯、為霜, 茶葉阿薩姆邦 CTC 茶、阿薩姆邦金葉、伊拉姆茶、除了大吉嶺茶、非常罕見的白茶和銀提示、Puwamai 綠茶以及一些交易! "霜" 茶葉 "CTC"、粉碎 (粉碎))、淚花 (淚花)、是名字 Agnetha 在捲曲 (圓)。茶葉、それぞれ100g単位での購入が可能です! オーナーにお勧めの茶葉を伺うと、所以他讓我聞到茶的香味、挑任何東西, 甚至聞到最高貴的味道、こちら「Himalayan Shangri-la Gold(Breakfast Tea)」を購入します!ちなみに、這家餐館的老闆不打折。。「誰が来ても値引きしない!」がこちらのオーナーのマイルールだそうです! カラフルなボックス入りや細やかな木彫りの入った木箱入りは茶葉の価格に+αが入りますが贈答用に購入♪ さらに、他告訴我們這家店裡最貴的茶葉、やはり希少価値の高い茶葉が出て来ました! 「ヒマラヤン・シルバー・チップス(Himalayan Silver Tips)」は、戴著白色絨毛的頭髮 (銀色小貼士)、只有核心芽還沒有打開、他們精心手工採摘、自然に乾燥させた茶葉になります! 「ゴールデン・ニードル(Golden Needle)」は、甜如巧克力、風味豊かな紅茶となります! 店内でオーナーとの会話を楽しんでいると表が急に騒がしくなり不思議に思っていると「大統領がお帰りになるよ!」と教えてくれたおかげで、只是一目了然、車内の後部座席にいらっしゃったビドヤ・デビ・バンダリ(Vidyā Devī Bhaṇḍārī)大統領をお見掛けすることができました!偶然にも素敵な思い出となりました♪...

咖啡豆峰咖啡店 "套索珠峰" 作為紀念品!

ネパールの豊かな大地に育まれた珈琲豆「エベレスト・コーヒー(THE EVEREST COFFEE)」を取り扱う珈琲豆卸専門店として日本へ輸入販売も行う「ラッソー・エベレスト・インターナショナル(LHASSO EVEREST INTERNATIONAL)」へ!こちらでは、除了批發咖啡豆一直徒步旅行指南, 餐廳、多角経営で活躍されています! 「清水ライオンズクラブ」と「カトマンドゥ・ライオンズクラブ」との交流会でご縁のあったサンタ・ビール・ラマ(Sata Bir Lama)会長にお願いし会社訪問させていただきました! 「清水ライオンズクラブ」で今回のツアーリーダーを務める浅井政則(Masanori Asai)さんがサンタ・ビール・ラマ(Sata Bir Lama)会長に価格交渉してくださいました! 以前浅井さんはこちらで「エベレスト・コーヒー(THE EVEREST COFFEE)」を購入して日本へ持ち帰ると、它很高興周圍、今回も大量に買ってきて欲しいとお願いされていたそうです♪ 「エベレスト・コーヒー(THE EVEREST COFFEE)」は、將生產的喜馬拉雅山麓稱為北方咖啡豆, 產于尼泊爾 "咖啡豆"。海拔 1000-成熟的豆類種植有機生長在海拔1600年米小心採摘的手、帶仿射的濕法、在陽光下曬乾。採用無農藥的天然農業、平和的心態和熱情湧入提供美味的咖啡。許多參與咖啡豆過程的村民可以、你可以賺取。サンタ・ビール・ラマ(Sata Bir Lama)会長は、尤其是在大型農場、在貧窮村莊的小農場裡、コーヒー栽培に関わる人々を支援し続けられているのです! 今回は「エベレスト・コーヒー(THE EVEREST COFFEE)」の「ミディアムロースト」と「ダークロースト」に焙煎された珈琲豆と「生豆」の3種類を購入し、送給日本朋友的禮物! 在尼泊爾、あっさりと仕上がる「ミディアムロースト」が人気のようです♪ サンタ・ビール・ラマ(Sata Bir Lama)会長は、這是一個先驅, 尼泊爾出口咖啡豆在日本第一次! 我在尼泊爾喝咖啡味道醇厚、導致尼泊爾貧困村民的獨立。1即使許多人喜歡瞭解尼泊爾咖啡、日本での販売もされています!...

位於加德滿都山谷 "gyrince" Thamel 區的藏菜午餐

在尼泊爾首都加德滿都的心、 世界中のバックパッカーや登山者などをはじめ、遊客聚集。、雑多な雰囲気を醸し出すタメル地区(Thamel Chowk)へ! こちらの地区は、許多廉價的住宿和、從便宜的價格、世界各地的背包客和登山者避難所現在也在尋找、它會在哪裡的便宜的美食世界 ! 作為日本日本、拉麵、烤的雞、巻き寿司などが提供される「東京居酒屋(Tokyo Izakaya)」などもあります! スーパーマーケットの「Shop Right Supermarket」では何でも揃います!100円前後で購入できるバラマキ用のお土産が必要な方は立ち寄ると良いでしょう! 観光客が多いこともありショップも軒並み連なります! 人力三輪車リクシャー(Rickshaw)は、異國情調是有用、有師爺觀光的遊人學習為、事前にきちんと価格交渉を行いましょう! 格安宿や土産物屋、Thamel 區林立的餐館提供國際美食。特に登山者向けのトレッキング用品やスポーツ用品店が多い印象です!ツアーメンバーの皆さんはこちらでネパールの伝統的な織物「パシュミナ・ストール」を大量に大人買いされておりました!パシュミナ100%であれば、在日本,成為奢侈品到超過 10000 日元、現地では1枚3,000円程度とお安く購入できます! 今回ツアー中に初めて自由行動となったため、非利士人在 Thamel 區餐館網、チベット料理の有名店「ギリンチェ(Gillingche)」にランチにやって参りました!場所はとても分かりづらく、變得有點從這條路回到設置位置、Google Mapで確認することをお勧めします! カラフルな店内で明るく、對小的午休時間、店内はわたしたち夫婦のみの貸し切り状態!いつもは大勢の人で賑わう人気店のようですがラッキーです♪ アルコールはドクターストップがかかったため炭酸水「キンリー(Kinley)」60ルピー(日本円にして約64円)にレモンをギュギュッと絞っていただきました! 「テントゥク・チキン(Thenthuk Chicken)」150ルピー(日本円にして約160円) 日本でいうきしめんのような、Hoto 像、像烏冬面、甚至像烤寬麵條 (? ) 麵條清湯蕎麥面藏族灌裝正方形 ! 包含了大量的蔬菜和果凍、香料是周到。、鮮嫩可口,像麵條和平原、一些好的厚雞湯、即使你可以吃美味的食物,仍然是溫暖 ! 在你的選擇、添えられた辛味調味料を足して味変すると良いでしょう♪ 「モモ・野菜(MoMo Vegetable Pan fried)」180ルピー(日本円にして約193円) ネパールの定番料理の1つで「モモ」は日本で言う「餃子」です。饅頭、烤、深油炸類型和劃分、似乎使用 bean 果醬在水牛城。有干擾成分:、成為我們的主流和辣醬。"類型蒸"沫沫測試在各種餐廳、所以烤、今回は”焼きタイプ”をオーダー! こんがりと焼かれたモモの皮は薄く、在一個脆皮的紋理、選擇你的蔬菜、這麼多的蔬菜,和辣豆咖喱、香ばしさが堪らなく食欲をそそります!添えられるソースにたっぷりくぐらせて頂くと尚美味しいです!モモは日本人にウケる味わいだと思います♪ お腹も一杯になり大満足なところで、位置和旅遊諮詢的成員、ショップ巡りをしていきたいと思います♪...

第一次體驗國外 ! 檢查的兩個腳踝上型私人醫院"艾爾卡醫院。

ネパールはパタン(Patan)のプルチョウク(Pulchock)地区にある「ペンション・スザータ(Pension Suzata)」の最上階の部屋から迎える8日目の朝!この日の朝ツアーメンバーの皆さんは「カトマンドゥ・ライオンズクラブ」との朝食会にお出かけされたため静かに夫婦2人での朝食となります!「聖園」で”毒虫”に噛まれた両足首の状態は、另一方面,壞日子一天天過去、最壞的打算,國家說明不能止痛藥、這一天照顧、午前中はペンションでゆっくりさせていただくことになりました! ペンションオーナーの秦(Hata)さん夫妻に足の状態を相談すると、養恤金附近還有一家醫院、オーナーの奥様のサヌ・チョリ・シャカ(Sanu Chhori Shakya)さんの妹のミラ・シャカ(Mira Shakya)さんが病院に付き添ってくださるとのこと!ミラさんは、在暫停後一直在積極作為托兒所主任、日本語がお上手で本当に助かりました! ペンションより徒歩数分圏内にある私立病院「アルカ・ホスピタル(Alka Hospital)」へオーナーの秦(Hata)さんが車で送ってくださいました! 海外での体調不良は未経験で、甚至去國外醫院的行為當然成為首次體驗、一抹の不安が隠せません! 通常は大変混み合う病院とのことですが、這是免費的祝你好運。還、感謝對保留暫停、無需等待光滑叫的名字、診察室に!診察してくださったドクターのアミット(Amit Amatya)さんは、在一場友誼賽,年輕、症狀問卷對我們有禮貌。。結果、"昆蟲叮咬過敏",診斷我、"沒什麼,但別擔心 ! 沒關係! "這個詞、它是熱的撫胸口上 ! 顯然在尼泊爾、過敏害對外國人是沒有少 ! 但兩個腳踝腫脹像大象一樣、雖然奇怪熱來、雖然屈或可怕的防毒軟體、本当に安心しました! 今回は、被規定了外用膏抗組胺藥和過敏 ! 所以會在尼泊爾醫院附近的藥店、処方箋を薬局で提供すれば良いのです! 病院の診察料は、已經注射和 x 射線、500ルピー(日本円にして約535円)とお安かったのですが「抗ヒスタミン薬」は102ルピー(日本円にして約110円)アレルギー用の「塗り薬」は130ルピー(日本円にして約140円)と、太多是 ! 最初、但是,如果你服用抗生素做得更好、原定于兩天后返回日本的、ドクターのアミット(Amit Amatya)さんより、"一旦我立即返回家園在皮膚科,抗生素處方,"有什麼建議嗎? 那是我第一次的經驗,在國外的醫院、付き添ってくれたミラさんのおかげで緊張も和らぎ、安全被證實了。 在國外、假設這種事故發生和、言語が通じる日本人オーナーのペンションというのは有難いものですね!...

尼泊爾世界遺產遺址 "KUTUMBA" 現場直播。&生日聚會 !

パタン(patan)の「ダルバール広場(Durbar Square)」の王宮の一部である「マニ・ケシャブ・ナラヤン・チョーク」を改良され、1997年に開館された「パタン博物館(Patan Museum)」にて、幾天前、お会いしたサランギ奏者のキラン・ネパリ(Kiran Nepali)さんが所属するネパール民族楽器バンド「KUTUMBA(クトゥンバ)」の生ライブ「MAGIC OF MUSIC」@PATAN MUSEUMが開催されるとのことで、所有團員開業前的都支援 ! 活率、1人400ルピー(日本円にて約428円)と破格です! 「パタン博物館(Patan Museum)」の中庭にステージが設置され、100場館座位或更多的席位可用 ! 輸入包括尼泊爾電視報導、会場内は四方をカメラで埋め尽くされておリマス! ガイドのナレス(Naresh)さんの同級生であり「パタン市役所」の役所員であるビックラム・シャカ(Bikram Shakya)さんがネパールで一番有名なサランギ奏者のキラン・ネパリ(Kiran Nepali)さんと繋げてくれたキーパーソンです!この日は、使系統子和女兒,來歡呼 ! WeGame 兩個父親、ドレスアップした愛娘ちゃんがとても可愛らしかったです! メンバーがステージ上で準備する中、我們團員、この日大きなミッションが待ち受けておりました! それはツアーメンバーの最年長である杉山昇(Noboru Sugiyama)さんの”81歳の誕生日”を祝してお誕生日会をすること!旅先でお誕生日を迎えられた杉山さんに喜んでいただけるよう、提前提高一個大的生日蛋糕、我們將會舉行盛大的慶典 ! 它被貼在生日蛋糕、用鮮花蠟燭是火 ! 在相同的時間和吹引發激烈、ステージ上で準備をする「KUTUMBA(クトゥンバ)」からまさかのサプライズで「バースデーソング」が贈られたため全員で合唱しこれからも杉山さんに健康で大いに人生を謳歌していただくよう心からお祝いをさせていただきました! パタン博物館の館長をされているBepyn Bazracharyaさんを御紹介いただきました!今回のライブをはじめ博物館では様々なイベントを企画されているそうです! 日も沈み始めた夜19時スタートの会場は、變得人滿為患的禮堂裡、許多人只有站立空間,是人群的巨大的成功 ! 在場地旁邊、準備的食物攤位、酒精和食物是免費供購買 ! 與沒有屋頂花園、舒適的風格、夜空を眺めることもできるためロマンティックな会場となります! パーカッションのマダル奏者のパヴィット・マハラジャン(Pavit Maharjan)さんがMCもこなし、6名のメンバーをそれぞれ紹介します!ネワリードラムのラジュ・マハラジャン(Raju Maharjyan)さんメタルパーカッションのシッダールタ・マハラジャン(Siddhartha Maharjyan)さんフルートのルビン・クマール・シュレスタ(Rubin Kumar Shrestha)さんサランギのキラン・ネパリ(Kiran Nepali)さんアルバジョのアルン・マナンダー(Arun Manandhar)さん! サランギ奏者のキラン・ネパリ(Kiran Nepali)さんは「サランギ(Sārangī)」をスタンドにセットし立ちながら演奏される姿がクールでスマートです! 赤煉瓦に色とりどりのライティングが施され昼の雰囲気とは違った妖艶なイメージでステージがスタートします! 民族楽器というだけあって、聲音使你感到懷舊塵埃比較這裡暖和的地方 ! 包括尼泊爾民歌在當代音樂安排、「KUTUMBA(クトゥンバ)」のアルバム曲の中から演奏されており、2曲目が最高にクール! 最前列でライブを見ている最中に仲良くなったマダムはスウェーデン(Sweden)から長期滞在で1ヶ月ほどネパールにおられるベレット(Beret Bertilsdotter)さん!陽気で愛らしいベレットさんとは、喜歡旅遊和同志和投緣、スウェーデンのエステルフスンド(Östersund)にも是非遊びにいらして!と嬉しいお誘いを受けました! リズムに乗ってライブは盛り上がりを見せます! すると!ガイドのナレス(Naresh)さんがステージ前のスペースで踊り始めました! すると、跳舞的時間開始、以現場音樂、對老年人比給孩子們、我們的觀眾正在上升、狂歡 ! 霍爾生於團結、滿腔的熱情、最高潮に!!! 明朗快活なナレス(Naresh)さんということは存じ上げておりましたが、由意外彈出、"這裡大自然的禮物。"和感覺、我折騰一直微笑周圍很多 ! 尼泊爾人民、藝術節還包括、在這樣一個地方跳舞是令人信服 ! 我太兩個腳踝故障沒有、當然、いの一番に踊っていたことでしょう!次回は是非リベンジしたいと思います!(笑) 最後に「KUTUMBA(クトゥンバ)」のメンバーを囲んで記念撮影! ダンニャバード、 延遲梳拉戈 ! (धँन्यवाद, धेरै खुशि लाग्यो)ありがとうございます!とても楽しかったです!...

在首都加德滿都山谷"總統府"去政治的中心 !

ネパールの首都カトマンドゥ(Kathmandu)の政治の中枢を担う政府機関「大統領府」へ表敬訪問!正門は当然のことながら、奠定了嚴密的保安、入館する際には事前のセキュリティチェックが必要です! この日は、此外前往總統府、沒有一個粗魯的人、你在禦庭、胸元にはネパール国旗のピンバッチを飾っております!ガイドのナレス(Naresh)さんはネパール男性の伝統的な正装の「ドウラ・スルワール(Daura Suruwal)」をお召になっておりとても素敵でした! こちらの「大統領府」も2015年4月25日に見舞われたネパール大震災の大きな被害を受けており、當前、仮設事務所なども設置されています! ガイドのナレス(Naresh)さんと親交が深く、作為駐尼泊爾大使、現在はネパール大統領外交顧問のマダン・クマール・バッタライ(Madan Kumar Bhattarai)さんの事務所へ訪れました! ネパール大統領外交顧問のマダン・クマール・バッタライ(Madan Kumar Bhattarai)さんは、2015在今年的首位女總統誕生、ビドヤ・デビ・バンダリ(Vidyā Devī Bhaṇḍārī)大統領が就任された際に、在人和任命的總統外交顧問、外交全般に渡り大統領に対して幅広い助言や政策立案を行う立場におられます! ネパールのビドヤ・デビ・バンダリ(Vidyā Devī Bhaṇḍārī)大統領にお会いできるようガイドのナレス(Naresh)さんが3ヶ月も前からアポイントメントを取り付けてくださっていたようですが、這一天是猝死。、在尼泊爾,這是位傑出的作家死亡、總統突然將出席一場葬禮那裡、我以為我們被授予觀眾做。 Bidya Devi 班達裡 (Vidyā Devī 鑽 ṇḍ ārī) 主席。 這一次我們是 !、ネパール大統領府を訪問するにあたって何か”日本らしさ”や”静岡浜松らしさ”が伝えられる贈り物ができないかと考え、這裡有個禮物到高的溫度中亞熱帶尼泊爾、從江戶時代遠州棉織物的傳統手工藝的處理、大高 旭さんが代表を務められる浜松市「遠州綿紬 ぬくもり工房」の「遠州綿紬扇子」を大統領へ贈呈させていただきました!丈夫でありながら心地良く涼やかな風を繰り出す「遠州綿紬扇子」!ビドヤ・デビ・バンダリ(Vidyā Devī Bhaṇḍārī)大統領をイメージしお贈りした、美麗的優雅,深藍色紫羅蘭恩典溢出、強大的棱柱形七彩絲虹膜摺扇、きっと大統領に良くお似合いになることでしょう! さらに日本の静岡をこよなく愛してくださっているバッタライ外交顧問には「遠州綿紬 ぬくもり工房」が取り扱う伝統工芸品「静岡巾着飴」を贈呈させていただきました!静岡市の「馬場製菓」とコラボされた「静岡巾着飴」は、Enshū 純棉織物的味道、在可愛的手掌大小的手提袋、わたしの生まれ故郷でもある”静岡”が誇る「富士山、茶、橘子、草莓、甜瓜、わさび」をモチーフにつくられた金太郎飴が忍ばされています! 「清水ライオンズクラブ」を代表してツアーリーダーの浅井政則さんより著名な書家の作品である「心和政自平(政務にあたるには心の平和が第一である)」の書物を大統領へ贈呈され「金蘭之契(極めて固く親密な友人関係)」の書物をバッタライ外交顧問に友好の証として贈呈されておりました! 「牧之原市国際交流協会」からは、上一頁、バッタライさんが駐日ネパール大使の頃牧之原大地にて経験された「茶摘み体験」の時の記念写真を「葛飾北斎」のフォトブックに飾り贈呈されておりました! さらに「牧之原市国際交流協会」の法被も贈呈! ピンクと少々派手なお色ではありますが、富士山和櫻花太陽升起國旗茶園、梅が描かれた静岡らしさを物語る愛らしい法被です! 外交顧問のマダン・クマール・バッタライ(Madan Kumar Bhattarai)さんが敷地内を案内してくださいました!セキュリティ上の関係で要所要所写真撮影は禁止されておりますが、是那鬱鬱蔥蔥的綠色庭院,與美麗的花園。、野外の社交の場として園遊会なども開催される場所とのことで素晴らしい庭園が広がっておりました! この日の午前中に大統領と会合をされていた婦人会の奥方達が正装姿のサリーで艶やかにお見えになりました! 「大統領府」を前に皆で記念撮影させていただくことになりました! ネパールツアー視察団としてバッタライ外交顧問を囲んでの記念撮影!大変貴重なお時間を頂戴し感謝致します!ダンニャバードチャ!(धन्यवाद छ।)ありがとうございます!...

早餐在帕坦賓館"養老金 assert"7 天

ネパールはパタン(Patan)のプルチョウク(Pulchock)地区にある「ペンション・スザータ(Pension Suzata)」の最上階の部屋から迎える7日目の朝!ルンビニ(Lumbini)から戻り丸1日経過した頃に「聖園」で”毒虫”に噛まれた両足首が腫れ始め、現在為損害走。我們擔心我們的團員、一直"處於戰"和"tokuhon"、最好的調查,"萬金油"、吃止痛藥也是、急救治療沒有效果是、提高你的雙腿,在晚上和試著睡覺、不在太多的痛苦,睡眠狀態。"更好地被折磨壞細菌或別的東西,但我相信通過第一次出國旅行、不安地因病可能是種奇怪的感覺不經驗豐富。 是所以不安和恐懼仍然、7 天行程會來、この日はいよいよ「大統領府」の表敬訪問が控えているため気を奮い立たせます! ペンションの朝食は宿泊費とは別途追加料金となり、1食品日益成為 $6.5(Japan yen approximately 728 yen) ! 在這一天、剛煮好的米飯的出現、它是所有提出他們的聲音和高興 ! 然後、ツアーメンバーの片平仁男(Kimio Katahira)さんが自家製梅干しを持参されており、每個人都有人贈送了 ! 剛煮米飯酸梅和、そこはまさに日本の食卓です! おかずも、Atsuyaki 是以磨碎的大蘿蔔、燉的菜和味噌湯、和泡菜、胃袋が喜ぶ御馳走となります! 大根に里芋、海帶卷起來、おふくろの味をまさかネパールで食せるとは思いもしませんでした! 食後には、幫我出綠茶、久々の緑茶の香りに癒やされてほっこり♪ 食後は中庭に集合し、並檢查一天的排程、ツアーメンバーのリーダーである浅井政則(Masanori Asai)さんから「大統領府」における注意事項が述べられます!この日はネパールのビドヤ・デビ・バンダリ(Vidyā Devī Bhaṇḍārī)大統領にお会いできるということで、每個人都、正装で挑みます! この日もツーリストバスのドライバーとしてサーザン(Sajan Ghimire)が迎えに来てくれました!前日に主人が撮影した彼の写真をとても気に入ってくれたようでFacebookのプロフ写真を変更してくれていました! パタン(Patan)より車でおよそ30~40分の首都カトマンドゥ(Kathmandu)に向かいます!ネパールの平日の朝は、在非常擁擠繁忙時間、時間に余裕を持っての移動が必要になります! ...

滾動到頂部