從國內的“清邁國際機場”改為“Suvarnabhumi國際機場”航班

6月23日(火)~6月27日(土)までの5日間、 儘管雨季,但幸運的是天氣、無事に過ごすことができた古都チェンマイでの日々。 現在、回首在現實生活中,人是舒適和溫暖、也似乎總是想要回來、像清邁。 6月27日(土)~7月2日(木)までの残り5日間は、花在泰國首都曼谷、 タイ国際航空で「チェンマイ国際空港」から「スワンナプーム国際空港」へおよそ1時間のフライトで戻ります♪ 5日間に渡り、我們和日本指導而清邁旅遊景點、 日々の送迎をしてくださった 「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」の現地ガイドのグローイさんと ドライバーのピューイさんとはこちらでお別れです。 有一個沉重的手提箱、在一個陌生的陸地移動正在真的很難採取、 確保輕鬆移動涼爽,舒適的乘、 感謝你在日本的各種指南、 泰國的文化和歷史、很多人感到震驚的有趣、我能有效地充分利用時間。 リーズナブルで丁寧で親切な対応のチェンマイハッピーツアーさんにお願いして 本当に良かったと思っています! チェンマイで観光ツアーをしてくださる会社はたくさんあるかと思われますがわたし達が安心してお勧めできるツアー会社は「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」です! 代表取締役の越智剛(TSUYOSHI OCHI)さんをはじめ、 榮耀的、河內,、雞蛋、珀迪的、ありがとうございました♪(感謝) 名残り惜しい気持ちを抑えて、幫您拿行李去機場。 タイ国際航空チェックインカウンター タイ国際航空のエコノミークラスの受託手荷物(スーツケース)の無料手荷物許容量は、 1ケースにつき30kgまでと規制されております。 一個手提箱綁定為不僅僅堆積的權重。、そうそうに30kgには至りません。 否則,它就是、機内持込手荷物となりますが、在客艙內,可以將行李、 在其他個人物品 (手袋、 相機、 眼鏡、 手杖等)、 3辺の和が115cm以内サイズW56cm×H45cm×D25cmの以内の手荷物で1個とし両者の合計重量が7kgを超えないものとします機内持込手荷物は制限もあり特に女性は液体持込で化粧品(化粧水・ジェル・クリーム等)に注意が必要です。 液體、それぞれ100ml以下の容器に入れ全ての容器をジッパー付透明ビニール袋(縦横合計40㎝以下の袋)に収納し、 1リットル以内とする規定があります。 檢查較少。、規定を守るよう準備しておきましょう♪ タイ国際航空の受託手荷物または機内持込手荷物についてはこちらをクリック! 保安検査場入口 荷物(スーツケース)を預けた後は、面對國際登機門、 旅客的財產和安全檢查的行李安檢點上客運安全檢查。 帽子、脫掉你的外套、鞋子和皮帶用金屬配件、 金屬等。、不使用外shimashou 反應金屬探測器配件。 數碼相機和筆記本電腦等、你必須使單獨的託盤桌。 允許順利、選擇簡單附件/脫離飛行服裝。 安全檢測站︰、所以是插入管審查 (出埃及記)、係員の方にパスポートと航空チケットを提示してください♪ この日は、馬上熱烈的登機時間、 搭乗ゲートでパスポートと搭乗チケットを確認してもらいゲートイン♪ 今回のタイ国際航空の国内線G107便は行きと同じく国内線は比較的古い機体のAIRBUS A330-300です。 根據 CA 的資訊到指定的。 在這一天、12時20分の昼のフライトの予定でしたが、...

"帕多瓦部落"黃銅環在脖子上的這一習俗叫凱倫由於山區少數民族

「ロング・ネック・カレン LONG NECK KAREN」という看板を掲げたこちらが、 少數民族山區、通称”首長族”の「カレン・パドゥン族」が住んでいる村となります。 在脖子上的自訂長黃銅戒指、首が長く見えることから”首長族”と呼ばれています”首長族”とは、當然,這位官員沒有名字、 在屬於克倫族的部落之一、正式部族名は「カレン・パドゥン族」です。 地方、成為一個村莊命名班噸鑾大約 30 分鐘從 Mae Rim 清邁市、 這裡、入村料1人当500THB(日本円にしておよそ1,850円)が必要です「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」さんのツアーでは、 引導半天的課程和、說在日本,與當地導遊。、 先ほどの「バイ オーキッド&バタフライファーム Bai Orchid and Butterfly Farm」とのセットツアーで、 2名で1,480THB(日本円にしておよそ5,500円)で入村料込みとなるため大変お得です♪ 観光地として名所にもなっている「カレン・パドゥン族」の村では、 通過使用許多遊客、住在這附近的不同族裔群體有業務在村莊的入口處。 こちらはアカ族(Akha)のお母さんで「カエリヨッテネ~♪」と大変日本語が上手でとっても営業上手です(笑) こちらもアカ族ですが、泰國的阿卡族、服裝、 C b 的阿卡部落 (U 羅湖阿卡)、空間阿卡 (Loimi 阿卡)、有區別的你八阿卡 (U 雇傭阿卡)。 黑色的母親的左傾家庭牙科、いつも檳榔(びんろう)という植物を食べているからなのだそうですが、 年輕婦女的阿卡、慚愧的黑牙、今天沒有吃過。 在日本直到明治時期的結束、女性のお化粧として「お歯黒」という習慣がありましたね♪ ラフ族の民族衣装は、豐富多彩,並提醒我的出身和傈僳族、 包裝與黑色的兩件式風格的裙子。 黑色或藍色、如綠色織物上周圍下擺和帶有紅色襯袖服裝的特點、經常天鵝絨材料。 ヤオ族は、來自中國的族群在寒冷地區的移民、 女式服裝、在泰國氣候是可能第一眼看我們在勝利。 紅色的小項圈毛皮穿。、厚厚的深藍色夾克、 和、魅力 monpe 風與一個小十字繡刺繡褲子、 就像纏在頭上的厚布詳細繡著頭巾。 パローン族の民族衣装の特徴は、沒有別的、この腰に巻きつけた飾りのチャンピオンベルトです! パローン族は、緬甸的山村少數民族居住在該國的肖恩淩晨該地區、 自らの族名を「ダラアン族」と呼んでいますパローン族のお母さん パローン族の若き母と赤ちゃん 様々な山岳民族のショップを抜けここからが首長族の「カレン・パドゥン族」の住まいとなり、我住在約 40。 在入口處、卡倫板來裝飾、看到紀念採取遊客視線。 比你想像中的更多、和更多的旅遊目的地、少し驚いてしまいます(笑) 壁は竹で、屋頂是茅草的木材高蹺房子。...

"由蘭花與蝴蝶農場"美麗而又豐富多彩的蘭花與蝴蝶的舞蹈

全年、様々な花々が咲き乱れる恵まれた地チェンマイその中でもタイの名産でもあり一際鮮やかな美しさを見せてくれる蘭の花を栽培している蘭園 「バイ オーキッド&バタフライファーム Bai Orchid and Butterfly Farm」チェンマイの郊外メーサイ・メーテン方面には蘭園(オーキッド・ファーム)と蝶園(バタフライ・ファーム)があり、 這裡、「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」さんのツアーで 「メーサ・エレファント・キャンプ Maesa Elephant Camp」とセットツアーになっています♪ 入口チケット売り場では生花の蘭を胸元に飾るコサージュとしてプレゼントしてくださいます♪ 先ず目にするのはお土産売り場で蘭の花で作ったアクセサリーや蝶の標本などが並びます「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」の現地ガイドである グローイさんが案内してくれるのはここまでで「好キナダケミテキテクダサイネ~♪」と入口付近で待機してくれているので園内は自由行動となります♪ 色鮮やかな蘭のブローチやペンダントトップは蘭の花をモチーフにしたガラス製品と思っていたのですが、 所有、中に本物の蘭の花を用いており蘭の表面をエナメルで覆いその美しい状態を特殊加工で保持されているとのこと!(驚) どれひとつ取っても同じ形同じ色のものはないため世界にたった1つだけのアクセサリー!?となるようです。 在這裡你將、その製法の仕方など細かい案内版も掲示されています♪ こちらの蘭園は年間いつ訪れても様々な種類の蘭が咲き誇るそうです種類や色合いも様々でその違いをじっくり鑑賞したり写真に納めたりする観光客の姿を目にします♪ こちらでは数多くの種類の蘭が栽培販売されており、還、日々新種の開発のための研究が行われています白やピンク黄色に青、紫色、茶色など多彩な色彩に溢れており微妙に異なる色の濃淡が加わることで鮮やかな色彩が煌びやかに花咲きます思っていたよりかは小さめな蘭園なのでじっくり観察しても時間はさほど要しません蘭園の奥にはバタフライファームがあり入口の鎖ジャラジャラ感はシンガポールの「チャンギ国際空港 Changi Airport」のバタフライ・ガーデンのような造りです(笑) 温室造りとなっており中では花々の間を飛び交う熱帯の蝶を見ることができます♪ 熱帯特有なのでしょうか? 両手の平を広げたほどの大きさの蝶には驚きました! 一瞬オブジェ的な偽物のように思えたのですが静かに羽を動かし呼吸をしているところを見るとどうやら本物のようです流石にこの大きさまでいってしまうと間近で見るにややリアルに見え過ぎて怖いです(笑) 小学生の頃に大活躍した「ジャポニカ学習帳」のような1枚です(笑) 静かに羽を閉じたり開いたりと優雅に過ごす蝶たち蝶の色合いの美しさも然ることながら南国に咲く花の種類にもうっとりと心癒されます♪ 蘭園内にはカフェも併設されているので温室の暖かさで疲れたら一休憩すると良いでしょう。...

梅薩山大象營地經驗! 大象 Bamber 漂流到騎興奮

「デュシット・プリンセス・チェンマイ(ロイヤル・プリンセス・チェンマイ)」に朝早くお迎えに来てくれた 「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」の現地ガイドであるグローイさんと この日のドライバーは初日にもお逢いしたノーイさん。 在這一天、旅遊頭像、象と触れ合える貴重な体験ができる 「メーサ・エレファント・キャンプ Maesa Elephant Camp」です♪ チェンマイ市内から北上しおよそ30分~40分のところに位置しているメーサ・エレファント・キャンプ。 騎大象、牛車體驗、大象表演、そしてランチブッフェにバンブーラフティングと 盛り沢山なイベントを半日で体験できる素晴らしいツアー内容です【チェンマイハッピーツアーがladeに提案してくれたこの日の日プラン】 ロイヤルプリンセスホテルお迎え→エレファントサファリ(ランチ込)→蘭園→首長族の村→アルテハウスへ送迎 料金:2,950B×2名様=5,900B(日本円にしておよそ21,830円) 山の上という立地ということもあり、 開始一天是副日雨, 雖然天氣在旅遊。 他有行李小摺傘、 大きな傘をチェンマイ・ハッピー・ツアーの現地ガイドであるグローイさんが貸し出してくださいました! 何から何まで気の利く素敵な現地ガイドさんです♪ 小雨がパラつくのでグローイさんがレインコートを購入してきてくださいました。 正如大象騎行前的設備所指出的、 象さんの背中はとても良く揺れるので命綱のためにも柵の持ち手をきちんと持てるように両手はきちんと空けておきましょう。 作為一個結果、推薦肩包。 那些有能力用相機拍照的人、カメラベルトで首からきちんと吊るしましょう! 携帯は揺れに耐えれず落としそうになるので割と危険です・・・それほど揺れるのです。 一個人的腳、視天氣而定、再次下雨的山頂, 因為、 地面很容易很滑泥、應該有採取。 基本的には汚れても良い服で出向くのがベストです! 動物園以外で間近に象さんを観るのは初めてのことですが、 大象手錶在非常大、象使いの人が小さく見えるほど! しかし、被壓碎的大象是一雙可愛的眼睛、とても大人しくお利口です♪ 象さんの背中には木製の荷台が取り付けられており、 大象背部的頂部、地上から2.5~3mの高さにも及ぶので、首先要有勇氣、 大象的性格、在溫文爾雅、習慣的人身上、きちんとスタッフさんの言う通りにすれば大丈夫です♪ およそ30~40分ほどの象乗り体験スタートです! 象使いは、自古以來, 從研究大象訓練和教養在傳統的大象教科書、 通過與泰國語和手勢的溝通。 象使いのドゥーンさんが呑気に鼻歌を歌いながら、山路走得很慢。 是在圖片中給出的、真正的大象回來、 所以很震撼了、說實話, 第一次坐車, 但不、感覺不錯, 看起來很擔心。 當、象使いのドゥーンさんが 「ダイジョブ、戴普、ア~ジノ~モ~ト~♪(味の素)」と意味不明な日本語で声掛けしてくれます(笑) 象さんの名前は、路徑坤 (♂) 16歲、人間でいう30歳ぐらいの年齢ですパァくんと声掛けすると「パオ~ン」と鳴くように躾けられているようです!(驚) 象使いのドゥーンさんの声掛けで川の中も難なく侵入するパァくん! わたし達は、傳遞的振動, 使一個毛刺, 拼命和抓住柵欄像一條生命線。、 為什麼是馴象師、配備了什麼, 但、身1つで象さんの首に乗っていられるのでしょう!? 幼い頃から1匹の象さんには1人の象使いが付くと聞きました。 所謂的、與合作夥伴合作。。 優秀的身體平衡能力的能力是很酷的東西、因為信託是梅的合夥人。 過河點,、象使いのドゥーンさんが象さんから降りて、 並通過他們的手機、我們會騎在大象上看肖像嗎?。...

“瓦拼盤海獅座椅帶”金最神聖的寺廟佛塔是泰國北部站在山頂

標高1,080mのステープ山の山頂に立ちタイ仏教の聖地として崇められる神聖な寺院 「ワット・プラ・タート・ドイ・ステープ Wat Phra That Doi Suthep」。 1383年に当時のクーナ王によって建立され高さ22mもの金色に輝く仏塔はその緻密な装飾は見事なまでの美しさで仏舎利(仏陀の遺骨)が納められ今も人々の厚い信仰を集めていますチェンマイ市内中心地より車でおよそ40分程度の場所こちらの山頂には蛇神ナーガを模した350段の階段を上るか有料のケーブルカー(片道50THB)を利用するかの2通りの道順がありますがほとんどの方が行きはケーブルカーを使用し帰りは階段で下りるとのこと。 在回來的路上、350段もの階段からの景観を楽しむことをお勧めします♪ 片道分のケーブルカーの乗車チケットを現地ガイドのグローイさんに購入してもらい、立即、列に並びましょう♪ こちらがケーブルカー入口です。 20人乗れるケーブルカーが2台あるため比較的順番は早く回ってきます。 我們、観光客にしてみればアトラクションの1つと思いワクワクできますが毎日参拝にいらっしゃる方にとってみればなかなか大変な場所のように思えますケーブルカーというと山頂までの景色が眺められ・・・と想像していたのですが、 這裡、残念ながらロケーションはあまりよくありません(笑) たった2分の乗車時間ですが行き帰り共にこの景色は寂しいのでやはり350段の階段は必須ですね♪ こちらの寺院誕生に至るにはこんな言い伝えがあります。 老、神聖な仏陀の遺骨をクーナ王が白い象に乗せて神聖なる白い象に納骨場所を決めさせようと自由に歩かせますその象は歩いて歩いて最後にはこのステープ山に登りそこで息絶えたとのこと。 在那裡、このステープ山の山頂のこちらにクーナ王は寺院を建てたと言われています「ドイ・ステープ寺院に登らずしてチェンマイに来たと言うべからず」とタイ人の間で言われるほどのメジャースポットです! 寺院にはシンボルとなっている黄金に輝くチェディ(仏塔)と傘があり高さ22mもの眩いばかりの金の仏塔には仏舎利(仏陀の遺骨)が納められており、 不僅是遊客,但也、参拝にくる多くの地元の方々で大変な賑わいを見せていますそれにしても雨で濡れている境内を裸足で歩くのはなかなか妙な感触です山頂なため雨季での好天候はなかなか望めませんね献花と線香を捧げ黄金の仏塔の周りを3周歩くと願いが叶うそうです仏塔の前に寄進された仏像は綺麗なエメラルドをしておりこちらはガラス製ですが本物のエメラルド仏像はバンコクの「ワット・シーラッタナーサーサダーラーム Wat Phra Sri Rattana Satsadaram」通称「エメラルド寺院」に安置されています生まれた曜日毎の守護仏で左から日曜日(お腹の辺りで手を組んでいるのが特徴)月曜日(許すスタイル)月曜日(許すスタイル)火曜日(寝釈迦像)水曜日(托鉢スタイル)木曜日(瞑想スタイル)金曜日(胸元で手を交差させています)土曜日(頭の上に7本の頭を持つ蛇(ナーガ)に保護され瞑想する座像)と並びます。 在泰國、自分が生まれた曜日を知っているためその曜日の守護仏の前でお祈りをされるのです寺院内には多くの仏像が並んでおりこちらに埋葬されたいと願う方々が寄付をしてこの墓内に埋葬されています風鈴のように風になびくはガディン(Gading)日本の絵馬のように願い事を書いて吊るします♪...

時間說告別和過境"達拉德維清邁"大度假村酒店

タイ北部の「北方の薔薇」とも称される古都チェンマイにある「ダラデヴィ・チェンマイ Dhara Dhevi Chiang Mai」。 建立在蘭納城市制作的概念、城牆的城市 (的村莊的集合) 是被完全複製、 およそ東京ドーム5個分もの広大な敷地を堪能するに、 與此 2 晚 3 天留、甚至同時享受酒店、 你想要多休息 ! 那感覺在胸口、它似乎沒有足夠的時間。 下一次、希望你能花、 お世話になったスタッフの皆さんに感謝の気持ちを込めてチェックアウトさせていただきます♪ フロント ホテルのチェックアウトは、12所以用到、 時間までゆっくり滞在されるのも良いでしょう♪ 今回、2日に渡りホテルを案内してくださった マーケティングサポートのSirikanya Phoocharoen(通称ワーンさん)から帰りしなに素敵なお土産をいただきました♪(感激) 「貴女が気に入っていたものよ♪」と、留言,給了、 「ル・グランド・ランナー Le Grand Lanna」さんの入口で販売されていた 素敵なフラワーオーナメントのヘアードレッサー(髪飾り)! わたしが気に入っていたのを気に掛けてくださっていたようです!(嬉喜) ワーンさん大切に使わせていただきますね! ありがとうございます♪(感謝感激) 約束の時間通りに「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」さんがお迎えに来てくださいました♪ 今回のチェンマイでの滞在中に現地ガイドとしてお世話になるグローイさんと、 司機的便會是每日、在這一天、貫禄溢れるエッグさんが担当してくださいました♪ 緑溢れる広大な大自然の中、蘭納恢復什麼罰款直到蘭納風格的優美風景、 停止胡鬧和溪和郊區是傳播、和、公社與動物癒合時間。 溫暖、在熱情好客的友好精神的工作人員、 ダラデヴィ・チェンマイさんが誇る美食レストランの数々! 一歩、安置在它的地方、此外在那裡完成所有、 就像最好的度假村酒店、素晴らしい環境を提供されている最高のホテルだと思います! チェンマイでの滞在をご検討されている方には是非ともお勧めしたいNo.1ホテルです♪ ダラデヴィ・チェンマイのスタッフの皆さん本当にお世話になりました! また会いましょう♪ (タイ語แล้ว พบ กัน ใหม่ นะ ครับ/คะ) レーゥ ポップ カン マイ ナ クラッ(プ) / カー♪...

“Daradevu〜我清邁”,以檢查在豪華度假酒店的亞軍王朝是回憶

也被稱為"北方玫瑰"泰國北部古代清邁"達拉德維買得維清邁,清邁"是、 建立在蘭納城市制作的概念、舊城 (村的集合) 已被精美的複製。 總占地面積的房地產、何と!60エーカー(およそ242,820㎡)で、 很容易理解,比較和、およそ東京ドーム5個分もの広さを誇るというのです!(驚) 王宮寺院をイメージされた壮大なスケールの高級リゾートホテルは、那會邀請到世界,我們還沒有看到觀眾呢。 要留在入口處附近的警衛展位。、時候、参りましょう♪ 入口を抜けても、在一個龐大的網站傳播。、此外出現了像大門。 在門口的理由、泰國餐廳由達拉德維、中國餐廳、 除了購物商場建成、是向公眾提供。 有模式、後程紹介いたします♪ 以前こちらは「マンダリン・オリエンタル Mandarin Oriental」のブランドで運営されておりましたが、 2013年8月15日より、為您自己的品牌的擁有者、 名称を「ダラデヴィ・チェンマイ Dhara Dhevi Chiang Mai」と名付け再スタートされています♪ ゲートをくぐると目の前に突如として現る、就像皇宮一樣立場、 就像回到古代王朝的時間、異世界の入口へと導かれていきます♪ ダラデヴィ・チェンマイは、 跑步者的獨特的傳統藝術和習俗、文化、在此期間正在失去、 藝術的傳統習慣逐漸消失、和文化、 通過保護這個寶貴的遺產、 不僅是藝術本身已建立下一代或訪客的祖先、 哲學與智慧學會有呼吸、正如你所知、 還、當地人引以為豪的文化,跟孩子們、 結合各種建築風格的不同時期在轉輪上游上升 700 多年的歷史和文化、 所有這一切、オーナーのスシェット氏の熱い想いを基に創造されています。 事實上、這美麗的立面和在邊緣、說實話、該方法不只射擊的樂趣。 更大的規模,比圖像、お伝えし切れないのが残念なほど! 時間の経過と共に移りゆく背景もきっと画になることでしょう。 在、藍藍的天晚上太、景觀照明嗎?。 その模様は後程紹介いたします♪ このプロジェクトの建築・デザインチームは、在於年輕的跑步者熱愛藝術的心、 大多數人只是本土麥似乎。 他們是、真正的體系結構、藝術、其實看看設計、帶來的工匠,以利用他們的工作、 當然泰國國內、中国やインドを含む東南アジアに広がるランナーの遺産を巡られたとのこと!(凄) ダラデヴィ・チェンマイの建築は、木雕、粉刷、磚石工程、玻璃裝飾、陶瓷、 已成為結合各地區的泰國北部的本質的東西。 在車輛爬坡旁邊門面、你可以直接到酒店前臺。 如何走開、主要立面去了 — —、まるでお姫様のような気分を味わうのも良いでしょう♪ 「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」の現地ガイドのグローイさんとドライバーのノーイさんが、我們酒店的指南、 簽入是直到安全、きちんとアテンドしてくださいます♪ スタッフさんがジャスミンのフラワーリースで温かく出迎えてくださいました!...

塔拉特 warorot 市場 100 多年的歷史與清邁的最大市場

100你有多年的歷史、在清邁的最大市場、 タイ北部の方言では「ガートルアン(=グレートマーケット)」と呼ばれ親しまれている 「ワローロット市場 Warorot Market」。 王時代的國王拉瑪 v (1868年-1910)、 它是從妾朝達拉斯艾米公主的受人尊敬的市場建在清邁。 和塔拉特 warorot、当時のチェンマイを治めていたインタワローロット王が 市場建設に当たり建設費を提供した関係により名付けられました。 到了一個巨大的建築物,3 樓的地下室地板、易腐食品、服裝、安排酒店的傳統工藝品,包括約 500 家門店、 當然,本地人、吸引了大量遊客尋找紀念品和食品獨特的泰國北部。 作為享受觀光的途徑之一、市場和超市、 現地の方々の暮らし振りを垣間見ながら散策するのもお勧めです♪ ワローロット市場には、從任何位置打開、 這裡、與行人十一信號交叉口。、你可以安全地過馬路。 在它、早速市場の中に潜入してみましょう♪ 地下1階地上3階建てのワローロット市場は、一切都是豐富的統一分類。 1主要在地板上、裝有許多新鮮食物。 (* 水果和肉、日本への持込制限があるため注意しましょう) 2階と3階には、面料和服裝、鞋子、銷售為一體的服裝,如貨物已、 3有的地板、餐廳。 商店的總數量是大約 500 家門店都說、 非常類似于一家商店、價格競爭是激烈的、値下げ交渉も貴方の腕の見せどころです! 市場内は、寬闊的走廊、雖然它讚賞、產品是非常容易組織。 享受購物的樂趣和放鬆、嬉しい市場ですね♪ ドライフルーツは南国のフルーツが盛り沢山! 試食もさせてくれるのが有難いです♪ 竹筒にもち米とココナッツミルクを入れて蒸し焼きにした少し甘めのお菓子「カオラーム」。 或者是紅豆沙和芝麻、這種簡單烹調用水只、有各類、 竹の香りが食欲をそそるそうですよ♪ チェンマイ名物のサイウア(チェンマイソーセージ)や、海角我 (油炸的豬肉皮膚)、 作為名稱 pricknum (許大青椒烘烤 DIP)、 特色菜式獨特的泰國北部。 嘿看,飛成分不喜歡。、 在清邁、竹に生息する「ロットドゥアン」といわれるイモムシのようなものを揚げて食すようです(泣) 喰わず嫌いはしないようにしておりますが、只是這、なかなか勇気が要りますね(笑) 野菜や果物の生鮮食品から、來幹、あらゆるタイの食材がこちらで揃います! 漢方薬などのお茶なども揃います。 作為清邁紀念品、這麼有名的是焦糖的那清邁焦糖椰子的味道和質地。 我個人、唐辛子を塗したピーナッツが美味しそうに見えました♪ 衣類もバッグなども小物も揃い本当に何でも揃う巨大なスーパーマーケットです! ワローロット市場の前のウィチャヤノーン通りを挟んで向かいにある「トンラムヤイ市場 Ton Lam Yai Market」へ。 在市場中也使用本地人、相對很多遊客去塔拉 warorot 市場、 是這個 tonyamurai 市場、更多本地宜居。 在這次美味的熱帶水果、 百香果、 龍眼、荔枝、紅毛丹、山竹果、芒果、木瓜、多利安人,。 榴槤地區的氣味很奇怪、なかなか慣れません(笑) 楊貴妃も愛したという美の果物ライチ。 皮膚變得多酚,維生素 C、葉酸被包含豐富、 對此是溫暖身體、在夏天、エアコン等で冷えた身体にお勧めです!...

“屈蘇安多克”花園和命名的寺廟美麗的純白色的佛塔令人印象深刻

タイ語で”花園”の意味を持つ美しい寺院「ワット・スアン・ドーク Wat Suan Dok」。 1383一年、スコータイから布教のため派遺されたセイロン(スリランカ)の 高僧スマナ・テラが持参した 仏舎利(釈迦様の遺骨)を奉納するため、6代目クーナー王によってランナータイ王宮の庭に建設された寺院で、 來源語言、ランナー王朝の庭園として造られたことから今もその名が残されています広々と芝が美しい境内には黄金の大きなチェディ(仏塔)がありそれを囲むようにある真っ白なチェディにはそれぞれ歴代ランナータイ王の遺灰が奉られているそうです。 地方、チェンマイの旧市街から西方面にありターペー門から車でおよそ10分程度のところにあります白い仏塔の並ぶ一番奥に一際大きな金色のチェディが建立されています一番奥にある大きな仏塔は別格で、 這是、仏舎利様(釈迦の遺灰)が収められるとされ黄金に塗られており周囲を完全に包囲しています目が冴えるほどに美しい純白のチェディ代々のチェンマイ王朝王族の遺骨を納めたチェディ(仏塔)がこちらですお墓を美しいというのも何ですが一面見渡す限り真っ白な世界が飛び込んで参ります! チェンマイ各地に散っていた一族の遺骨を、 1909年にチェンマイ王朝7代チャウ・インタウィッチャヤーノン王の 第11王女であるダララツミ王女の手によって集められここに安置されているそうです仏舎利様の遺灰について言い伝えでは「収められている遺灰は自然に2つの塊に割れたため、1つはこの寺に収めもう1つは王室の白い象の背に乗せその象が立ち止まった場所に祀る」とされていますその象はドイステープ山を登りようやく立ち止まった場所がドイステープ山の頂上であったとそこに造られたお寺が、在以後的日期、訪れる予定の 「ワット・プラタート・ドイステープ Wat Phra That Doi Suthep」という標高1,080mもの山の頂上に立つ寺院ですワット・スアン・ドークの本堂 本堂の黄金のファサードには虎と天使が装飾されています階段脇に飾られているタイランドの国旗は「トン・トライロング(三色旗)」と呼ばれ赤(国家および国民の団結心)白(宗教)青(国王)を表します黄色の旗は王室を表し国旗と共に掲げられます広大な敷地に建つ巨大な本堂は、天花板高度可能、 壁が無い開放的なランナー様式の造りのため吹き抜ける風がとても心地良いです♪ 本堂に納められた青銅の仏像は、500年を経た現在でも国内で1、2位を争う大きさと言われています! 画像ではどうしても伝わりづらいサイズ感は実際に訪れた際の感動のために取っておいてください♪ 座っている仏像の後方には立っている仏像の姿がありこちらも迫力満点です! 何よりもユニークな仏陀様はこちらの歩いている仏陀を描いた非常に珍しい装飾。 這是、Walking Buddha! 日本ではまず見掛けない仏陀様ですね♪ そのお姿に魅せられてしまい一緒にWalking Buddhaスタイルでポージング!(笑) 現地ガイドのグローイさんはとても恥ずかしそうにトライしてくれました♪ さて、下一步在行、「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」に追加オプションでお願いしチェンマイの現地の方々の生活が垣間見れる...

神秘的石窟寺在森林遠離“梧夢寺”鎮的喧囂

ステープ山の麓にある緑の森に囲まれた寺院「ワット・ウモーン Wat Umong」は、 12世紀之交、蘭納泰王國第一國王蒙加力、作為一個地方邀請來自斯里蘭卡的冥想僧侶豎立、 14挖隧道在世紀之交成為原產地名稱寺 (umong)、 載有佛像、在冥想中磚隧道的僧侶。 遠離城市的喧囂、與寂靜的樹林、即使在夏天在邊緣及隧道將是最好的地方打坐。 在這裡,在、佛教僧侶尋求苦行僧,收集更多、它已接受國外培訓。 表示各種教義只使用到了門口,插圖。 賭博和酗酒駕駛、插畫的誡命成為一隻狗一旦那麼糟糕。 在環境中、在每個地方雞生長野生、從各種來源的妖媚哭釐米。、とても長閑です♪ ワット・ウモーンは、當蒙加力,蘭納王朝的創始人創建在清邁市、 所以你可以訓練邀請來自斯里蘭卡的僧侶、11捐贈和竹的地方建立了根據斯里蘭卡風格。 在那之後、僧侶が瞑想修行できるようにとアナータムミカラート王(1367~1387年)が 4つの入り口を持つトンネルを掘らせます。 因為、寺被稱為寺"umong (隧道)。、 現在、與相鄰合併為四個寺廟,制訂了叫"軒 putta 湯姆"實訓中心。 在大區的、1949~1966年にかけて寺の住職を務めたパンヤー・ナンタピック高僧による 仏教の教えが書かれた看板が立てられており、 它是一直旨在僧人想苦行寺。 佛在洞穴深處。、這雙鞋有從洞中出來,穿過山洞,另一個在後面。 赤足在隧道上邊緣和感覺石頭瓷磚地板。 感覺非常寒冷的空氣在山洞裡、它是忘記泰國王國的熱帶。 老、跡象表明,將該資訊描述了 watumorn 什麼?。 上一頁、這條隧道、這是精細裝飾壁畫,色彩明亮,紅色的顏色。 靜靜地走開,供奉在山洞裡的圖像。 只載一個神秘的地方、它看起來更像。 昏暗、最小指示燈亮起、在隧道的石牆小聲。 上樓梯周圍的小隧道。 佛像靜靜地載在隧道中的幾個地方。 對人的崇拜已經到來。、這是真的很安靜我。 還有一些內心深處的洞穴、可以問問所描述的狀態鳥和花。 外面的洞內景觀。 打通隧道。、這裡的洞穴裡出來。 一段時間在昏暗的地道、 太陽以外是大多亮雖然空無一人我覺得甚至。 偉大的佛塔是在屋頂上、由於高山、 它是在晚上打飛機亮起來。 火焔樹 タイで見掛けた美しい名花は「鳳凰木 ほうおうぼく(火焔樹 かえんじゅ)」です。 * 人一般被稱為"火焰樹"、鳳凰樹的名字......。 整潔、 嬌豔的櫻花、鳳凰樹讓人聯想到性感、 激情南被認為是世界上三個大開花樹木之一。 泰國的熱門 4 樣綻放在 5 月時朱紅火紅。 6此時的月、這是再一次在那就是到底、 還有、有一個美麗的紅色輝煌、 邀請很遠的地方的眼睛、近くで眺めても飽きない素敵な花の姿をしておりました♪ 階段を下りていくとこちらにも蛇神の「ナーガ Nāga」が設置されています。 這被恢復。。 こちらがオリジナルの蛇神「ナーガ Nāga」で、在樓梯附近莊嚴。 因為郊區寺、很多遊客、静かな寺院巡りがお好きな方にお勧めです♪...

印度佛教儀式看到掃管笏 Chet 三百峰"綠色分局七塔

「チェンマイの聖地」とも呼ばれる名高い寺院「ワット・チェット・ヨート Wat Chet Yot」。 掃管笏 Chet 三百峰、由蘭納清邁的第九屆國王的王朝在其峰值 tyrocarart、 1455建立了呼應馬赫身體廟宇在印度佛教創始人在菩提伽耶寺。 地方、位於 15 分鐘車程從 tha PAE 門、下一步到清邁國家博物館、位於沿江高速公路。 仏塔を取り巻く黄色い布は「お祭り」のためだそうです。 在清邁、1年を通じて様々なお祭りが行われており、 最著名的節日、 在泰國、ロイクラトン祭りと呼ばれ、燈節在清邁的節日、イーペン祭りと言います。 作為銀河系克拉通 (元宵節) 清邁坪河流經水媒在神奇、 美麗的節日、 遊客也被吸引。 另一個、旧正月を祝うソンクラーン祭りソンクラーン祭りは、開始和叫自己最初僧侶澆上殿,慶祝新的一年、 稱為"潑水節"。 和"Chet 三百峰"、在泰國,帶七 (Chet) 尖頂 (青年)、7一個有責任感的寺廟的尖頂。 位於內作兩牆雕像刻石砌台基廟的歷史象徵意義。 那,被命名該神社上七-。 這座寺廟也被稱為聖地的清邁、 14778 歷史意義的事件根據世界上座部 (小乘) 佛教"反彈"舉行。 這裡、巳年の寺院のため、入口處又被裝上一條蛇。 由蘭納、 確定每個神社寺廟星座 (黃道十二宮) 的相關、 有是一個祝福,祈禱出生在他們的寶塔和宗教信仰。 在旅遊之前、自分の生まれ年の寺院がどこなのかを調べておくのも良いかもしれませんね♪ アーチ型の入口を入ると、佛陀的啟示在後面開了是嗎。 因為它仿照在印度的菩提迦耶佛教聖地、 一直這樣友好的面容佛教雕像都是豐滿、 人文。 在小入口位於上雙方透過窗簾雕像、隱藏的樓梯,爬到屋頂 Chet 青年可以有。、 現在、裝飾的關鍵、在一般情況下是當前已關閉。 在這一天、來看看很多學生在清邁、正在研究寺的歷史。 此框是、插入一枚硬幣和流動。 建設的建築磚造的和、在牆上了的石膏彩繪的完成似乎、 現在、大多數的果皮愛上、磚被暴露。 在牆上、靈感源自印度的佛教演出者具的雕塑、 周圍的尖頂天神的救濟。 是最受損的你、你的臉是軟和優雅的外觀和、 精美和我會零rete 歎息。 掃管笏 Chet 三百峰主大廳建成幾年前。。 在鬱鬱蔥蔥的綠蔭環抱的廣泛理由和、6在雨季,你可能有、遊客將至少寺,相對安靜。 ゆっくりと寺院を巡りたい方にはお勧めの寺院だと思われます♪ 本堂内で暫し、我們將參觀。 因此包圍平靜的空氣,、在一個安靜、 在黃金時代時代背景表明參觀歷史建築物寺廟也是不錯。 方法直接從大門延伸。 這裡、很多人用到公園、緩やかな空気が流れています♪ こちらは、在殿裡有棵石灰和開明佛遊記、 印度、據說仿照在菩提迦耶大菩提寺、 從內部一棵菩提樹、 前身為掃管笏 batram mehrarvihara (Wat Botharam Mahavihara)。 在樹的環境中、每個寫在泰國,"教"。...

"所以,哈姆丹 2 ' 1 在清邁、2這麼有名的戰鬥

說到泰國北部清邁的特色菜,每個人都告訴我們考索伊。。 作為一個如此既定的、介紹清邁指南介紹、 著名餐廳"高索伊·拉姆杜安"。 那個可敬的總部、菲傷害街叫成立70歲以上, 以。 這一次,、我們在這裡向您介紹、新しくできた2号店の「カーオソーイ・ラムドゥアン2」さんです。 只是在尋找排序與總公司的攤位是、第二家店很奇怪。 如果此、初めて訪れる観光客でも見つけやすいはずでしょう! 店前には、許可證和停車位、立chi寄rete 請隨意遊覽非常有用的。 今回の観光ツアーのプランの中に「カオソーイが美味しいお店に連れてってください」とお願いしてあり「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」さんでこちらを紹介してくださいました♪ 店先には、覗ke 在廚房用玻璃、 泰國將、雜項氣氛、美味しそうな香りを店中に漂わせています♪ 店内は、寬敞和、每年在當地居民和遊客的合理距離就座。。 衛生面的にも何ら問題のないレストランの雰囲気です♪ 有名店というだけあって壁には有名人の写真やサインが一杯飾られています♪ 店内も風通しは良かったのですが、在店面是開放式露臺風格的座位、 霧浴和保證、決定去那裡這麼好。 功能表是英語、 お勧めをチェンマイハッピーツアーの現地ガイドのグローイさんに伺いながらオーダーします♪ 「チャーン Chang」 ランチから贅沢にビールをいただけるのも旅行の醍醐味ですね! タイでもっとも人気のあるビールのシンハー(ビア・シン)と双璧を成すビール。 1998在國際啤酒比賽中獲得金牌、タイビール特有の強い苦味が特徴です♪ 「カオソーイ・ガイ(チキン)」40THB(日本円にしておよそ148円) カオソーイは、在淡椰子咖喱湯中放入蛋面叫麵條、 清邁泰國北部吃更多的油炸麵條頂菜。 跳汰雞 (蓋)、豬肉 (MOO)、牛 (諾)、豬肉排骨、(深) 你可以選擇從四種不同類型的。 首先、湯的花絮。 總是、わたし達が日本で食べている「タイレストラン ラッタナー」さんのカオソーイのスープは、 有相當沉重和厚、這是令人耳目一新的, 更多、辣是保留。 一點甜蜜的勝利、辣但不太、 非常輕和溫和的味道, 你喜歡, 因為我認為好味道。 湯、什麼! 煮了超過三小時, 使其。 和、この深みある味わいが出せるのですね♪ わたし達は、我喜歡雞肉、雞肉 (蓋)-訂單。 鶏肉はとってもやわらかくてジューシー! マナオをギュッと搾り、舒適加、生紅洋蔥和豆芽、漬物を乗せていただきましょう! 味わいは、沙沙作響的印象是咖喱、 因為椰子奶基、品味辛辣與甜蜜的生活。 著名的商店、ラムドゥアン2の本場のカオソーイは美味しいと思います♪ 「カノムチンナムギョウ(チェンマイ式ソーメン)」35THB(日本円にしておよそ130円) こちらもタイ北部・チェンマイの名物料理の1つで、 泰國掛麵說, 卡農 jeen、製作發酵米粉、 沒有腰像日本麵條出來。。 糖醋番茄湯是獨一無二的, 因為、建議在炎熱的日子。 如肝色的斑點、有凝固的豬肉血、 那是 kanomucinnamgyeou 的主食、これがまた臭みがなく美味しいです! こちらの料理は、由於一個小卷1託盤1託盤、いろいろな味に挑戦してみると良いでしょう♪ 「ムー・サテー(スモール)」35THB(日本円にしておよそ130円)...

滾動到頂部