「babble & rum」イルミネーションに染まるリバーサイドでカクテルディナー

バンコクのリバーサイドホテル「Riva Surya Bangkok(リーバ スーリヤ バンコク)」のオールダイニングレストラン「Babble & Rum at Riva Surya Bangkok(バブル&ラム)」にてカクテルディナー!

バブル&ラムは朝6:30~夜0:00までの終日営業となるため、宿泊ゲストは時間を気にせず食事を楽しむことが可能です!

チャオプラヤー川(Chao Phraya River)沿いのテラスダイニングということもあり、心地良い南国の風を感じながら地元産の新鮮なオーガニック食材を用いた本格的なタイ料理をはじめ、アジア料理、ヨーロッパ料理などを楽しみましょう!

バンコク初日のディナーはやはり王道のタイ料理が食べたくなります!
夕暮れ時を迎えた空がロイヤルブルーに変化する頃になると、イルミネーションに染まるホテル。チャオプラヤー川を走る船や橋もネオンが灯り、艷やかな夜へと移り変わります!

メニューは英語表記のみですが、写真付きなので料理内容やボリューム感が分かりやすく、指差しオーダーもできるよう配慮がなされているのも高評価!お勧めを伺いながら3種類の料理をオーダーし、カクテルと共に頂きます!

今回のバンコク旅行でもLade企画の『器と旅するシリーズ』を御紹介させて頂き、企画第一弾で登場した陶芸家の「釋永 岳 (Gaku Shakunaga)」の無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインを誇るシャープな器と、企画第二弾で参加して頂いた下尾 和彦 (Kazuhiko Shimoo)さん&下尾 さおり (Saori Shimoo)さん御夫婦のユニット作家「Shimoo Design」の「日本の美」を象徴し、合理的且つ美しさを忘れない木製器と共に様々なレストランでコラボレーションしていただきます!Thank you for the collaboration!!

カクテル「Surya Mango Drifting(マンゴーカクテル)」250THB(日本円にして約900円)※1THB=約3.6円(2019年11月のレートにて換算)
ライトラムに甘みのあるサワーとマンゴージュースをミックスし、大きくカットしたフレッシュマンゴーとフレッシュミントをたっぷりと添えて!
タイに来たら一度は食べたいマンゴーを思いっきり楽しめるカクテルです!
ミントが爽やかで甘過ぎず、しかしながら、マンゴーのフレッシュ感と濃厚さは失わず、そしてラムの香りに包まれつつも飲みやすい女子ウケ抜群のカクテルです!

カクテル「Strawberry Ice Tea(苺のカクテル)」250THB(日本円にして約900円)
テキーラ、ライトラム、ウォッカ、ストロベリーリキュール、甘みのあるサワーとスプライトをミックスし、丸ごと苺とフレッシュレモン添えたカクテル!
リキュールのグラデーションカラーを楽しみつつ、下層部のシロップを少しずつ混ぜながら甘みを調整して頂きました!

タイ料理①「Samosa Lanb Moo(豚挽肉のサモサ)」250THB(日本円にして約900円) × 器:Shimoo Design 浮様リーズ 丸皿 Φ280
タイ料理の定番サモサは、豚挽肉に玉葱を加え、タイ特有のスパイスで味付けしたタネを詰めて揚げる揚げ春巻きのようなもの!
少し甘みを感じるタネに仕上がっていますので、辛味のあるフィッシュソースを付けて食べると甘辛で丁度良いバランス!
外サクサク、中ジューシィーで、パクチーを添えてもエスニックな香りが楽しめ美味しく味わえます!

タイ料理②「Tod Mun Goong(タイ風エビカツ)」320THB(日本円にして約1,150円)× 器:釋永 岳 (Gaku Shakunaga) mars himawari Φ250
Todは揚げる、Munは脂身、Goongは海老、を意味します!
外はサクサクで中はプリップリの海老のすり身がたっぷりと詰まったボリューム満点の揚げ物です!
プラムの酸味が利いた甘~いソースを付けて楽しみます!
わたし達は甘辛が好きなので、サモサのソースを付けて美味しく頂きました!

 

タイ料理③「Pad Thai River Prawng」350THB(日本円にして約1,260円)× 器:釋永 岳 (Gaku Shakunaga) リバーシブルシャーレ Φ250
パッタイは日本でいう焼きそば!
ライスヌードルのもっちりとした食感の平打ち麺に甘酸っぱいソースが絡み合い、食べ応えのあるタイの庶民的ソウルフードです!
タイでは川エビのオニテナガエビ(Macrobrachium rosenbergi)が人気で、圧倒的な存在感を誇る手長鋏が器を大きくはみ出す程に!
サクサクとした揚げ生地を器にされており、飾り切りしたライムや華やかな蘭を添えたデコレーションも美しく、アイキャッチ的にも写真映えする一品!ホテルレストランにしては良心的な価格のように思いますし、味わいも日本人でも食べやすいテイストですのでお勧めです!

こちらでは毎週木曜、金曜、土曜限定で午後6:30~21:00の間、ホテル専属のハウスバンド「Brownie Burger」が出演し生演奏で小気味良いリズムを奏で楽しませてくれます!

また、こちらのレストランでは毎日20:00~21:00の1時間にハッピーアワーを設けており、最初のドリンクを1杯購入すると2杯目のドリンクが無料で楽しめるため、夜風に乗り心地良く響くバンド・ミュージックに浸りながら語らい、お酒を楽しむことができます!

babble & rum restaurant(バブル&ラム)
営業時間:6:30~0:00(オールダイニング)

Riva Surya Bangkok(リーバ スーリヤ バンコク)
所在地:23 Phra Arthit Road Phra Nakhon, Bangkok, 10200, Thailand
TEL:+66 2 633 5000
https://www.nexthotels.com/hotel/riva-surya-bangkok/

お得なホテル予約はこちらをクリック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top