「ARUN Riverside Bangkok」夕焼けと寺院を望むサンセットディナー

ワット・アルンラーチャワラーラーム」を望むホテル「ARUN Riverside Bangkok(アルンリバーサイドバンコク)」のルーフトップレストラン&バー「View ARUN – Rooftop Restaurant & Bar(ビューアルン)」にてディナータイム!

 

11月中旬のバンコクのサンセットタイムは夕方17:30~18:00の間となるため、夕暮れを待つゲストで満席となる「View ARUN」!

わたし達も事前予約で特等席を用意して頂きました!
お隣には韓国からいらした観光客カップルが可愛いブーケを持って記念撮影する姿も伺え、特別な夜を演出されているようで喜ばしい限り!

こちらでも同様にLade企画の『器と旅するシリーズ』を御紹介させて頂き、企画第一弾で登場した陶芸家の「釋永 岳 (Gaku Shakunaga)」の無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインを誇るシャープな器と、企画第二弾で参加して頂いた下尾 和彦 (Kazuhiko Shimoo)さん&下尾 さおり (Saori Shimoo)さん御夫婦のユニット作家「Shimoo Design」の「日本の美」を象徴し、合理的且つ美しさを忘れない木製器と共にコラボレーションしていただきます!

サンセットに合わせてタイ料理とカクテルをオーダーし乾杯!
「Secret in the forest(シークレットインザフォレスト)」
320THB(日本円にして約1,150円)
カラー映えするカクテルをオーダーするとこちらが出て参りました!
メロンソーダのようなロングカクテル!

「Evening Bouquet(イヴニングブーケ)」
320THB(日本円にして約1,150円)
ウォッカベースの口当たりスムージーなスイートカクテル!

 

タイ料理①「Khan Toke(カントーク)」× タイの伝統器
450THB(日本円にして約1,620円)※1THB=約3.6円(2019年11月のレートにて換算)
豪華な伝統器に盛られたカントークは、タイ北部スタイルの前菜盛り合わせで、鶏の唐揚げや海老のフリット、手羽中揚げ、つくね串、スティック春巻き、オニオンリング、パンダンリーフに包まれジャスミンの花飾りを身に纏ったバチャーン(บะจ่าง)というタイちまきが盛り込まれ、サウザンド、スイートチリ、タイソースと3種のソースに合わせてお好みで頂きます!
ピリッとスパイシーなソースに揚げ物の盛り合わせにはやはりタイの「Chang Beer(チャーンビール)」180THB(日本円にして約650円)です!

タイ料理②「Pad Thai(パッタイ)」× 器:Shimoo Design 浮様リーズ 丸皿 Φ280
320THB(日本円にして約1,150円)
もっちりとした食感のライスヌードルの平打ち麺に甘酸っぱいソースが絡み合い、食べ応えのあるタイの庶民的ソウルフードのパッタイは大好物で欠かせません!パッタイにはお決まりの川エビのオニテナガエビ(Macrobrachium rosenbergi)が添えられ、火入れも良くプリップリ!
野菜はフレッシュなもやしやパクチーが添えられ、お好みで味変するチリペッパーやピーナッツ、シュガーは花弁上に添えられます!

タイ料理③「SIRLOIN JIM JAEW(サーロインステーキ タイのチリソース)」 × 器:釋永 岳 (Gaku Shakunaga) mars himawari Φ250
550THB(日本円にして約1,980円)
オーストラリア産のサーロインステーキに、タイの肉料理では定番中の定番とされるNam Jim Jaew(ナムジムジョー)という甘辛くスパイシーな付けダレが添えられてきます!
ソースはスティック野菜との相性も良く、一度食べたら癖になるお味!

食事を楽しみながら夕暮れを待っていると、刻一刻と移り変わるグラデーションの空色と「ワット・アルン」とのコラボレーションがまた美しく印象に残る夢のようなひとときです!

この時期の寺院のライトアップは夜18:30より開始され、その瞬間を今か今かと待ち望む多くの観光客の姿があり、わたし達夫婦も心待ちにしておりました!

ライトアップの瞬間が訪れるとあちらこちらから歓喜の声が聞こえてきます!

ライトアップされる頃には辺りはすっかり薄暗くなってしまいますが、イルミネーションを施した華やかなクルーズ船等が行き交う中、キラキラと川面の煌めきと共に煌々と輝く寺院の出で立ちに感動!

食事を楽しんだ後は部屋へ戻ると、窓ガラスに映し出される光景はまるで液晶大画面のように鮮やかです!

昼の印象とは全く違う艷やかな面持ちの「ワット・アルン」をしっとりと楽しむためにビール片手にベランダへ!

ライトアップは朝方を迎える4時頃まで輝きを続け、バンコクの長き夜をひたすら満喫出来たのです! 最高のローケーションを誇るホテルに乾杯!

View ARUN – Rooftop Restaurant & Bar(ビューアルン)
営業時間:12:00~Midnight(通し営業)

Arun Riverside Bangkok(アルンリバーサイドバンコク)
所在地:Khwaeng Phra Borom Maha Ratchawang Khet Phra Nakhon Phranakorn Krung Thep Maha Nakhon 10200 Thailand
TEL:02-221-5651

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top