「ザ・サイアム The Siam」幻想的なサンセットと綺羅びやかなナイトクルーズ!

バンコク屈指のラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「The Siam(ザ・サイアム)」のリバーサイドテラス「Private Pier(プライベートピア)」にて幻想的なサンセットを望みましょう!

メインレジデンスからヴィラスペースへ渡る中庭階段を降りて蓮の花が咲く池を進めば、リバーサイドテラスがあり、ホテル専用ボートが行き来するプライベートな船着場となります!

幅3.5m、長さ22mの「Riverside Infinity Pool(リバーサイド・インフィニティ・プール)」では、チャオプラヤー川を眺めながら、快適なスイミングを楽しめます!

プール奥には「Bathers Bar(バザーズ・バー)」もあり、ひと泳ぎした後にシャンパーニュやカクテルをいただきながら、のんびりとサンセットを眺めるのもお勧めです!

リバーサイドテラス「Private Pier(プライベートピア)」にて提供されているメニューは、アルコールやソフトドリンクにスナックなどの軽食となります!

夕暮れを待ちわびながら、キング・オブ・スプマンテ「Ferrari Brut(フェラーリブリュット)」にて乾杯!

グラスに注がれた泡の煌めきが夕暮れの空色を捉え、その美しさに見惚れていると、空に不思議な現象が起こり初め、リングのように頭上に大きな輪が現れ、まるでわたしの誕生日を祝ってくれているかのように、観たこともない幻想的な夕焼け空を望むことが出来ました!

日が落ち、辺りはすっかり夜の雰囲気に染まる頃、Butler(執事)のSMET(スメット)さんにナイトクルージングを事前予約しました!

丁度19:00から出発する「The Siam Boat(ザ・サイアム・ボート)」でナイトクルージング(片道約45分)に出掛けます!

ホテル専用ボートは、朝10:00からホテル戻り最終時刻は夜23:00までの間の運行となり、定められた区間内の乗船タイムスケジュールを組み予約することで、宿泊者は快適なリバークルージングと共に観光やショッピングもお勧めです!

ナイトクルージングでは、川沿いの商業施設や寺院のライトアップなどもあり、昼の賑やかさとは異なる大人の雰囲気が楽しめるので、デート使いにも良いでしょう!

最初に見えるイルミネーションは「King Rama VIII Bridge(ラーマ8世橋)」となります!

こちらの橋は、ラタナコシン島からトンブリーへの交通渋滞を緩和するための王室プロジェクトとして建てられており、非対称の斜張スタイルで世界で5番目に長い橋としてバンコクのランドマークにもなっています!

お次はショッピングモールの「Tha Maharaj(ター・マハラート)」!
2014年末にオープンしたこちらは、チャオプラヤー川エクスプレスボートの船着き場を改装してできた複合施設で、中にはレストランやカフェ、雑貨屋などが出店しており、2Fテラス席から夜景を眺めながらのディナーもお勧めです!

ライトアップされた「Wat Arun(ワット・アルンラーチャワラーラーム」。

Wat Phra Kaew & The Grand Palace(ワット・プラケオ)」と「Wat Pho(ワット・ポー)」の姿もあり、川面からの景色も楽しめロマンティックです!

チャオプラヤー川のナイトクルージングは大変人気で、ディナーショー付きのクルーズ船が数多く走っており、人気のアクティビティとなっております!

市街夜景の中、遠くに見えるは、ブロックを積み上げたような形状が特徴的なバンコクの新しいランドマークタワーとなる「King Power Mahanakhon(マハ・ナコン)」!
こちらは2018年に完成したビルで、ホテルや高級コンドミニアム、有名レストランなどが入る地上77階、高さ314mの高さ誇るバンコク屈指の超高層ビルとなります!

その後、一際華やかな装飾で輝く建物は、2018年11月にオープンしたタイ最大級の複合施設「Icon Siam ไอคอนสยาม(アイコンサイアム)」が見えて参ります!
こちらは、2棟の高層コンドミニアムやショッピングモールから構成される施設で、ショッピングモールには、タイに初めて進出するブランドが多数出店しており、バンコク初となる高島屋など、日本ブランドが多いことでも注目を集めています!
その他にも、タイをはじめ世界中のグルメを楽しめるレストランに、最先端のテクノロジーを使った展示が楽しめる美術館、映画館などもあり、エントランスで行われる本格的な噴水ショーも一見の価値有りです!

川沿いの夜景と共に優雅なクルーズを楽しみホテルに戻ってきました。

戻る頃には、ホテル上空に満月がのぼっていました。

月明かりに照らされた景色も艷やかでとても美しく「ザ・サイアム」でのひとときを夢心地に感じながら、深い深い眠りに就きました!

THE SIAM(ザ・サイアム)
所在地:3/2 Thanon Khao, Vachirapayabal, Dusit, Bangkok 10300, Thailand
TEL:+66 2 206 6999
http://www.thesiamhotel.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top