「ザ・サイアム The Siam」オピウム・スパでソダシの極上トリートメント!

バンコクのラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「The Siam(ザ・サイアム)」にある「Opium Spa(オピウム・スパ)」にて至福のトリートメントタイム!

メインレジデンスの地下1階にあるスパでは、オーストラリアのオーガニック&ラグジュアリーコスメブランドの「Sodashi(ソダシ)」プロダクトのトリートメントを提供!

ラグジュアリー・リゾートの高級スパで「Sodashi(ソダシ)」ブランドは大変人気がありますが、100%「Sodashi(ソダシ)」のプロダクトによるスパとしては、タイで一番最初にオープンしており、アメリカの「Condé Nast Traveler(コンデナストトラベラー)」が発表した2015年の世界のベスト・スパに受賞されている素晴らしいスパとなります!

基本的に事前予約が必要となり、担当のButler(執事)に予約連絡を入れるか、こちらのフロントでの予約も可能!
予約時間を迎える数分前には、客室にButler(執事)のSMET(スメット)さんが迎えに出向いてくれ、スパまで案内してくれます!

階段を降りると落ち着くアロマの香りに包まれ、心身共にリラックスモードに切り替わり、癒しの空間へ誘う廊下は静寂に包まれた落ち着きのある色調で出迎えてくださいます!

1階から見下ろせる吹き抜けのレセプションは広々と開放感に満ち溢れており、こちらで施術前のカウンセリングを受けます!

ウェルカムドリンクとして「Ice Ginger Tea(アイスジンジャーティ)」とおしぼりが用意されます。

日本語と英語表記で用意されたカウンセリングシートに記入!

スイートルーム同様に80㎡の広さを誇るトリートメントルーム(全5室)は、すべてトリートメント用のベッドを2台設置されており、それぞれにタイマッサージ用のマットレス2台、シャワー、スチーム、クローゼット、トイレを完備!

こちらのお部屋で、わたしはセラピストのFONさんにトリートメントを担当していただき、旦那様はMINTさんの施術を受け、夫婦で極上の安らぎを得ることが出来ました!

そして施術前後にゆったりと寛げるバスハウスは、見事なまでのローマの浴場「THERMAE ROMAE(テルマエ・ロマエ)」を彷彿とさせるデザインで、快適なジャグジーが用意され、心ゆくまでリラクセーションの世界へと誘います!

レセプションホールに戻り、アフターティとして「Hot Ginger Tea(ホットジンジャーティ)」と「Mango Yogurt(マンゴーヨーグルト)」を美味しく頂きました!

こちらには、タイの伝統的なタトゥ「Sak Yant(サクヤン)」を施すサロンもあり、タイで一般的に見られる幾何学模様や動物をモチーフにしたタトゥーで通常のタトゥーとは違い、僧侶やアチャーンと呼ばれる人が長さ40~50cmほどのメタルロッド(マイサック)で突く神聖な入れ墨なのだとか!

こちらではそのサクヤンタトゥー、謂わば本物の入れ墨施術が可能で、丁度いらした鍼師のワイルドな御夫妻に御挨拶させて頂きました!

他にも「Hair & Nail Salon(ヘアー&ネイルサロン)」もあり、レトロな雰囲気を醸し出している椅子は、オーナーがミャンマーから仕入れた調度品!そのアンティーク椅子の後ろには、モノクロの美しい女性の写真が飾られており、タイの歴代のミスコンレディたちの写真となり、クラシカルなスタイルが印象的です!

「Thai traditional massage(タイ古式マッサージ)」の部屋では、タイ古式マッサージやスウェデッシュなどの他に、ムエタイのメソッドを取り入れたマッサージを受けれます!

さらに滞在中に、よりアクティブに身体を動かしたい方には、1階にある広々とした「Training Gym(トレーニングジム)」がお勧めで、こちらには様々なトレーニング器具が設置されているため、ゲストはいつでも自由に使用でき、タイならではのタイ式キック・ボクシング「Muay Thai(ムエタイ)」を専門トレーナーから習うことも可能です!

ホテル滞在中の過ごし方として是非参考までに御覧ください!

THE SIAM(ザ・サイアム)
所在地:3/2 Thanon Khao, Vachirapayabal, Dusit, Bangkok 10300, Thailand
TEL:+66 2 206 6999
http://www.thesiamhotel.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top