浜松「かねりん鰻店」中庭を望みながら紀州備長炭で焼き上げる栄養満点の鰻重

浜松市西区入野町の雄踏街道沿いにある1952年創業の老舗うなぎ専門店「かねりん鰻店」は、表看板も一新され、紀州備長炭で焼き上げる鰻を提供されており、浜松でも数ある鰻店の中でも人気が鰻のぼりのお店となります!

私たちの住まう”浜松の食”と言えば、やはり真っ先に「うなぎ」が上がるように、うなぎ専門店は大変多く、焼き方やタレの味わい、御飯の炊き方により好みが分かれ、人それぞれにお気に入りのお店があると思われますが、私たち達夫婦の独断と偏見で言えば、店構え、接客、素材、味、コストパフォーマンスの総合得点として、バランスの良さからNo.1の座に降臨するお店はこちらの「かねりん鰻店」です。

こちらは元々、菅原町にて営業されていましたが、 1977年10月にここ入野町に移転され39年が経ち、店舗の耐震の関係で、新築という形で大幅にリニューアルし、2016年6月23日に和の庭園を構える風情ある趣の佇まいへと変貌を遂げ、落ち着き溢れるその和空間は、通りに面していながらも居心地の良さも評され、益々その名を轟かせる名店となります!

「た(他)」、「ぬき(抜く)」=「他を抜く」という意味を持ち、商売繁盛の縁起物として人気のたぬきの置物も鎮座しています。歯を剥き出しにして上を向いて笑っている「たぬき」のひょうきんなお顔は、繁盛している証のようにも思えます。

店内は、中庭を囲むカウンター席、テーブル席、個室、座敷と全61席を用意。平日といえど、開店早々に満席となるため、入口で名前と人数を記載し、ウェイティングブースにて席が空くまで暫し待機致します。

今回は中庭を望むことができるカウンター席へと案内していただきました。

奥座敷の掘り炬燵や、テーブル席も良いですが、やはり自然光が差し込み明るく、中庭を正面に望めるカウンター席が一番癒されます!

中庭

うな重は、(並)、(中)、(上)、(特上)の4種類となります。

オーダーをしてから焼き上がるまでの時間を待つ間、温かい緑茶をいただきホッと一息。

20〜30分もすると、香り良く、照りがあり、艶々のうな重のお出ましです!

「うな重(中)」3,780円

こちらでは、その季節毎に仕入れられる上質な鰻を素早く割き、紀州備長炭で焼き上げていきます!

外は香ばしく中はふっくらと焼き上げ、それを創業70年の間、祖父の代からずっと継ぎ足しながら守り続けてきた秘伝のタレに3回くぐらせ、味、色艶共にベストな状態に仕上げ、大きな釜で炊き上げ米の芯までふっくらと炊きあがった熱々の御飯の上に乗せて提供。鰻と御飯の間に粉山椒を振りかけ、口の中で広がる山椒の香りを楽しみましょう!

鰻は箸でさっくりと切れるほどの柔らかさで、タレは田舎特有にありがちな甘辛過ぎということがなく、上品で丁度いい塩梅。白米は小粒ながらに粒がしっかりと立ち、タレを絡ませ艶々の状態で、重箱は最後まで湯気を上げながら熱々の状態でいただける熱量となり、思わず箸が進む美味しさは格別です!

何を隠そう、私たち夫婦がこちらをお勧めする理由の一つに「炊き上げたお米の美味しさ」が際立っているということにもあり、他にはないお米と鰻のバランスの良さがこちらでは味わえます!

鰻の肝入りの肝吸いは上品な味わいで、漬物は柴漬けや沢庵の3種盛りとなります。ここ最近、珍しく忙しない日々を送っているため、免疫細胞強化に役立つビタミン豊富な栄養満点の鰻を食べて免疫力を高めていきたいと思います!

大変満足度の高い「かねりん鰻店」のうな重。我が家から程近い場所というとこもあり、浜松で鰻を食すなら、わたし達はいつも「かねりん鰻店」をお勧めしていますが、様々な味わいを楽しん、是非、ご自身に合ったお好みのうな重を見つけてみてくださいね♪

かねりん鰻店
住所:静岡県浜松市西区入野町731
TEL:053-448-9335
営業時間:11:00〜13:45[O.S]、17:00〜20:00[O.S]
定休日:毎週水曜日、第3火曜日
https://kanerin.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top