「堀池酒店」但沼の有名酒店が知る人ぞ知る居酒屋となり穴場中の穴場に!

昨年9月にネパールツアーを御一緒したメンバーの御一人で「飯田ユニパー」の会長となる飯田良一郎さんから新年会の御誘いを受け、向かった先は、何と!但沼の街中にひょっこりと現れる「酒」と書かれた看板の「堀池酒店」というお店!

看板入口には「本日、貸切です!」と書かれた張り紙が掲げられ、入店すると商品棚に並ぶ酒瓶はあるものの、テーブルや椅子がセッティングされ、酒屋としては不思議な空間。何でもこちらは、現在の店主である堀池ひとみさんが御両親が営まれていた酒店を継ぎ、料理好きが高じて「居酒屋」としても営業されているお店なのだとか!特に宣伝するわけでもなく、常連たちの憩いの隠れ家として知る人ぞ知る人気店とのこと!

この日の御料理はひとみさんお勧めの和洋折衷の御料理を存分に用意していただき、お酒は酒店にも関わらず、幹事の飯田さんはいつも「持ち寄りスタイル」とのことですので、今回も皆でChampagneや赤ワインを持ち寄りました。ネパールツアーに参加した全員が揃うことは難しいようでしたが、酒好き仲間が揃い、新年会スタートです!

Champagneが冷えるまで、カシスやブルーベリーのような凝縮した果実味が味わえ、バランスの良いチリのメルロー「Merlot Gran Reserva 2014 / Santa Alicia」で乾杯し、「静岡そだちのたたき」をぽん酢と柚子胡椒いにていただきます!

「前菜プレート(里芋と蓮根のグラタン、高糖度のトマトとクレソンサラダ、手羽先、金沢のヨモギ麩の田楽味噌、生ハムメロン、水を一切使わないトマトカレーのブルスケッタ、菩提樹の蜂蜜ヨーグルト、レザン・ドレ・オ・ソーテルヌ貴腐ワインのチョコレート)」をひとりひとりに提供してくださり、ワインに合う一品一品がどれも美味しいです!

わたし達はパーカーポイント90点を獲得したスペインのテンプラリーニョの100年古樹「Bodegas Frontaura Crianza 2009」を持参しました。スムースな口当たりと余韻が楽しめる1本です!

飯田さんのお気に入りのデイリーワインは、数々の賞を総嘗めしてきた50年に1度の幻のイタリアワイン「Collezione 50 Plus 2 Cantine San Marzano」です!濃縮した果実香にほんのりとスパイスのニュアンスで、いつまでも続く滑らかな余韻が楽しめます!

Champagneが冷えたところで「Nicolas Feuillatte Brut, Champagne」で再度乾杯!食中にも邪魔にならない清涼感たっぷりのテイストで喉を潤してくれます!プリンセス・ダイアナ妃の記念グラスで頂戴しました(笑)

プッリプリの食感が楽しめる「海老のニラ炒め」は、中華風の要素に洋のテイストを加えた味わいで赤ワインとの相性も抜群です!

見たこともないような立派な根っこが頂ける「せり鍋」は、同席してくださった飯田さんの御友人である望月さんの仙台帰りの持込食材とのことで、シンプルに鶏の旨味と一緒に楽しみます!せりの根っこは初めての食感で、香りが良く、シャキシャキと良い音を立てて味わえる最高の鍋でした!

「せり鍋」のタイミングで豪勢な「刺身の盛り合わせ」も「本山葵」と共に出揃ったため、赤ワインから日本酒へ移行し、「英君 いろは 大吟醸 雫酒」や「七田 純米 無濾過」、「花垣 純米大吟醸」、「人気一 ゴールド人気 純米大吟醸」などがポンポン空いていきます!嬉しいことに富山「能作_NOUSAKU」の錫製の片口と御猪口が出てきました!

宴で魅せた最高潮の盛り上がりは、二胡奏者の内藤 ゆみ子 (Yumiko Naito)先生の3年前に中国で経験された人気の「変身写真」での一枚!この世の者とは思えぬ絶世の世界三大美女の「楊貴妃」に大変身!

こちらは無修正と言うから驚きで、このメイク技術は想像を遥かに超えていると皆で大絶賛!(笑)

途中、飯田さんやゆみ子先生と仲の良い「臨済宗 東壽院」の御住職の曦 宗温 (Souon Asahi)さんが挨拶に出向いてくださいました!とても爽やかな色気を放つ御住職で、御夫婦揃って美男美女カップルなんだそうです!

楽しい宴に美味しい料理はまだまだ続き、日本酒から赤ワインに戻り、イタリアのバローロ「Villa Jolanda Barolo Santero F.lli & C. S.p.a.」、フランスのボルドー「Château Blouin 2012」に合わせて「百合根と三つ葉の天ぷら」や「フロマージュ&ドライフルーツ」を摘み、〆には魚介たっぷりの「パエージャ」が完璧な火入れで提供され、終始驚きの酒店となりました!

紹介が無ければ知ることの無い、穴場中の穴場となる「堀池酒店」での新年会は、深夜にまで続き、良く食べ良く飲み、良く笑い、本当に楽しい時間を過ごさせていただきました♪

2 Comments

  1. 舎人
    2019/02/02

    訂正のお願いです
    堀池酒店ですが、所在地は興津ではありませんよ
    【但沼】ですよ

    返信
  2. lade
    2019/02/02

    舎人さん

    ご指摘ありがとうございます!
    修正させていただきました!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top