「鎌倉古今」貸切可能な古民家ホテル!閑静な鎌倉エリアで春桜と共に家族だけで過ごせる上質宿!

※こちらは2020年3月に滞在した情報を配信しております。

古都・鎌倉市街地の喧騒から離れ、由緒ある二階堂エリアの閑静な邸宅地にひっそりと佇み、江戸時代から受け継がれてきた古民家をフルリノベーションし、上質な古民家ホテルとして昨年2019年1月7日オープンされた「鎌倉古今 Hotel Kamakura COCON」へおよそ1年振りの再訪!

「鎌倉駅」より車で約10分、明治天皇により創建された「鎌倉宮」から徒歩数分圏内となり、山に囲まれた緑豊かな自然と共に歴史を堪能できる安らぎのひとときを提供されています!

こちらは、古民家再生やホテル&レストランを運営する「株式会社くらつぐ」が「古今ブランド」としてスタートさせた第一弾となり、安政2年(1855年)に建てられた築163年の歴史を誇る古民家の魅力を残しながらフルリノベーションし、民泊新法に基づき180日限定の営業とする1日2組限定のプライベート感溢れる古民家ホテル!

今回は、新型コロナウイルスの感染予防対策のため、こちらを貸切予約で滞在させていただきます!

わたし達の住まう浜松市より高速で休憩を挟みながら約3時間のドライブ。
レトロな「江ノ島電鉄」が走り、いつもは多くの観光客で賑わいを見せる海岸沿いや街中にその姿は殆ど見られず、静かで穏やかな空気が流れている
鎌倉。到着すると、駐車場奥には満開を迎えた桜の大木が姿を現し、「鎌倉古今」に春の訪れと癒しを提供しています!

運営会社代表で支配人でもある松宮 大輔 (Daisuke Matsumiya)さんが「ようこそ!」と笑顔で出迎えてくださいます!

青銅門の先に進めば、山の木々に囲まれた清々しい自然の中、四季折々の花々が咲き誇る手入れの行き届いた贅沢な日本庭園が広がり、そこはまるで別邸にでも足を踏み入れたかのようなプライベートな空間が広がります!

色濃く上品な紺青色に和やかなサインを施した暖簾をくぐり、ゆったりとした広さを誇る玄関口。
グラフィックデザイナーとして活躍される日本アーティストの川上シュン(Shun Kawakami)が手掛けられ、「鎌倉の海岸」をテーマとした作品が装花と共に出迎えてくれ、懐かしさや温もりを感じさせるその趣は、まるで我が家に帰ってきたかのような心安らぐ雰囲気を醸し出しています!

宿泊できる客室は、101号室の「古今メゾネットスイート(88㎡)」と102号室の「蔵メゾネットスイート(82㎡)」の2部屋のみとなり、どちらも歴史ある和の趣を活かしながらリノベーションを施し、違う角度からの日本庭園を愉しめる造りとなっております!

今回は、前回滞在した客室とは異なる101号室の「古今メゾネットスイート(88㎡)」にお世話になります!

こちらは、和と洋が共存するメゾネットタイプのスイートルームで、ミニキッチンを備えたリビングルームは洋室となり、シンプルでスタイリッシュなデザイン家具が設えられ、使いやすいダイニングテーブルや寛げるソファなどが、快適な時間を提供してくれるため、自宅に居るかのような利便性を感じながらも非日常的な滞在を可能にしてくれます!

こちらでは無料Wi-Fiを完備しており、室外に持ち出せる電話Handyでは24時間体制で対応してくださる客室専用コンシェルジュとの通話が可能です!

また、映画のDVDやCD、書籍の他にも「Alexa(アレクサ)」を搭載した「Harman Kardon(ハーマンカードン)」社製の音響にも優れたAIスピーカー「ALLURE(アルーア)」が備えられており、「アレクサ!ジャズミュージックをかけて!」、「アレクサ!ボリュームを上げて!」などの声掛けに応えてくれ、わたし達のライフスタイルに必要不可欠なBGMにも事欠きません!

ミニキッチンの下には冷蔵庫が用意され、ドリンク(ビール、ソフトドリンクなど6種)は全て無料となります!
コーヒーはエスプレッソマシンを設置し、お茶は3種(この時はごぼう茶、柚子緑茶、ルイボス緑茶)の健康茶を用意。湯沸かしには、BALMUDA The Potが備え付けられています!

リビング奥には、パウダールームとレストルームへと繋がっており、木枠のガラス戸を開けると、庭の木々を眺めることができる半露天の浴槽が用意され、 24時間対応で湯温を保つバスタブは、ミルクのような繊細な泡立ちで美容と健康に良いマイクロバブルバスが備わっており、気軽に利用できるのも嬉しい限り!

洗面所の引き出しには、ドライヤーをはじめ、アメニティグッズが用意され、バスアイテムは、薬剤師であった高島由佳さんが敏感肌の方のために作られた人気のボタニカルなスキンケアで、自然の香りが豊かに感じられる「MATIN et ÉTOILE(マタン エ エトアル)」を採用されています!

2階には庭を見下ろせる開放感溢れる和室と寝室が用意されており、窓から見下ろす庭の景観が素晴らしく、大正ガラスに揺らめく木々の和らぎを感じながら静かな時を過ごせます!

快眠が約束されるツインベッドルーム!
スローガンに”The Quality Sleep”を掲げる「airweave(エアウィーヴ)」社の固めの寝具マットが最速で良質な快眠を約束してくれます!

トイレは1階・2階とそれぞれに用意されているため、就寝中のトイレも安心です!

 

日暮れ時に庭の散策をした後に一休憩。
夕刻を迎え、美しく染まる蒼い空と部屋に灯されるやわらかな灯火が心地良いぬくもりを与えます。

2階の和室窓から伺える庭も独り占め。
庭に咲く草花を添えたテーブルにてお茶を淹れ、お茶菓子に用意された鎌倉の銘菓「クルミッ子」をいただき、夕食の時間まで暫し静かな時を過ごしましょう!

鎌倉古今(Kamakura Cocon)
住所:神奈川県鎌倉市二階堂836
TEL:0467-81-4435(電話受付時間:9:00~18:00)
https://www.kamakura-cocon.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top