lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

「坐漁荘」日本茶を学ぼう!お茶の名産地である静岡ならでは日本文化体験!

2018/11/20

伊豆高原の高級旅館「ABBA RESORTS IZU – 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 」で行われているアクティビティの一つである日本文化体験「日本茶」を体験致します!

「坐漁荘」では、旅の思い出をより深いものにされるために日本の文化や歴史などをふんだんに盛り込んだ多彩な体験を用意されており、その中でも人気の高い「日本茶」の体験コースは、お茶の名産でもある静岡の銘茶をはじめ、玉露・緑茶・ほうじ茶と茶葉の種類を学びながら、器の選定や美味しい淹れ方を知り、3種類のお茶に合うお茶菓子を頂き、ゆったりとした心構えで日本茶の楽しみ方に触れる体験となります!

館内2階の一室に用意された「日本文化体験処」へ出向くと、そこは緑溢れる庭園の奥に相模湾が見渡せる絶景の間!

茶道の心得があり、旅館の文化保存を担当される専属スタッフの原田明子さんが「日本茶」について指導してくださいます!

そもそもお茶は「不発酵茶」の”緑茶”、「半発酵茶」の”烏龍茶”、「発酵茶」の”紅茶”、「後発酵茶」の”普洱茶”の4種に分かれます!

そして、日本が誇る「日本茶」の種類は、大きく分けて「玉露・かぶせ茶」、「煎茶・深蒸し茶」、「番茶」、「ほうじ茶」、「玄米茶」、「抹茶・碾茶(てん茶)」、「玉緑茶」に分類!

今回は、日本茶の中から厳選した「ぐり茶」、「玉露」、「Secret(秘密)」の3種類を楽しませて頂けるそうです!

茶葉入れに収められた3種の茶葉を見比べて、それぞれの香りを楽しむことからスタート!日本茶の世界を五感で感じ取り、体験をより楽しんでいただけるようにと、クイズ形式で進められる原田さん!

左から右へ順に、3種の茶葉の見た目と香りを堪能!

それぞれに特徴があり、どれも本当に良い香りでしたが、わたしが一番心地良く感じた茶葉は、見た目の色からして気品を感じる凛とした茶葉で色鮮やかな美しさを放ち、高貴に満ち溢れた深みのある香りの一番左の最初の茶葉でした!

原田さんが「お目が高い」と一言申し上げてくださるものの、どの茶葉が、どのお茶であるかは、飲み終えるまで内緒の御様子(笑)

茶器を温め、湯を頃合いまで冷まし、3分もの時間を掛けてゆっくりと丁寧に注ぎ入れてくださる最初の日本茶は、見事なまろやかさがあり、甘みと旨味に包まれた玉露で、身体にす~っと馴染む優しいお味!

一番目の茶葉は、何と!日本三大玉露の産地となる静岡県藤枝市岡部町朝比奈の遠藤 昇さんが丹精込めて生産された匠シリーズ・玉露名人茶【昇(のぼる)】50g 2,000円の高級茶で御座います!

緑茶とは栽培方法が異なる玉露は、新芽の出始め頃から日光を遮って育てるため、光合成の働きを調整し、渋みの成分となるカテキンは減り、逆に旨味成分となるテアニンが豊富になります!

あまりに美味しかったので、一煎目を終えた茶葉も食べさせて頂いたのですが風味豊かな味わいが楽しめました!

お次の日本茶は、富士山と白鶴が描かれた黄金に輝く茶葉入れから、1分ほどの短時間で、お茶本来の色が美しく映える青みがかったお湯のみで頂きます!

茶器の選定を楽しむのも、お茶時間の醍醐味でしょうか!一見、馴染みのある茶葉のようにも思えるのですが、原田さんの淹れ方が絶妙で、そのお茶本来の楽しみ方を熟知されている方ならではのお味が炸裂!

色濃く、香り優しく、甘み豊かな一杯!二番目の茶葉は、伊豆高原産地の「ぐり茶」!

ぐり茶とは正式名称は「蒸製玉緑茶」ですが、玉のように葉っぱがぐりっとしている形状からこの名称が付けられているそうです。伊豆・伊東地方では、販売時に「蒸製玉緑茶」では説明しにくいことから、見た目そのままに、ぐりっとしていることから”ぐり茶”と呼んで販売されてきたそうです!

御茶菓子は、コロンと丸みを帯びた「餡菓子」で中には優しい白あんも忍ばせてあります!

最後の茶葉は、赤みを帯びていて、どう見ても緑茶には見えません!

ガラスのカップに注がれ、珪藻土のコースターで洋風に差し出されたお茶は香ばしく、柔らかな渋味と複雑味を帯びており、どことなく花の香りと柑橘系の香りが楽しめる「和紅茶」!

三番目の茶葉は、静岡県川根本町の「益井園」にて、完全無農薬栽培で生産された「ますいさんちのみらいふぁすとふらっしゅ 紅茶」!「国産紅茶グランプリ」で金賞を受賞された茶葉でもあります!

最近では、フレンチやイタリアンレストランでも食後に「和紅茶」を提供してくださるお店が増えつつあり、日本では明治期から栽培されている「和紅茶」が今再び注目を浴びています!

日本茶のみならず、ヨーロッパのティー文化や中国茶、台湾茶など、世界中のお茶談義が語れ、そこからまた話が膨らみ、原田さんとのお茶時間はとても刺激があり、心豊かに一杯のお茶を楽しむ良さをしみじみと体感させて頂きました!

日本文化体験は、この他にも「折り紙」、「香り袋つくり」、「日本料理」、「魚釣り」、「和装着付け」、「日本刀鑑賞」なども楽しめるとのこと!

旅館でのひとときを楽しく過ごすために用意されたアクティビティ!
お時間のある方は是非お勧め致します!

ABBA RESORTS IZU 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ
住所:静岡県伊東市八幡野1741
TEL:0557-53-1170
フリーダイヤル:0800-888-1168

日本文化体験「日本茶」予約制
体験料:御一人様2,000円
http://zagyosoh.com/

坐漁荘 / 台灣預訂網站
https://www.abba-travel.com.tw/stay/


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

「坐漁荘」日本庭園を眺め純和風の心安らぐひとときを過ごす本館客室! 「坐漁荘」緑と光に溢れ古くから美肌効果と健康効果で知られる名泉の癒やし
「坐漁荘」日本庭園を眺め純和風の心安らぐひとときを過ごす本館客室!
「坐漁荘」緑と光に溢れ古くから美肌効果と健康効果で知られる名泉の癒やし

Reply

lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます