lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

「坐漁荘」日本庭園を眺め純和風の心安らぐひとときを過ごす本館客室!

2018/11/18

自然豊かな地に大人の隠れ家として名を馳せる高級旅館「ABBA RESORTS IZU – 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 」の歴史を感じることができる純和風本館客室の特徴的なお部屋を4室御紹介致します!

この日わたし達夫婦は、新しく増設されているヴィラタイプに宿泊予定ですが、早めにチェックインできたため、時間の許す限り本館客室を見学させて頂きました!

2階建ての本館は、東館と南館、離れとなる「松琴亭」の全19室となり、それぞれ印象の異なる造りで、日本庭園の眺めも様々に楽しめるようになっています!

廊下先には、立派な柏槇が飾られており、日本文化の継承を大切にしてくださっている台湾人オーナー葉信村会長の趣向で、茶道具や結城紬などの貴重な文化財が展示されています!

表からは想像できないほど奥行きのある旅館の広さに驚きます!

滝の流れる音が心地良く耳に響きわたり、「やまもも」の実を模した彫りが施された石床、自然が生み出した天然の花崗岩が猛々しく配される竹林の庭を進み、中庭に通ずる庭園露天風呂を通り過ぎ、東館へと参りましょう!

[東館:102号室 / 鈴懸(すずかけ)]

和室二間続きの「鈴懸」は広々としており、奥には炬燵の用意があり、角部屋のL字窓が開放感たっぷりの造りで違う角度から庭園を楽しめます!

縁側に降り立てば、山ももの大木や庭の池を悠々と泳ぐ錦鯉に出会え、餌やりしながら安らぎの時が過ごせます!

[東館:105号室 / 合歓(ねむ)]

和室一間の「合歓」の特徴は、何と言っても床の間の瓦壁が粋なデザインで素敵な施し!

欄間も含め、このモダンさを開業された50数年前にデザインされたとは驚きです!

和室に用意された座椅子も若干高めの物を用意し、足腰のお悪い方への配慮もなされています!

さらに大きな特徴としては、和室の広縁スペースとなる場に、室内でありながら日本庭園の趣きが楽しめる造りとなっており、窓先の庭を抜ければ、敷地内の日本庭園へと続くため、客室からそのまま散策が可能となります!

そして、東館1階の客室には全て露天風呂が備わるため、四季折々の景色を堪能しつつ、長湯に浸かるのもまた良いでしょう!

東館のお後は、別邸風の離れとなる特別な二棟限定のスイートルーム「松琴亭」へ!

[松琴亭:116号室 / 金蘭(きんらん)]

本館離れとなる「松琴亭」は、高垣が施された戸建てとなり、静けさに包まれたプライベートなひとときを楽しむに相応しい客室となります!

「金蘭」の特徴は、和洋室二間続きとなり、和室リビングにはゆったりとした長ソファを設置し、日本庭園を望む広縁には一人掛けのモダンチェアが備わり、足を伸ばして心ゆくまで緩やかな時を過ごせます!

洋室ベッドルームにはクイーンサイズのベッドが備わり、寝ながらにして庭の景観を独り占めできることでしょう!

 

二間に続くウッドデッキの横には、自然との調和を楽しめる石造りの露天風呂も備わり、開放感溢れる湯船を楽しめます!

[松琴亭:117号室 / 銀蘭(ぎんらん)]

「金蘭」と同じくして、本館離れのプライベートな空間として用意された「銀蘭」も和洋室二間続き。

和室リビングの広縁から庭へ降り立つと、広々とした石畳のデッキが用意され、庭との一体感を楽しめます!

こちらの「銀蘭」は、来年4月より旅館で唯一の「犬同伴OK」の一棟となる予定で、多くのゲストがそのスタートを待ち望んでいる客室となります!

本館は、贅沢にも伝統的な日本建築の趣きが楽しめる純和室となり、日本庭園の自然との調和が生まれる安らぎの客室を用意されています!

貴方ならどの客室をお選びになりますか?

ABBA RESORTS IZU 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ
住所:静岡県伊東市八幡野1741
TEL:0557-53-1170
フリーダイヤル:0800-888-1168
http://zagyosoh.com/

坐漁荘 / 台灣預訂網站
https://www.abba-travel.com.tw/stay/


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

「坐漁荘」伊豆高原・浮山温泉郷の歴史深く趣のある老舗旅館にチェックイン 「坐漁荘」日本茶を学ぼう!お茶の名産地である静岡ならでは日本文化体験!
「坐漁荘」伊豆高原・浮山温泉郷の歴史深く趣のある老舗旅館にチェックイン
「坐漁荘」日本茶を学ぼう!お茶の名産地である静岡ならでは日本文化体験!

Reply

lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます