ポップでカラフルな色合いの家並みが揃うマレークオーター地区

_RIC0949

ジャレットツアーの観光ポイントのスタートは、ケープタウン市内のマレークオーター地区からです。この地区はとてもポップなカラーに塗られた壁がかわいらしい石製の家が数多く立ち並び、多民族の文化が入り混じるマルチカルチャーな街。住民は約6000人とそれほど多くはありませんが、その約9割近くがイスラム教徒なのだそうです。以前、今はオーストラリアに在住している友人の内山和泉ちゃんがワーキングホリデーでケープタウンを観光したことがあり、この場所の写真を見せてくれたので、どうしても自分の目で見てみたかった場所の1つです♪

_RIC0956

多くの住人は、16世紀から17世紀の間に、アフリカ、インドネシア、マレーシア、そしてその他のアジアの地域からオランダ人によって連れてこられた奴隷の子孫にあたります。

_RIC0958

非常に鮮やかでポップカラーの色合いの家が立ち並んでいますが、その理由は、どの建物も同じような形をしているので、自分の家をより判りやすくするためにカラフルに色を付けたことがキッカケだったようです。隣同士で好きなカラーが被ったりはしなかったのでしょうか?(笑)しかし、カラーも然ることながら、植物が豊かに育つ国だからこそのプランターや、番地を表す数字の置き方もとても可愛いですよね♪

_RIC0961

ケープタウンは年中、気候に恵まれており、夏は風が通り、冬といえども寒さが厳しくないので、年間通してエアコンを使う習慣があまりないそうです。 そして冬でも楽しめる植物が一杯!特にこのイエローの壁に紫のプランターの色の組み合わせが最高ですね!春には、家の前のプランターの中は、これよりももっとカラフルな花で覆われるそうです。素敵ですね♪

_RIC0965

こちらはモスクと呼ばれるイスラム教徒の教会です。いくつもモスクがありましたが、家と同様カラフルです。街並が楽しく写真の撮りがいのある場所だと思います。しかし、住民の方々が実際に住んでいらっしゃるので、迷惑のかからないようにしましょうね♪

南アフリカケープタウン旅行記の目次はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top