スタイリッシュでファッション性のある自転車として注目を集めるFocale 44

focale44-main

スタイリッシュでファッション性のある自転車として注目を集めるFocale 44(フォーカル44)。Focale 44は、現在フランスに拠点を構えているが、先日もご紹介したLEONからから派生した1つのピストブランドである。MTBやBMX、ロードバイクまでも愛する彼らが、より都市にフィットした自転車をイメージした際に、辿り着いた答えがFocale 44だったという。Focale 44の特徴は、各ファッション雑誌にも注目されるほどのモダンなデザインと、バルセロナのメッセンジャー集団、imensajerosのサポートを受けながら開発を重ねているシンプルなフレーム設計にある。またステムと一体化させた特徴的なハンドルなど、Focale 44でしか見られないオリジナルパーツも。自転車の塗装にはロウフィニッシュの上にカラークリアコートを塗るなど、オリジナリティと革新性に満ち溢れたプロダクトをリリースしている。現在、筆者も愛車とし日々走らせ感じることは、街乗りは非常に快適だということ。そして、ファッション性が高いということが重要で、シンプル且つスタイリッシュなデザインに惚れ込んでいる自分がいる。

ttl-product

Focale 44が生み出すピストバイクは、個性的なオリジナルパーツを多数組み込むことで、他ブランドにはない独特の世界観を構築。塗装にも並々ならぬこだわりを見せており、同ブランドの大きな特徴となっている。

ttl-press

フランスの代表的なファッション雑誌であるWADを始め、各プレスでも高い注目を浴びているFocale 44。国内外問わず、高いファッション性においても評価されてる。

ttl-riders

Focale 44の自転車作りを陰で支えるのが、バルセロナのメッセンジャー集団imensajeros。1日に80~120kmもの距離を走る彼らの声が、同ブランドの商品開発をサポート。

ttl-noble
ttl-revolted

FOCALE44は究極にシンプルで、自己主張しない、さりげなく風景に溶け込むバイク。そして文句なしの走破性能。クロモリ好きにはたまらない、ロウ仕上げのフレームも魅力。F少量生産のため、年200台(世界合計)しか生産していないため日本には年に2回入荷、各回30〜40台ほどの入荷状況ゆえに、いつでも希望する色やサイズが見つかるとは限らない。購入を検討しているならば予約することを勧める。

noble
ステムと一体型のドロップハンドルが大きな特徴のNoble(ノーブル)は、異なるテイストの2色がリーリースされています。ブロンズはロウフィニッシュのフレームにカラークリアコートを乗せた、超個性的な1台に仕上がっている。

revolted
クリアコートブルーが鮮やかなRevolted(リボルテッド)。オリジナルパーツが随所に使われており、Focale 44の世界観を鮮明に反映させている。ストリートにそのまま乗り出せる、カスタム車のようなクオリティ。

ファッションにとどまらず、写真やアートといった情報を発信し続けるフランスのファッション雑誌、WAD magazine (WAD = We Are Different)。ファッション関係者なら誰しも知るところの雑誌である。そのWADにフィーチャーされることで、Focale 44は自転車界を超えて広くカルチャーシーンから脚光を浴びた。どちらかと言うとストリートの結び付きが強い印象のピストバイクだが、Focale 44はピストがモードとも強固にリンクするファッション性を、自らが持ち得ることを証明した。モダンでミニマル、伸びやかで力強いフォルムを持ち、そしてコンセプチュアル。単なる移動手段としての自転車の概念はすでになく、工業製品や建築などに比肩するようなプロダクトとしての地位を、ピストバイクは固めつつある。その一端を担うFocale 44の世界観を、そんな視点から眺めてみてはいかがだろうか。

フランス オフィシャルHP
http://www.focale44bikes.com/

日本オフィシャルブログ
http://focale44jp.blogspot.com/

press-cap1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top