「上野邸ホームパーティ」高層階のマンションの一室で繰り広げる極上のひととき

鎌倉の古民家ホテル「鎌倉古今」の運営会社代表で支配人でもある松宮大輔 (Daisuke Matsumiya)さんの御紹介で知り合えた上野国久さんと朋子さん御夫妻の御宅にお招きいただきホームパーティーを開催!

先日は我が家に足を運んでくださったのですが、こうして互いの家を行き来させていただけるなんてとても素敵なご縁を頂戴しました!

高層階のマンションの一室でありながらも、そこは何処か海外のリゾートホテルへ招かれたような雰囲気があり、大きな窓から望むパノラマ状の街並みを見下ろしながらの優雅な時間。

リビングで出迎えてくれたのは、3Dプリンターで作られたという御二人の3Dフィギア!
こちらのクオリティが観れば観るほどに酷似していてリアリティさが素晴らしく、実際にお召し物や靴などと並べると、より一層にクオリティの高さが伺えるとのこと!

上野さん御夫妻も旅行好きでグルメで車好きという共通の趣味が重なり、会話に尽きることなく楽しいひとときが始まります!

予め、冷やしておいてくださったイタリアのスプマンテやシャンパーニュで乾杯!

「アペリティフプレート」

アペリティフを楽しむために用意してくださったプレートは、クルミのバゲット、イタリア産オリーブ各種、パテドカンパーニュ、生ハムにチーズは「トマトとバジルのチーズ」、「トリュフチーズ」、「カマンベールチーズ」、「テット・ド・モワンヌ」などなど。

「テット・ド・モワンヌ」はスイス産のセミハードチーズで、薄くスライスするため軽やかな口当たりで、味わいはコクあり濃厚で旨味もあり、独特な複雑味が楽しめます!
チーズ専用のジロールという削り器を用いてくるくる回すと花びらのように薄く綺麗なフリル状にスライス。
実は我が家も数年前に購入したのですがなかなかお披露目の場を見ることがなく倉庫に眠っています(笑)

「BANトマトといぶりがっことクリームチーズのサラダ」

豊橋の道の駅「食彩村」でも大人気という「ばん農園」の「高糖度Banトマト」が並び、刻んだいぶりがっことクリームチーズに極上のエキストラバージンオリーブオイルをたっぷりとかけたカナッペ!
能登半島の陶芸家である藤井博文さんの器も素敵!

「高糖度トマトの食べ比べ」

Banトマトの弾けるような皮の張り、濃厚な甘味と旨味があまりに美味しくて、無類のトマト好きだとお伝えすると、同じく「食彩村」の人気ブランドトマトを3種を食べ比べさせてくださいました!
それぞれに特徴があり、味わいの濃い旨味溢れるトマトたちは御馳走です!

「雲丹のフラン」

上野邸でファーストビジターに必ず提供されているスペシャリテの「雲丹のフラン」は、雲丹の芳醇な香りと口中でとろける食感に、フランの滑らかな舌触りと上品で深みのある極上の味わいが楽しめ贅沢の極み!

こんな素晴らしい料理が最初に出てきてしまったら、胃袋をガッツリと掴まれてしまいます(笑)

「味噌工房キシタの手作り味噌体験でつくる御手製味噌」

浜松の「味噌工房キシタ」のキシタミキコさんの味噌作りにハマっている朋子さん。
こちらの味噌は一般的に市販されている味噌の5倍もの麹で作られており、凝縮された旨味が楽しめ、味噌が主役になる一品!
まさか、地元にこんなに美味しい味噌があったとは露知らず、このご縁を機にキシタさんとインスタで繋がらせていただいたので、今度足を運んでみたいと思います!

「深川ワイナリー東京 山形デラウェア無ろ過」

山形のデラウェアですっきりとしており、無濾過ゆえの旨味が楽しめます!

「ホワイトマッシュルームとアボカドのサラダ」

薄くスライスしたホワイトマッシュルームの風味豊かな香り、アボカドの濃厚さ、旬野菜のオクラの粘り、マイクロハーブのフレッシュ感に自家製の味噌ドレッシングとの相性が抜群!もちろん味噌は朋子さんの御手製味噌となります!

「ししとうのクリームチーズ挟み焼き」

ししとうの種を取り、Kiriのクリームチーズを挟み冷蔵庫で寝かせてから香ばしく焼き上げ、鰹節をたっぷりとかけて麺つゆ少々。これがまた絶品!

こういうおつまみ系がさらりと作れてしまいサッと出てくる奥様は本当に尊敬してしまいます!
レシピも伺ったので我が家の晩酌レパートリーにも早速加えさせていただきますね♪

「エガワコントラクター 喜多方アスパラガス」

福島県喜多方市で雄国山麓の木々に囲まれ阿賀野川支流がながれる環境で野菜を育てている農家「エガワコントラクター」さんの喜多方アスパラガスは大地の恵みを受けた本物の美味しさが味わえます!

「喜多方アスパラガスのバターソテー ホワイトトリュフ塩を添えて」

こちらは軽くバターソテーしたものをホワイトトリュフ塩を添えていただきます!
シャキシャキの食感と大地の恵みを感じる瑞々しさに、アスパラガス本来の香りと濃い味わいが楽しめ、そこへホワイトトリュフ塩を少々加えると、それはもう至高の香りが漂い天にも昇る勢いです!

「シノン レ・パンセ・ド・パリュ(ドメーヌ・ド・パリュ)/Chinon les Pensees de Pallus (Domaine de Pallus)」

お次はお好きなワインを開けてくださり、エレガントで果実味豊かなシノン。
初夏という時期的にも少し冷やしてから飲むのが良いと準備してくださり、カベルネ・フラン100%の品のある味わいを堪能!
赤ワインとホワイトリュフ塩をまとった喜多方アスパラとの相性も抜群です!

「鳥市精肉店 源氏和牛」

以前、我が家にいらしてくださった際に差し入れいただいた豊橋の老舗の精肉店「鳥市精肉店」の「あいち鴨」も絶品でしたが、こちらの精肉店でこだわる肉として忘れてはならない「源氏和牛」の登場です!

地元愛知県を代表するブランド「鳳来牛」を育てる名人集団「源氏肥育組合」が手塩をかけて育てた黒毛和牛「源氏和牛」。
生後約10ヵ月から飼料の5%に関谷醸造㈱の銘酒「蓬莱泉」の酒かすを混ぜて育てられており、育てるのにかなり手間暇がかかるため流通量が極端に少ない貴重なブランド和牛です!

こちらの「源氏和牛」は厚切りとオーダーしてくださっていて見事な霜降り具合となり、常温に戻してから調理開始です!

終始キッチンで準備してくださり、次から次へと順良く極上の料理を提供してくださる朋子さん!
こだわりの食材や美味しいと美味しいの駆け合わせや極上レシピなど、都度勉強させていただくことばかり!
都内からこちらへ越されてきてからは、地場野菜の美味しさに目覚め、本当に良く野菜を食されるようになったとのこと!
浜松の野菜も美味しいですが、愛知の野菜たちは私たちも日々通う「クックマート」で御用達ですからね♪

「源氏和牛のソテー 蓮根 アーリーレッド」

表面は香ばしく、中は見事なロゼで美しいミディアムレアにソテーされた「源氏和牛」!
ジュワッとくちどけの良い良質な脂、噛むほどにほとばしる旨味溢れる肉質、上品な肉の香りが溜まりません!

「レ パゴド ド コス 2007 サンテステフ(Les Pagodes de Cos 2007 AOC Saint-Estephe)」

源氏和牛に合わせてコスを開けてくださいました!
こちらはロバート・パーカー氏が2009年に100点満点を付けており、個性的なスパイスのニュアンスと柔和なタンニン、滑らかな口当たりが楽しめるフルボディです!


※画像は撮り忘れてしまったのでイメージです。

「ロバート・モンダヴィ(Robert Mondavi / Cabernet Sauvignon Napa Valley)」
「ベリンジャー ナイツ ヴァレー カベルネ ソーヴィニヨン(Beringer Vineyards Knights Valley Cabernet Sauvignon)」

今回私たちが差し入れたワインは、上野さんの著書「3つの国の企業で働いてわかったこと/上野国久」にも登場してくるSEGAの大川功会長お気に入りのワインで当時上野さんも多いに飲まれていたものをセレクト!
カリフォルニアワインの父「ロバート・モンダヴィ(Robert Mondavi / Cabernet Sauvignon Napa Valley)」とベリンジャー兄弟が立ち上げたアメリカ屈指のワイナリー「ベリンジャー ナイツ ヴァレー カベルネ ソーヴィニヨン(Beringer Vineyards Knights Valley Cabernet Sauvignon)」の2本立て。当時の思い出に浸りながら御賞味いただけると幸いです♪

前回、お会いした際にサイン入りでプレゼントしていただいた上野さんの著書「3つの国の企業で働いてわかったこと」、「釣りは人生とは別の時間」の二冊。夫婦揃って楽しく読ませていただきました!

メインディッシュを終えた頃に上野さん御夫妻が今までに足を運ばれた数々のワイナリーでの思い出のフォトアルバムを見させていただきながらのワイン談義!

「シャトー・シュヴァル・ブラン(Chateau Cheval Blanc)」、「シャトー・ペトリュス(Chateau Petrus)」、「シャトー・トロロン・モンド(Chateau Troplong Mondot)」、「シャトー・スミス・オー・ラフィット(Chateau Smith Haut Lafitte)」、「シャトー・ブリヤン(Chateau Brillant)」、「シャトー・オー・ブリオン(Chateau Haut Brion)」、「シャトー・マルゴー(Chateau Margaux)」などなど錚々たる名門ワイナリーが登場します!

「メインクーン 鈴蘭」

実は6匹の保護猫と暮らす上野夫妻。
いつもは奥様の朋子さんの周りをウロチョロとしているようですが、客人が来ると寝室に引き籠ってしまう猫ちゃんたち。

それぞれにお気に入りの隠れ場所があるようですが、慣れてくると少しずつ顔を見せてくれるようになりました!
特になかなかお目にかかることはないイエネコの中でも大きな品種のひとつであるメインクーンの鈴蘭ちゃんの大きさにはビックリ!

6匹の猫ちゃんたちはうちのショコラよりも遥かに大きかったです!

写真に収めることは出来ませんでしたが、順番に紹介すると
1猫 おそらくジャパニーズボブテイルで人が大好きな美ら(ちゅら)ちゃん。
2猫 黒いお顔の照れ屋な珊瑚(さんご)ちゃん。
3猫 真っ白で女王のような気品に溢れるメインクーンの鈴蘭(すずらん)ちゃん。
4猫 寒がりでベッドの中がお気に入りの菫(すみれ)ちゃん。
5猫 縞模様のGriffe(グリフ)ちゃん。菫とグリフは洗濯機の横の小さな隙間に縦に重なり合いながら隠れていました!
6猫 小さくて可憐な蓮華(れんげ)ちゃん。

「鶏そぼろとドライミントのスパゲッティ」

鶏そぼろでさっぱりとしながらもえのき茸の食感も癖になり、鼻に抜けるドライミントの 爽やかな後味が夏にいただくパスタ料理としてピッタリ!

「ナッツの豆乳クリームのペンネ」

砕いたカシューナッツや胡桃、アーモンドとまろやかでコク深い豆乳生クリームとの相性が絶妙なペンネはワインの当てに最適!

「Griffe(グリフ)」

照れ屋さんばかりですが、時折、顔を出してくれる猫ちゃんたち!

食後の珈琲はいつも御主人の上野さんが担当されているようで淹れたてコーヒーをいただきます!

「豊川の自家焙煎珈琲Specialty Coffee Soh コーヒー」

香り高くすっきりとした味わいインドネシア産のスペシャルティコーヒー!

「ゴルゴンゾーラのチーズケーキ 蜂蜜がけ」、「佐藤錦」

ワインにもコーヒーにも合うゴルゴンゾーラのチーズケーキはねっとりと濃厚で芳醇な味わい!一口でワイン一杯いけそうです(笑)

楽しいひとときは本当にあっという間に過ぎてしまい、気付けばワインは5本、時間は夕暮れ時を迎えてしまい、あまりの居心地の良さにすっかりと長居をしてしまいました!

上野さん、朋子さん、素敵な時間を有難う御座いました!
またお会いできる日を楽しみにしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top