「世界が尊敬する日本人100人」の1人、高木 正勝

takagi masakatsu

自ら撮影した映像の加工やアニメーションによる映像制作と、長く親しんでいるピアノやコンピュータを使った音楽制作の両方を手掛けるアーティスト、高木 正勝(たかぎ まさかつ)。2009年にはニューズウィーク日本版で、「世界が尊敬する日本人100人」の1人に選ばれるなど、世界的に注目を集めるアーティストでもある。国内外のレーベルからのCDやDVDリリース、美術館での展覧会や世界各地でのコンサートなど、分野に限定されない多様な活動を現在も展開している。わたしが彼の曲を知ったのは、今から10年以上も前の話になるが、未だ色褪せることなく進化し続ける彼のメロディーに耳を傾ける日は多い。

彼を知る人はこう言うだろう。彼のアルバムデザインも手掛けられた画家である紗恵子さんとの結婚を機に大きく変化を遂げた彼の音楽性。そして離婚をも経験したことで、今まで以上の多感な想いに、また一歩新たな世界観を描き始めた彼の今後が楽しみでならないと。わたしが彼の音に耳を傾け、愛して止まない曲を1曲紹介したいと思う。優しく切なく流れるメロディーは、きっとあなたの心にも染み渡ることであろう。Ophelia/masakatsu Takagi

Takagi Masakatsu 1979年
http://www.takagimasakatsu.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top