「蕎麦家おおもり」でいただく香りと喉越しの良い手挽きの打ち立て蕎麦

photo1-287

全国から選んだ玄そばを週替わりで粉を変えて打つ極の蕎麦を提供している中島の「蕎麦家 おおもり」さん。店主である大森正人さんが丹精込めて作られる手挽きの打ち立て蕎麦と奥様の三枝子さんが丹念に揚げられるサクサク食感であっさりとした味わいの天ぷらが美味しくいただけるお店。浜松で手打ちそばをいただくなら、大抵こちらのお店に伺います。いつものようにカウンターへ腰掛け、大森さん夫妻との会話を楽しみながら、美味しい蕎麦をいただくことにしましょう♪

AZU4440

店内は、10名ほどの座敷と4名ほどが腰掛けれるカウンター席とのこじんまりとしたお店。天井は高く、木の温もりが溢れゆったりとした時が流れる空間。1枚板のテーブルを囲む常連の方々の姿はいつものことですが、時折、噂を聞き付け県外組が遠方からわざわざ足を運ぶ一見さんの姿もちらほら見受けられ、蕎麦好きにはとても人気のあるお店。ここ最近は、豊橋から足を運ばれるお客様が増えたとのことです♪

RIZ00051

「たべくらべ」1,200円

たべくらべは、せいろと挽きぐるみの田舎そばの2種類を食べ比べできます。手前が皮を取ったせいろは、福井県の丸岡在来を使用し、色鮮やかなグリーンで甘みを感じとても美味しいです。奥が挽きぐるみの田舎そばで常陸秋そばを使用。こちらは挽きぐるみでそばの味わいを濃く感じます。塩でいただくと違った味わいで楽しめます。この日は、大森さんより「丁度良いから、味見して感想聞かせて!」と、来週から提供される予定の信州の十割そばの試食もさせてもらいました。いつもの福井のものとは違う香りが引き立ち、しっかりとしたコシと味わい。大森さんは新たな試みとして、新食感のプチプチとした蕎麦を出してみたいとのこと。常に蕎麦に対して真正面からぶつかり、真摯に向き合う大森さんの感覚、素敵です!新しい食感の蕎麦を楽しみにしたいと思います♪

RID0350

「山かけそばハーフ」700円

山芋のネバネバ感が蕎麦に良く馴染み、絡み合い、ズルズルッと喉越し良くいただけます。食欲がめっきり落ちてしまいがちな夏の暑い日には最適なメニューで、ちょっと小腹を満たしたい時などにはハーフサイズがあるから嬉しいです♪

RID0353

最後にたっぷりの蕎麦湯を注いで、ふぅ~っと一息、この瞬間が至福のひととき。汁と蕎麦湯のバランスが良いから訪れるこの瞬間。やはりここの蕎麦は安定しています。そうそう、大森さんの店先に完熟トマトがたっぷりと入ってたったの200円で販売されていて、ご近所の農家さんのものですが、とても美味しいトマトなので大人気なのだとか!暑い日々が続くと昼はあっさりと蕎麦が良いと思う方も多いかと思われますが、おおもりさんは諸事情により、来週7月7日(月)からおそらく1週間ほどお休みされます。足を運ばれる前に電話確認されることをお勧めします。大森さん、三枝子さん、また伺いますね~♪

蕎麦家 おおもり
浜松市中区中島1-31-1 TEL:053-463-2879
営業時間 11:30-14:00 定休日:月、火曜日(夜は完全予約制)
http://www12.plala.or.jp/sobaya/

浜松市中区中島1-31-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top