富塚の「イルクッチョロ」でイタリアンランチデート

IMG_0827

ホワイトストリート沿いにある蜆塚遺跡の交差点の角にあるイタリアン「イル クッチョロ IL CUCCIOLO」さんでランチデートすることにしました。こちらのお店もいつも一杯でなかなか入れないので事前予約を必ずオススメします。比較的、女性客の多いお店なので、ランチタイムは賑やかですよ。入口のウェイティングの前に、鮮やかな色合いのレモンとウサギちゃんがお出迎え。こちらのレモン、皮まで頂けるというから驚きです。お席に通され、2種のメニューコースからAコースのパスタランチ(前菜の盛り合わせ、パスタ、デザート、ドリンク)2,200円をオーダーしました。

IMG_0816

「前菜の盛り合わせ」

鶏肉のお料理が2種類でどちらも三河の錦爽鶏を使用。胸肉のローストを里芋のピューレと一緒に。もも肉のソテーにイタリア産赤レンズ豆の煮込み、縁起の良い豆だそうです。新玉ねぎのロースト。小松菜花と春キャベツをバーニャカウダのソースで。トマトソース添えたイタリアの卵焼きでフリッタータ。竜神豚のラグーを詰めたラザーニャ。パンの上にはイタリア産のリコッタリーズと栗の蜂蜜和え。竜神豚のテリーヌ。里芋に甘いさつまいも紅はるかのフリット。と、これまたひと皿でこれほどに楽しめ、どれもとても美味しく、少しずつのポーションで質の良い品数を求めることの多い女性客に人気な理由のひとつでしょう。

IMG_0820

「自家製カラスミとアンチョビのスパゲッティーニ」

新緑のように眩しいほどに刻みパセリが美しい。カラスミとアンチョビの塩加減が程良く、オイルベースでもあっさりと頂けます。

IMG_0819

「スパゲッティーニ いわしとちりめんキャベツの煮込みソース」

鰯好きのわたしには堪らないひと皿。アクセントに付けられたハーブのディルが爽やかな風味を誘います。これは癖になるパスタかも。

IMG_0817

「自家製パン」

ふわっと柔らかな優しい香りの自家製パン。とても好き。

IMG_0821

「デザート」

イタリアの郷土菓子で揚げた生地の中にリコッタチーズとチョコレートとピスタチオのクリームを詰めて。自家製のカモミールのジェラート、苺を添えて。いつもこちらのデザートでパンナコッタを頂くことが多かったので、オーナーシェフが気遣ってくれて違うデザートを用意してくれました。ありがとうございます。甘みのあるデザートではないので爽やかな初夏を感じさせるデザートですね。

IMG_0822

「コーヒー」

おしゃべりしながらゆっくりと2時間以上かけての食事。こちらのホール担当の奥様と交わす会話も楽しみながら、とても良い時間を過ごすことができました。綾子さん、またご一緒しましょうね♪

IMG_0825

イル クッチョロ IL CUCCIOLO
浜松市中区富塚町4710-2 TEL:053-456-4073 定休日:水曜日
営業時間 Lunch 11:30~13:30(L.O)Dinner 18:00~21:00(L.O)

浜松市中区富塚町4710-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top