「シャートードシン高雄」高雄中心街で愛河の畔に佇むデザインホテル宿泊記

IMG_2200

高雄の中心地に位置し、旧ホテルをリノベーションしオープンさせたデザインホテル
Chateau de Chine Kaohsiung(シャトードシン高雄)翰品酒店高雄」。
シャトー・ド・シン」とは、フランス語で「シャトー(Chateau)貴族の住む城)」と「ド・シン(de chine)中国)」を意味し、
ホテルチェーンブランド「LDC Hotels & Resorts Group(雲朗観光)」が運営されるブランドのひとつです。
ロゴにはヨーロッパ貴族の盾(Coat of Arms)を描き、
龍と銅銭を描いた中国色の強いデザインで、中国と西洋の融合美を表しています。
現在、台湾には、ヨーロッパの風格を備えた「シャトー・ド・シン新荘」、
優雅なデザインが特徴の「シャトー・ド・シン桃園」、お洒落なテイストの「シャトー・ド・シン高雄」、
エコ&ロハスを強調した「シャトー・ド・シン花蓮」と全部で4軒。
シャトー・ド・シン高雄」は高雄の中心地でありながらも、緑豊かな公園や愛河の畔に位置しており、
MRTの「鹽埕埔駅(Yanchengpu Station)」からは、2番出口から出て右折し、徒歩約3分の好立地となります。
日本人建築家である山根格のアイデアにより、
設計された全面ガラス貼りのファサードは、夜を迎えると大胆に変貌を遂げるため必見です!

ホテルの魅力を感じていただくためにも、宿泊記事のまとめページとして「宿泊記」を作成しました。
台湾旅行を検討されている方や、これから高雄で宿泊をお考えの方、
または既に御予約された方に是非ともご覧いただきたいと思います♪

高雄観光情報


Chateau de Chine Kaohsiung(シャトードシン高雄)翰品酒店高雄
所在地:高雄市鹽埕区大仁路43号
TEL:+886-7-521-7388
http://kaohsiung.chateaudechine.com/ja-jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top