「ラッタナー」本場チェンマイ出身のシェフが作る絶品タイカレー!

IMG_6824

2010年6月にタイストア「ラッタナ」は、「タイレストラン ラッタナー」をオープンしました。
”ラッタナ”とは水晶玉のことで、”ラッタナー”は可愛い女性という意味です。
”ラッタナ”は仏教では重い言葉なので、酒類を出す店名に使うことはできず”ラッタナー”にされたそうです。
店主のニパラットさんは、チェンマイ市よりさらに北部のサンカムへーン(チェンマイ県)の出身で、
日本では珍しいチェンマイ料理を得意とします。
彼女の実家では、チェンマイスタイルのソーセージ・サイウア(くるくるっととぐろを巻いているソーセージのこと)の
製造販売を家業にしていたため、子供のころから作っており、美味しいサイウアを提供しています。
かつてニパラットさんが松本市で営業していた「レストラン・ホントン」は、
週末に東京から通ってくる人がいるほどの人気店でした。
しばらく離れていましたが、2009年から趣味として各地のタイフェスティバルに出店し、高い人気を得たそうです。
特に横浜タイフェスティバルでは全国から集まった有名店の中でも一番の行列を作ったほどの腕の持ち主です♪

IMG_6825

店内は、テーブル席10席、壁面のカウンター4席とこじんまりとされていますが、
日本人をはじめ、タイ人のニパラットさんのお友達も集うとても賑やかな空間です。
こちらのほとんどの料理は、作り置きでなく注文を受けてから作られます。
スープは、鶏ガラやたくさんの野菜を使ってその日の分だけ丁寧に作りますが、
麺類だけでなく炒め物やカレーなど多くの料理に使用。
手間をかけるだけでなく、野菜を始め、国産の鶏肉・豚肉など、
どの食材も新鮮で質の良いものを使っています。
使う油はすべて健康にも良く美味しいオリーブオイルを使っています。
食品の物価が全然違う日本でタイと同じ質の料理を作るのはとても大変なことのようですが、
儲けは度外視でも本物の味を提供したいと強く思われるニパラットさんの熱い想いこそが成せる業。
さらに、その上に日本独自の季節の食材も使って新しい料理を提案していくことで、
よりタイ料理の魅力を楽しんでいただきたい、
何度来ても飽きない店にしたいと考えていらっしゃるようです。
この日も、ニパラットさんが「サワディーカー」と笑顔で出迎えてくださいました。
わたし達が入店した後、直ぐに満席となります!流石、ゴールデンウィークですね!

IMG_6828

「パットガバオ(香草炒めご飯)」1,000円
※具は鶏肉 or 豚肉 or 魚介が選べます

薫り高い香草のバジルを使用したタイ料理の炒め物の中でも郡を抜いて美味しい1品です。
前回は鶏肉をいただいたので、今回はこの日のお勧めのイカのパットガパオをオーダー。
イカは初めてオーダーしてみましたが、弾力と甘味があり美味しいです!
ライスの上に半熟の目玉焼きが乗ってくるので、黄身を割って混ぜ合わせて食べると良いでしょう。
やはり浜松のどのタイ料理店よりもラッタナーニパラットさんのタイ料理は、
日本人の舌に合いやすく、タイ料理初心者の方にはお勧めしやすい味わいだと思います。
途中でお店の「自家製ナンプラー」をお好みでかけると酸味とコクが増し違った味わいを楽しめます♪

IMG_6829

「パーネン(豚のスープなしカレー)」 900円

タイ南部地方の濃厚でコクのあるカレーといえばパーネン
辛さの中に甘味がありどちらかと言えばレッドカレーに近いのですがココナッツミルクの割合が多いのが特徴です。
タイ・ドライカレーと訳されていることもありますが、いわゆる想像するドライカレーとは異なります。
どろっとした濃厚さですが、ココナッツミルクでマイルドになっているので、
ラッタナーさんで提供するカレーの中で一番マイルドなものになります。
柔らかな豚肉、辛さとマイルドさを交互に味わえ、癖になるお味。
ペーストで炒めたライスとの相性も最高です。
暑くなってくると、良い汗かきにラッタナーさんへ行こう!という機会がつい増えてしまいます♪

タイレストラン ラッタナー
浜松市北区初生677-5 TEL:053-523-7233
定休日:月曜日 営業時間:11:00~14:30 17:00~22:30
http://www7a.biglobe.ne.jp/~nipparat/

浜松市北区初生677-5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top