タイの空の玄関口となるバンコクの「スワンナプーム国際空港」へ到着

羽田空港」国際線より、タイ国際航空でタイの空の玄関口となるバンコクの「スワンナプーム国際空港」へは、6時間30分のフライトにて無事到着!タイでの挨拶は、サワディークラッ(プ) / カー(สวัสดี ครับ/ค่ะ)!

現在は、日本からネパールへの直行便がないため、タイを経由しますが、来年2018年からは「ネパール航空」が「成田空港」からの直行便を予定しているとのこと。直行便が運行されれば便利ですね!

スワンナプーム国際空港は、24時間空港となるため、トランジットやトランスファーの空き時間も楽しめます!

タイ時刻早朝の4時30分に到着し、およそ5時間ほどの待機時間が待っています。一旦はツアーメンバーで集合し、点呼。次なる搭乗時刻までは自由行動という流れになりました!

スワンナプーム国際空港の敷地面積は、成田国際空港のおよそ3倍となり、世界最大級の国際空港であり、移動距離も尋常ではありません!

空港2階フロアの乗り継ぎ便の入口へ。

パスポートと航空チケットをチェックされ、入場した後に手荷物検査を受けます!

空港の3階フロア内には、タイ料理を始めとする飲食店やカフェが10店舗以上ありますが、営業時間は各店舗により異なるため、早朝開いている飲食店は限られてしまいます。機内食で軽めの食事が提供されますが、空港での気軽な美味しいタイ料理もお勧めです!

空港4階の免税店にてショッピングも可能です!

ツアーメンバーの中で、タイビールやワイン、ウイスキーを買い込む方もおられました。タイビールは軽めのテイストでお安いですし美味しいですよね♪

搭乗時刻まではショッピングも良いですが、フライトの疲れを癒やすためにもマッサージ王国の熟練の技を体感するのも良いでしょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top