湖西「活魚の宿あさしお」浜名湖畔に佇み弁天島を望みながら楽しむ活魚の御食事②

風光明媚な浜名湖畔に佇み、浜名湖のパワースポットとしても人気の高い観光名所である弁天島を望む「活魚の宿あさしお」では、先代の山田昌弘さんが釣船屋から始めた宿であり、当代の若旦那である山田敬介さんも和食店にて修行の道を経て跡を継がれたため、地元舞坂港や浜名湖に揚がる地魚を中心とした活魚を使った新鮮な料理を楽しめる御食事が有名です!

宿の裏手にある湖畔沿いの散歩道から散策を楽しみ、弁天島のシンボルツリーとなる赤鳥居と夕陽のコラボレーションは、それはそれは美しい景色で心を奪われてしまいます!

御食事は宴会場となる大広間の「万福」にて、スタート時間を18時〜または19時〜のどちらかで選ぶことができます!

広々とした広間で宿泊客毎のテーブルが間仕切りで用意され、換気等に配慮するなどし、コロナ感染防止対策もされています!

「献立」

お酒の当てになりそうな先付けから、メインとなる御食事まで、つらつらと並ぶ献立の内容を確認しながら、お料理が運ばれてくるのを心待ちに!

瓶ビールをオーダーし、旦那様の45歳の誕生日を祝して乾杯です!(※こちらの宿泊は緊急事態宣言前となります)

素材選びにこだわり、温かいものは温かいうちに、冷たいものは冷たいうちに、と美味しく食べていただけるよう基本中の基本を忠実に守られ提供されているため、出来立ての料理が順に運ばれ、あっという間に卓の上が美味しそうな料理で一杯になっていきます!

鮮魚が楽しめるお造りの盛り合わせは、若旦那がサーブしてくださった際に丁寧に説明してくださいました!

「瓶ビール アサヒスーパードライ」

アサヒスーパードライ」は、東京2020オリンピック・パラリンピックのオフィシャルビールとなり、全国でオリジナルデザイン缶・オリジナルラベル瓶を発売されているため、今回はオリンピックバージョンのラベルで楽しみました!

「先付け」

香ばしく焼かれた活海老塩焼きをはじめ、食べやすいように芯からカットして提供される蒸しトウモロコシ、小女子の佃煮、いかの塩辛、枝豆とビールの当てに嬉しい前菜ばかりが添えられています!

「ごま豆腐」

胡麻の香り豊かにねっとり、もっちりとした食感のごま豆腐!薬味に山葵が添えられ、あっさりとした出汁にくぐらせていただけば、つるんと喉を潤してくれます!

「お造り」

この日の鮮魚は、脂ののった南鮪に弾力のある天然真鯛、ねっとりと甘みが楽しめる身厚のアオリイカ、淡白ながらに歯応えのある平目、さっぱりとして食べ応えのある弾力が魅力的なイサキと、色艶も良く新鮮で美味しいオールスター並みの刺身が出揃います!

「茹で蟹」

舞坂港水揚げワタリガニを半身ずつ提供され、甘味のある身や内子が味わい深く楽しめます!茹で蟹を手にするとつい黙々と食べ進んでしまいます(笑)

「豚角煮」

国産豚を使用し、ほろほろに煮込まれた甘味優しい豚の角煮は、里芋とサヤエンドウを彩りに添えて!

「お浸し」

箸休め的な存在で、ネバネバが身体に嬉しいモロヘイヤとオクラ、しめじのあっさりとした小鉢!

「天ぷら」

海老天が2本、茄子、椎茸、ししとう、さつま芋と揚げたて熱々の天ぷらの盛り合わせは、塩または天つゆのどちらも用意してくださるのでお好みで。海老天のプリプリ具合に御満悦の私たち!

「香味野菜と白魚土佐酢和え」

白魚に衣を纏わせて揚げ、玉葱やアーリーレッド、パプリカ、セロリ、人参、ピーマンなどの香味野菜とともに土佐酢で和えた夏らしい爽やかな一品!

「茄子田楽」

こちらの料理はどれも味付けが良い塩梅の匙加減でしたが、田楽味噌だけ濃厚な味付けになっており、薄味好みの私には少々しょっぱく感じた一品。茄子のとろとろ具合は美味しかったので、味噌を避けていただきました!

「蓬莱泉/関谷醸造」

お酒は、ビール、日本酒、焼酎、ワインなど各種取り揃えられています。「蓬莱泉」は低温でゆっくりと時間をかけて、吟醸酒を仕込むように丁寧な造りをしたお酒を冷やでいただきます!

「うなぎ蒲焼」

自家製たれで香ばしく焼かれたうなぎの蒲焼は半身ずつの提供ですが十二分に満足感があります。山椒を添えて!

「お食事」

豊岡村の棚田米コシヒカリを使用し、ふっくらと艶々した米粒には甘み豊かな味わいが楽しめ、うなぎの蒲焼との相性も抜群です!お味噌汁は赤出汁、香の物は、沢庵、胡瓜、梅くらげの三種盛り合わせとなります!

「甘味」

ねっとりとややお餅のような粘り気もあり甘さ優しい自家製杏仁豆腐に完熟宮崎マンゴーとぶどうの甘味で締めくくり、気付けばお腹がはち切れんばかりの状態ではありましたが、満足度の高い食事を楽しむことができました!

部屋へ戻ると寝具のお布団を敷いてくださってあったので、お腹を抱えて一休み(笑)起き上がることができないぐらい食べ過ぎてしまい、なかなか寝付けない夜となりました。腹八分目というのはよく言ったものです!

静かな湖面に浮かぶ弁天島の赤鳥居。ライトアップされた様子が幻想的に映ります!

活魚の宿あさしお
所在地:静岡県湖西市新居町新居3392-3
TEL:053-592-0761
http://www.asasio.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top