「幸楽」とんかつ一筋足かけ45年、たった8席の黒豚とんかつロースとヒレ定食

 _Q2I0334

街中繁華街である有楽街と肴町通りを繋げる中通り沿いにある小さな暖簾を掲げるとんかつの「幸楽」さん。浜松の方に「とんかつと言えば?」と聞き入れると、必ずランクインされる名店です。食べログで上位にランクインされていることから、地元民ならず県外からのお客様も多いと聞いています。間口の狭さ、年季の入った扉と暖簾、老舗ならではの佇まいでワクワクさせてくれます♪

_Q2I0336

店内は8名入れば満席と、カウンター席のみのこじんまりとされたお店。先日一度足を運んでみると一杯で御飯も終わってしまったようで入店できず、この日は2度目の再訪問。すると入店するなり奥様が「一昨日はすみませんでしたね~♪」と憶えてくれていたようです。常連さん達の間では長く通われている方も少なくなく、店主と奥様との掛け合いを楽しむ方の姿もしばしば見受けられます。「こちらは何年になられますか?」の問いに対して「足かけ45年になります」とおっしゃる奥様。するとすぐさまその言葉に続き「何度夜逃げしようと思ったかね(笑)」と続ける店主。このご夫婦の粋な掛け合いと阿吽の呼吸が揃って作り出されるとんかつ定食を早速いただいてみることにしましょう♪

_Q2I0341

「ロースカツ定食(梅)」2,100円

中伊豆の特別契約の農場より入荷する黒豚松3,500円・竹2,800円・梅2,100円の3コースに分けて量を変えて提供されています。に関しては部位が少し違い、リブロースと呼ばれる部分で脂身が斜に入っている希少部位とのこと。オーダーが入ってから冷蔵庫から大きな塊肉を取り出し、慣れた手付きで目分量で肉をカットする店主。梅といえどかなりの厚さです。肉とのバランスを見て脂を少し切り落として中華鍋の中へ泳がせてしまいます。「脂身を好まれる方は事前に申し出ください」とメニューに書かれてあります。筋切りを施した肉に下味を付けたら小麦粉をまぶし、余分な粉をはたいた後にたっぷりの卵液に潜り込ませます。そして中華鍋の油の温度が丁度良くなる頃を見計らってパン粉を付けてから投入。油の跳ねあがり方を見るとかなりの高温でじっくり揚げています。千切りされたキャベツとレタス、皮剥きトマト、ポテトサラダを添えたお皿にザクザクッとカットした揚げたてのとんかつが一気に盛られます。旨味を閉じ込めたカリッカリの衣、中はしっとりジューシィーで、豚肉らしさを味わえるとんかつ。店主こだわりの岩塩もしくはとんかつソースが用意されているのでお好みでお召し上がりください。キャベツにもコクと甘みのあるとんかつソースをかけると、これがまた美味しいんですよね♪

_Q2I0339

「ヒレカツ定食(梅)」2,300円

わたし達夫婦は、脂身があまり得意ではないので、ヒレも注文。いつも大抵はロースとヒレを2人でシェアします。二口サイズのブロックを真ん中で食べやすい大きさにカットしてくれたヒレの中は、ほんのりとピンクで良い火入れ状態です。柔らかく、あっさりとしているためペロリと食べれます。こちらでは、とんかつに限らず、エビフライやチキンカツ、チキンソテーなどのメニューもございます。夜はビールの当てにとんかつやフライを楽しむ方もいらっしゃるのかもしれません♪

_Q2I0342

「ライス、赤出汁、お漬物」

ライスはおかわりが可能です。赤出汁は、なめこと豆腐と三つ葉。お漬物は、胡瓜、大根、白菜と3種盛りとなります。梅でも本当に十分過ぎるぐらいお腹一杯になりましたが、豚の肉質と脂の良さから胃もたれすることなく美味しくいただくことができました。これからもご夫婦で仲良く元気に営業を続けてほしいものですね♪

幸楽 こうらく
浜松市中区肴町317-13 TEL:053-452-3754
営業時間 12:00~14:00、17:00~20:00 定休日:月、火曜日
http://www.sakanamachi.net/sakanamachi/452-3754.htm

浜松市中区肴町317-13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top