「喜久屋」二代目店主が営む和食店の三種交配無菌もち豚のとんかつが絶品!

姫街道沿いにある3階建てのビジネス旅館「喜久屋(KIKUYA)」は、1階部分を「とんかつ」を中心とした和食店として、先代が開業させましたが、御子息が半田山の「寿し半 藍路」で修行された後に跡を継がれ、「寿司」と「和食」を提供する「寿し 和食処 喜久屋」として、2009年6月にリニューアルされています!

いつもニコニコと愛想の良い二代目店主の古田さんとお綺麗で活発な美人女将の仲良し夫婦が営む和食店の店内は、カウンター席4席、テーブル席4×4席、小上がりの堀炬燵のテーブル席4×4席となっており、ランチメニューは「日替わり定食」980円や「ぎょうざ定食」780円などがお得ですが、わたし達のお気に入りは、三種交配の無菌もち豚を使用した「とんかつ定食」1,050円が一押しです!

今回は「日替わり定食」980円と「とんかつ定食」1,050円をオーダー!

この日の「日替わり定食」は、 脂ののったねぎとろたっぷりの 「ねぎとろ丼」と「串揚げ3種(豚串2本、玉葱1本)」とバランスの良い御膳です!

「とんかつ定食」に用いるこちらの豚肉は、三種交配の無菌もち豚を使用されているため、豚といえども火の入れ方に関して、ほんのりと桜色の良い状態で提供することが可能となります!一口味わえば、驚くほどにしっとりとした食感で非常にあっさりとしたとんかつ!豚の肉々しさがお好みな方には少し物足りないかもしれませんが、元々、豚臭さや脂っぽさが苦手なわたし達は、此処のあっさりと胃もたれ知らずでいただけるとんかつが好みです!塩とソースが付いてきますが、肉の旨味をダイレクトに味わうためにも、断然、塩でいただくことをお勧め致します!

どちらもボリュームたっぷりで、全ての定食に小鉢、茶碗蒸し、漬物、デザート(コーヒーゼリー)が付いてくるため、久々にお伺いしましたが、安定の定食がいただけ大満足!古田さん、また伺います!

寿し 和食処 喜久屋
住所:静岡県浜松市中区葵東1丁目11-12
TEL:053-436-0048
営業時間:11:30~14:00、17:00~22:00
定休日:月曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top