浜名湖「THE HAMANAKO」雄踏温泉満喫にフランス料理ランチ付のお得な日帰り温泉プラン!

浜名湖畔を望む「THE HAMANAKO(ザ・浜名湖)」は、全室レイクビューとなり、2014年3月に「Oriental Modern & Resort」をデザインコンセプトに全面リニューアルした露天風呂と大浴場の「ONSEN La Coon(温泉ラクーン)」が楽しめる大人のリゾートホテルです!

今回は、こちらのホテルで雄踏温泉を満喫しながら、フレンチレストランのランチが楽しめ、客室での休憩までもが付いてくるお得な「日帰り温泉ランチ付プラン」を利用致します!

2012年に大規模リニューアルされたロビーは、「東洋から見た日本」をテーマに彩られ、クリスマスシーズンということもあり、中央に設置された巨大クリスマスツリーが出迎えてくれます!

「日帰り温泉ランチ付プラン」は、11:30〜17:00までの間、ゆったりとホテル利用が可能となるお得なプランです!

フロントでのチェックインを済ませ、案内を受け、部屋の鍵を受け取った後にレストランへ向かいましょう!レストランは、1階「日本料理 遠州灘」の和食または最上階となる13階「スカイレストラン バンボシュール」のフランス料理のいずれかを選べます!

私たちは抜群のロケーションを誇る13階「スカイレストラン バンボシュール」のフランス料理のランチをセレクト!Sommelierの水口さんが出迎えてくださいました!

コロナ禍で外食が減ってしまっていることもありますが、こちらに伺うのは数年振りのこと。随分とご無沙汰してしまっています。

クリスマスの装飾と共に並ぶ錚々たるワインのボトルたち!

レイクビューとなるお席は、日当たりも心地良く、冬とは思えぬ暖かさ。

陽射しを浴びて湖面が反射する美しさは画像ではおさめられないほどの眩さで、パノラマ状に広がる最上階からの景色は、浜名湖随一のロケーションを誇ります!

「デュク・ドゥ・モンターニュ・ロゼ(DUC DE MONTAGNE ROSE)」

ノンアルコールのスパークリングにて乾杯!ベルギー大使館推奨の飲料メーカー、ネオブュル社が造るこちらの「デュク・ドゥ・モンターニュ」は、フランスでも年間売上100万本を誇るという大ヒット商品で、ワインと同じような手間暇かけて造られており、ノンアルコールとは思えないほど完成度の高い味わいを実現しています!

クリスマス仕様で小さなサンタさんとツリーに囲まれて、一足早いクリスマスランチ!

オードブル
「真鯛のカダイフ包み揚げ ドライトマト、赤かぶ、ビーツのソース」

クリスマス週間に相応しいオードブルの登場で、赤と緑のコントラストが美しい一皿!

本日の鮮魚は真鯛でカダイフで包み揚げ、外はパリッと細かなカダイフのザクザクとした食感を楽しみ、中はふんわりとした真鯛がお目見えです!カダイフの下に忍ばせたソースはドライトマトの甘味と酸味が凝縮されたソースで、器に描かれた鮮やかな赤いソースはビーツで仕上げられています!

「チキンのロティ」

皮面をパリッと焼き上げオーブンでじっくりと火入れしているため身はふっくらと柔らかく、焼き汁に牛の出汁フォンを加えて煮詰めたソースでさっぱりといただきます!

「ポークグリエ」

焼き目を付けた後にオーブンで火入れし、中はしっとりと柔らかに仕上がっています!ソースはチキンと同じく焼き汁に牛の出汁フォンを加えて煮詰めたソースで!

「小さなロールケーキ フルーツ バニラグラス」

たっぷりのカットフルーツが添えられた器にはふわふわの小さなロールケーキは忍ばされており、バニラアイスと共に。バニラやクリームの甘味にフルーツの酸味が加わり、後味さっぱりとしたデザートです!

「コーヒー」

「フォンダンショコラ フランボワーズグラス」

通常の日帰り温泉ランチのプランではデザートは一皿ですが、ソムリエの水口さんからもう一皿のクリスマスデザートを頂戴しました! 中はしっとりと濃厚なフォンダンショコラに酸味のあるフランボワーズのアイスを添えて!

そして、嬉しいことに、デザートに合わせて特別な「貴腐ワイン」も頂戴します!

「サンタ・バーバラ・ワイナリー・ジンファンデル・エッセンス 2003
(Santa Barbara Winery/Lafond Vineyard Zinfandel Essence 2003)」

カリフォルニアの風光明媚な観光地サンタバーバラの街中にある老舗のワイナリー「サンタバーバラ」。設立当初はデザートワインを地元で売っていた規模にすぎなかったのですが、今や2万ケース以上を生産するサンタバーバラを代表するワイナリー。熟したジンファンデル、本来なら廃棄する予定の葡萄をワインメーカーの偶然の思いつきでワインを造ったところ、思いがけずに素晴らしい赤のデザートワインが出来あがり、大変珍しい赤の貴腐ワイン!ワイナリー設立後40年以上で6回しか生産されていない、非常に希少なワインで、元となるジンファンデルの古木は既に引き抜枯れてしまったため現存するもの以外二度と手に入らない大変貴重な代物!城アラキ先生の漫画「新ソムリエ・瞬のワイン」で、このジンファンデル・エッセンスが登場しており、カリフォルニアワイン・インスティテュート(California Wine Institute)の堀賢一氏がワインに関するコメントを述べて話題にもなった1本です!艶かしい赤紫色で、ふくよかで濃厚な味わいながらも綺麗な酸を持つプラムジュースのような味わいが楽しめます!

東側を望む窓からは、浜松の街のシンボルとなる「浜松アクトタワー」の姿も捉えることができます!

BGMにはシャンソンがかかり、時の流れが緩やかに感じる午後のひとときを満喫。

バンボシュールでお顔を知るスタッフも少なくなってしまい、水口さんとも久しぶりにお会いでき、お元気そうなお顔が見れて嬉しかったです!

食後は、お部屋に用意してくださったタオルセットを手にして、1階奥にある「温泉SPA」へと参りましょう!

2014年3月に「Oriental Modern & Resort」をデザインコンセプトに全面リニューアルした露天風呂と大浴場は、南国リゾートの雰囲気で清潔感のある寛ぎの空間に生まれ変わっています!

男湯と女湯に分かれて入浴。こちらの温泉は、地下500mから湧出する自家源泉「雄踏温泉」が引かれており、温泉の名は、地元の雄踏(ゆうとう)町から名付けられています!

男湯「露天風呂」

ガゼボ(西洋風あずまや)のような露天風呂が中央に設置されており、南国の木々に囲まれて、青い空を見上げ、外の風を心地良く感じながら入湯できます!

男湯「露天風呂」

外湯ということもあり、少し熱い湯が用意されているのも嬉しく、入る場所によって湯温が変わるため、御自身の身体に合った湯温を楽しみましょう!週末よりかは平日利用の方が圧倒的に客数も違うため、混雑を避けたい方は平日利用がお勧めです!

男湯「露天風呂(お茶風呂)」

外湯の中には、お茶碗のような湯船が男女共に設置されており、茶どころ静岡ならではの催しで、「静岡県茶葉」をふんだんに使用した香り良い「お茶風呂」が楽しめます!お茶風呂に浸かりながら深呼吸すれば、芳しい茶の香りに癒されます!こちらの「お茶風呂の素」はお土産売り場でも販売されているため、御自宅でも「お茶風呂」を楽しむことが可能です!

内湯に設置された「男湯サウナ」は、高温の乾燥した熱気によって発汗を促し、汗が気化する時の爽快感を楽しめるドライサウナとなり、「女湯サウナ」は、湿度を高く保ったミストサウナが設置されています。ミストサウナは空気中の水分が多いため、お肌の水分量を保ちながら利用することが可能です!

また、女湯では、血行に良い「炭酸泉」や美肌づくりの「シルク風呂」といった健康と美肌に嬉しい変わり風呂を楽しむことができ、乾燥肌持ちの私の一番のお気に入りはやはり湯上がりの肌がしっとりとした「シルク風呂」となります!

雄踏温泉を満喫した後は、お部屋へ戻って小休憩。今回お世話になった客室は9階「915号室」

柔らかな色調で温かみがあり、シンプルで飽きのこないデザインとなる洋室で、36㎡の広さとなり、ツインベッドは120cm幅のセミダブルでゆったりとしています!

お部屋に用意された静岡茶で一服しながら、温泉で温まった身体を休めます!

全室レイクビューとなる「THE HAMANAKO(ザ・浜名湖)」の景色に癒されながら、温泉と食事、部屋休憩も楽しめるプチリッチな日帰りプランは、心身共にリラックスすることができ、浜松市在住の方にもお勧めできるプランとなります!

THE HAMANAKO(ザ・浜名湖)
所在地:静岡県浜松市西区雄踏町山崎4396−1
TEL:053-592-2222
駐車場:約300台有(利用者無料)
https://www.daiwaresort.jp/hamanako/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top