「中国四川料理 川龍」本場四川省で学んだ店主が繰り広げる四川料理ランチ

本場四川省で四川料理を学ばれた店主の川島 準矢 (Junya Kawashima)さんが浜松の半田町にて独立され、中国四川料理を提供する「中国四川料理 川龍(SENRYU)」へ!

赤坂四川飯店 Chen’s Dining」の陳建一や「szechwan restaurant 陳(スーツァン・レストラン・チン)」の菰田欣也を師匠とし、本格四川料理の技を身に付け、本場四川省での経験を活かし、地元浜松に2015年4月にオープン!

シックな色合いを基調とした落ち着き溢れる店内は、カウンター席とテーブル席で20席を用意。
数々のコンクールでの受賞暦を誇る店主の賞状が壁に飾られており、その経験値の豊かさを物語っています!

昼は気軽に楽しめる単品料理からショートコースのランチメニューが用意され、夜はお酒の当てにアラカルトでいただく単品料理や2名様から予約可能なコース料理(全品8品)4,320円~などを提供されています!
今回は、ランチタイムの賑わう店内にお邪魔しました!

ランチのショートコースは、「川(セン)ランチ」1,480円と「龍(リュウ)ランチ」1,980円、または4品の単品から選ぶ「麺飯ランチ」1,180円となります。
この日は、「川(セン)ランチ」1,480円と「麺飯ランチ」の「五目あんかけ汁そば(前菜・白飯・漬物付き)」1,180円をオーダー!

「川(セン)ランチ」には、前菜2品、主菜、白飯、ランチスープ、漬物が付いてきます。
前菜2品として、揚げたエリンギでカリカリ食感が楽しめ、麻辣の深みある味わいが癖になる「エリンギの麻辣」としっとりと柔らかく仕上げた「蒸し鶏の焼き唐辛子ソースがけ」をいただきます。
主菜はA~Eの5品の中から1品選び、今回は衣はカリッと中はジューシィーで優しい酸味のあるソースが夏場の食欲を助ける「油淋鶏(ユーリンチー)」にしました!
白飯はおかわり自由で、+540円追加することで「フカヒレあんかけご飯」にも出来ます♪
あっさりとしたランチスープと漬物(ザーサイ)が添えられ、定食風になるため、ボリューム感も大満足です!

「麺飯ランチ」の「五目あんかけ汁そば」は、旬の野菜がたっぷりと入り、とろみ餡をかけていただく熱々の汁そば。
あっさりとした上品な味わいが楽しめます♪

気軽に足を運べるお店でありながら、本格四川料理を楽しめる「中国四川料理 川龍(SENRYU)」は、多くの地元民に愛されております♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top