「第5回大相撲浜松出世場所」浜松アリーナに人気力士が大集結!大相撲地方巡業

2019年10月16日(水)に静岡新聞社・静岡放送、SBSプロモーション主催の大相撲地方巡業「第5回大相撲浜松出世場所」が「浜松アリーナ」にて開催されたため観戦して参りました!

大相撲地方巡業には、公開稽古や取組を通じて国技の魅力を来場者に伝えていく目的があり、間近で感じるリアルな力士の勇ましさや迫力が体験でき、そして普段はお目に掛かれない力士たちのファンサービスなども必見です!

今回2年振りの開催となる浜松での地方巡業は、総勢力士約250人が参加され、横綱「白鵬」や「鶴竜」、大関「貴景勝」などの大御所力士をはじめ、今や角界一の人気力士と称される小兵の「炎鵬」やイケメン力士の「翔猿」、穏やかな笑顔が癒やされる富山県出身の「朝乃山」、37年振りに長野県に誕生したスター力士「御嶽海」など錚々たる人気力士が集結します!

 

開館は朝8時からとなり、朝一番でぶつかり稽古に励む様子が伺えたり 、力士との握手会が行われますが 、この日わたし達は序二段や三段目の幕下以下の力士の取組が開始される昼前に入場すると、会場は既に多くの相撲ファンの熱気に包まれております!

来場者は、小さなお子様連れのファミリー層が多く、若者から御年配層までと幅広い層に愛されている様子!
特に「スー女(相撲女子)」と呼ばれる若くて綺麗な女子達がカメラを引っさげてお目当ての力士たちに熱い声援を送っている様子には驚きました!

「1階マス席(座布団付き)」料金:45,000円(4名分)
わたし達の座席は1階マス席(西)からの観戦となり、土俵入りする力士と直接触れ合えるチャンスの高い絶好の場所となります!

マス席は座布団付きの席となり、表には今巡業タイトルが記され、江戸時代に活躍した初代横綱からの歴代横綱が描かれており、裏には「大入」と記された記念座布団が貰えます!
こちらの記念座布団がお持ち帰りできるのもファンにとっては嬉しいサービスの一つで、座席に敷いて使用するのですが、思っていた以上にクッション性が良くお尻が痛くなりませんでした(笑)

「お弁当・土産セット」料金:4,000円
お弁当、お茶、おつまみ、相撲土産(煎餅、手拭い、茶碗セット)
観戦しながら飲食ができるのも有難く、ビール片手にお弁当をつまみ、まるで我が家にいるかのような寛ぎモードになれることにも驚きました!

場外には屋台販売もあるため、ビールや軽食には事欠きませんし、持込も可能なため、わたしは「マセラティ 浜松」の親会社「GLION GROUP(ジーライオン・グループ)」から朝届いたばかりの「丹波篠山産黒豆の枝豆)」を持参したため、風味豊かな枝豆はビールの当てとして最高のおつまみとなりました!

幕下の取組が終わると十両・幕内の取組の合間に「相撲甚句」と「初切」が行われます!

力士たちが土俵で円陣を作り、相撲界に伝わる伝統的な七五調の囃子歌を歌い始める「相撲甚句」は、 会場一杯に響き渡る美しい力士たちの歌声が余興的な催しとなり、ミニコンサートさながらの盛り上がりを見せます!

民謡調で伸びやかに歌われる相撲甚句は、もともと日本民謡の一種で相撲甚句は越後甚句の流れと言われているそうです。日本民謡のような甚句は聴き馴染みやすく、会場に温かな空気が流れます!

また、相撲の禁じ手や決り手などをコミカルに実演解説してくださる「初切」は、相撲初心者のわたし達にとってもわかり易く、クスッと笑える瞬間もあり、敷居が高いと思っていた相撲を身近に感じられた良い時間となりました!

十両の取組中に、横綱・白鵬による「綱締め実演」が行われ、横綱と付人たちが土俵に上がり、横綱の腰に綱を締め上げていく様子を披露!
目の前を通る横綱・白鵬を間近にすると、やはりただならぬ風格の違いをヒシヒシと感じることができます!

そして、途中休憩の中入を終えると、化粧廻しを身に纏い土俵入りする幕内・横綱の勇姿が見られ大歓声!

幕内の取組ともなると、一取組一取組に会場からも熱い声援が入り熱量が違います!

拍子木の音が心地良く響き「東~○○○、西~○○○」と、取組の際に力士を呼び上げる「呼出」の声にも張りが感じられ、競技の進行及び勝負の判定を決する「行司」の格も上がり、空気が一気に締まり緊張感が増す会場!

取組を終え、土俵を後にした力士たちは、小さな子たちが力士名を発しながら手を差し伸べると笑顔で握手に応じたり、頭を撫でてあげたり、赤ちゃんを抱っこしたり、サインや写真撮影に応じたりと、巡業ならではのファンサービスも欠かさず行っており、和やかなムードで力士に触れ合うことができるようで、ファンには堪らないひとときが訪れます!

子供たちに触れ合いながら、本場所では見られない力士の柔らかな表情などがとても温かな気持ちにさせてくれました!

 

今巡業の結びの取組となる「是より三役」
東:御嶽海 西:貴景勝
東:栃ノ心 西:豪栄道
東:鶴竜  西:白鵬

結びの熱戦を終えた「弓取式」では、大相撲の本場所で結びの一番の勝者に代わり作法を心得た力士「将豊竜」が土俵上で弓を受け、勝者の舞を演じ千秋楽を迎えます!

今回初めての経験となる地方巡業への参加でしたが、多くの力士の取組や姿勢を身近に感じ、相撲を見る目が変わった気が致します!
やはり、何事も経験。
臨場感溢れる生観戦と力士と触れ合える地方巡業、機会があればお勧め致します!

第5回大相撲浜松出世場所
開催日:2019年10月16日(水)
会場:浜松アリーナ
住所:浜松市東区和田町808-1
時間:8:00〜15:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top