釋永岳陶芸展× 雨晴「L’assiette pour les cuisiniers」

世界中から注目を集める富山の岩瀬にて作陶する陶芸家「釋永 岳 (Gaku Shakunaga)」が東京白金台のセレクトショップ「雨晴/AMAHARE」にて器の展示会を約5年ぶりに開催致します!

釋永岳
http://gaku-shakunaga.com/

日本国内のミシュランクラスのレストランシェフや高級ホテルなどで採用されており、今や海外からも注目を浴びる彼の作品は、ひとつ一つがすべて手づくりとなり、土がもたらす大地の力強さを器に表現し、存在感溢れる作品となります!

私たちは長年彼の器のすばらしさを伝えるため運営するWEBマガジンLadeにて『器と旅するシリーズ』という企画を立ち上げ、国内だけでなく世界各国に釋永岳の器を持ちながら足を運び、様々なシェフのお料理に釋永岳の器とコラボレーションさせていただきました!

実はほとんどがアポなしで器を持込み、その場で交渉させていただきました(笑)箸やグラスの持ち込みはありますが、さすがに器を持ち込む人はいないでしょうから、難色を示されるホテルやレストランも多いかと思いきや、「この器に盛り付けて」とシェフにむちゃぶりしても、多くのシェフに「面白いね」と賛同していただき、初めて見る釋永岳の器に向き合いながら、その場でインスピレーションを受け、シェフ独自の盛り付けをそれぞれしてくださいました!

WEBマガジンlade「器と旅するシリーズ」記事
https://lade.jp/?s=器と旅するシリーズ

こちらの記事ではコラボレーションの写真をアップしましたので実際にお料理を盛り付けた際の参考にしていただければ幸いです。

釋永岳「器と旅するシリーズ」フォトアルバム
https://goo.gl/photos/Aqp29fpYKfNKUGZp8

釋永岳の器は大変人気で今まではオーダーから手元に届くまでに1年近く時間がかかっておりましたが、今回は雨晴のショップやオンラインストアにて購入可能とのことですので、今すぐに使ってみたいという方はこの機会にぜひ!

—————————————————-
Online & Real Shop ExhibitionGAKU
×
雨晴「L’assiette pour les cuisiniers」
—————————————————-

大地、火星、夜明け。

富山県東岩瀬にアトリエをかまえる
釋永岳さんの工藝ブランド「GAKU」は
美しい自然の情景を想起させるものばかり。

自然への感謝の気持ちを持ちながら
富山で活躍する料理人の方々と想いを共有し
料理の舞台としてのうつわを日々制作しています。
雨晴ではじめて開催する釋永さんの展覧会
どうぞご期待ください。

【会期】
Online shop 雨晴食堂  https://shop.amahare.jp/
2020年12月11日(金)
21時 ~ 12月21日(月)21時まで

白金台 雨晴 雨晴/AMAHARE
2020年12月17日(木)~12月20日(日)
〒108-0071東京都港区白金台 5-5-2
TEL:03-3280-0766

※この情勢を踏まえまして釋永岳さんの在廊は控えさせて頂きます。※Online Shopと店舗のお取り扱い品、在庫は共通のものとなります。 Online Shopで在庫が無いものは店頭でも品切れとなります旨ご了承ください。※店頭の混雑を避けるためOnline Shopのご利用をお勧めしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top