「スワンナプーム国際空港」空港内のタイレストランEat Tionで最終日の晩餐!

IMG_8855

スワンナプーム国際空港」の3階フロア内には、
タイ料理を始めとする飲食店やカフェが10店舗以上開いています。
こちらは、タイ料理レストラン「Eat Tion」。
価格帯は、やはり空港内ということもあり、タイフードにしては少々お高めですが、
英語表記で分かり易く、スタッフさんが兎に角元気でサービス精神旺盛なため、過ごしやすいレストランです♪

IMG_8860

「シンハードラフトビール」250THB(日本円にしておよそ925円)

空港内で、最後のタイビールで乾杯です!
タイビール「シンハー SINGHA」は、
1933年にタイで生まれ、王室にも認められた由緒あるプレミアムビール。
”シンハー”とは古代神話に登場する”獅子”のこと。一番搾りから醸造され、
独特で豊かな味わいが加わったビールは、
アジアンスタイルならではのバランスの取れたスパイシーな味わいです♪

IMG_8870

「Egg Omelet with grounded pork or shrimp」130THB(日本円にしておよそ480円)

カリッと香ばしく焼き上げて、
中には具がたっぷり入ったタイの卵焼き(カイチャオ・ムーサーブ)は、おつまみに最適です。
具は、豚ミンチまたは海老のどちらかを選べるため、豚ミンチをオーダー。
甘辛いスイートチリソースを掛けていただきます♪

IMG_8865

「Fried spicy chicken / pork or serioin with sweet basil reaves served with jasmine rice & Fried egg」250THB
(日本円にしておよそ925円)

大好物のホーリーバジルの炒めご飯(パットガパオ・ガイ)です。
スパイシーでコクのある味わいのパットガパオをジャスミンライスと一緒にいただきます。
やはり、フレッシュなバジルゆえに現地で食べるパットガパオは香りが違いますね!
しかし、見た目的にも目玉焼きは、片面焼きでライスの上に乗せてほしいと思ってしまうわたしです(笑)

IMG_8867

「Fried noodle with river prawn stuff fried egg thai style」350THB(日本円にしておよそ1,300円)

こちらも大好物のタイの焼きそば(パッタイ)です。
ホテルで出てくるパッタイのように薄焼きの卵で包み、綺麗な盛り付けです。
米麺を用いたもちもち食感の麺を甘酸っぱいソースでいただく焼きそばで、
お好みでマナオをギュッと絞ったり、生のもやしや砕いたピーナッツなどと一緒に混ぜ合わせて食べます。
空港内ということもあり、少々お高いのが難点ですが、
タイの最終日を飾るディナーとしてタイ料理を満喫することができました!
さて、お次は、いよいよタイ取材旅行のラストの記事となり、フライトで日本へ帰国します♪

スワンナプーム国際空港
http://www.suvarnabhumiairport.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top