自転車の概念を覆す「電動アシスト自転車A2B」が凄い!

a 1

欧米で最近注目が高い電動アシスト自転車「A2B HYBRID24」が日本でも販売を開始したようだ。電動自転車とは一見思えないようなスタイリッシュなフォルムにパワフルな運動性能が特徴。普通の電動自転車では満足できないようなこだわりを持つ方に是非乗っていただきたい1台である。A2Bは環境に配慮しながらも快適で効率的な交通手段であることをコンセプトに、英国のヒーローエコ社により開発。A2Bは単にマンパワーとモーターパワーとのハイブリッドというだけでなく、移動手段としての実用性や俊敏性、そして何より走ることを楽しめるモダンなデザイン性とアートテクノロジーの融合を目指しているという。

欧米ではモーターサイクルでも電動バイクでも、そしてただのアシスト自転車でもない。最高速度が80km/hにも達する強力なモーターを装備した新ジャンルのビークルたちが、eーbikeとしてたくさん産声をあげている。自転車メーカーとしては250Wモーターで最高速が45km/hに達する都市型スポーツバイクのスペシャライズドTurbo。自動車メーカーでもモーターサイクルブランドのドカティを買収したAUDIが、最大出力2.3KWモーター搭載で最高速80km/h走行が可能なモデルをコンセプト発表。シティカーで知られるSmartからは、そのデザイン力を活かしたモデルが発売。その他にもOPEL、FORD等の参入、コンセプトモデルの発表も相次いでいるという。環境性能と交通手段としてのアドバンテージを融合した未来のモビリティとして、第3のビークルは今大きな注目をあびているようだ。

main_img

実際にA2Bに試乗してみるとわかるのだが、走り出しは普通の自転車とあまり変わらない。しかし、スピードが乗ってくるとさらなる加速感で自転車と思えぬ速度になり、もはや自転車の域を超えてバイクといっても過言でないレベルだ。ブレーキはかなり大型の油圧ディスクブレーキを装備しているためバイク並みにブレーキがよく効き、非常に安全である。タイヤは24インチ×2.35と太く、フロントにはサスペンションが備わっているので、段差の多い街中でも非常に快適に走ることが可能だ。

a11

基本的にこれは自転車なのでナンバー登録、運転免許は不要である。雨が降っても、動作に問題はない。A2Bのネーミングの由来でもある「A地点からB地点への革新的な移動手段の提案」というコンセプト通り、通勤、通学、街乗りなどを快適に楽しくオシャレに乗ることのできる自転車として今後注目を集めそうだ。ご興味のある方は下記代理店ホームページをご覧下さい。

A2B公式サイト
http://a2b-jp.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top