中島の手打ちそば「蕎麦家おおもり」で蕎麦を楽しむ

photo1 (287)

お昼をすぎた頃、暖簾越しにみえる店主、大森さんの笑顔が伺えた。年末に訪れたぶりで本当にしばらくぶりの来店。中島にある「蕎麦家 おおもり」。店内に入るやいなや「お!久しぶりだねー!」と元気な声で呼びかけてくれるから嬉しいなぁ。「昨日、噂してたとこだよ!ホント!」そうか、噂してくれてたから、足が自然と向いて来れたのかな?カウンターにも座敷にも常連であろうお客さんがちらほら。わたし達もいつものようにカウンターへ腰掛ける。すると、馴染みの顔が暖簾をくぐる。「あ、飯田さん、ご無沙汰~♪」。蕎麦やで生まれる常連客通しのお付き合いもまた楽しい。

_AZU4440

10名ほどの座敷と4名ほどが腰掛けれるカウンターのみの老夫婦仲良く二人三脚の素敵なお店。地元民でないわたし達にとって、浜松のお父さんお母さんのような存在の2人。いつも他愛ない会話で「最近どうよ?」から始まって、良い意味で心配してくれていることが、嬉しかったりするよね。

photo1 (289)

大森さん自ら蕎麦道場を開き、数多くの生徒さんを育ててきていることから指導はお手のもの。うちの弟もできれば修行に来てくれないかな、と思う日々。もちろんそのことを相談すると、大森さんは親身になってくれるから有難い。

_RIZ0017

まずは「天ぷら」700円。奥さんの三枝子さんが丁寧に揚げた天ぷらを抹茶塩で頂きます。春を感じる山菜や蕗の薹、茗荷に舞茸、海老に南瓜。

_RIZ0018

いつものように「たべくらべ」1000円をオーダーする相方。こちらは皮を取ったせいろ、福井県の丸岡在来を使用。せいろは、色鮮やかなグリーンで甘みを感じとても美味しい。

_RIZ0024

田舎そばは、常陸秋そばを使用。こちらは、挽きぐるみでそばの味わいを濃く感じれる。うん、美味しい。塩で頂くのが、また美味しい。

_RIZ0023

少し肌寒かった今日は、温かいそばも欲しくて「かけそばハーフ」400円を頂いた。汁を一口、口に流しほっこり。そのあと、そばを一気にずずっと流し込む。

_RIZ0026

残った汁にたっぷりの蕎麦湯を注いで、ふぅ~っと一息、この時間が幸せ。汁と蕎麦湯のバランスが良いから訪れるこの瞬間。なかなか味わえないですよ、浜松では。もうじき、信州産の新品種が入るようで、また新しい蕎麦をどのように自分で美味しく仕上げれるか楽しみでならないよう。大森さん、三枝子さん、また顔出しますね♪

蕎麦家 おおもり
浜松市中区中島1-31-1 TEL:053-463-2879
営業時間 11:30-14:00 定休日:月、火曜日(夜は完全予約制)
http://www12.plala.or.jp/sobaya/

浜松市中区中島1-31-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top