「大井町 永楽」昭和31年創業の味のある中華店で人気のもやしそばを食す!

img_7357

【東京は大井町のディープな世界へ①】

東京の友人で「Nexyz.」取締役兼「デジバナ」代表の琢ちゃんこと吉田琢磨さんと穴場的なレストランや飲み屋が存在する居心地が良い街、大井町にてDinner Meeting!

数回に渡り琢ちゃんのホームでもある大井町に足を運ぶことにより、琢ちゃんから一言。
「今回は大井町のディープな世界を体験してみてよ!」と。

1軒目は、ノスタルジーな世界観を醸し出す細い路地裏で昭和31年創業の味のある中華店「永楽」へ!That makes me feel nostalgic!

こちらは「喜楽大飯店」の味を継承者たちが枝分かれした大森と渋谷にある「喜楽」と同系列となり、「台湾風焦がし葱ラーメン」が売りのお店となります!

通し営業となるこちらは常連客をはじめ噂を聞き付けた方で賑わい、寒空の中ではありますが店前には長蛇の列を成しています!

店先で10分程の待ち時間となり、回転する店内のカウンター席へ!琢ちゃんのお勧めは、ラーメンが出てくるまでの待ち時間をまずは「ビールに餃子!」で潤します!大きめの餃子は、しっかりとした焼き目が付いており香ばしく、中は餡が詰まって食べ応えもあり、ニラの香りが食欲をそそる味わい!店内を見渡せば、自家製ラー油にたっぷりとくぐらせている常連さんが見受けられます!いいですねぇ♪

餃子が終わる頃に湯気が立ち昇る熱々のラーメンがやって来ました!焦がし葱を利かせた「もやしそば」が看板メニューで、見た目真っ黒なラーメンですが、味わいは意外にもあっさりとした餡掛けラーメンです!これは確かに美味しい!とろみがある分、冷めることなく食べ終わるまで熱量を感じる状態でいただけます!

もう一つは、野菜をたっぷりといただける「タンメン」を。こちらも飽きのこないスープで野菜エキスが滲み出て食べやすいお味!平太麺もやや柔らかめですが好みの範疇です!

カウンター越しに常連のおじ様が声掛けしてくれるシーンもあり、昔ながらの雰囲気と変わらぬ味を楽しめる人気店となります♪

この後、2軒目はさらにディープな世界へ(笑)

img_7358

img_7355

img_7361

img_7367

img_7370

img_7372

img_7377

img_7378

img_7380

img_7381

img_7382

img_7384

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top