忍者系ラーメン「ワンタン軒」の定番すりごまとあっさり塩を楽しむランチ

_RD20128

姫街道から高丘方面に入り浜松市立葵が丘小学校近くにあるラーメン屋「ワンタン軒」さん。大将の豊田さんの「は~い♪いらっしゃ~い♪」の小気味よい掛け声を久々に。こちらのお店は元々、「ホームラン軒、なばり、来来軒、小六」を手がけてきた大将、森重さんのプロデュースしたお店で、そちらを豊田さんが経営権譲渡され継いでいるラーメン屋さんです。以前の大将、森重さんは現在、西区大山で「荒野のラーメン」という新店舗を変わらず営業中!

_RD20129

店内はL字カウンター10席と座敷4席のこじんまりとしたお店で、いつも常連さん達で賑わい、カウンター越しに豊田さんとの会話を楽しめる空間となっており、常連さん同士の仲も深まるような、そんな場所。 来店は4ヶ月ぶりとなってしまいましたが、豊田さんが「ねだっち、相変わらず忙しそうだね~♪」と温かく出迎えてくれます(笑)

_RD20130

 43歳になる豊田さん。奥様と2人で仲良く切り盛りされるこちらのお店で、超が付くほどマイペースに営業されています(笑)ラーメンを食べるだけのちょっとした時間ではありますが、豊田さんとはいつも何気ない飲食店の情報交換で盛り上がります♪

_RD20133

「すりごま美人」 700円

ワンタン軒といえば「忍玉ラーメン」のイメージが強いですが、こちらの「すりごま美人」も定番で人気があります。トンコツにすりごまが絶妙にマッチしたこちらのスープは、女性にも人気のある味わい。麺は自家製で、低加水で中太平打ストレート。小麦の香り、食感共に良く、もっちりむっちりとした味わいでスープに良く絡みます♪

_RD20132

「塩ラーメン」700円

ワンタンさんでは初の塩ラーメン。「俺の塩」でもなく、「和風梅塩」でもなく、「塩忍玉」でもなく、普通の「塩」にしてみました。実はこの日、胃が疲れていたため薄めで注文。いつもちょっとした我儘オーダーにも臨機応変に対応してくれます。スープは特にこれといった特徴はなくシンプルな味わいですが、やはりこちらの好きなところは自家製麺のむちむち感です。すりごま美人のようにこってりとしたスープにも合う自家製麺ですが、シンプルな塩でも噛み応え感溢れるもちもちした麺には満足です。豊田さん、また伺いますね♪

ワンタン軒
浜松市中区高丘東3-44-3 TEL:053-437-4708
営業時間:11:00~14:00 17:30~23:00 定休日:木曜日

浜松市中区高丘東3-44-3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top