うちでつくろう♪手ごねパンレシピ大公開!お酒の当てにもなるベーコンエピの作り方!

お出掛けせずに「おうち時間」を楽しむためには、好きなことをする時間を作るのが一番です!

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、緊急事態宣言が報じられ、おうち時間が長~くなっている昨今。
どのご家庭でもパン作りやスイーツ作りに励む方が増えており、スーパーからは強力粉や薄力粉、ホットケーキミックスやバター、生クリーム、ドライイーストなどが売り切れ続出で品薄状態となっているとのこと!

わたしも例外ではなく、以前から気が向いた時にしていたパン作りやスイーツ作りの回数が俄然増えたように思います!

特にパン作りに関しては、ホームベーカリーを卒業し、手ごねパンを勉強し始めたところ、一生懸命こねている時間や発酵して膨らむ生地を見ること、さらには、それが焦んがりカリッと綺麗に焼き上がり、 ふんわりもっちりと美味しく出来た日には最高の喜びとなり、かなりのストレス解消になることに気付いてしまったのです!

そんな喜びを皆様と共有できるように、今回は我が家で一番人気の「ベーコンエピ」の作り方を御紹介したいと思います!

[材料:ベーコンエピ5個分]
・強力粉 160g(※今回は北海道産有機栽培100%の「有機春よ恋」を使用)
・薄力粉 40g
・水 130g
・きび糖 5g
・塩 3g
・ドライイースト 3g(※毎回フランス・サフ社のインスタントドライイーストの赤サフを使用)
・ベーコンスライス 5枚
・マイユの粒マスタード 25g
・マヨネーズ 25g
・粗挽き黒胡椒 適量

[ベーコンエピの作り方]
①全ての材料をスケールできっちりと計る

②強力粉を入れたボウルに薄力粉、きび糖を入れ、ゴムベラでさっくり混ぜる

③真ん中に窪みを作り、ドライイーストを入れた上から水をゆっくり流し込む

④塩をドライイーストから離してボウルの縁側に入れる

⑤全体が一塊にまとまるようにゆっくりとゴムベラで混ぜる

⑥ボウルから出し、コネ台に移して10分ほど手ごね(※最初は生地に粘りがありコネ台にくっ付きやすいため、合間合間にカード・ドレッジなどを使って生地をコネ台から離しながら捏ねましょう)

⑦生地の伸びが良くなってきたら、最後に数回叩きゴネする

⑧生地を薄く伸ばしてグルテン膜チェックをし、生地が破れなければOK!

⑨生地を丸めてボウルに入れラップする

⑩オーブンの発酵機能を使い、発酵30℃で50分(※気温や湿度の変化により発酵時間は異なります)

⑪生地が2倍に膨らんだことを確認し、人差し指に強力粉を付けてフィンガーチェックし、窪みの戻りがなければOK!

⑫ボウルから出し、コネ台の上で優しく押してガスを抜く

⑬スケールに乗せて総重量を計る

⑭今回は総重量325gだったため、5分割する1個分の重さを65gとする

⑮分割した生地を表面を張らせるように丸める

⑯丸めた生地に濡れ布巾をかけて30分ベンチタイム

⑰濡れ布巾から1個ずつ生地を取り出し、スライスベーコンの大きさより一回り大きく綿棒で広げる

⑱生地に粒マスタードとマヨネーズを1:1で混ぜたソースをゴムベラで薄く伸ばしながら塗る

⑲その上にスライスベーコンを乗せ、ブラックペッパーをたっぷりかける

⑳具材を包み込むように生地を合わせ、端同士を摘んでくっつける

㉑コネ台の上に打ち粉をし生地を転がし、1本の棒状にする

㉒オーブントレーにクッキングシートを敷き、生地を5本全て並べる

㉓キッチンハサミを上から斜めに入れ込み、2〜3cm刻みでカットした生地を左右に振ってエピ(麦の穂)の形に仕上げていく

㉔成形した生地に濡れ布巾をかけて30分ベンチタイム

㉕ベンチタイム残り数分のところで、オーブンを250℃に予熱開始

㉖化粧粉をまぶしたら、霧吹きでシュッシュッと軽く水を吹きかける

㉗250℃に予熱したオーブンで5分、230℃に下げて更に12分焼き上げる(※各家庭のオーブンにより焼き時間は異なりますので、時間は参考目安となります:我が家のオーブンは「TOSHIBA:石窯ドーム」です)

㉘火傷しないようにミトンを付けてオーブントレーを取り出し、焼き立てのパンを足付き網に乗せて粗熱を取れば完成です!

焼き立て熱々のベーコンエピの味わいを是非お楽しみください!

焼き上がりの時間に合わせて、他の料理を仕上げていきながら、食卓の準備を整えます!

今回は、スパイシーな「ベーコンエピ」に合うビールのお供のサイドメニューとして「カボチャとスナップえんどうの彩りサラダ」、「鯖と新玉のトマトカレー」、「砂肝のロースト ローズマリーの香り」と参りましょう!

「ベーコンエピ」
ベーコンエピの ”エピ” とはフランス語で ”麦の穂” のことを意味し、細長く成形した棒状の生地にハサミを入れ、切っては左右に広げ、それらを繰り返すことで麦の穂に似た独特な形状が生まれます。左右に広げた生地を焼くことで火の通りが良くなり、カリッとした仕上がりとなります!
今回使用した北海道産有機栽培100%の「有機春よ恋」は、きめ細やかな肌触りの良い粉となり、優しい甘みと豊かな風味で、クラムはもっちりふわふわ、クラストはパリッと香ばしく仕上がり、パン作りにとても適しており人気の強力粉です!

パンをちぎれば一口サイズで食べやすく、頬張ると、外はパリッと中しっとりもっちりの食感が楽しめ、マイユの粒カスタードと粗挽き黒胡椒がスパイシーでジューシィーなベーコンの脂が食欲をそそり、後引く美味しさで、ビールが進みます!

我が家の愛犬ショコラも美味しそうな焼きたてパンの香りに興味津々!
手ごねパンはまだまだ他にも美味しいレシピがありますので、また機会を見て御紹介致します!

「おうち時間」をいかに楽しく有効に過ごすかはあなた次第!皆様の御宅でも家族で囲む美味しく楽しい食卓で溢れますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top